Home > REPORTS > サンボ > 全日本Jr&マスターズ結果。清水俊一、フレッシュマンで優勝:8.5 横浜

全日本Jr&マスターズ結果。清水俊一、フレッシュマンで優勝:8.5 横浜

2012年 全日本サンボ選手権ジュニア&マスターズ(同時開催/フレッシュマンの部)
2012年8月5日(日) 神奈川県・横浜市南スポーツセンター
  記事提供:日本サンボ連盟事務局




例年はシニアと同日開催されていた「ジュニアの部」を別日程で開催した本大会。
初の試みとして「年齢別」のマスターズの部も設けました。35歳から5歳刻みで「マスターズA・B・C」と3カテゴリーを設定。
また、これまで開催していた「フレッシュマンズ・カップ」に相当する「フレッシュマンの部」も設置
計3カテゴリーを実施しました。

2012年10月にブルガリア共和国で開催が予定されている「世界サンボ選手権大会ジュニア&ユース」の代表選考に重要な意味を持つ本大会には、世界を目指す若きサンビスト達が終結しました。

昨年のユース世界選手権に出場した、鈴木雄大選手(東海大学)と菊地真登選手(國學院大學)もエントリー。

鈴木選手は全日本学生選手権で優勝を逃しており、なんとか雪辱したいところでしたが、今回も準優勝に終わりました。

菊地選手は7月に開催されたシニアの+100kg級で優勝しており、シニア&ジュニアの両タイトルという目標を設定。残念ながら1名のみのエントリーだったため認定王者ではありましたが目標を達成。次は世界の舞台で活躍を期待したい逸材です。

結果を見れば東海大学柔道部からの参加選手の強さが目立ちました。

60kg級の伊丹直喜選手、70kg級の加賀俊将選手、81kg級の桶川雄治選手(参考試合を実施)ともに頭ひとつ抜けている実力。

全日本シニアにも出場した65kg級の和田健太郎選手(大東文化大学)は、キッチリとジュニアタイトルを獲得。次はシニアでの活躍が期待されます。

豪快な投げ技で会場を沸かせた87kg級の小田桐龍介選手(八戸工業大学)もシニアでどのような闘いを見せるかが楽しみな選手。

マスターズは、シニアでもおなじみの顔が多くエントリー。

マスターズB68kg級で優勝の岡晴彦選手(横浜サンボアカデミー)は、キャリアを存分に発揮した試合運びで見事に優勝。

惜しくも準優勝という結果になった中易俊之選手(ポゴナ・クラブジム)は、本来の実力を発揮しきれていない印象を残しました。サンボルールを熟知した闘い方をすれば、必ず今以上の結果を残してくれる選手でしょう。

マスターズB82kg級を制した山下和紀選手もしぶとい試合運びで勝利をものにしました。

ダブルエントリーしたフレッシュマン部でも優勝した、マスターズA82kg級の鈴木貴史選手は最近の練習の成果を発揮し、2カテゴリーを制覇。
マスターズカテゴリーになってもまだまだのびしろがあることを証明してくれました。

フレッシュマンの部では、総合格闘技をベースとした清水俊一選手(総合格闘技宇留野道場)が、3試合関節技一本勝ちでブッチギリの優勝。

最優秀選手賞は各カテゴリーから選出され、フレッシュマン:清水俊一選手、マスターズ:鈴木貴史選手、ジュニア:加賀俊将選手の3名が受賞しました。



ジュニア男子60kg級
1位:伊丹 直喜(東海大学)
2位:對馬 慶亮(法政大学)
3位:木下 慎之介(関東学院大学)

ジュニア男子65kg級
1位:和田 健太郎(大東文化大学)
2位:佐藤 洋亮(関東学院大学)

ジュニア男子70kg級
1位:加賀 俊将(東海大学)
2位:鈴木 雄大(東海大学)
3位:宮島 善太(大東文化大学)

ジュニア男子81kg級
1位:樋川 雄治(東海大学)

ジュニア男子87kg級
1位:小田桐 龍介(八戸工業大学)
2位:樋口 源太(大東文化大学)
3位:八城 樹(パベーダ茨城)

ジュニア男子+87kg級
1位:菊地 真登(國學院大學)

ジュニア女子52kg級
1位:桜井 友香(大東文化大学)

マスターズA 68kg級
1位:安東 努(三多摩サンボスクール)

マスターズA 82kg級
1位:鈴木 貴史(三多摩サンボスクール)
2位:平井 善丸(アカデミア・アーザ水道橋)

マスターズB 68kg級
1位:岡 晴彦(横浜サンボアカデミー)
2位:中易 俊之(ポゴナ・クラブジム)
3位:冨岡 哲也(新潟サンボクラブ)

マスターズB 82kg級
1位:山下 和紀(蒲田サンボアカデミー)
2位:小倉 雅人(フリー)

マスターズB +82kg級
1位:榊原 啓三(木口道場)

フレッシュマンの部68kg級
1位:清水 俊一(総合格闘技宇留野道場)
2位:中易 俊之(ポゴナ・クラブジム)
3位:黒沼 宗孝(三多摩サンボスクール)

フレッシュマンの部82kg級
1位:鈴木 貴史(三多摩サンボスクール)
2位:小倉 雅人(フリー)
3位:山下 和紀(蒲田サンボアカデミー)

最優秀選手賞
ジュニアの部:加賀 俊将(東海大学)
マスターズの部:鈴木 貴史(三多摩サンボスクール)
フレッシュマンの部:清水 俊一(総合格闘技宇留野道場)

Home > REPORTS > サンボ > 全日本Jr&マスターズ結果。清水俊一、フレッシュマンで優勝:8.5 横浜

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について