Home > REPORTS > REBELS > 水落洋祐、中村広輝との死闘制しリベンジ。潘隆成、初戦敗退:6.11 後楽園

水落洋祐、中村広輝との死闘制しリベンジ。潘隆成、初戦敗退:6.11 後楽園

REBELS.51
2017年6月11日(日) 後楽園ホール
 REBELS 65kg級王者・水落洋祐は2年前にKO負けした相手である中村広輝と防衛戦。3Rにダウンを喫したが、4Rから怒涛の反撃でパンチの連打でダウンを奪い返し逆転判定勝ち。2月のSBの後楽園のMASAYA戦同様、激闘で後楽園を沸かせた。
  レポート&写真:井原芳徳


※REBELSルールは肘無し、攻撃をしている限り無制限に膝蹴りが認められる。ムエタイはWPMFルール


第11試合 メインイベント REBELS 65kg級タイトルマッチ 3分5R
○水落洋祐(はまっこムエタイジム/王者/64.75kg)
×中村広輝(赤雲會/挑戦者/64.70kg)
判定3-0 (山根47-46/センチャイ48-47/秋谷48-46)
※水落が2度目の防衛

 水落は最近はシュートボクシング、KNOCK OUTでも活躍。2月のSB後楽園のメインではMASAYAと6Rに及ぶ死闘を繰り広げパンチでKO勝ちしている。REBELS王座の防衛戦は昨年1月、憂也と引き分けて以来となる。
 今回の防衛戦の相手・中村には15年7月のREBELSで2R右フックでKO負けしており、防衛以上にリベンジへの思いが強い。中村も前日計量で「前回は前回」と話し、気を引き締めている。

 1R、蹴り主体の水落に対し、序盤は中村も蹴りを当てていたが、次第に得意のパンチを増やして主導権。セコンドの「力抜け」という声の通り、力みのないスピードのあるパンチを当てる。左右のボディを当てつつ、終盤には右ストレートで一瞬水落をひるませる場面も。



 2Rに入ると、右ローの応酬からスタート。中村は中盤、右ストレート等のパンチを当てていたが、水落も打ち合いで次第にパンチを返すように。終盤には水落が右ローを連打。中村はぐらつかないが、もらい続けてしまい印象を悪くする。ここまででポイントは五分か。



 3Rもパンチの打ち合いが随所で繰り広げられ、中村の腰が一瞬落ちる場面も。ローでも削り合い、スリリングな攻防が続くが、終盤、中村の右ストレートでついに水落がダウン。勝負が動き出す。



 すると4R、劣勢になった水落は、意を決して序盤から前に出て、中村をコーナーに詰めラッシュ。。水落はボディ打ちを起点に顔面へのパンチにつなげ、中村は鼻血を出すように。終盤、ダメージの溜まってきた中村に対し、水落がパンチを連打。コーナーに詰め、左右のストレートを当てて、中村が立ったままうなだれたとろで和田レフェリーがダウンを宣告。その後も水落が中村をラッシュで追い詰め、ポイントを再び五分に戻す。



 5R、水落はすぐにパンチラッシュには行かず、右ローの連打も絡めて中村の足を止めつつ、左ボディからのパンチラッシュで度々中村をひるませる。終盤になっても動きが落ちないのが水落の真骨頂。中村もタフで、防戦一方ながらも耐え続け終了のゴングが鳴る。



 結局、5Rに水落が逆転し判定勝ち。ベルトを再び巻くと「2年前に中村選手に負けて、絶対勝つと必死で頑張りました。リベンジできて本当にうれしいです」と笑顔で話し、チームメイトや生徒たちと喜びを分かち合った。




第10試合 セミファイナル REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
○KOUMA(ウィラサクレック・フェアテックス荒川/WPMF日本王者/55.00kg)
×炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORK王者/55.15kg)
3R 2'05" TKO (レフェリーストップ:右肘打ちによる眉間のカット)
※KOUMAが新王者に

 炎出丸は今回55戦目のベテラン。近年は苦戦が続き、3月大会の宮元啓介戦では判定負けするものの、ローキックで追い詰めた。事前インタビューでは同世代の駿太から食生活のアドバイスを受け、心身ともに充実していることを明かしていた。
 対するKOUMAは15年11月に邦博を破りWPMF日本王座を獲得。今年2月にはラウェイにも初挑戦し、頭突きにも果敢にトライし激闘派ぶりを印象付けていた。



 1R、序盤からKOUMAが前に出て右フックを振るい続ける。終盤には炎出丸得意の首相撲を突き放して右肘を当て、炎出丸の眉間を切り裂き、炎出丸は出血する。2Rには3度もドクターチェックが入る。
 3R、炎出丸も首相撲からの膝の連打で少し反撃を見せたが、出血は止まらず、秋谷レフェリーはいったんストップし、タオルで炎出丸の顔の血をふく。再開直後、KOUMAの右フックで炎出丸はダウン。その後も出血が止まらず、秋谷レフェリーはドクターチェックを挟まず、自らストップし、KOUMAの勝利となった。


第9試合 REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
×松崎公則(STRUGGLE/王者、J-NETWORK王者/51.90kg)
○安本晴翔(橋本道場/INNOVATION 4位/52.10kg)
判定0-3 (和田47-49/秋谷47-49/山根46-49)
※安本が新王者に

 安本は5戦5勝の高校2年生。プロデビュー2年目で初のタイトル奪取を目指す。対する松崎は41歳。5月5日のJ-NETでは鳩に判定勝ちしJ-NET王座を獲得している。前日計量で安本が「3RぐらいにKOしたい」と話したが、松崎は「3Rを超えたら大変なことになりますよ」と長期戦に自信を示す。

 1R、サウスポーの松崎に対し、安本はオーソドックス主体ながらも時折スイッチしながら、ミドル、ロー、パンチを積極的にヒット。松崎は慎重ながら随所でローを返す。
 2Rになると、安本はサウスポーを貫き、1R終盤から多用していた左ローを集中。松崎の太ももは赤く腫れあがり、終盤には連打をもらって少しぐらつくように。
 3Rも安本がローを効かせた後、首相撲で捕まえ、左肘で松崎の右まぶたを切り裂く。ドクターチェックを経て再開後も、安本が左肘で松崎の額にも傷を作る。
 安本がKO宣言していた3Rを超え、4Rに入ると松崎も首相撲の展開で左肘を当て、安本の右まぶたを切り裂きドクターチェックを呼び込む。再開したが、傷が広がるのを警戒してか、安本は回って距離を取るように。
 5R、安本は戦いやすいオードソックスに戻し、序盤から右ミドル、右ストレート、右テンカオなどを積極的に放って、松崎を追い詰める。松崎のまぶたの出血が再び激しくなり、ドクターチェックが入る。再開後、松崎は必死に前に出るが、安本は反撃を封じ試合終了。文句無しの判定勝ちで、プロ6戦目で初のベルトを巻いた。




第8試合 REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
○スアレック・ルークカムイ(タイ/STUGIS新宿ジム/元ラジャダムナン認定フェザー級7位/63.30kg)
×ピラオ・サンタナ [Pilao Santana](ブラジル/メジロジム/62.85kg)
1R KO

 不可思がKNOCK OUTのライト級王座決定トーナメントに専念するため返上した王座を賭け、今大会からトーナメントがスタートする。元々8人で行う予定だったが、元王者のハチマキが長期療養に入り、雷電HIROAKIが引退し、6人で争われることになった。今大会では一回戦3試合が行われることになり、スアレック×サンタナの外国人対決が最初に決定。日本人4選手の組合せは5月1日の抽選会で決まった。9.6 後楽園では勝ち残った日本勢2人による準決勝が行われる。6月のスアレック×サンタナの勝者は、9月の準決勝がシード扱いとなり、11.24 後楽園大会の決勝に進む。

 スアレックは昨年に翔・センチャイジム、雷電HIROAKI、前口太尊を圧倒した実力者。3月大会では潘隆成と5R引き分けており、両者とも決勝での決着戦を熱望している。
 サンタナは初来日の31歳。14年11月のZONEで森井洋介と対戦予定だったが、当時からの練習拠点であるオランダに観光ビザで滞在していたため来日できなかった。今回は正式にオランダ在住者として来日する。キックは8戦全勝で、MMAのほうが経験豊富で15戦8勝6敗1ノーコンテスト。現在、オランダの大学でカポエィラを指導している。



 1R、サンタナはMMA主体の選手らしく、少し低めの重心でじわじわロープに詰め、ボディ、顔面へパンチを連打。スアレックの蹴り足をつかんで右フックを当て、パンチ主体でスアレックを脅かす。スアレックは慣れないタイプの相手でリズムをつかみにくそうだったが、足を止めてのパンチの打ち合いに応じると、右フックをきっかけとした連打で、サンタナを棒立ちにさせスタンディングダウンを奪う。サンタナは手を振ってダウンを否定したが、ダメージは明白で、続けてスアレックが右ストレートを当ててダウンを奪うと、スアレックは足に力が入らず山根レフェリーがKOを宣告した。


第7試合 REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
×潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本王者/63.35kg)
○杉本卓也(ウィラサクレック・フェアテックスジム/J-NETWORK 1位/63.45kg)
判定0-3 (センチャイ28-29/秋谷28-29/山根28-29)

 1R、両者ともパンチ、ロー、膝を積極的に当てるが、どちらも崩れず均衡状態が続く。2R、藩が右ハイ、右ストレートを当て、杉本を追い詰め次第に優勢になってきたが、杉本が1Rから随所で当てていた右ストレートがクリーンヒットし、藩はダウンする。藩陣営は首相撲で休むよう指示するが、藩はパンチの打ち合いに応じ、もらっても当て返し杉本にもダメージを与える。



 3R、後の無い藩は序盤から右ロー、右ストレートを積極的にヒット。だが杉本は耐え、随所で右ストレートを返し続け、藩の反撃を封じ判定勝ち。優勝候補とも目された藩を破る波乱を起こした。


第6試合 REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
―鈴木真治(フジマキックムエタイジム/元J-NETWORK王者/63.70kg→63.50kg(20分後))
―馬木愛里(岡山ジム/ルンピニー7位、ムエタイオープン3位/66.75kg→66.35kg(1時間後))
不戦勝

 馬木は1回目の計量で66.75kgで、1時間後の再計量では400gしか落ちず、66.35kgでリミットの63.5kgを2.85kgもオーバーしていた。WPMFルールでは2時間後の午後3時までに体重を落とさないといけないが、落ちる可能性が非常に低く、なおかつ試合自体を鈴木が希望していることから、馬木の体調にも配慮し、そこで減量はいったんストップし、鈴木の不戦勝が確定した。
 ただし馬木の体重が大幅に戻ると鈴木の負担が大きくなるため、両陣営とREBELSプロモーションの話し合いの結果、試合の約3時間前の11日午後4時に馬木が67.5kg契約で再び計量し、馬木がクリアした。
 馬木は4月のムエタイオープンでもスーパーライト級のリミットを5kgオーバーしており、今回も前回も計量前日に脱水症状を起こし、体重が大幅に戻ってしまったという。馬木は16歳とまだ成長期で、スーパーライト級でのオファー自体が無茶な状態になりつつあるようだ。



 事実上、エキシビションマッチとなり、両者とも集中力の保ちにくいシチュエーションだが、1R開始すぐから両者とも積極的なファイトを展開。リングに両者立つと、馬木の大きさが目立つが、鈴木はサウスポーの馬木に果敢に右ローをヒットする。すると懐の深い馬木は手を出して距離を取って回りつつ、首相撲に捕まえると、隙間を作って左肘で鈴木の額を切り裂く。結局これがフィニッシュブローとなり、ドクターチェックでストップがかかる。当然、馬木には喜びは無く、鈴木と共に四方の観客に頭を下げた。9.6 後楽園の準決勝は杉本と鈴木で争われる。


第5試合 ムエタイ 65kg契約 3分3R
○高橋幸光(はまっこムエタイジム/MA日本ライト級王者/64.90kg)
×峯山竜哉(ウィラサクレック・フェアテックス西川口/WPMF日本スーパーライト級5位/64.90kg)
2R 1'35" KO (左肘打ち)

 高橋は昨年2月のJ-NETWORKスーパーライト級王座決定戦の岩﨑悠斗戦で左膝を負傷しTKO負け。その後、手術をし、リハビリを経て約16か月ぶりにリングに上がる。
 1R、両者サウスポーに構え、峯山が積極的に左ミドルを当てる。久々の試合の高橋はしばらく慎重だったが、次第に左右のローを増やし、バックスピンキックも当てて、笑顔も浮かべ、動きが軽快になってきた。
 2Rになると高橋はさらに波の乗り、右ローを効かせ、崩しも絡めて峯山を追い詰め、パンチの連打で下がらせた後、ロープに詰めて左肘をヒット。峯山はダウンすると立ち上がれず、高橋のKO勝ちとなった。
 ロープ、コーナーに上り大喜びした高橋は、マイクを持ち「REBELSを見に来てる人、後楽園に来てる人、ただいま。無事リングに戻ってきたんで、65kgのトーナメント、どんどん制覇できるよう頑張ります」と、階級を上げての巻き返しを宣言した。




第4試合 ムエタイ ライト級 3分3R
○津橋雅祥(エスジム/蹴拳ムエタイ・スーパーフェザー級王者/61.23kg)
×良太郎(池袋BLUE DOG GYM/60.85kg)
判定3-0 (秋谷30-29/和田30-29/センチャイ30-29)

 1Rから津橋がサウスポーからの左ミドル等で多く攻めて、2Rには大差をつけ優勢。3R、後の無い良太郎が序盤から前に出てパンチを当て、中盤に右膝蹴りでダウンを奪い、右ミドルを連打して津橋を追い詰めるが、津橋は首相撲からの左肘でダウンを奪い返し、なんとか勝利をもぎ取った。


第3試合 ムエタイ フェザー級 3分3R
×浦林 幹(フリー/元J-NETWORKバンタム級王者/57.10kg)
○雅也(T-KIX GYM/57.05kg)
2R 0'48" TKO (ドクターストップ:額のカット)


第2試合 ムエタイ フライ級 3分3R
×蓮沼拓矢(テッサイジム/50.75kg)
○JIRO(創心會/50.8kg)
判定0-3 (山根27-29/センチャイ29-29/和田27-29)

 今回がプロ2戦目のJIROだが、試合2日前に父親が脳内出血で急死。父も試合を楽しみにしていたといい、父の思いも胸にリングに上がり、2Rにパンチでダウンを奪い判定勝ちした。




第1試合 ムエタイ ライト級 3分3R
×NIIZUMAX!(クロスポイント吉祥寺/60.90kg)
○大谷翔司(スクランブル渋谷/60.10kg)
3R 2'20" KO (右ストレート)

オープニングファイト REBELSルール 58kg契約 3分2R
○三浦 翔(クロスポイント大泉/J-NETWORKアマ全日本選手権Aリーグ優勝/57.20kg)
×小野幹晃(IGGY HAND'S GYM/DEEP☆KICKアマトーナメント優勝/57.70kg)
1R 1'05" KO (右膝蹴り)




 雷電HIROAKI(スクランブル渋谷)が3月20日のM-ONEでのWPMF世界ライト級タイトルマッチで敗れたのを最後に引退したのを受け、ホームリングのREBELSで引退セレモニーが行われた。
 雷電は「20歳からキックをはじめ、22歳でプロデビューしました。最初の頃は勝ったり負けたりで、辞めようと思って一度は違う仕事もしたんですけど、チャンピオンになる夢をあきらめきれず、28歳で上京し、スクランブル渋谷に入り、増田(博正)会長をはじめとした皆さんの指導のおかげで少しずつ強くなれました。自分は才能やセンスは無かったのですが、チャンピオンになる目標だけは誰よりも強く持って、あきらめずに必死にやり、周りに支えられたおかげで、チャンピオンになれたと思います。WPMF日本とREBELSの統一チャンピオンになることができ、初のREBELSのメインでスアレック選手と戦えたことが心に残っています。REBELSで戦わせていただき、山口(元気)代表ありがとうございました。どんな時も応援してくれた皆様ありがとうございました」と最後の挨拶。10カウントゴングが鳴らされると、場内は暖かい拍手に包まれた。
 

Home > REPORTS > REBELS > 水落洋祐、中村広輝との死闘制しリベンジ。潘隆成、初戦敗退:6.11 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について