Home > REPORTS > ROAD FC > ハム・ソヒ、黒部三奈に3R TKO勝ちし女子アトム級王者に:6.10 韓国

ハム・ソヒ、黒部三奈に3R TKO勝ちし女子アトム級王者に:6.10 韓国

Xiaomi ROAD FC 039
2017年6月10日(土) 韓国・ソウル・ジャンチュン体育館
  レポート:井原芳徳  Photos courtesy of ROAD FC


第6試合 メインイベント ROAD FC女子アトム級王座決定戦 5分3R
○ハム・ソヒ(韓国/元DEEP JEWELSアトム級王者/48.4kg)
×黒部三奈(マスタージャパン/DEEP JEWELSアトム級王者/48.2kg)
3R 4'12" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※ハムが初代王者に

 ソヒは日本で渡辺久江、長野美香、V.V Mei、スギロック、石岡沙織らに勝利するなど大活躍後、韓国の女子選手では初めてUFCと契約し、14年から16年に参戦。だがUFC女子にはDEEP JEWELSのようにアトム級が無く、1階級上のストロー級での戦いを余儀なくされたことも影響し、1勝3敗と苦戦した。ROAD FCでは今年から「ROAD FC XX」という女子部門をスタートして力を入れ始めており、そのエースとしての活躍が期待されている。
 対する黒部は35歳でMMAデビューし、5月2日に40歳になった遅咲きファイター。昨年11月には石岡沙織の年末のRIZIN参戦の野望を打ち砕き、「私、空気読まないんで」等とマイクアピール。今年2月には過去に1度敗れているスギロックに判定勝ちしDEEP JEWELS王座を獲得している。MMA戦績10勝2敗、現在5連勝で、ソヒが抜けた後のDEEP JEWELSのアトム級で台頭した選手の一人といえる。
 なお、RIZINは秋からRENA、石岡らを集め49~50kg近辺でのトーナメント(GP)開催を予定しており、VIP席ではRIZINの榊原信行実行委員長が試合を見守る。

 1R、ソヒがサウスポーに構えてプレッシャーをかけ、じわじわと詰めて左ストレートをヒットし、黒部をひるませる。ソヒは右の膝を黒部のボディに突き刺し、パンチを連打するが、黒部は組み付いて防御。黒部は片足タックルで倒す。ソヒはすぐに金網を背にして立ち上がり、黒部は押し込むが、比較的早くブレイクがかかる。ソヒは左ストレート、右前蹴りを当てるが、黒部はひるまず前に出て、パンチの手数を上げると数発ヒットするようになる。
 すると2R、黒部は前に出るようになり、早い時間からソヒの片足をつかんで押し込むように。いったんブレイク後、黒部はソヒの蹴り足をすくってテイクダウンに成功するが、黒部が上になろうとすると、ソヒは下から三角絞めを極める。いったん外したが、ソヒは再び三角を極め追い詰める。黒部はなんとか外すと、終盤に上からパウンドを当てるが、ソヒも下から顔を蹴り上げて抵抗する。
 3R、後の無い黒部は、開始すぐから胴タックルを仕掛けテイクダウンに成功する。ソヒは金網を背にして立ち上がるが、黒部は片足タックルでしがみつき必死で倒そうとする。なんとか倒すことに成功したが、ソヒは倒れ際に起き上がり、黒部の背後に回り込んでチョークを狙う。黒部は外し、オモプラッタを仕掛けるが、ソヒは外して再びバックマウントになり、マウントと行き来しながらコントロールしてパウンドを落とす。最後はバックマウントで体を伸ばしながらパウンドを連打したところでレフェリーがストップした。キャリア10年でようやく母国の大会のベルトを巻く事ができたソヒは涙を流し大喜びした。




第5試合 無差別級 5分3R
―ミュン・ヒョンマン(韓国)
―アオリゲレ(中国)
1R 無効試合 (ローブローでヒョンマンがドクターストップ)


第4試合 女子無差別級 5分3R
○世志琥 [よしこ](SEAdLINNNG/83.1kg)
×チュン・サンユ(韓国/64.8kg)
1R 4'47" アームロック

 両者は2月大会で対戦し、世志琥が1R KO勝ちしている。3階級も差のある戦いで、1R、サンユが距離を取って右ロー、右ストレートを当てていたが、世志琥は強引にパンチを振り回してから押し込み、首を抱えて倒す。ソンユは下から腕をつかもうとするが、世志琥は外してサイドポジションになり、体格差を活かして押さえ込むと、アームロックを極めてタップを奪った。


第3試合 フライ級 5分3R
○ムン・ジェフン(韓国)
×朝倉 海(リングス)
3R 2'39" TKO (レフェリーストップ:左フック→グラウンドパンチ)

 ジェフンは根津優太、佐藤将光に勝利し、中原太陽に負けている選手。朝倉は3月大会で中国人選手に1R TKO勝ちしている。
 1R、ジェフンが左のジャブのフェイントからの右ストレートを当て続け主導権。2Rもジェフンが左右のパンチを当て続け優勢。中盤、朝倉はタックルを仕掛けて押し込むが、膝蹴りがローブローとなってしまいブレイクがかかってしまい、流れが変えられない。朝倉は鼻血を出し劣勢が続く。3Rもジェフンがパンチを当て続け、左フックでマットに沈めた。


第2試合 ライト級トーナメント予選 5分3R
×キム・スンヨン(韓国)
○ラファエル・フィジエフ [Rafael Fiziev](キルギス)
1R 4'25" TKO (レフェリーストップ:右アッパー)

第1試合 無差別級 5分3R
―シム・ヨンジェ(韓国)
―キム・チャンヒ(韓国)
1R 無効試合 (バッティングでヨンジェがドクターストップ)

Home > REPORTS > ROAD FC > ハム・ソヒ、黒部三奈に3R TKO勝ちし女子アトム級王者に:6.10 韓国

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ