Home > REPORTS > RISE > 小宮山工介がSフェザー級王者に。吉本引分防衛:2.27 後楽園

小宮山工介がSフェザー級王者に。吉本引分防衛:2.27 後楽園

RISE 74
2011年2月27日(日) 後楽園ホール
 RISEスーパーフェザー級(60kg)タイトルマッチは、3度目の防衛戦の板橋寛(スクランブル渋谷)を、小宮山3兄弟の次男・工介(北斗会館)が蹴り主体で攻略し判定勝ち。スーパーライト級(65kg)は吉本光志(ヌンサヤームジム)がドロー防衛を果たした。ヘビー級では上原誠(士魂村上塾/1位)と清水賢吾(極真会館/2位)がKO勝ちし、空位の王座を懸け争うのが濃厚となった。
  レポート&写真:井原芳徳  ◆テレビ放送:GAORA 3月12日(土)23:00~深夜1:00


第12試合 メインイベント RISEスーパーフェザー級(60kg)タイトルマッチ 3分5R
×板橋 寛(スクランブル渋谷/王者)
○小宮山工介(北斗会館/1位・2008年 RISING ROOKIES CUP同級優勝)
判定1-2 (長瀬50-49/市瀬46-50/斉藤48-50)
※小宮山が新王者に

 サウスポーの板橋に対し、工介は大きくリングを使って距離を取り、素早く動き続け、時折一気に距離を詰めて右のストレートや前蹴りを当てるヒット&アウェー戦法を徹底。2Rには得意の2回転廻し蹴りも決めてみせる。だが2R中盤になるとスピードが落ち、板橋に的を絞られると、左フックをもらって右まぶたを腫らしてしまい、ドクターチェックを受けることに。




 3Rはどちらもパンチを当て、ほぼ均衡状態に。4Rも板橋が左の奥足狙いのローを連打するが、すぐに工介も左の前蹴りを連打で返したりと、一進一退の攻防が続く。5R序盤、工介のパンチの連打でダウン気味に板橋が倒れた場面があったが、スリップと判断される。工介は時折前蹴りなどをヒットさせるが、未知の5R目の戦いとなるとスタミナが落ち、これまでのラウンドに比べると組み付く場面が増える。



 裁定はジャッジに委ねられるが、3者とも評価のばらつきの多い採点に。工介が豪快に前蹴りや回し蹴りを当てる場面は印象的だったが、その後、板橋の動きはなかなか落ちなかった。工介のクリーンヒットを評価するか?実際に与えたダメージを評価するか?で、ばらつきが発生したと推測できる。だが仮に板橋の勝利になっていたとしても、これまで2度防衛し、“RISEの絶対王者”と呼ばれる彼らしくない内容だったことは確かだ。



 小宮山兄弟の次男・工介は、プロ16戦目でようやくベルトを奪取。マイクを持つと「プロになって3年2ヶ月、『石の上にも3年』という言葉もあるように、ここに来てはじめて見えてくる景色が本当にあると思いました」と感慨深げに語った。戦前、「まずここを獲ってから世界へのスタートにしたいです」と語っていたが、世界の強豪相手に、工介の変幻自在な蹴り技がどこまで通用するかが見ものだ。


第11試合 RISEスーパーライト級(65kg)タイトルマッチ 3分5R
△吉本光志(ヌンサヤームジム/王者)
△菅原勇介(TARGET/1位・前J-NETWORKスーパーライト級王者)
判定0-0 (山根49-49/斉藤49-49/長瀬48-48)
※吉本が初防衛



 吉本は右足を痛めている様子で、左足に重心をかけた動き。接近戦での右膝蹴りや右アッパーを多用する。菅原は吉本の右足を狙い、左ロー主体の攻めを続ける。吉本は昨年12月の裕樹とのライト級(63kg)王者決定戦でもローで敗れており、そのときの再現かというムードになるが、吉本の動きは止まらず。逆に尻上がりに調子がよくなり、4Rからは左ミドルの連打を度々見せるように。結局09年11月の初対決同様、フルラウンドの激闘となり、今回はドロー。吉本の防衛となった。




第10試合 バンタム級(55kg) 3分3R(延長1R)
×前田浩喜(インスパイヤード・モーション/WBCムエタイ日本Sバンタム級1位・元NJKFバンタム級王者)
○Dyki(TARGET/RISEバンタム級1位)
4R 判定1-2 (長瀬10-9/梅沢9-10/斉藤9-10)
3R 判定1-1 (長瀬30-29/梅沢30-30/斉藤29-30)



 サウスポーに構えた前田が、1Rから得意の左ミドルを何発もヒット。左ハイ、インローも絡めて手数で勝り、2Rも主導権を維持する。だがDykiも負けじと右ミドル、ハイで応戦。3Rには奥足狙いの右ローを増やし、前田の勢いを止める。それでも順当に前田の判定勝ちかと思われたが、十分に評価されず、試合は延長へ。



序盤こそ前田もパンチのラッシュで威勢よく攻めたが、首相撲からの膝蹴りの反則を重ねてしまい、イエローカードをもらってしまう。さらに終盤にはDykiの左右のパンチを浴びて印象を悪くし判定負け。健在ぶりを示す内容だったものの、1年半ぶりの試合を白星で飾ることができなかった。


第9試合 ヘビー級 3分3R(延長1R)
○上原 誠(士魂村上塾/RISEヘビー級1位)
×イ・ギファン(韓国/金海小龍ジム/大韓ムエタイ協会ヘビー級3位)
1R 2'14" KO (右ローキック)



 上原は距離を取って慎重に相手の出方をうかがいつつ、右ローを的確にヒット。ギファンはカットできず、上原が右ローの連打をするとあっさりとノックアウトした。試合後は「清水君いるかな?」と1試合前に勝利している清水賢吾に呼びかけ、清水は登場しなかったものの、清水とのRISEヘビー級王者決定戦に意欲を示した。


第8試合 ヘビー級 3分3R(延長1R)
○清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級2位)
×高萩ツトム(チームドラゴン)
3R 2'27" KO (右ハイキック)
※1Rパンチ連打で清水に1ダウン

 高萩が1R、右ストレートで清水をぐらつかせると、パンチラッシュで追い詰め、右ストレートの連打で清水の動きが止まったところでレフェリーがダウンを宣告。2Rも高萩のラッシュで清水は苦境に立たされる。だが一撃の重みでは清水が上。左右のミドルや右の膝蹴りを当て続けると、高萩の勢いがじわじわ低下。3Rにはほぼ互角の展開に持ち込み、膝蹴りを効かせた後、バテてきた高萩を押してからの右ハイ一撃で見事ノックアウト。ヒヤヒヤの展開ながらも、後楽園ホールをこの日一番の熱狂に包んだ。



 試合後マイクを持った清水は「今日は絶対勝てないと思ってました。次の試合では上原選手が勝ってくれると思う。二人でヘビー級タイトルマッチをやりたい。上原選手には一度負けてるので勝ちたい」とアピール。さらに「極真の6月の全日本ウェイト制選手権で優勝して、秋の世界選手権にも出たい。全部優勝するつもりで頑張ります」と表明した。


第7試合 ヘビー級 3分3R
○羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位・2010年 RISING ROOKIES CUP同級優勝)
×長谷川康也(アクティブJ/元J-NETWORKヘビー級王者)
1R 終了時 TKO (ドクターストップ:パンチによる左目の負傷)
※試合遅延行為で長谷川に減点1で開始。1Rパンチ連打で長谷川に1ダウン

 序盤しばらく、様子見だった羅王丸だが、じわじわコーナーに詰めると、一気にパンチのラッシュ。長谷川もブロックとスウェーで防御し、左フックを当て返していたが、終盤にまたも羅王丸がラッシュを仕掛けると、ついにダウン。長谷川は左目を負傷し、インターバル終了後のドクターチェックでストップがかかった。



第6試合 ライト級(63kg) 3分3R(延長1R)
×巨輝(TARGET/RISEライト級2位・元NKB二階級王者)
○麻原将平(シルバーアックス/RISEライト級4位)
判定0-3 (山根27-29/梅沢27-30/小川27-30)

 1Rは互いに手数が少なかったが、2Rになると、互いに左ミドル、ロー、パンチの手数が増すように。3Rもなかなか均衡が崩れなかったが、残り30秒、疲れてきた巨輝の組み付き際に麻原が右の膝を巨輝のアゴに当てダウンを奪取。これで点差を広げ、判定勝ちを果たした。巨輝はこれで3連敗。


第5試合 ライト級(63kg) 3分3R(延長1R)
○水町 浩(士魂村上塾/MA日本スーパーライト級3位・元WMAF世界ウェルター級王者)
×渡辺理想(極真会館/RISEライト級1位)
3R 0'34" KO (右膝蹴り)



 1R、両者ともロー主体の均衡状態だったが、2Rに入ると、水町が接近戦での膝蹴りを駆使して渡辺を苦しめるように。そして3R開始すぐ、左ストレートで渡辺をひるませた後、首相撲すれすれの状態で渡辺の動きを止めてから、膝蹴り一発でダウンを奪取。足に来ている渡辺を、最後も膝で沈めノックアウト勝ち。久々のRISEで好調の渡辺から白星を奪うことに成功した。


第4試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R(延長1R)
○佐藤政人(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級王者)
×九島 亮(ヌンサヤームジム/RISEフェザー級2位)
判定3-0 (小川30-28/斉藤30-28/市瀬30-28)

 サウスポーの構えた佐藤が、スイッチも駆使しながら左右に素早く動き、時折ミドルとパンチの連打をまとめ、印象良く攻め判定勝ち。RISE初戦を白星で飾ると「空位のフェザー級の初代王者になりたいです」と表明した。


第3試合 RISE×NAGOYA KICK交流戦 スーパーライト級(65kg) 3分3R
○左右田泰臣(シルバーウルフ/RISEスーパーライト級2位・2010年 RISING ROOKIES CUP同級優勝)
×AKIRA(誠至会/KCJスーパーライト級4位)
3R 1'11" KO (パンチ連打)
※2Rフックで左右田に1ダウン


第2試合 RISE×NAGOYA KICK交流戦 フェザー級(57.5kg) 3分3R
×永井健太朗(Kick Box)
○不可思(The Body Box/KCJフェザー級4位)
1R 3'00" KO (左飛び膝蹴り)


第1試合 バンタム級(55kg) 3分3R
×山上幹臣(総合格闘技道場STF/2008年修斗フライ級新人王)
○六川星矢(北斗会館)
1R 1'23" KO (右フック)

Home > REPORTS > RISE > 小宮山工介がSフェザー級王者に。吉本引分防衛:2.27 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について