Home > REPORTS > RISE > 渡辺理想、イ・ソンヒョンに逆転TKO負け:7.1 有明

渡辺理想、イ・ソンヒョンに逆転TKO負け:7.1 有明

RISE 89
2012年7月1日(日) ディファ有明
 メインでは極真会館の名勝負製造機・渡辺理想が登場。6.2 TDCホール大会でライト級王者の裕樹に判定勝ちしている21歳の新鋭・イ・ソンヒョンに挑み、2Rに後ろ回し蹴りでダウンを奪ったものの、以降パンチの連打で反撃を許し逆転負けを喫した。
  レポート&写真:井原芳徳



第2部


第9試合 メインイベント ライト級(63kg) 3分3R(延長1R)
○イ・ソンヒョン(韓国/仁川ムビジム/RISE KOREAウェルター級王者)
×渡辺理想(極真会館/RISEライト級2位)
4R 1'29" TKO (レフェリーストップ:右ストレートで2ダウン後)
※2R後ろ回し蹴りでイに1ダウン



 1R、サウスポーの渡辺が回って距離を保ちながら左のミドルやインローを的確にヒット。2Rもそのペースで主導権を維持し、不意打ちの後ろ回し蹴りでダウンを奪うことに成功する。しかしソンヒョンが立ち上がった
後、パンチで倒しに行ったことが裏目に。打ち合いに応じたソンヒョンの強打が炸裂し、次第に後退するように。

 3Rは開始早々からソンヒョンが猛ラッシュを仕掛け、渡辺は口と鼻から出血し、ドクターチェックを受ける。再開後もソンヒョンの猛攻は止まらず、ポイントは五分に戻り延長へ。ソンヒョンが右ローを当てると、渡辺はオーソドックスに構えが変わり、その後ソンヒョンが右のボディフックから右ストレートの連打を当ててダウンを奪取。渡辺は立ち上がるもフラフラで、最後はソンヒョンの右膝と右ストレートの連打で倒れたところで小川レフェリーがストップした。





第8試合 セミファイナル バンタム級(55kg) 3分3R(延長1R)
○大野貴志(士道館新座ジム/MA日本バンタム級王者)
×六川星矢(北斗会館/RISEバンタム級5位)
判定3-0 (29-26/29-26/30-26)
※1R左ストレートで六川に1ダウン



 六川は2011年RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝、DEEP KICK 55kg級関西最強トーナメント優勝の実績があり、プロ8戦8勝(6KO)と負けなし。KENJIの持つRISEバンタム級王座挑戦に向け、絶好のアピールのチャンスだったが、MAキックの22歳の新王者に手痛い黒星を喫することに。
 1R、序盤はミドルや前蹴りやミドル主体の攻防が続いていたが、六川の蹴りのタイミングに合わせて大野が左フックをクリーンヒット。六川の頭が大きくのけぞる。するとこれで手応えを感じた大野は、ラウンド終盤に相打ちながらも左ストレートを当ててダウンを奪取。2Rには右ローも効かせ、3Rには左ジャブを基点にミドル、前蹴り、フックを何発も当てて圧倒し、大差をつけて完勝。肘・首相撲無しのルールでも素質の高さを見せつけた。




第7試合 ライト級(63kg) 3分3R(延長1R)
○菅原勇介(TARGET/RISEスーパーライト級(65kg)1位)
×麻原将平(シルバーアックス/RISEライト級3位)
判定3-0 (29-28/29-28/29-27)



 6.2 TDC大会で小宮に延長判定負けを喫した菅原が1ヶ月足らずで試合出場。1R、麻原が左のジャブを起点に、左のミドルやハイもヒット。菅原も右のローやストレートを当てるが、ややリズムをつかめない様子。だが2Rに入ると、左の前蹴り、右のテンカオ、右のハイを立て続けに当てて優位を印象づける。3Rも中盤から左のミドルとロー主体で手数多く攻め込み、RISEでの連敗を2でストップした。


第6試合 61kg契約 3分3R(延長1R)
○青津潤平(NPO JEFA/元J-NETWORKライト級暫定王者)
×前口太尊(PHOENIX/RISEスーパーライト級7位)
判定3-0 (29-28/29-28/30-28)

第5試合 ライトヘビー級(90kg) 3分3R(延長1R)
×洪 太星(極真会館/RISEヘビー級7位)
○木村秀和(team pitbull/RISEヘビー級8位)
2R 2'16" TKO (3ダウン:パンチ連打)


第4試合 ライトヘビー級(90kg) 3分3R(延長1R)
×小澤和樹(team SUDO/WPMF日本クルーザー級3位)
○大治ZLS(チームゼロス/RISEヘビー級10位)
判定0-3 (28-30/27-29/28-29)

第3試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R(延長1R)
○永山敬之(士道館札幌道場/RISEフェザー級5位)
×下丈一朗(TARGET)
判定3-0 (29-27/29-26/28-27)

第2試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R(延長1R)
○家元智明(シルバーウルフ/RISEスーパーフェザー級9位)
×原島佑治(侍塾)
判定3-0 (29-27/29-26/28-27)

第1試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R
○金城 悠(シルバーウルフ)
×田辺裕貴(真樹ジムオキナワ/琉球かきだみし協会フェザー級5位)
判定3-0 (29-26/29-26/29-25)
※1R右ストレートで田辺に1ダウン

第1部


第9試合 RISING ROOKIES CUPライト級(63kg)準決勝 3分3R(延長1R)
○藤田雄也(極真会館)
×ゾンビ島田(ボスジム)
4R 判定2-1 (10-9/9-10/10-9)
3R 判定1-0 (29-28/29-29/29-29)

第8試合 RISING ROOKIES CUPライト級(63kg)準決勝 3分3R(延長1R)
×NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)
○清水“TOKAREV”靖弘(TARGET)
4R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10)
3R 判定0-0 (29-29/28-28/27-27)

第7試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R
×永井健太朗(Kick Box)
○藤橋 光(シルバーウルフ)
判定0-2 (28-30/28-28/27-29)

第6試合 スーパーフェザー級(60kg) 3分3R
×流鏑馬丈 [やぶさめ・じょう](翔拳道)
○村山智耶(HAYATO GYM)
1R 2'50" KO (右ストレート)

第5試合 スーパーフェザー級(60kg) 3分3R
×バズーカ福田(KFGジム)
○野辺広大(STURGIS新宿ジム)
1R 2'23" KO

第4試合 バンタム級(55kg)3分3R
×流星(総合格闘技道場STF/2011年KAMINARIMON全日本トーナメント55kg級優勝)
○宮崎就斗(TARGET/2011年KAMINARIMON全日本トーナメント60kg級優勝)
判定0-3 (26-28/27-29/27-29)

第3試合 スーパーライト級(65kg) 3分3R
×三縄良太(超人クラブ)
○大野 憲(シルバーウルフ)
判定0-2 (28-28/27-28/28-29)

第2試合 スーパーライト級(65kg) 3分3R
×宮下郁夫(躰術会館)
○和佐田祐一(Kスポーツジム)
1R 1'52" KO

第1試合 バンタム級(55kg)3分3R
×shiφ(TARGET)※micheよりリングネームを変更
○kazyosi(シルバーウルフ)
1R 1'44" KO


Home > REPORTS > RISE > 渡辺理想、イ・ソンヒョンに逆転TKO負け:7.1 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について