Home > REPORTS > RISE > 龍二、白須との乱打戦制す。森田晃允が3階級制覇

龍二、白須との乱打戦制す。森田晃允が3階級制覇

RISE 55
2009年5月31日(日) 東京・ディファ有明
 今年のK-1 MAX 日本代表決定トーナメント本戦に選ばれなかった龍二と白須康仁が、来年の出場目指して12分ノンストップの壮絶な殴り合い。勝った龍二は、昨年敗れた日菜太の持つ、RISE 70kg王座への挑戦を熱望した。
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○龍二(リアルディール/RISE DEAD OR ALIVE TOURNAMENT'07 王者)
×白須康仁(キングビースト/WMAF世界スーパーウェルター級王者)
4R 判定3-0 (小川10-9/櫻井10-9/梅沢10-9)
3R 判定1-0 (小川30-30/櫻井30-29/梅沢30-30)



 龍二は4月21日のK-1福岡大会のTATSUJI戦で判定負けした際、右拳と右スネを負傷。武器の限られて臨んだ今回の白須戦では、TATSUJI戦でスロースタートとなったことも反省し、「とにかく最初から前に出て、左膝と左パンチを放って、ローをもらわない作戦だった」といい、これが12分間ノンストップのドツき合いの展開を生むことになる。白須も龍二の突進ファイトに対し、右フックを中心としたパンチで真っ向勝負。お互い何発も被弾するが一歩も引かず殴り合いを続け、観客の度肝を抜く。
 龍二もこういう展開になると、痛めている右拳を使わざるない。試合後に話を聞くと「右拳で殴ってたら『痛てえ』って思った」そうだが、「3Rの前に会長にビンタされて目が覚めました」とのこと。白須のパンチについては「痛かったけど、記憶が飛ぶのは無かった」といい、度々もらったローに関しても「ロー対策は“我慢”です」と豪語するから、その打たれ強さは半端ではない。白須も打たれ強かったが、逆に白須が意地を張って打ち合いに応じてくれたことは龍二にとって幸いだったようで、「白須選手が負けず嫌いで良かった。距離を取ってくる選手ならまずかった」と話す。
 結局、延長戦も大差は無かったが、龍二が左フックと左膝の手数で上回り判定勝ち。マイクを持った龍二は「本戦で勝負がついていないんで、また戦いたい。本当は引き分けと思う」と白須を讃えると、「去年7月に取る予定だったベルトにぜひ挑戦したい。今、若い日菜太選手がノリにノッてるんで、30過ぎた僕が叩き潰したい」と、リングサイドにいた日菜太へのリベンジを熱望した。




第10試合 初代RISE 55kg級王者決定戦 3分5R(延長1R)
○森田晃允(士道館橋本道場/MA日本バンタム級王者)
×KO-ICHI(新宿レフティージム)
1R 2'32" TKO (レフェリーストップ:パンチ連打で2ダウン後)
※森田が初代王者に



 1R、森田がKO-ICHIの前足狙いでローを当て続け、距離を取って様子見の雰囲気だったが、KO-ICHIがジャンプのフェイントで右フックを放ちながら距離を詰めると、再び右フックを放ち森田からダウンを奪う。いきなり試合が動き、KO-ICHIはここぞとばかりにパンチラッシュを仕掛けるが、森田は足を止めて打ち合いに応じてカウンターで右フックをヒットさせると、KO-ICHIはロープに後ずさり。森田は右フック、左ストレートの猛ラッシュでダウンを奪い返す。KO-ICHIはなんとか立ち上がるも足元はフラフラ。森田が再びパンチの連打を当て、KO-ICHIが背中を向けて前のめりでマットに倒れると、レフェリーが試合をストップした。これで森田はMAのフライ級、バンタム級に続く3階級制覇となった。



第9試合 60kg契約 3分3R(延長1R)
○板橋 寛(スクランブル渋谷/第2代RISE60kg級王者)
×海戸 淳(y-park/元全日本ライト級1位)
判定3-0 (梅沢30-28/秋谷29-28/大澤30-28)
※1R右フックで海戸に1ダウン

 1R、板橋がサウスポーの構えから右フックを当てダウンを奪取。海戸のダメージは小さく、2Rはほぼ互角に渡り合い、3Rには左右のフックや右ハイを当て反撃したが、1Rのダウンを取り返せなかった。
 勝った板橋はマイクを持ったが、「KOで勝ったあら大きいことを言おうと思ったけど、不甲斐ない試合だったので、また次頑張ります」と控え目にアピールした。


第8試合 60kg契約 3分3R(延長1R)
○末広智明(大道塾吉祥寺支部/RISE FLASH to CRUSH TOURNAMENT'07準優勝)
×小宮山工介(北斗会館/2008 RISING ROOKIES CUP 60kg級優勝)
4R 判定3-0 (秋谷10-9/櫻井10-9/大澤10-9)
3R 判定1-0 (秋谷30-29/櫻井29-29/大澤29-29)

 2Rまで小宮山が飛び膝や前蹴りを多く放ち、積極的に攻めていたが、そのままクリンチになる場面が多い。3Rに入ると末広が小宮山のパターンを読み切り、組み付き際、離れ際にパンチを当てて反撃し、ポイントを五分に。結局延長ラウンドも、同じ形で末広が手数多く攻め、接戦を制した。


第7試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
○池井佑丞(クロスポイント吉祥寺/RISE DEAD OR ALIVE TOURNAMENT'07準優勝)
×川端健司(チームドラゴン/RISE DEAD OR ALIVE TOURNAMENT’06 3位)
2R 負傷判定3-0 (大澤20-19/櫻井20-19/秋谷20-19)

 池井が右ジャブを打ちながら川端の前進をバックステップでかわしつつ、左の膝蹴りや右フックを的確に当てつづけ主導権を握る。だが川端が池井をコーナーに詰めて放った左ミドルが偶然にもローブローに。けいれんして立ち上がれなくなった池井にドクターストップがかかり、両者にとって無念の結末となった。


第6試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×CRAZY884(CRAZY GYM/RISE DEAD OR ALIVE TOURNAMENT'07 3位)
○松本勇三(勇三道場)
判定0-3 (梅沢27-30/櫻井25-30/大澤25-30)

 初参戦の松本が、空手仕込みの多彩で伸びやかな蹴りで観客を沸かせ、3Rに左ハイキックでダウンを奪う。884も終了間際にパンチの猛ラッシュで反撃したが、松本に逃げきられた。


第5試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×太陽照明(インスパイヤード・モーション/NJKFスーパーウェルター級1位)
○小宮由紀博(フリー/MAキックLIGHTNING TOURNAMENT'07 優勝)
判定0-3 (小川28-30/大澤28-29/梅沢29-30)

 小宮は太陽得意のパンチをかわし、右ロー、左ミドル、右フック等を、途切れることなく次々とヒット。2Rまで手数差で試合を支配し、フリー初戦を白星で飾った。


第4試合 70kg契約 3分3R
○大渡博之(正道会館/第3,4,6,7回 全日本空手道選手権大会軽量級優勝)
×NITRO大輔(TARGET)
判定3-0 (小川30-27/秋谷30-27/梅沢30-25)
※3RバッティングでNITROに減点1、左フックでNITROに1ダウン。


第3試合 70kg契約 3分3R
×國安浩史(シルバーウルフ/2008 RISING ROOKIES CUP 70kg級優勝)
○里獅ZLS(チームゼロス)
判定0-3 (櫻井28-30/梅沢29-29/小川29-30)


第2試合 55kg契約 3分3R
×ローズ達也(WILD SEASAR/全沖縄バンタム級王者)
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺) 
判定0-3 (小川27-30/櫻井28-30/大澤28-30)


第1試合 60kg契約 3分3R
×川崎 亮(尚武会)
○麻原将平(シルバーアックス/2008年 KAMINARIMON 60kg級トーナメント優勝)
判定0-3 (小川27-30/秋谷28-30/ロバート27-29)
※2R飛び膝蹴りにより川崎に1ダウン


[オープニングファイト]

第2試合 60kg契約 3分3R
×永山敬之(士道館札幌道場)
○仲江川裕人(如心館)
判定0-3 (28-30/28-30/28-29)

第1試合 60kg契約 3分3R
○浅瀬石真司(町田金子ジム)
×後藤勝也(池袋BLUE DOG GYM)
判定3-0 (30-27/30-27/29-28)

松本勇三小宮由紀博里獅ZLS

Home > REPORTS > RISE > 龍二、白須との乱打戦制す。森田晃允が3階級制覇

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について