Home > REPORTS > サンボ > 第22回青森県サンボ選手権オープントーナメント レポ:12.15 青森

第22回青森県サンボ選手権オープントーナメント レポ:12.15 青森

第22回青森県サンボ選手権オープントーナメント大会
2013年12月15日(日) 青森・八戸市武道館レスリング場

  記事提供:青森県サンボ協会




☆62㎏級 決 勝  5分1R
佐藤 庄峻 (フリー) 【テクニカル1本 3分21秒】河村 明彦(フリー)
☆68㎏級 決 勝 5分1R
中道 史典(八戸工業大学サンボ部)【テクニカル1本 2分11秒】
櫻井 雄泰(ハイブリッドレスリング八戸)

☆74㎏級 決 勝 5分1R
工藤 慎也(木造高等学校柔道部)【判定 6-1】福士 清貴 (八戸学院大学柔道部)

☆+82㎏級 決 勝 5分1R
磯島 望宏 (八戸学院大学柔道部)【判定2-1】中野 幹徳 (パラエストラ八戸)


※大会MVP         磯島 望宏 (八戸学院大学柔道部)

※久慈市クラッシュ協会賞 磯島 望宏(八戸学院大学柔道部)
                   杉山 一仁(ハイブリッドレスリング八戸)

※エスポアール特別賞    高杉 優也(木造高等学校柔道部)

※サンビスト特別賞     中野 幹徳 (パラエストラ八戸)

 今年で22回目を迎える青森県サンボ選手権オープントーナメントには、柔道競技国体、インターハイ県代表選手、今年のサンボ全日本王者、昨年のサンボ世界選手権日本代表、B柔術アジア王者等が参戦した。74㎏級では、初参戦の工藤慎也(木造高校柔道部)が、昨年度同級2位の福士清貴(八戸学院大学)を豪快な投げでポイントを奪い、優勝した。福士は、3年連続決勝で涙をのんだ。
 本大会の最激戦区は、+82㎏級で、初戦から熱戦が繰り広げられた。その中でも、昨年度同級王者の磯島望広(八戸学院大学)は、高校柔道国体、インターハイ県代表の高杉(木造高校柔道部)を低い体勢からの片足タックルでポイントを重ね、勝利。決勝は、B柔術アジア王者の中野幹徳(バラエストラ八戸)。両者実力が拮抗しており、緊迫した攻防が繰り広げられた。最後は、昨年同様磯島が中野を僅差のポイントで下し、連覇を成し遂げ、サンボ全日本王者の面目を保った。

Home > REPORTS > サンボ > 第22回青森県サンボ選手権オープントーナメント レポ:12.15 青森

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について