Home > REPORTS > RISE > 那須川天心、カプロンチを3R KO。DoA -57kgは内藤大樹が制す:11.23 TDC

那須川天心、カプロンチを3R KO。DoA -57kgは内藤大樹が制す:11.23 TDC

スリーエー・ライフ presents RISE 121 ~RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017~
2017年11月23日(木/祝) TDCホール
 那須川天心は「ホームリング」と呼ぶRISEで、イグナシオ・カプロンチを3R KOすると「世界最高の選手がRISEの55kgにいるというのを勝ち続けて証明したい」とアピールした。DoA -57kgトーナメントはシュートボクシング協会の内藤大樹が優勝。那須川に2年前のBLADEのトーナメント決勝で敗れており、来年再戦となりそうだ。
  レポート&写真:久保与志


RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017



第2試合 一回戦(1) 3分3R(延長1R)
○森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)※BRING IT ONパラエストラ葛西より所属名変更
×翔貴(岡山ジム水島道場/ルンピニージャパン・フェザー級王者、INNOVATION 1位)
2R 2'48" KO (右フック)

 1R、翔貴が左ジャブから右の蹴りにつなげて距離を制そうとするが、森本は右フックからロープ際に押し込んで圧力をかけていく。翔貴はロープを背負いながらもカウンターで左フック、ボディを上手く当てていたが、ラウンド終盤に森本の右フックを被弾してぐらつく。記者採点は10-10のイーブン。
 2Rに入ると森本が一層プレッシャーを強め、翔貴をロープ際に詰めてラッシュを浴びせ、さらにバックスピンキックもヒットする。翔貴も左フック、ミドルで応戦するが、森本が右フックから右ハイ、さらに左ミドルから再び右ハイとたたみかけるとついにダウン。何とか立ち上がろうとするも再び崩れ落ち、森本がKO勝ちで準決勝進出を決めた。


第3試合 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
○MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
×宮崎就斗(TARGET/RISEフェザー級6位)
判定3-0 (28-27/28-26/28-26)

 1R、MOMOTAROは前蹴りで距離を取りながら宮崎の入り際にパンチを合わせていく。宮崎は被弾しながらも強引に詰めようとするが、カウンターで右フックをもらいダウンを奪われる。その後も、MOMOTAROが入ってきたところに膝蹴りとカウンターのパンチでヒットを重ねていく。記者採点は10-8でMOMOTARO。
 2R、顔面への前蹴りをヒットさせるMOMOTARO。蹴りで距離を保ちながら詰められての打ち合いでも的確にパンチを当て、カウンターの右フックで2度目のダウンを奪う。劣勢に立たされた宮崎だがラウンド終了間際に飛び込んでのパンチを当てると、MOMOTAROが少しぐらつく。記者採点は10-8、トータルスコア20-16でMOMOTARO。
 3R、倒すしかない宮崎は飛び込んでパンチを狙うが、MOMOTAROは左ミドルで距離を取りつつカウンターで左ストレートを当てる。MOMOTAROが飛び膝にいったところを、宮崎がパンチで迎撃し、バランスを崩したMOMOTAROが尻餅をつくと、レフェリーはダウンを宣告。しかしダメージの感じられないMOMOTAROから、それ以上の有効打を当てることは出来ずタイムアップ。記者採点はスリップダウンと判断して9-10、トータルスコアは29-26でMOMOTARO。判定は3-0でMOMOTAROが勝利して、準決勝に駒を進めた。


第4試合 一回戦(3) 3分3R(延長1R)
○工藤政英(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、元REBELS 55kg級王者)
×KEN・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/RISEフェザー級10位、DoA ROOKIES LEAGUE 2017優勝)
1R 1'27" KO (2ダウン:左ボディフック)

 1R、ローの蹴り合いから工藤がプレッシャーをかけてコーナーに追い込むと、強烈な左ボディ一発で腹を効かせ、さらに左ボディと膝蹴りでラッシュをかけてダウンを奪う。KENは何とか立ち上がるが、工藤が休む暇を与えずに左ボディの連打を浴びせて沈み込むように2度目のダウン。工藤が圧勝でKENを下し、ノーダメージで準決勝に進出した。


第5試合 一回戦(4) 3分3R(延長1R)
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
×原口健飛(聖武会館/JAPAN CUP 2017 -57kgトーナメント優勝、ACCELフェザー級王者)
4R 判定3-0 (10-9/10-9/10-9)
3R 判定1-0 (30-30/30-29/30-30)

 1R、左右のローを散らす内藤に対し、原口は細かくスイッチを繰り返しながら左右のミドルを蹴る。内藤がローから左フックで詰めるが、原口はダッキングで上手くパンチを外しながらカウンターで右ストレートを狙う。原口のスイッチワークを捕まえきれない内藤だが、ミドルをもらうとすぐにローをリターンして主導権は譲らない。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、原口が遠い間合いからミドルと前蹴りで先手を取り、内藤に詰められても華麗なボディワークで内藤のパンチをかわし、サークリングしてすぐにロープ、コーナー際から抜け出す。原口が徐々にペースを握ったかに見えたが、ラウンド終盤に内藤が圧力を強め、ロープに詰めて左フックをヒットさせる。記者採点はこのラウンドも10-10。



 3R、ショートレンジの攻防が増え、原口がダッグから左フックをヒット。内藤の動きが止まった瞬間を狙ってパンチを当てていくが、内藤が左ボディで押し込んでいき、右ハイをヒット。少し効いた様子の原口を左ボディで追撃する。記者採点は10-9、トータルスコア30-29で内藤。判定は1者が内藤につけるも、残り2者は30-30をつけて延長戦へ。
 4R、内藤が左ミドルの連打からテンカオでロープに詰め、腹を効かされたか原口は手が出なくなる。内藤が終始攻め続け、原口も終了間際に逆転を狙ってパンチを振るも、クリーンヒットは奪えずにタイムアップ。記者採点は10-9で内藤。延長判定は3者共に内藤を支持し、内藤が4Rを戦って準決勝に駒を進めた。


第1試合 リザーブマッチ 3分3R(延長1R)
×佐野貴信(創心館/RISEフェザー級7位)
○泰良拓也(パウンドフォーパウンド)
1R 1'39" KO(左フック)


第7試合 準決勝(1) 3分3R(延長1R) 一回戦(1)勝者 vs. (2)勝者
×森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)
○MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
判定0-3 (29-30/28-29/29-30)

 1R、ローの応酬から、森本が右ミドルを蹴りつつ右フックを振るうが、MOMOTAROは組んで連打を許さず、離れ際にパンチを当てていく。森本は距離を詰めるもすぐに捕まってしまい、MOMOTAROは首相撲から顔面への膝蹴りを狙う。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、前蹴り、サイドキックを駆使するMOMOTAROに、森本は距離を詰めきれず。MOMOTAROはサークリングしながら左ミドルを当て、インファイトになると組んで膝を入れる。記者採点は9-10でMOMOTARO。



 3R、MOMOTAROは前蹴り、左ストレートから膝蹴りをヒットさせ、二段蹴りの右ハイもヒットさせると森本がスリップ。森本は強引に詰めるが、MOMOTAROの足払いや首相撲からの崩しでバランスを崩し、度々転倒する。森本は最後まで強打を当てることは出来ず。記者採点は9-10、トータルスコア28-30でMOMOTARO。判定は0-3でMOMOTAROが勝利し、計6Rを戦って決勝に進出した。


第8試合 準決勝(2) 3分3R(延長1R) 一回戦(3)勝者 vs. (4)勝者
×工藤政英(新宿レフティージム/RISEフェザー級3位、元REBELS 55kg級王者)
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
判定0-3 (28-30/28-30/27-30)
※3R右ハイキックで工藤にダウン1

 1R、ジャブ、ローの差し合いから工藤が右ボディストレート、左ボディを叩き込むが、内藤は肘でブロックしつつ、ボディをもらうとすぐに左のショートをリターン。そこから細かい連打につなげて押し返すと、負けじと左ボディもヒットさせる。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、互いにガードが固くビッグヒットはないが、内藤の左ジャブ、前蹴りが徐々に顔面を捉え始める。工藤はジャブを差しつつ得意のボディショットを放っていくが、内藤のブロックは崩れない。記者採点は9-10で内藤。



 3R、内藤が左ジャブから右ミドルを腹に集めると、右ローに合わせて右ハイを工藤の顎にクリーンヒット。ダウンを喫した工藤は足元が覚束ないが、ダウンを挽回しようと右オーバーハンドを振るって前に出る。最初は打ち合いにいった内藤だが、セコンドから「トーナメントだぞ」と声がかかると、冷静に距離を取り直し、工藤のパンチをかわしながら首相撲で翻弄してタイムアップ。記者採点は8-10、トータルスコア27-30で内藤。判定は0-3、右ハイキックで決定的なダウンを奪った内藤が、こちらは計7Rを戦って決勝へと駒を進めた。


第11試合 メインイベント 決勝 3分3R(最大延長2R)
×MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
○内藤大樹(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級(55kg)王者)
4R 0'56" TKO (レフェリーストップ:左フック)
3R 判定0-1 (29-30/29-29/30-30)
※内藤が優勝

 1R、内藤のローをキャッチして何度も崩しを狙うMOMOTAROだが、内藤は全くバランス崩さずに防ぎ、インローで逆にMOMOTAROのバランスを崩す。互いに顔面へのクリーンヒットはなくラウンド終了。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、MOMOTAROが少し左ミドルの数を増やし、内藤はミドルをもらうとローをリターンする。内藤が少し圧力を強めて距離を詰めるが、共にポイントに結びつくような有効打はない。記者採点はこのラウンドも10-10。



 3R、内藤は左フックで詰めて右ハイを狙うが、MOMOTAROがカウンターで左ストレートをヒット。しかし内藤もすぐに左フックを当て返してMOMOTAROは鼻から出血する。前に出る内藤に、MOMOTAROは膝蹴りで迎撃しつつ、首筋に左ハイをヒットするが、内藤は効いた様子なく詰めて左フック、バックブローで追撃する。記者採点は10-10、トータルスコアは30-30のイーブン。判定は0-1で1者が内藤を支持するも、残り2者イーブンで延長戦へ。MOMOTAROは10R、一回戦に延長Rを戦った内藤は11R目に突入する。
 4R、内藤が右ミドルと左フックでMOMOTAROをロープ際に詰めると、右ストレートをヒットしてついにダウンを奪取。MOMOTAROは何とか立つが、鼻からの出血がひどくなり、ダメージもかなり深い。内藤は試合を終わらせんと前に出ると、左ストレートと左フックの相打ちでMOMOTAROが再びダウン。ロープにもたれるようにダウンしたMOMOTAROを見てレフェリーが試合を終わらせた。



 11Rを戦い抜いてトーナメントを制した内藤は「凄く過酷なトーナメントでしたが、SBが強いということを見せられて良かったです。このベルトのためにずっと頑張ってきたので嬉しいですが、やっぱりまだ、もう一人戦わないといけない選手がいる。そこを目指して頑張ります」と名前は出さなかったものの、BLADEのトーナメント決勝で敗れた那須川天心との再戦を望むコメント。那須川も試合後のマイクでDoA優勝者との対戦をアピールしていたため、両者の再戦はいずれRISEのリングで実現することになりそうだ。


ワンマッチ



第10試合 セミファイナル ノンタイトル戦 3分5R(延長1R)
○那須川天心(TARGET/RISEバンタム級(-55kg)王者、ISKAオリエンタル世界同級王者)
×イグナシオ・カプロンチ(アルゼンチン/ドージョー・セルピエンテ/WKN世界57kg級王者、WKC世界60kg級王者)
3R 1'15" KO (3ダウン:ボディへのパンチと膝蹴りの連打)
※RISEバンタム級タイトルマッチとして行う予定だったが、カプロンチが800gオーバーのためノンタイトル戦に変更。カプロンチに減点1、グローブハンデあり。



 本来は那須川の2度目のバンタム級王座防衛戦として行われる予定だったが、カプロンチが計量に失敗したためノンタイトル戦に変更となった。
 1R、立ち上がりからイン&アウトへの左ロー、膝蹴り、三日月と下半身を中心に多彩な蹴りを散らす那須川。カプロンチはスピードの違いに翻弄され、パンチを振るうもすぐに天心が左ストレートでカウンターを取る。カプロンチは蹴りは空転、パンチはカウンターをもらってしまい手数もほとんど出ない。記者採点は10-9で那須川。

 2R、那須川は三日月と左右のボディフックで腹を狙い打ち。さらに左アッパー、ストレートをカウンターで捉える。カプロンチはバックスピンキックを狙うも那須川はスウェーでかわし、徐々に動きの止まってきたカプロンチの顔面に左の飛び膝をヒット。大きく後退してガードを固めるカプロンチにボディフック、膝蹴りのラッシュを浴びせ、レバー付近に三日月蹴りを痛打すると、カプロンチは少し間をおいて、苦悶の表情を浮かべながらダウンを喫する。記者採点は10-8で那須川。



 3R、なおも苛烈にカプロンチのボディを攻める那須川。カプロンチはもはや防戦一方で左ストレートをボディにもらい2度目のダウン。何とか立ち上がるも那須川はすぐに距離を詰めると胴回し回転蹴りを首筋にヒット。カプロンチは少し間をおいて力なくダウン。カウント9でかろうじてファインテングボーズを取るが、那須川が左右のボディフックと膝の連打を浴びせると3度目のダウンを喫して那須川がKO勝ちした。



 那須川はマイクを持つと「イグナシオ選手、体重オーバーしてプロとしてどうかなと思ったんですけど、それを思わせない強い選手で、本当のファイターだなと思いました。またベストの状態の時にもう1回僕がアルゼンチンにいって試合をしてもいいなと思っています。今回タイトルマッチじゃなくなっちゃったんですけど、このベルトは僕が16歳の時に、デビューして初めて取ったベルトなんで。自分はいくらベルトが出来てもこのベルト一本だけで良いと思ってます。世界最高の選手が、RISEの55kgにいるというのを勝ち続けて証明したいと思っています。DoAのトーナメントやってますけど、その優勝者、ぜひ俺と戦いましょう。階級は57kgで上ですけど全然問題ないんで、後今年も年末試合すると思うんで、皆さんテレビや会場に来ていただいてインパクトある素晴らしい試合をしたいです」とコメントした。
 バックステージでは「(アルゼンチンでやってもいいと言ったが)来年は色々なところにいってみたい。世界でも試合をしていきたいです」と海外進出に意欲を見せ、年末のRIZINについては「僕としてはキックを広めたいという思いがある。キックと総合、両方やってチャンピオンになれるほど生ぬるい世界じゃないので。総合をやるなら総合の練習をずっとやっていかないといけないと思います」とあくまでキックルールでの参戦を希望した。



第9試合 RISEスーパーフェザー級(-60kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
×野辺広大(RISE ON/INSPIRIT/王者)※初防衛戦 ※1-siam gymから所属変更
○イ・チャンヒョン [チャンヒョン・リー](韓国/RAON/RISE 1位)※仁川ムビジムから所属変更
判定3-0 (47-49/45-49/44-49)
※チャンヒョンが新王者に

 1R、野辺はチャンヒョンを近づけさせまいとミドル、前蹴りを積極的に放っていくが、チャンヒョンはパワフルな左ジャブを突き刺して前進すると、野辺が頭を下げたところにテンプルあるいは後頭部付近に右クロスを叩き込みダウンを奪う。立ち上がった野辺だがダメージは深そうな様子。記者採点は8-10でチャンヒョン。
 2R、ジャブ、ローで前進しつつ、左フックから右クロスを放っていくチャンヒョン。野辺は詰められると下を向くように頭を下げてしまうため、チャンヒョンのクロスを後頭部に近い首筋にもらってしまい2度目のダウン。かなり効いている野辺に、チャンヒョンはまたも右クロスを決めて3度目のダウンを奪う。KO寸前に追い込まれた野辺だが何とか耐え切ってラウンド終了。記者採点は7-10でチャンヒョン。
 3R、必死に左右のミドルを蹴ってチャンヒョンを遠ざけようする野辺。チャンヒョンは少しプレッシャーが弱まるも、左ジャブを差し込みつつ危険な右を被せていく。記者採点は10-10のイーブン。
 4R、野辺が細かいパンチから左ボディ、三日月蹴りとボディへ攻撃を集中させると、チャンヒョンの動きが明らかに鈍り始める。手数の減ったチャンヒョンに対し、野辺は休まず手を出し続けて攻勢を保つ。記者採点は10-9で野辺、ここまでのトータルスコアは39-45でチャンヒョン。
 5R、ポイントでは大差をつけられている野辺は、徹底してボディを攻め、チャンヒョンをロープ際に釘付けにして攻勢に。最後まで手を緩めることなくボディを攻め続けるが、チャンヒョンもガードを固め、ダウンは喫することなく守り抜いて試合終了のゴング。記者採点は10-9で野辺、トータルスコアは48-45でチャンヒョン。判定は0-3、3度の明確なダウンを奪ったにもかかわらず何故か47-49をつけたジャッジがいたが、強打で序盤にダウンを重ねたチャンヒョンが尊敬する兄弟子、イ・ソンヒョンも巻いたRISEのベルトを手に入れた。




第6試合 ライト級(-63kg) 3分3R(延長1R)
×北井智大(チームドラゴン/RISE 2位)
○秀樹(新宿レフティージム/RISE 11位、K-1 ULTIMATE VICTOR -65kgトーナメント'17優勝)
判定0-2(28-28/27-28/27-28)

 1R、立ち上がりから秀樹が強烈な左ミドル、インローで先手を取り、北井を中に入れさせない。北井は蹴り終わりに右ハイを返すがヒットはせず、秀樹が左ミドルのヒットを重ねていく。2Rも秀樹が左ミドルを当てつつ、北井が詰めてくると右フックも度々ヒットさせるが、北井が右フックから返しの左を当ててダウンを奪い、劣勢を覆す。
 3R、ダウンを挽回しようと秀樹が左ミドル、右フックで前進し、ロープに詰めて三日月蹴りで腹を効かせる。秀樹が攻め続け、残り30秒を切ったところで左ストレートでダウンを奪い返す。この一発が決めてとなり、判定2-0で秀樹が勝利した。


オープニングファイト第4試合 56kg契約 3分3R
○村山智耶(HAYATO GYM/RISEバンタム級(-55kg)8位)
×森園直樹(TIA辻道場/元グラディエーター武士道スーパーフェザー級王者)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

オープニングファイト第3試合 バンタム級(-55kg) 3分3R
×佐藤 駿(PHOENIX/RISE 10位)
○リョウタ(鷹虎ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級5位)
判定0-3 (29-30/28-29/28-30)

オープニングファイト第2試合 -64kg契約 3分3R
×田村亮太朗(リアルディール)
○北濱精悦(TARGET SHIBUYA)
判定0-3 (29-30/29-30/28-30)

オープニングファイト第1試合 -53kg契約 3分3R
○金子 梓(新宿レフティージム)
×ギッティチャイ・タツヤ(はまっこムエタイジム)
判定3-0 (30-27/29-27/30-27)

Home > REPORTS > RISE > 那須川天心、カプロンチを3R KO。DoA -57kgは内藤大樹が制す:11.23 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について