Home > REPORTS > 戦極 > 北岡、五味を101秒葬。初代ライト級王者に

北岡、五味を101秒葬。初代ライト級王者に

戦極の乱2009
2009年1月4日(日) さいたまスーパーアリーナ
 北岡悟は五味隆典からわずか101秒で得意のアキレス腱固めで一本。ATTのサンチアゴは5Rに三崎和雄をチョークで撃沈。菊田早苗に破れた吉田秀彦は引退を示唆した。
 レポ:本庄功志(五味×北岡)、井原芳徳(その他試合)  写真:井原芳徳


第7試合 戦極ライト級チャンピオンシップ 5分5R
×五味隆典(久我山ラスカルジム)
○北岡 悟(パンクラスism)
1R 1'41" ギブアップ (アキレス腱固め)
※北岡が初代王者に



 「僕もここで試合がしたかったです!」
 1年前の大晦日「やれんのか」興行で、全試合終了後のマイクで言った北岡の言葉だ。一度はPRIDEライト級GPへの出場が決まるも、PRIDEが休止し、大舞台出場はならなかった。復帰戦がDynamite!!という大舞台だったパンクラスの先輩である船木誠勝に噛み付き、軽くいなされた時もあった。そんな北岡がたった一年で、五味隆典とベルトをかけて戦う地位まで駆け上がると誰が想像したか。足関節技で五味からタップを奪うとは、誰が予想したか。北岡は戦極という大舞台に出場してから、完全に化けた。
 



 試合は開始すぐ、北岡がタックルに行くもかわされてバックを取られ、五味に裸絞めの状態を許す。だが、五味の足のロックが甘く回転して上になった北岡は、そこからすぐに得意とする足関へ。五味は回転して「効いてないよ」とレフェリーにアピールするも、試合後は「我慢できる範囲だった」と、すでに北岡の必殺技に飲み込まれていたことを明かした。



 もうこの状態になってしまったら、北岡のトップクラスの極めから逃れるのは困難。「(出稽古先の)GRABAKAで足関節の練習はしていたが、あの状態(バックからのカウンター)はやっていなかった」と五味が試合後語ったように、極まるのは時間の問題だった。実際に、北岡が再び強く絞り上げると、五味はたまらずタップ。僅か2分足らずで北岡が戦極の頂点に駆け上がった。

 北岡はマイクを持つと「五味選手人気ありましたね。アウェーだと思いました」「次はリアルな挑戦者として五味選手の挑戦を受けます。初防衛戦は五味選手でお願いします!」と一気にまくし立てると、「もちろん勝ちますけどね!だから僕にも声援をお願いします」と最後は北岡節で終了。対する五味は、会場のファンに詫びながらリングを後にした。

 五味にはPRIDEで連戦連勝し、それがファン、そして選手にも幻想を抱かせた。舞台が戦極に変わっても「Road to 五味」というテーマが据えられ、五味の「PRIDE貯金」の額の大きさを示していた。だが、スーファン戦、ゴリアエフ戦を通じて少しずつ貯金が減少。今回の試合で、五味は入場曲をPRIDE時代で使っていたMAD CAPSULE MARKETSの「SCARY」に戻し、PRIDE時代のような爆発を期待させたが、北岡に何も出来ずに敗れ、貯金は完全になくなった。
 足の怪我をおしてインタビュールームに登場した五味はさばさばした表情で、「北岡選手は強かったです」と、対戦相手を讃えた。「ファンを喜ばせる選手がイベントのことを考えている。それは北岡選手が一番」「彼は名実ともにエース。戦極を引っ張っていく選手でしょう」とも発言。自身の今後については「気持ちの整理をしっかりして、ゆっくり考えていきます」としたが、本人に悲壮感は感じられなかった。

 「五味選手が背負ってきた役目を、自分もやっていかなきゃいけない」と話した北岡。「今日は遅くまでどうもありがとうございました」と丁寧な挨拶でインタビュースペースを後にした五味からは、北岡が話した「トップ選手だから故に課せられた役目」から開放された、なんとも穏やかな姿が見えたような気がした。

◆北岡「最終的に組んで極められたらと思っていたのですが、相手から組んでくれました。不思議です。(ベルトを取って)夢みたいな気持ちですけど、自分がうれしいというより、周りが喜んでくれてうれしいですね。
(減量については?)今回は今までで一番上手くいって、コンディションは万全でした。
(五味とはリング上で何を話した?)『今回は僕の挑戦を受けてくれたから、今度は僕に挑戦してくれますか?』と言って、五味選手は『2回極められたから、今回は君の勝ちだよ』と。
(これで戦極の牽引役となるが?)エースとか、大黒柱とかは遠慮したい。求められたことに応えていければなと思います。
(試合前は五味が嫌いだと言っていたが?)合わないんで、あまり好きではないです。だから嫌いだと。
(初防衛戦については?)光岡選手がゴリアエフ選手に勝って、タイトルマッチできるのはちょっと…。1年間苦労してください。一番の相手は五味選手です。他はいません。“Road to 北岡”をやってください。
(今後については?)とりあえず1月は休ませてください!」

◆五味「北岡選手強かったです。まずは、自分のフィジカルを元に戻すことが大切ですね。ジムを始めて、生徒が伸びていくことが自分のエネルギーになっていたのですが、トップクラスのトレーニングは出来ていませんでした。(今後は)トップのトレーニングに戻していきます。
 相手の足関節はごまかしようのないぐらい痛みがありました。タップはしたくなかったんですけどねぇ…。彼の実力を認めた上のタップです。(入場曲を戻していたが?)まあ、正月ということもあり、それの方がファンも喜ぶかなと。
(バックを取った場面は興奮していたか?)自分チョーク得意なんで。チョークしか出来ないですけど(笑)。足(のロック)が不十分でしたねー。彼のフィジカルが高くて、得意の足関節でやられたなと。
(北岡に初防衛戦の相手に指名されたが?)…考えます。彼は名実ともにエース。戦極を引っ張っていく選手ですよ。
(北岡は世界でいうと何位ぐらいに入るか?)フィジカル、トリッキーさと、どこを取っても通用するだろうし。でも、そういう比べ方はする必要ないんじゃないですかね。
(今後については?)納得できる体調にして、過去のトレーニングの貯金でやらないようにします。気持ちの整理をしっかりして、ゆっくり考えていこうと思いますね」


第6試合 戦極ミドル級チャンピオンシップ 5分5R
×三崎和雄(GRABAKA)
○ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
5R 3'26" TKO (レフェリーストップ:チョークスリーパー)
※サンチアゴが初代王者に

 戦極初のタイトルマッチの前には、戦極コミッションの井上幸彦コミッショナーの代理として、理事の一人である日本レスリング協会会長の福田富昭氏が認定宣言。創設当初は「日本総合格闘技コミッション」だったが、いつの間にか組織名が変わったようだ。
 両国の国歌吹奏の後、試合のゴング。1R、サンチアゴの右ローをつかまえながら、三崎が右ストレートを当ててサンチアゴをダウンさせて上に。三崎は注意深くパウンドを落とすが、サンチアゴは下から腕十字を仕掛けチャンス。三崎は叩き潰して脱出する。



 2R、三崎の左ボディブローのヒットが増えるが、サンチアゴが右フックで三崎をぐらつかせる。三崎はタックルとステップワークで難を逃れ、その後もパンチを返すが、このラウンドの印象を悪くする。
 3R、三崎が飛び膝やバックスピンキックといったトリッキーな技を駆使しつつ、打撃の手数で若干ながらも優勢。終盤あたりから左のインローのヒットが増え、4Rは何発も当てるように。だが中盤過ぎ、右ローを放った際にサンチアゴが足をすくってテイクダウンに成功。再び腕十字でチャンスを作り、印象を良くする。



 互いにポイントでほぼ互角と思われる状態で最終ラウンドに突入。集中力、スタミナともに厳しい局面となるが、「判定で終わらせる気は無かった」というサンチアゴの強気が功を奏したか?パンチのヒットが増え、三崎の顔が赤らんでくる。そしてサンチアゴはタックルでグラウンドに引きずり込むと、ハーフガードの状態からしつこく肩固めを狙いながら、パスガードに成功するとすぐさまマウントへ。さらにバックを奪うとチョークを極め、最後は三崎が失神間際になったところで梅木レフェリーが試合をストップした。

◆サンチアゴ「三崎は前から思っていた、タフで強い気持ちを持った選手だった。最初はジャブから、自分の得意の右ストレートを打っていこうと思っていた。だが、相手が速く、パンチが当たらなかった。だから、逃げたわけではないがグラウンドに移行した。セコンドから『寝技で行こう』と言われ、それが功を奏した。相手のローは特に効いていなくて、そこにパンチを返していこうと。
(ベルトを取った心境は?)ベルトは自分のすべて。戦極に出てからは、大きいことをしてやろうと思っていた。怪我を乗り越えて掴んだベルト。(怪我とは?)中村戦で3回目の右拳の骨折をしてしまった。今回は万全の状態で臨んでいる。
(今後については?)自分の挑戦者を決めるトーナメントをしてもいいんじゃないか。いつでもどこでも最高の試合をしたいと思う」

※三崎は体調不良のためノーコメント


第5試合 ライトヘビー級 5分3R
×吉田秀彦(吉田道場)
○菊田早苗(GRABAKA)
判定1-2 (大橋=吉田/松本=菊田/礒野=菊田)

 1R、吉田がスタンドパンチで先手を取ると、菊田のテーピングで固めた左足めがけて左のインロー。さらに左ハイで飛び込むと、菊田はそのまま組み付いて上になる。菊田が腰を起こしてパウンドを狙うが、吉田も下から腕十字でプレッシャーをかけ続ける。
 2Rは菊田がグラウンドに引き込んで足関を仕掛けチャンス。しかしコーナー際で吉田がロープに手をかけ、動きにくい状態になると、木村レフェリーはドントムーブではなくブレイクをかけ、菊田は不満の声を上げる。菊田はその後も引き込みを繰り返し、吉田のパウンドを浴びるが、それでも足関を仕掛けつつリバースに成功し、ラウンド終盤はマウントに。吉田はしがみつきラウンド終了を待つ。



 お互い確実にポイントを取るラウンドの無いまま迎えた最終ラウンド、吉田が右フックで菊田をぐらつかせ、柔道仕込みの払い腰で投げ飛ばそうとするが、菊田は下にならず、すぐさまバックマウントへ。柔道ではなく、MMAでの経験差を菊田が印象づける。ラウンド後半は菊田がマウントをキープしてパンチを落としつづけ、レフェリーストップ目前まで追い詰め試合終了。このラウンドを確実にものにした菊田に軍配が上がった。
 戦極の採点は一般的な10点満点の減点方式が採用されいている。判定では吉田を勝者としたジャッジが1名おり、1R、2Rを吉田にポイントをつけたと思われるが、ポイントは公開されていない(合計が同点の場合、一本/KOに近づいた選手を優勢とする)。國保広報に公開を求めると「梅木審判部長とコミッションと相談して善処する。隠すつもりはない」と答えた。少なくとも合計点を公開するのはどこの格闘技団体でも常識であり、ラウンドごとのポイントはK-1や修斗では公開されている。今後公開されることを期待したい。



◆菊田「(判定が割れたが?)確実に勝ってると思っていたのですが、(相手に一票入って)負けちゃうのかなと。なんで割れたかはわかりません。(2R、足関節を仕掛けている時にブレイクがかかったが?)あれはちょっと納得いってないです。こっちが攻撃していて、向こうは止まっていて、もう少しやらせてほしかったなと。
(瀧本と合わせて金メダリスト二人に勝利したが?)自分は柔道の落ちこぼれで…。柔道金メダリスト二人に勝つことはそうない。嬉しいです。でも、相手の払い腰を防げたことが何より嬉しかったです。吉田選手は日本人に負けていなかったから、信じられないですね。
(金メダリストである石井慧が花束贈呈に来たが?)階級も違うからわからないです。でも、魅力ある日本人対決はいいですね。(試合前は)ワクワクしていました。今回は柔術と喧嘩を合わせた戦いをしようと。マウント取ったら相手嫌な顔をしたので、とにかく喧嘩で殴ってやろうと思いました」

◆吉田「ガス欠しました。3R目は体が思うように動かなかったです。スタミナ無かったなと。体重落とすのが大変で、体力が続かなかったです。あと、ヘルニアも発症してしまい大変でした。(作戦は?)相手はグラウンドが強いから、打撃で勝負してみようかなと。(相手の足関節は?)全く効いていなかったです。(柔道衣を着てきたら結果は変わったか?)変わらないと思います。(今後については?)これで引退かもしれないし…。よくわからない。休んでゆっくり考えます。(目標は?)この結果じゃ目標もくそもない」


第4試合 ライトヘビー級 5分3R
○キング・モー(米国/キングダム・オブ・メイヘム)
×内藤征弥(和術慧舟會A-3)
1R 3'54" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

 パンチ主体のモーに対し、内藤は落ち着いてローと前蹴りで応戦。両者ともトリッキーなフェイントも使って観客を楽しませる。内藤の健闘が光ったが、モーが右のロングフック一発でチャンスを作ると、パンチラッシュで試合を終わらせた。
 試合後のマイクアピールでは「今年はモーの年です」と今年の干支に引っ掛けたシャレ。最後の観客とのコール&レスポンスでは木村レフェリーにも「モー」と叫ばせ、会場を和ませた。




◆モー「今回は試合を楽しもうと。相手が蹴ってきたり、挑発してきたりしたが、面白いので良いと思った。(今後の目標は?)クイーン(=バックダンサー)を二人増やして、また戦極で戦うよ」

◆内藤「緊張はしていませんでしたが、受け身になってしまいました。自分から先に行けませんでした。
(作戦は)ジャブを多く出していって、タックル来たところに膝と。でも相手パンチばかりで、対応できませんでしたね。(戦極という大舞台の印象は?)大きな舞台で勝つのは難しいなと。また下から這い上がります」


第3試合 ヘビー級 5分3R
×中尾“KISS”芳広(TEAM TACKLER/102.4kg)
○アントニオ・シウバ(ブラジル/アメリカン・トップチーム/118.2kg)
1R 1'42" TKO (レフェリーストップ:左膝の負傷)

 体格で劣る中尾がスピードを活かしてパンチを放つが、シウバが左フック一撃で中尾をぐらつかせ、がぶりの状態からのスピニングチョークでチャンスを作る。ステップワーク等でもシウバはテクニックの向上が確認できたが、中尾が突然左膝の痛みを訴え、不完全燃焼のまま試合終了してしまった。

◆シウバ「相手に何が起こったのかよくわからない。すぐ回復するよう祈っている。(今後戦いたい相手は?)自分からは選べない。しっかり練習して、良い試合をするだけ」

◆中尾「始まって20秒ぐらいで(膝を)痛めてしまいました。蹴った時にさらに痛みが走って、自分の左フックでとどめです。『バキッ』っていいました。今回はアクシデントでしたが、僕の負けです。完全な状態で、またシウバにリベンジしたいです。実は自分12月20日に結婚しまして、勝って結婚パフォーマンスするつもりでした。邪念が多かったのかなと。これも人生。またがんばります」



第2試合 ライト級 5分3R
○光岡映二(和術慧舟會RJW)
×セルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/MMAブシドー)
1R 4'22" ギブアップ (腕ひしぎ十字固め)

 ゴリアエフの右ハイをブロックした光岡は、開始すぐからタックルでテイクダウンに成功。ゴリアエフの長い足を活かしたガードをなかなか崩せなかったが、4分過ぎにマウントを奪取。腕十字を極めるとゴリアエフが悲鳴をあげ、決着がついた。

◆光岡「相手キックボクサーでしたが、近づいてきたら殴り合おうと思っていました。(テイクダウンは)体が勝手に動いてできた感じです。でも(グラウンドでも)少しやりづらかったですね。(五味に勝っている相手だが、意識はしたか?)やっぱ強いので、その相手に自分がどのくらいできるかということでした。これでライト級のトップ戦線には入り込めたかなと。(今年については?)戦極でずっとやっていきたい。ライト級を盛り上げるなら自分が必要だと思うので、突っ走っていきたいです。まだまだライト級にはいっぱい強い選手がいるので、戦極代表として受けて立ちます」

◆ゴリアエフ「準備してきたことが出せずに残念。五味戦の後でトレーナーが入院してしまい、トレーナーなしで練習という不安な状態で準備不足だった。(今後は?)GPに出場したい」


第1試合 ヘビー級 5分3R
×デイブ・ハーマン(米国/F1ファイトチーム/110.3kg)
○チェ・ムベ(韓国/チーム・タックル/118.3kg)
2R 2'22" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ)

 ハーマンが前蹴り、膝蹴り、パンチのラッシュで先手を取るが、ムベは打たれ強さを発揮。1R終盤にカウンターの右ストレートで形勢逆転すると、アームロックでチャンスを作る。
 動きが大味なハーマンは、体力消耗が激しく、2Rに入るとほとんど動けず。最後はムベのパンチを浴びつづけ、パンチラッシュで背中を向けてロープにもつれたところでレフェリーがストップ。ハーマンはデビュー以来の連勝記録が13で止まった。

◆ムベ「若くて強い選手にやっと勝てました。(1Rはパンチをもらっていたが?)ダメージはありました。3分は記憶飛んでいて、2分しか覚えてないです」

◆ハーマン「(1R有利で、2R目はスタミナが切れていたが、日本の大舞台という影響もあったのか?)時差の影響で疲れた。(日本とアメリカの違いは?)よくわからない。でも、戦極はすごく良い対応をしてくれて、良い経験ができた。今までの試合の中で、すごく準備したという試合はなかったが、今回は準備しておくべきだった」


[オープニングファイト]

第2試合 ライト級 5分2R
○マキシモ・ブランコ(ベネズエラ/戦極育成選手)
×井上誠午(和術慧舟會GODS)
1R 0'38" TKO (レフェリーストップ:顔面の踏みつけ)

第1試合 ライトヘビー級 5分2R
○入江秀忠(キングダム・エルガイツ)
×加藤 実(フリー)
2R 4'21" TKO (レフェリーストップ:マウントパンチ)

Home > REPORTS > 戦極 > 北岡、五味を101秒葬。初代ライト級王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について