Home > REPORTS > REBELS > 潘隆成、緊急出場のUMAに判定勝ち。岩浪悠弥・薩摩3373が防衛:1.22 有明

潘隆成、緊急出場のUMAに判定勝ち。岩浪悠弥・薩摩3373が防衛:1.22 有明

REBELS.48 & INNOVATION Champions Carnival
2017年1月22日(日) ディファ有明
  レポート&写真:井原芳徳


第13試合 メインイベント WPMFルール 65kg契約 3分5R 
〇潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級王者)
×UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS 65kg級王者)
判定3-0 (梅木50-46/秋谷50-46/山根50-47)
※UMAは計量600gオーバー。藩陣営の了承でペナルティは無し

 藩は昨年、ラジャダムナンの元ランカーに勝利し、WPMF日本王座も獲得する等大躍進した23歳の新鋭。REBELS側からも期待され、年またぎで「試練の3番勝負」が用意された。
 初戦の12月25日のムエタイオープンでのラット・ウォーヴィチアンラット(タイ)戦は1Rに左ローであっさりとTKO勝ち。続く今回は去年に裕樹を破り不可思と引き分けたピエトロ・ドウリャ(オランダ)との試合が用意されたが、ドウリャが練習中の怪我で欠場し、大会10日前に急きょUMAが代役を引き受けた。とはいえ減量はキツかったようで、計量で600gオーバーしてしまったが、藩はペナルティ無しで試合を承諾する。

 1R、サウスポーのUMAが、序盤から左ミドルを積極的に放ち、左フックや左ボディも絡めて藩を脅かす。だが藩は蹴り足をつかんでUMAの攻めを寸断すると、右ミドル、右の奥足狙いのローをお返しする。
 2Rには藩が序盤から右ミドルを効かせると、右ハイにつなげてぐらつかせ、パンチラッシュで追い詰める。UMAがダウンを免れた後も蹴りを当て続け、肘も絡めてUMAを攻め込む。



 3Rも同様に藩が右ミドル、ローを当て続けUMAを圧倒。4R・5Rもその流れは変わらないが、UMAは打たれ強く、直前のオファーとは思えぬ豊富なスタミナを発揮し、なかなか倒れない。時折左フックをお返しし、最後まで一発逆転の可能性が消えない状態を作り続け試合終了となる。

 藩はポイントで大差をつけて勝利。「自分が思っていたメインの締めはできなかったんですけど、一回流れた試合を受けてくれたUMA選手、試合を組んでくれたREBELSさんに感謝しています。反省点が多いんで、3月に向けてしっかり準備して、スアレック、倒しますので会場に来てください」と、KO勝ちができなかったことを反省しつつ、過去に雷電HIROAKI、前口太尊らを破ったスアレック・ルークカムイ(タイ)との三番勝負最終戦の勝利を誓った。


第12試合 WBCムエタイ日本フライ級王座決定戦 3分5R
〇岩浪悠弥(橋本道場/INNOVATION王者)
×ローズ達也(ワイルドシーサー沖縄/INNOVATION 1位)
判定3-0 (大沢50-46/秋谷50-47/和田50-47)
※岩浪が新王者に



 両者は15年9月に沖縄で対戦し、岩浪が判定3-0で勝利している。ローズがサウスポー、岩浪がオーソドックスに構え、離れれば蹴り、近づけば首相撲の攻防が続き、2Rまで大差は無い状態。だが3R序盤、ローズが右足の踏ん張りが効かずバランスを崩す状況が2度。その後はダメージを感じさせずに戦っていたが、少しずつ攻撃の手数差が出始める。4Rには岩浪の肘でローズが左まぶたから出血しドクターチェック。5Rは岩浪がミドル、膝、肘を当て続け圧倒。ローズは額も切られ、度々スリップし、岩浪の完勝を印象付けた。


第11試合 REBELS-MUAYTHAIフライ級タイトルマッチ(WPMFルール) 3分5R
〇薩摩3373(TARGET/王者、MA日本フライ級王者)
×酒井柚樹(はまっこムエタイジム/挑戦者)
判定2-1 (秋谷48-49/梅木49-48/和田49-48)
※薩摩が初防衛



 お互いローキック主体の削り合いが続き、薩摩の蹴り数が少し多いものの、酒井も随所で鋭い蹴りを返し、ほぼ五分の状態が3Rまで続く。4Rになると首相撲の展開も増え、薩摩が膝のヒットでは上だが、酒井も崩しを決め、振りほどいてパンチや膝を当て渡り合う。5Rも大差は無いものの、薩摩の首相撲で酒井がつかまる時間が目立つように。どのラウンドも僅差で、判定は割れたが、薩摩に軍配。44戦目・34歳のベテランが、9戦目・20歳の若手との削り合いを制した。


第10試合 INNOVATIONスーパーバンタム級王座決定戦(WBCムエタイルール) 3分5R(延長1R)
×中務幸信(多田ジム/INNOVATION 1位)
〇小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺/INNOVATION 2位)
判定0-3 (秋谷47-48/和田47-48/梅木46-49)
※小笠原が新王者に

 中務はパンチ、小笠原瑛作の兄・裕典は右ロー主体。2Rまでその構図で、3Rに入ると、裕典は首相撲からの膝蹴りを増やし、接近戦では中務とパンチを打ち合うように。
 4R、中務の右フック、肘が炸裂し、裕典は鼻と額のドクターチェックをそれぞれ1回ずつ受ける。だが首相撲に持ち込むと、中務が背中を向けて防御する場面が頻発し、山根レフェリーが度々注意する。



 5Rには裕典の膝が効き目を発揮。背中を向ける中務に、裕典が膝を連打しながら押し倒すと、レフェリーは有効と判断しダウンを中務に宣告する。結局この攻撃が決め手となり、裕典が逆転勝ちとベルト奪取に成功した。




第9試合 INNOVATIONウェルター級王座決定戦(WBCムエタイルール) 3分5R(延長1R)
〇門田哲博(武勇会/INNOVATION 3位)
×宮前達也(BATTLE NATION金澤道場/INNOVATION 5位)
判定2-1 (大沢49-48/仲48-49/秋谷48-47)
※門田が新王者に

 1R開始すぐから門田が右ロー主体の積極的な攻め。左ミドルも絡め、3Rには膝蹴りも駆使する。プロ5戦目で王座戦に抜擢された宮前は動きが固く、なかなか攻撃の出なかったが、3R終盤あたりからパンチが出始め、4Rには肘打ちも絡めて連打で下がらせる場面も。5Rは門田が左ミドル、宮前がパンチで僅差となり、ジャッジは割れたが、門田に軍配が上がった。




第8試合 WPMFルール ライト級 3分3R
〇翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/WMC日本王者)
×末廣智明(大道塾吉祥寺支部)
判定2-0 (30-29/29-29/30-29)

 1Rはお互い距離を取って、あまり攻撃を出さない展開だったが、2Rに入ると首相撲主体の攻防に。末廣は相手の得意なフィールドで勝負し、膝や崩しを随所で見せていたが、3Rは僅差ながらも翔の攻める時間が長くなり、翔の判定勝ちとなった。


第7試合 WPMFルール 57.5kg契約 3分3R
〇闘ふ神主 櫻木崇浩(武勇会/INNOVATIONフェザー級王者)
×Phoenixx祥梧(Muay Thai Phoenixx/大和フェザー級王者)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)


第6試合 WPMFルール ウェルター級 3分3R
〇喜入 衆(フォルティス渋谷/ムエタイオープン王者)
×杉原新也(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHI王者)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)


第5試合 WPMFルール フェザー級 3分3R
△浦林 幹(フリー/元J-NETWORKバンタム級王者)
△佐藤正和(サムイジム)
判定1-0 (29-28/29-29/29-29)

第4試合 WPMFルール ライト級 3分3R
〇良太郎(池袋BLUE DOG GYM)
×長谷川健(RIKIX)
3R TKO

第3試合 WPMFルール 58kg契約 3分3R
×野良猫星野(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONスーパーバンタム級7位)
〇千羽裕樹(スクランブル渋谷/INNOVATIONフェザー級10位)
判定0-3 (27-39/27-30/27-29)

第2試合 INNOVATION(WBCムエタイルール) ライト級 3分3R
△岡田ピロキ(クロスポイント吉祥寺/INNOVATION 7位)
△JOKER(花澤ジム/INNOVATION 9位)
判定0-0 (29-29/29-29/29-29)

第1試合 2016年INNOVATION新人王トーナメントバンタム級決勝戦(WBCムエタイルール) 3分3R(延長1R)
×稔之晟(マイウェイスピリッツ)
〇多根嘉帆(直心会/DEEP☆KICK 53kg王者)
2R 1'44" TKO

第17試合 WPMFルール スーパーフライ級 3分3R
×蓮沼拓也(テッサイジム)
〇安本晴翔(橋本道場)
判定0-3 (27-30/27-30/25-30)

第16試合 REBELSルール 63.5kg契約 3分3R
△大木渉人(クロスポイント大泉)
△石渡昂士(Bring it on パラエストラ綾瀬)
判定0-0 (29-29/29-29/29-29)

第15試合 WPMFルール バンタム級 3分3R
〇加藤有吾(RIKIX)
×ギッティチャイ・タツヤ(はまっこムエタイジム)
判定3-0 (30-28/30-29/30-27)

第14試合 WPMFルール(肘無し) 女子45.5kg契約 2分3R
×曽我奈津美(武勇会)
〇奥脇奈々(はまっこムエタイジム)
判定0-3 (27-30/28-30/27-30)



Home > REPORTS > REBELS > 潘隆成、緊急出場のUMAに判定勝ち。岩浪悠弥・薩摩3373が防衛:1.22 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ