Home > REPORTS > 戦極 > 五味、大一番を前に黒星。優勝は北岡とサンチアゴ

五味、大一番を前に黒星。優勝は北岡とサンチアゴ

戦極 〜第六陣〜
2008年11月1日(土) さいたまスーパーアリーナ
 初代ライト級王座戦は来年1.4さいたま。その前哨戦で五味隆典が判定で敗れる波乱が起こった。ライト級GPを制し王座戦の権利を得た北岡悟は、敗れた五味を「その挑戦、受けて立ちます!」と“上から目線”で挑発した。
レポート:本庄功志(ライト級)、井原芳徳(その他の階級)  写真:井原芳徳


第11試合 ライト級グランプリシリーズ2008決勝 5分3R
○北岡 悟(日本/パンクラスism)
×横田一則(日本/GRABAKA)
判定3-0 (小林=北岡/吉田=北岡/和田=北岡)
※北岡が優勝



 試合開始前のシェイクハンド時、横田は北岡の股間を触り、気合いの入りまくった北岡をスカす。だが北岡は意に介さず、素早くはらい目は横田を睨みつけたままだ。
 試合が始まり最初に仕掛けたのは北岡。低空タックルで横田を倒し、すぐ立ち上がられるも、食らいついたままオンブの状態になり、首にプレッシャーをかけながらパンチを出す。極めの強い北岡だけに、秒殺ムードが膨らむが、ほどなくブレイク。その後もタックルを連発する北岡だが、横田は素早く反応し、際の強さを発揮してスタンドに戻す。
 ラウンド中盤、下になった北岡。必殺の足関節を狙うも、横田は回転して上のポジションをキープする。その時、会場からは横田コールが。その後イノキアリ状態になって、北岡が踏み付けを放ったところで1Rが終了する。

 2R、早々にテイクダウンを奪った北岡は、2度目の足関節を狙う。だが、横田はまたしても回転して立つ。その後もすぐさまタックルに行く北岡。そして、それを切る横田。こうした一連の流れでスタミナをロスしていった横田は、自慢のスピードを徐々に失っていく。ラウンド終盤には、引き込んでスイープし、サイドを取った北岡が横田の片手を足で殺してパウンドを連打。威力に乏しく、明確なダメージは与えられないものの、相手のスタミナを削るには十分な攻撃だ。立ち上がった北岡は、踏み付けを連打して主導権を握ったまま3Rへ。

 3Rは、互いにスタミナが切れてきたこともあり総力戦に。北岡がタックルし、それを横田が切るという、前ラウンド同様の流れが続く。だが、ラウンド残り30秒になって北岡の右フックがクリーンヒット。横田をダウン気味に倒して判定勝利を決定付けた。

 北岡はマイクを持つと「チャンピオン、北岡悟です!」と高らかにファンにアピール。そして最後には「五味選手、負けちゃったけど本当に僕と試合するんですか?」と挑発。それを聞いたリングサイド席の五味は、何かを下に投げつけ、イラつくように立ち上がるとすぐさまリングに。「2試合勝って、おめでとう。今回はコケちゃったけど…かかってこい!」と、北岡の挑戦を受けて立つと表明した。だが、北岡は「その挑戦、受けて立ちます!」と、“自分の方が立場は上”であることをアピールした。

 実際に、戦極に出場する前の北岡と五味との立場上の差は、天と地ほどにあったのかもしれない。だが「対日本人に弱い」というレッテルを今回のGPで払拭し、“極めの強さ”を改めて見せつけたことで、五味との差が一気に縮まったことは事実だ。ここ2戦「判定勝ち」「判定負け」と、くすぶっている五味との勢いの差は歴然だ。

 「やればわかりますよ。強いよ、俺は」という試合後の五味の言葉も、ここ最近の試合を見る限りでは説得力に欠ける。だが、五味にもPRIDE時代に数多く見せた爆発力があることを忘れてはいけない。「勝負は時の運」とも言うが、1.4のタイトルマッチはその言葉がしっくりくる、どちらに転ぶかわからない戦いになるのではないか。

◆北岡「“戦極ライト級チャンピオン”北岡悟です。(光岡戦の感想は?)この試合はすごかったですよね、僕。光岡選手は下になってもいいと思っていたんじゃないですかね。だから(テイクダウンを)取れたんだと思います。(敗戦した)パンクラスでの井上戦では、井上選手は完全にタックルを切ることだけだったんですよね。光岡選手とは10回やったら勝てるのは2、3回だけだと思います。でも、その2、3回を今日もってくることがすごいんですけどね。とにかくすごく強い選手でした。
(横田戦について)自分から組んで極めるという、やることが徹底できました。(ロープにもつれてブレイクが多かったが?)ねぇ?正直どうなのって。まあ、ルールなんで仕方ないかなと。レフェリーの木村参味夫さんは鬼だなと(笑)。でも、途中から『これはブレイク取るんだな』と(判断基準が)わかって攻めることができました。(最後、右フックが当たったが?)自分でも『あっ』て、言ったんです(笑)。効いているなというのはわかりました。パンチでKOと一本取ることは、同じ理屈だと自分は思っています。そんな理屈で、自分で自分を褒めたいなと。
(初代王者になった感想は?)嬉しいですけど、メダルなんで…。ベルトが欲しいです。(大舞台に恵まれない日々が続いていたが?)大舞台に向いていたのかなと。(自分が戦極を引っ張っていく?)戦極を代表する選手にはなれたかなと思います。これで文句なし。本当に、支えてくれた人たちに感謝です。五味選手は以前『自分から格闘技を引いたらゼロ』って言っていたんですけど、自分なんかマイナスですよ。
(マイクで、船木・鈴木といったパンクラスの先輩に感謝の言葉を述べていたが?)去年自分、船木さんに挑戦状を出したんですけど、DREAM.2で青木のセコンドで行った時、船木さんと控え室が同じだったんですね。それで自分が『その件はお騒がせしました』と頭を下げたら、船木さんが『いいよ、気にするな』と。DEEPで会った時も『五味戦に辿りつけるようがんばれ』と言ってくれました。
(1.4は五味に勝ったゴリアエフとやるのが筋では?)いや、ニーズがないでしょ。自分がロシアの選手とやったら、ハッキリ言って秒殺です。そう思いませんか?自分の方が今の五味さんよりキツい練習と試合をやっていることは明白です。だから言ったんです。『受けて立つ』って。なんか文句あります?」

◆横田「根性負けです。最後スタミナが切れていましたが、相手も同じでした。相手の勝つ気持ちが強かったんだと思います。(前回と比べて今回のコンディションは?)スピードを出せてて、すごくよかったのですが…。決勝戦は疲れてスピードが出せなかった。あと(廣田戦で)腿に膝をもらって、足かなり痛いです。
(今後は?)ワンマッチオンリーでやりたい。トーナメントは向いてないかなと。自分スピード系なんで。これいいわけになっちゃうかと思うんですけど、ワンマッチで北岡選手とやったら絶対勝てます。でも試合後『やろう』と言ったら『絶対嫌です』って言われました」


第9試合 ライト級 5分3R
×五味隆典(日本/久我山ラスカルジム)
○セルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/TEAM BUSHIDO)
判定1-2 (小林=五味/松宮=ゴリアエフ/礒野=ゴリアエフ)



 初参戦のゴリアエフは183cmという長身で、ムエタイをベースにし、MMA戦績は10勝6敗。平凡な数字だが、正体を見せたゴリアエフの実力は、タイトルマッチという先だけを見ていた五味の足元を、完全にすくうほどだった。
 まず、長いリーチからのジャブの出入りが非常に速い。五味のパンチに合わせたテンカオも鋭く、懐の深さを見せる。序盤はロー、飛び込んでのフック、ボディで攻めていた五味だが、中盤からは胴タックルでグラウンド戦に持ち込む。ふみつけからマウントを奪った五味が、アームロック、腕十字と仕掛けたところで1Rが終了。
 そして2R。相手のミドルを掴んで早々に倒した五味だが、イノキアリ状態でゴリアエフの足のばたつかせに手を焼き、中に入り込むことができない。スタンドに戻ると、五味が左フックから前に出ようとしたところに、ゴリアエフの左ジャブがクリーンヒット。五味の腰がストンと落ち、すぐに立ち上がるも、後方にふらつき右ストレートを被弾してしまう。ガードを固め、なんとか距離を潰してピンチを凌いだ五味だが、ダメージがあるのは明らか。2Rは完全にポイントを取られてしまう。
 3Rに巻き返しを図りたい五味は、テイクダウンから一気にマウントへ。ゴリアエフに逃げられてしまうが、立ち上がり際に膝をヒットさせる。時間も残りわずかになったところで、五味が左右のフックでラッシュ。だが、ゴリアエフもジャブで応戦。終盤にフックのヒットを重ねた五味だったが、2Rの失点が響き、スプリットによるまさかの判定負けを喫してしまった。

◆ゴリアエフ「勝ったことが信じられません。1ヶ月前に試合をして、怪我をしていましたが、よい状態で今回の試合を迎えられたことを嬉しく思います。
(2Rにダウン性の攻撃をヒットさせていたが?)自分ではあまり感じられませんでした。チャンスを活かせなかったことを後悔しています。ロシアでは五味選手が強いから、『戦ってもすぐに負けてしまうんだろう』と言われていました。まだ自分が戦うレベルではないとも。でも勝ててすごく嬉しいです。
(判定については?)(2Rに)2ポイントももらえるとは思ってもいませんでした。(今後については?)もっと強くなります。改めて五味選手にありがとうと言いたいです。あとは短い間で自分をここまでのレベルに上げてくれたトレーナーにも。
(ベルトに挑むチャンスが与えられたら?)もしそのようなチャンスをもらえたら、最善を尽くしてがんばります」

◆五味「(判定については?)うーん…明らかなダメージもらったんで、仕方ないかなと。しょうがないです。ダウン取られても、止められてもおかしくないと。覚えてないけど(苦笑)。パンチで効いたのは初めてですね。歳だなぁ(苦笑)。
(勝って、1月4日にトーナメント優勝者と戦う流れだったが?)まあ、そういう時もあるし。今回の相手はやりづらかったですし。(Road to 五味は)変則的な企画なので、何とも思ってないです。まあ、自分が挑戦者みたいなんで『あれっ?』と思ったけど…。まあ、がんばります。自分にとって一番やりづらい北岡選手が優勝したかなと。(やりにくさとは?)関節に固執するところですね。(北岡のテイクダウン能力については?)うーん、やればわかりますよ。強いよ、俺は。彼も(1月4日は)作戦変えてくるだろうから、気をつけて戦いますよ。周りが納得する強さを見せてやりますよ」


第4試合 ライト級グランプリシリーズ2008準決勝 5分3R
○北岡 悟(日本/パンクラスism)
×光岡映二(日本/和術慧舟會RJW)
1R 1'16" タップアウト (ヒールホールド)

 北岡は、1回戦のクレイ・フレンチ戦をわずか31秒アキレス腱固めで勝利。光岡もホドリゴ・ダムをチョークスリーパーの一本勝ちで下している。
 試合開始のゴング後に、拳を合わせることを拒否した北岡。バックハンドブローで奇襲を仕掛けると、タックルはがぶって切られるが、そのまま持ち上げてテイクダウンを奪う。サイドに付いた北岡は、立ち上がろうとする光岡の足を素早くキャッチしアキレス腱固めへ。「ぐしゃぐしゃと音が鳴った」と、一瞬苦しい顔を見せる光岡だが、回転して難を逃れようとする。だが、北岡が素早くヒールホールドに移行すると、光岡はたまらずタップ。光岡はすぐには立ち上がれないほどのダメージを受け、片足でケンケンをしながら退場していった。
 
◆光岡「(足関節は)極められちゃいました。作戦は力を抜いて、カウンターを狙うようにと。タックル切った時に、道場の練習では切れたんですが、(北岡の)パワーがすごかったです。世界の強豪を極めるだけのことはありますね。(一瞬で足関節を極められて)総合格闘技の中にも交通事故はあるんだな…と思いました」


第3試合 ライト級グランプリシリーズ2008準決勝 5分3R
×廣田瑞人(日本/ガッツマン修斗道場/CAGE FORCEライト級王者)
○横田一則(日本/GRABAKA)
判定0-3 (吉田=横田/松宮=横田/礒野=横田)

 前回のトーナメント1回戦では、練習不足をマイクで話し、言い訳癖が板についてしまった横田。対する廣田は強豪ライアン・シュルツを下馬評を覆してKOし、波に乗ったまま準決勝を迎えた。両者のコントラストが明確に分かれた一回戦。準決勝はどのような展開を見せるのか。
 1Rからパンチを連打でまとめ、プレッシャーをかける横田。パンチから投げの一連の動作が非常に速く、持ち前のスピードをいかんなく発揮する。だが、廣田もキープは許さず、すぐ立ち上がり、バックから横田の腿に膝を打ち付ける。
 廣田の特長は、やはりシュルツをKOするほどパンチ。だが「破拳(パグ)」ともじったそのパンチが横田に当たらない。スウェー、ダッキングでかわされ、距離を潰されると投げられてしまう。横田は廣田を転がすと、ふみつけも放ち完全に試合の主導権を握る。
 最終ラウンドもスピードある攻めで廣田を圧倒した横田。クリーンヒットはなかったものの、逆に目立った攻撃を一切被弾せず、決勝に進出した。

◆廣田「体が思ったより動かなかった。(相手の印象は?)やっぱ粘っこい。打撃できて、組み付いてくる。セコンドからプレッシャーをかけろと言われましたが、足が出なかったです。重かった。(右手を怪我しているようだが?)試合中に打撲しました」


第6試合 ライト級グランプリシリーズ2008リザーブマッチ 5分3R
○ホルヘ・マスヴィダル(キューバ/アメリカン・トップチーム)
×ハン・スーファン(韓国/CMA KOREA)
判定3-0 (小林=マスヴィダル/吉田=マスヴィダル/礒野=マスヴィダル)

 見合った展開が続いたが、1R中盤にマスヴィダルが右膝でスーファンの腰を落とし、パンチのラッシュで詰めて攻勢に出る。耐えたスーファンはパンチを返すが、大振り気味で当たらない。2Rからは両者手数が減るも、解説の郷野聡寛も絶賛したマスヴィダルのジャブが有効で、スーファンに攻め手を与えず判定で勝利した。

◆マスヴィダル「コンニチハ!(今回の試合は)技をたくさん使った試合だと思います。相手痛めつけたと思ったのですが、すぐに前に出てきて、トリッキーな試合でした。(今後戦いたい相手は?)トーナメント優勝者と戦いたいです」

◆スーファン「自分のスタイルに限界を感じました。初心に戻ってやり直します。作戦は打ち合うこと。相手は攻撃をよけるのが上手かったです。これからは自分のスタイルをもっとグレードアップしていかなくてはと思いました」



第10試合 ミドル級グランプリシリーズ2008決勝 5分3R
○ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
×中村和裕(日本/吉田道場)
3R 0'49" KO (右フック)
※サンチアゴが優勝

 1R、テンカオで奇襲を仕掛けたサンチアゴを、中村が組み付いてテイクダウン。サイドポジションを取るも、スタンドに戻される。互いにジャブを出すが、目立った攻撃が無いまま2Rへ。2Rも中盤に中村がテイクダウン。連打につながらないが、随所で的確にパウンドを落とし、試合の主導権を維持する。
 しかし中村は準決勝と合わせて6R目。集中力が欠いたか?開始すぐにサンチアゴの右ストレートをもろにもらいダウン。そのままサンチアゴがパウンドをラッシュし、見事優勝をもぎ取った。ダメージの大きい中村は担架で運ばれ病院へ。サンチアゴはマイクを持つと、1.4で王座決定戦を行う三崎和雄に「出てこい」と挑発した。

◆サンチアゴ「俺はトーナメントを勝ち上がったが、なぜチャンピオンベルトをもらえず、三崎がチャンピオンのような扱いなのか?今日でもいいから彼とやりたい。(中村戦の感想)狙いどおりの展開だった。パンチを打ちながらチャンスを伺っていた。次第に彼が疲れてきたのが分かったので、行けると思った」


第2試合 ミドル級グランプリシリーズ2008準決勝 5分3R
○中村和裕(日本/吉田道場)
×佐々木有生(日本/GRABAKA)
判定3-0 (小林=中村/松宮=中村/礒野=中村)

 1R、中村がスタンドの打撃戦で右ボディや左フックを手数多く当て優勢。2Rも打撃で優勢を維持しつつ、残り1分に豪快に投げ飛ばすと、パウンドを落とす。3R、後の無い佐々木が打ち合いに誘い込むが、中盤に中村はタックルで上になると、パウンドを的確に落としつづける。佐々木の下からの腕十字を狙う動きも封じ、文句なしの判定勝ちをおさめた。

◆佐々木「おつかれさまでした。(相手の印象は?)そうですねぇ…、自分のスタイルのまま試合をして、悪いところを突かれました。(悪いところとは?)自分はカウンター型で、回ってリズムを作るんですが、相手に飛び込んでこられて詰められてしまいました。自分で間合いを作りきれませんでした」


第1試合 ミドル級グランプリシリーズ2008準決勝 5分3R
○ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル/アメリカン・トップチーム)
×シアー・バハドゥルザダ(アフガニスタン/ゴールデン・グローリー/修斗世界ライトヘビー級(83kg)王者)
1R 1'10" タップアウト (ヒールホールド)

 開始すぐ、バハドゥルザダがサンチアゴをテイクダウンするが、サンチアゴは素早い動きでバックに回りながら立ち上がる。するとサンチアゴが潜り込んでヒールホールドを仕掛け、タップを奪った。

◆バハドゥルザダ「(極められて)膝が外れて、足首も痛めてしまいました。KOを狙っていて、グラウンドで踏み付けもやりたかったですが、できなかったです。(日本のファンにメッセージを)2007年から修斗の王者になりましたが、時差に苦しめられていました。医者に対処してもらうほど。よく眠れなかったので、エネルギーが出なかったです」


第5試合 ミドル級グランプリシリーズ2008リザーブマッチ 5分3R
×竹内 出(日本/SKアブソリュート/パンクラス・ミドル級王者)
○ジョー・ドークセン(カナダ/チーム・エクストリーム)
3R 4'13" TKO (レフェリーストップ:マウントパンチ)

 竹内は度々タックルで上になり、サイドを奪う等主導権。だがドークセンはその都度リバースしたり、下からギロチンや腕十字を狙ったりと抵抗し、竹内になかなか大きなチャンスを作らせない。そして最終ラウンド、竹内がタックルで上になるが、ドークセンはリバースするとそのままマウントを奪取。竹内のブリッジを潰し、パウンドを何発も落とし続け、見事勝利をもぎ取った。

◆ドークセン「相手は技術、精神的にもすごくよい選手でした。そんな選手にファンの前で勝てて、とても嬉しいです。(どんな作戦?)スタンドで勝負。サブミッションよりも、パンチをたくさん出したかったです。そのおかげでよい試合になったと思います」

※竹内は眼窩底骨折の疑いがあり、病院の直行のためノーコメント


第8試合 ライトヘビー級 5分3R
○キング・モー(米国/チーム・クエスト)
×ファビオ・シウバ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
3R 0'41 TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)



 モーが素早いタックルで上になり、腰を浮かして的確にパウンドを落とす。ファビオが立とうとしても、すぐにタックルを仕掛けて再び上をキープする。その先の攻撃パターンが無く、2R後半は上になりながらも若干攻めあぐねてしまうが、3Rは開始すぐ、下がりながら右アッパーを当てると、ぐらついたファビオをタックルで倒し、コーナー際でパウンドをラッシュし、試合を終わらせた。まだ発展途上ながら、プロデビュー戦の勝利がまぐれではなかったことを十二分に示した。

◆モー「もっとスタンドで戦いたかった。ちょっと緊張していた。今後はもっとリラックスして戦いたい。(1月4日の興行については?)もっとスキルアップして、戦いたいと思う。
(戦いたい選手は?)自分が言える立場じゃないが、五味とかは尊敬している」

◆ファビオ「(ダメージは?)大丈夫。相手はいい選手だった。次の対戦に向けて、練習し、また戻ってくる」


第7試合 ライトヘビー級 5分3R
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル/チーム・ノゲイラ)
×モイス・リンボン(フランス/ヨーロッパ・トップチーム)
判定3-0 (小林=ノゲイラ/吉田=ノゲイラ/礒野=ノゲイラ)

 両者スタンドで様子を伺う時間が長く続くが、その中でリンボンの右フックに合わせ、ホジェリオがたびたびタックルからのテイクダウンを決めてみせる。その先の攻撃は阻まれ、なかなかチャンスをつかめなかったが、3R後半はギロチンや飛び膝でアグレッシブに攻め、久々の日本での勝利をもぎ取った。

◆ホジェリオ「(久しぶりの日本での試合だったが?)2年間戻っていなくて、戻りたかった。すごく嬉しいです。相手は動きもよくてすごくいい選手でした。戦極はできたばかりの大会ですが、いい選手が多いです。7年間日本でやってきたので、今後も日本でキャリアを築いていきたい。(今後戦いたい相手は?)ホジャー・グレイシー選手とやりたいです」

◆リンボン(車椅子で登場)「(怪我の状況は?)1Rにキックをして空振りをし、痛めました。もう一度蹴ったら、今度は足の甲を痛めました。その時に膝も捻ってしまいました。こんな辛い思いをするのは久しぶりです。(相手の印象は?)取り立てて特殊な選手ではありませんでしたが、今日はすごく勝ちたかった。足を痛めてしまい、思うような試合ができませんでした。(膠着を誘発し)イエローカードをもらってしまいましたが、それも仕方がないと思います」

Home > REPORTS > 戦極 > 五味、大一番を前に黒星。優勝は北岡とサンチアゴ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について