Home > REPORTS > REBELS > 日菜太、サワーにリベンジ。ヤスユキ、大月晴明を3R TKO:9.16 後楽園

日菜太、サワーにリベンジ。ヤスユキ、大月晴明を3R TKO:9.16 後楽園

REBELS.38
2015年9月16日(水/祝) 後楽園ホール
 日菜太は5年ぶりにアンディ・サワーと対戦。前回はSBのリングでサワーがチョークを極め勝利したが、今回は日菜太が2Rに左ハイでダウンを奪い、見事判定3-0でリベンジに成功した。大月晴明は念願のヤスユキとの対戦にたどり着いたが、ヤスユキが3Rに右ハイと右膝でダウンを重ねTKO勝ち。ヤスユキは「キックボクサー大月晴明を殺しました」と勝利を喜んだ。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第7試合 72kg契約 3分3R(延長1R)
○日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者/71.9kg)
×アンディ・サワー(オランダ/チーム・サワー/K-1 WORLD MAX '05 '07優勝、S-cup '02 '04 '08 '12優勝/72.0kg)
判定3-0 (和田29-28/センチャイ29-28/山田30-28)

 日菜太とサワーは10年9月にシュートボクシングで対戦し、サワーがSBルールで許されるスタンディングチョークを極め、わずか48秒でタップを奪って勝利している。
 今回、日菜太が熱望し再戦が組まれたが、計量前日の14日、サワー陣営の希望により、70kgから72kgに契約体重が変更。サワーは前日計量を20分近く遅刻してクリアし、「今は走ることができず、風呂で体重を落とし、そのために計量に遅刻してしまったのですが、試合は問題ありません」とコメントしており、コンディションに不安を見せる。
 日菜太は屈辱のタップアウト負けから何度もサワーとのリベンジマッチを熱望し、今回の再戦決定にあたりインタビューでも「ヘタな試合をしたらもう辞めようと思っています」と発言し、賭けるものが大きい。最近は相手のパンチを不用意にもらわなくなり、左ミドル以外の蹴りにも磨きがかかったことで自信が増しており、師匠の山口元気REBELS代表も「彼の選手生活でも1、2を争うぐらいの仕上がり」と太鼓判を押している。



 1R、サウスポーの日菜太に対し、序盤こそサワーが左右のローを当てていたが、次第に日菜太の左ミドルのヒットが増え、左のテンカオも炸裂。両手を顔の周りで動かすフェイントの後に左ボディストレートも当て、終盤にかけても左のインロー等を当て主導権を握る。サワーの突進を回っていなし、距離を保つのが上手く、詰められても左ジャブの連打で突き離してみせる。
 2Rはその距離感が見事に活きることに。サワーも圧力を強めてきたが、日菜太はステップでかわし、左ハイ、ロー、膝を当て続けじっくりサワーを痛めつけると、サワーはクリンチで休む場面も。そして終盤に差し掛かり、少し遠目の距離からサワーがやや強引に右ストレートを放って頭が下がると、日菜太が左ハイをうまく合わせてダウンを奪うことに成功。場内は大歓声に包まれる。



 3R、後のないサワーも負けじと前に出て、右フックを当てると、日菜太は膝をつくが、半ば押し込むように倒す形となったため、山根レフェリーはスリップと判断する。日菜太にダメージはあり、その後もサワーは追いかけてくるが、日菜太は必死に左ミドルを返し、組んでは押し倒し、なんとか耐えきり試合終了。3Rは2者が1ポイントをサワーにつけたが、ダウン分の差は埋まらず、日菜太の判定勝ち。苦しみながらも5年越しの悲願達成を果たした。




 マイクを持った日菜太は「今日は本当に見に来てくれてありがとうございました。格闘技、今一番盛り上がってないと思います。僕は本当にそれが悔しい。トップじゃないと食えないのは悔しいです。キックボクサーのトップは飯が食えると証明したい。REBELS、キックボクシング、いい選手がいっぱいいるんで応援に来てください」とアピールした。

◆日菜太「格闘技の神様が俺に微笑んでくれた。本当に長かった。ここまで来るのが。クロスポイントに移籍してから外人に負けて『日菜太もうダメだろ』と言われて、結構キツかったんですけど、自分の信じてきたものが今日の試合に全部出たと思います。今日やって思ったのはサワーは世界トップの実力持ってるし、今日勝てたってことは僕も世界のトップを狙える実力があるって。70kgの激戦区でも戦う実力があることを証明できたと思います。
(ダウンを取るまではプラン通りでしたか?)ダウン取るまでは最高でしたね。1R見えて、無駄に多く攻めない、要所要所でポイント取る、打ち合わない、よけるみたいな。ダウン取ってからの3Rの膝は凄い効いちゃったんで、あれをもらわなければ盤石だったんですけど、ギリギリでした。
(1R途中からアンディが圧力をかけてきたのは想定内?)そうですね。絶対かけてくると思ったんで。前回のヴァヒド戦もそうなんですけど、今の俺は左のテンカオが新しい武器ですね。これでアンディを止められたんで。あとストレート、ジャブ突いて回るボクシング。今日は結構打ち合うことができたんで、相対的に俺の余裕が上がっている試合でした。
(ダウンを取った左ハイは?)あれは俺がミドルハイみたいな高いミドルを蹴った所に、相手が頭を低くしてくれたからで、俺が決して狙ったわけではないです。
(今後の目標は?)マイクでも言ったんですけど、キックボクシングも格闘技もいい選手がいて、もっと盛り上がるべきコンテンツだと思うんで。今日は俺がアンディに勝ったってことは日本のエースと証明できたと思うんで、僕にもっとチャンスをください」


第6試合 ムエタイルール 61kg契約 3分5R
○ヤスユキ(Dropout/REBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者、元NKBライト級王者/61.0kg)
×大月晴明(キック スターズ マスクマン/元Krush 60kg級王者、元WPKC世界ムエタイ&全日本ライト級王者/60.95kg)
3R 0'50" TKO (タオル投入:右膝蹴りでダウン後)

 全日本キック、K-1で活躍した大月は、13年11月に復帰後、Krushを主戦場に8連勝し、Krushのベルトも獲得。5月の新日本キックでの蘇我英樹戦後には、ヤスユキとの年内対戦を熱望していた。大月はNKB王者時代からヤスユキを注目し、当時から周囲に「ヤスユキ選手と対戦するために復帰する」と語っており、今回の試合で「負けたら引退ですよね。辞めます」と断言。41歳、キャリア16年、44戦目の今回をキャリアの集大成と位置付けている。
 今年30歳で最近は進退に言及するようになったヤスユキも、Youtubeでのインタビューで「倒されたら辞めようと思っている」と発言。別のインタビューで「1Rか4R」の決着を予想。ラウンド数こそ当たらなかったものの、見事完全決着をしてみせる。




 1R、大月が左のガードを下げ、右手を高く上げる独特の構えから、右ロー、左ボディで下に意識を向けさせようとしつつ、左と右の顔面へのパンチを連打。その後も左ボディを当て続け優位に試合を運ぶ。
 だが2Rに入ると一転、ヤスユキのジャブ、左右のミドル、ローが当たり出す。大月は何度も構えをスイッチしても自分の攻撃が出せなくなり、調子が狂ってきたように見えたが、終盤になりようやく右ローが当たると、以降は左ボディ、バックハンドブロー、左フックも炸裂し、ヤスユキは少しぐらつく。最終的に大月が持ち直すことに。




 だが3R開始間もなく、ヤスユキが伸びのある右ハイを放つと、首元にもらった大月は不意打ちを食らう形となりダウン。大月は立ち上がると笑顔を浮かべ舌を出し悔しさを表す。それでも大月は前に出て右ボディを放つが、ヤスユキはそのカウンターで右膝蹴りをアゴにクリーンヒット。大月はダウンすると伸びた状態になり、セコンドがタオルを投入し試合が終わった。



 大月は10年前にタイで膝蹴りの連打をもらってレフェリーストップ負けしたことがあるが、立ったままでのストップで、このようなはっきりとしたKO負けは今回が初だ。大月は負けてもヤスユキと力いっぱい戦えたことに満足した様子で、笑顔でヤスユキと抱き合い、歓声と拍手を浴びながらリングを降りた。試合後のコメントで今後については「心の整理してからです」と話していた。



 マイクを持ったヤスユキは「キックボクサー大月晴明を殺しました」と話すと、「次は町田光、もう一回やりたいと思います」とアピール。町田は涙目でリングに上がると「今の試合見て興奮しました。ヤスユキと大月晴明という男は憧れで特別の存在です。こんな僕とですが決闘してください」と当然再戦を承諾した。前回14年4月の初対戦は肘無しのREBELSルールだったが、再戦ではヤスユキは肘有りのムエタイルールでの試合を希望している。

◆ヤスユキ「感無量ですね。あの大月晴明を完全にKOできたってのは。どういう試合展開になるかわからなかったんで、右ハイ、右膝って練習してたわけじゃないんですけど、たまたまですね。入りそうと思った蹴りがたまたま入って。KOってそんなもんだと思うんですけど。2Rから見えましたね。2Rから気持がだいぶ楽になって。2R後半にもらっちゃったんですけど、3Rしっかり立て直して行ったら、気持ちも落ち着いてできた結果ですよね。
(1Rに実際に攻撃をもらって、2Rに転換できた感じですか?)1Rはパンチ力を警戒していたんですよ。何発かもらったんですけど、いけるなって思ったんですよね。しっかり見て行ったら判定でも勝てるって思いましたね。こういう形になったのはたまたまなんで。でも大月晴明に勝てたのは自分にとっては大きなことなんで、まだもうちょっと続けよっかなって(笑)。本当にぶっ倒されてたら辞めるつもりだったんで、まだ首の皮がつながったままなんで、もうちょっとやります。
(KO勝ちはたまたまですか?)たまたまです。ひらめきですね。これが無くなったらダメだと思うんですね。無くなった時が辞め時だと思うんですけど。まだ落ちてないな、って。ああいうのって考えてはできないんでね。体が勝手に動かないとできないんで、自分はまだ大丈夫だなって思いました。
(試合後は町田選手へのアピールがありました)自分の中で引っかかってたものがあったんですよね。もう1回決着つけたいなって。町田選手ももう1回やりたいって絶対思ってるはずなんで。いつなるかわからないですけど来年できたらなと思います。
(ルールは?)ムエタイルールです。前回REBELSルールだったんで。町田選手泣いてましたね。かわいいなって(笑)」

◆大月「凄い悔しいですよ~、笑ってますけど。1Rはボディとロー当たって、パンチも当たったんですけど、2Rもパンチを効かせたんですけど…、布石ですよね、バンバンミドル蹴られて。ミドルは耐えれると思ったんですけど、それが罠だったんです。ハイキック見えなかったです。何で倒れたかわからなかったんで、セコンドは『行くな行くな』っていうんですけど、『行くな』って言われたら俺行っちゃうんで(笑)。コンニャローって行ったら膝ですか?もらったんですよね?それでタオルが飛んで来たんで、そういうあれか、って。倒れ方次第でタオル投げていいとは言ってたんでしょうがないですよ。
 今へっちゃらなんですけど、強かったですよね。ローも効いたし、パンチもそんなに速くないんですけどヒットしちゃうんですよね。今後どうするかは心の整理してからです。こんなに倒されたのは初めてなんで。ただ、尊敬しているヤスユキ選手に倒されたからスッキリしているってのはあるんで。彼にはもっと、梅野(源治)選手とか強い奴に勝って行って欲しいってのはありますね。試合が終わって少し話したら『効いた』って言ってたんですけど、まだ底は見えないな」


第5試合 WPMF日本スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
×加藤剛士(WSRフェアテックス/王者/63.50kg)
○不可思(クロスポイント大泉/5位、Bigbangライト級王者/63.45kg)
3R 2'59" KO (右ストレート)
※不可思が新王者に

 不可思は7月のRISEでTASUKUに勝利後、「RISEでは63kgのベルト、REBELSではムエタイルールでハチマキ選手とやりたい」と発言。ハチマキはREBELS-MUAYTHAIのベルトを保持しており、加藤のベルトを手土産に挑戦に名乗りをあげたいところ。加藤は黒田アキヒロ、ボーウィー、ゴンナパー相手に3連敗中だが、ベルトだけは死守したいところだ。
 1R、サウスポーの加藤に対し、不可思が右のインロー主体で攻め、左ロー、左右のパンチも当て続け主導権。ジャッジ2者からポイントを獲得する。2Rに入ると蹴りのヒット数を増やし、ローだけでなくミドルやハイも何発も当てて圧倒していたが、ガードが甘くなり、ラウンド終了間際に加藤の左ストレートでダウンを喫してしまう。



 前回のTASUKU戦と同じパターンで一転ピンチに陥った不可思だが、3Rには右ミドルを効かせた後、今度は逆にガードが低くなった加藤に不意打ちの右ハイを当ててダウンを奪い返す。湧き上がる場内で、両者は足を止めてパンチを打ち合うようになるが、ダメージの大きいのは加藤のほう。不可思が右ハイをその後も当て続けると足元がフラフラになり、最後は右ストレートをもらった後にワンテンポ遅れるようにダウンし、亀になって立ち上がれないのを見てレフェリーが試合をストップした。
 マイクを持った不可思は「今回スーパーライトに上げて、久しぶりのムエタイでも強いんで、どっちのルールでもどんどん強い選手に勝ちます」と、堂々とアピールした。




第4試合 ムエタイルール バンタム級 3分3R
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者、ムエタイオープン・スーパーフライ級王者/53.50kg)
×ムンファン・エスジム(タイ/エスジム/元ラジャダムナン認定フライ級王者、元ルンピニー認定バンタム級2位/53.20kg)
判定3-0 (センチャイ29-28/山根29-28/和田30-28)

 ムンファンは13年12月のREBELSに参戦し、瑛作の先輩の炎出丸に最大3ポイント差をつける判定勝ち。昨年9月のINNOVATIONではスーパーバンタム級で宮元啓介と引き分けている。
 瑛作は現在4連続KO中と好調。階級も着々とアップ中で、8月1日のBLADEでも-55kgトーナメントのリザーブファイトで元Bigbang王者の岡田有晃をわずか92秒、左フックでKOしてみせた。上の階級でもパワーでは問題なさそうだが、ムエタイルールでもテクニシャンのタイ人にどこまで通用するか見ものだ。



 1R、両者サウスポーに構え、小笠原が左右のローをコツコツと当てれば、ムンファンもローを返しつつ、首相撲の展開に持ち込むと、組んだ状態からでもねじ込むように左肘を当てて小笠原を脅かす。2Rに入るとこのパターンの左肘のヒットを増してくるが、小笠原は物怖じせず左肘を連打して応戦。この強硬策がハマり、ムンファンは下がり気味となり、小笠原がバックハンドブローを皮切りに、右ボディストレート、右ミドル等を反撃する。3Rは小笠原が左ミドル、左ボディを効かせて下がらせ、左フック、左ハイ、左インローでもぐらつかせて圧倒し、見事逆転勝ちに成功した。


 休憩前には梅野源治がリングイン。「本来今日のREBELSに参戦する予定でしたが、9月10日にラジャダムナンのビッグマッチのオファーがあり、山口さんに出てもいいと言われて、REBELSで試合ができなくなり申し訳ありませんでした。タイではトップ選手のセクサンに大差の判定で負けてしまったのですが、今後、反省点が見つかったので、経験を活かして、タイでの試合を積んで結果を残せるよう頑張ります。このまま終わりにしたくないので、日本でリベンジしても納得できないというか、タイの本場でリベンジしたいのですが、タイではギャンブルが成立しないと試合が組んでもらえないので、タイでの再戦の前にREBELSでセクサンとの試合を組んでもらって、圧倒してタイでまたやりたいと思っているんですけど、山口さん、よろしくお願いします」とアピールした。

 また、次回10月18日ディファ有明大会のREBELS-MUAYTHAIライト級タイトルマッチで対戦する雷電HIROAKI(スクランブル渋谷/王者、INNOVATION日本王者)と高橋幸光(はまっこムエタイジム/挑戦者、MA日本王者)もリングに上がり抱負を述べた。

◆雷電「高橋選手とは去年一度対戦したのですが、その時は自分がテクニックで翻弄されて負けてしまい、悔しい思いをしました。それから自分は色んな試合を経験して、チャンピオンという立場になれて、あの時とは違うというところを見せて、しっかり防衛したいと思います。防衛したら(WPMF日本との)統一チャンピオンに向けて弾みをつけて頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」

◆高橋「前回違う団体(8月のJ-NETWORK)で負けてしまったんですけど、このようなチャンスをいただいたのでREBELSに感謝しています。10月の興行でREBELSは今年最後ということで、たぶんメインを任されると思うので、今までと違って、しっかり倒せるスタイルを作って挑戦したいと思います。」


第3試合 ムエタイルール 52kg契約 3分3R
×松崎公則(STRUGGLE/REBELS-MUAYTHAIフライ級王者/52.00kg)
○奥脇一哉(はまっこムエタイジム/REBELS-MUAYTHAIフライ級7位/52.00kg)
判定0-3 (和田29-30/秋谷29-30/センチャイ29-30)

 サウスポーの40歳・松崎が首相撲、オーソドックスの20歳・奥脇が離れて右ミドルを狙う構図。接戦となる中、2R終盤に松崎が右肘で奥脇の額を軽く切る。3Rに入ると、お互いポイントが取れていないことを意識してか?パンチの比重が上がる中、松崎がやや後退気味に。奥脇が右肘で松崎の頭部を切り裂き、手数で若干上回り、王者から白星をもぎ取った。


第2試合 ムエタイルール フェザー級 3分3R
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者/57.25kg→57.20kg)
×立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者/57.10kg)
判定3-0 (秋谷30-27/山田30-27/山根29-28)

 炎出丸はフェザー級に階級を上げ、43歳の大ベテラン・立嶋と対戦。1Rは蹴り主体の攻防で僅差だったが、2Rに入り炎出丸の右ローが効き目を発揮し、立嶋はスリップするように。炎出丸は得意の首相撲に持ち込み膝を当てる。立嶋も右肘で炎出丸の額を軽く切り抵抗していたが、3Rに入ると炎出丸が膝、左右のロー、肘等を何発も当てて圧倒するように。終了間際にダメ押しになるような右ストレートでのダウンを奪い完勝した。


第1試合 ライト級 3分3R
△末廣智明(大道塾吉祥寺支部/2013北斗旗全日本空道体力別選手権大会優勝/61.15kg)
△久保政哉(PHOENIX/62.85kg)
判定1-0 (秋谷28-28/センチャイ28-27/山根28-28)

 末広は12年10月にSHIGERUのWPMF日本スーパーフェザー級王座に挑戦し判定負けして以来となるREBELS登場。久保は計量を1.6kgオーバーしたため、罰金、グローブハンデ、減点1、試合前の計量で65kgを超えないという条件が課された。
 だが久保は1R開始すぐ、サウスポーからの左フックでダウンを奪取。その後も左のミドル、ローを駆使し、末廣を寄せ付けない。途中からクリンチが増え、ルール上3秒以内にレフェリーに離される攻防が続くが、その中で末廣は膝を入れて押し倒す攻撃を度々決める。タイ人のセンチャイジャッジのみ2Rと3Rとも末廣にポイントをつけたが、他の2者は1ポイントつけるのみでドローに終わった。


オープニングファイト第2試合 スーパーフライ級 3分3R
○笠見玲慈(TEAM OJ/51.65kg)
×蓮沼拓矢(テッサイジム/51.65kg)
1R 2'45" TKO (3ダウン:右フック)

オープニングファイト第1試合 57kg契約 3分3R
△千羽裕樹(スクランブル渋谷/57.00kg)
△HPS DATE(Team DATE HPS division/56.55kg)
判定0-0 (28-28/28-28/28-28)

Home > REPORTS > REBELS > 日菜太、サワーにリベンジ。ヤスユキ、大月晴明を3R TKO:9.16 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について