Home > REPORTS > REBELS > 日菜太、北斗拳太郎に2R KO勝ちで70kg級王座初防衛:3.16 有明

日菜太、北斗拳太郎に2R KO勝ちで70kg級王座初防衛:3.16 有明

ジェイアクア presents REBELS.25 a.k.a. INNOVATION's day
2014年3月16日(日) ディファ有明
 日菜太は北斗拳太郎を相手にREBELS 70kg級王座の初防衛戦。練習中に負った左スネの裂傷の影響で危ない場面もあったが、2Rにバックハンドブロー一撃で豪快にKO勝ち。連勝を8に伸ばし、GLORYライト級タイトル奪取に向けまた一歩前進した。大会名にもなったINNOVATIONから参戦の町田光、宮元啓介は快勝。加藤竜二は大韓ムエタイ協会の王者相手に苦戦した。
  レポート&写真:井原芳徳


第3部:REBELS-SF(REBELS SUPER FIGHT)


第6試合 メインイベント REBELS 70kg級タイトルマッチ 3分5R
○日菜太(クロスポイント吉祥寺/王者、GLORYライト級(70kg)6位/69.5kg)※初の防衛戦
×北斗拳太郎(ボスジムジャパン/2位/70.0kg)
2R 1'23" KO (バックハンドブロー)
※日菜太が初防衛

 北斗は入場時、先に花道を歩くセコンドが暴漢に襲われ、北斗が助けに入るという小芝居を展開。観客を楽しませる。試合が始まるとサウスポーの日菜太は得意の左ミドルを当てるが、いつもに比べ威力が低い。日菜太は練習でミットを蹴っていた時に左のスネが割れたといい、その箇所をテープで覆っている。そして左ミドルを北斗に強打した直後に一瞬痛そうにして動きが止まる場面もあり、その隙をついて北斗がパンチラッシュで日菜太を追い詰める。その後も北斗は日菜太に合わせてサウスポーに構えてかく乱させる場面もあり、1Rから荒れ気味の展開となる。





 だが日菜太は2Rに入ると、3秒以内ならルールで認められる首相撲の展開で、膝蹴りを当ててリズムをつかむ。そして左ミドルを当てた後、バックハンドブローをクリーンヒット。不意を打たれた北斗は倒れたまま立ち上がれずノックアウト。試合後しばらくしてから意識が戻るほどの強力な一打だった。

 危ない場面がありながらも、きっちり王座防衛のノルマを果たした日菜太。当然その先に見つめるのはGLORYライト級のタイトルだ。試合後のマイクでも「北斗選手のパンチは効きましたが、それでも踏み留まれたのは、世界で戦いたいからです」と発言。日菜太の指導者でありREBELSのプロデューサーでもある山口元気氏は「世界に向けて、今回は絶対にKOを求められる試合だった」と話し、「ダビッド・キリアが(アンディ・リスティとの決定戦で勝利し)ライト級のベルトを取りましたが、もちろん(2位の)ロスマレンあたりとやってからになるでしょうけど、近い将来、日菜太の王座挑戦もありえます」とも発言。今後の世界進出の展開が楽しみだ。


第5試合 REBELSルール 60kg級 3分3R
○町田 光(橋本道場/REBELS 60kg級王者、INNOVATIONスーパーフェザー級1位/60.0kg)
×チョ・ジェファン(韓国/X-GYM/大韓ムエタイ協会スーパーフェザー級2位/59.9kg)
1R 2'55" KO (左フック)

 町田は開始すぐから何度もジェファンの蹴り足をつかんでコカし、ジェファンに丁寧にお辞儀をし、観客を笑わせる。試合後のインタビューで町田は「最近の試合では姿勢を良くすることを意識している。お辞儀をすると姿勢が良くなる」と話しており、町田にとっては理にかなった行動のようだ。



 そして合間には恒例の居合の構えから左フックを度々ヒット。背筋をピンと伸ばし、低い構えから顔面目がけて飛ぶ左のパンチは意外にも動きがスムーズで威力十分だ。さらに町田は左の膝蹴りもジェファンのボディに効かせて後退させると、ロープ際に詰めてからの左フックでダウンを奪取。ジェファンは10カウント以内に立ち上がったもののファイティングポーズを取れずKO負け。その間、町田はニュートラルコーナーで正座で待機と、最初から最後まで自分の世界観を貫いていた。



 試合後には北側のモニターに、次回4月20日の大会での対戦が決まったREBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者・ヤスユキのビデオメッセージの映像が流され、ヤスユキは「僕と真剣の斬り合いをしてください」と町田に呼びかけた。すると町田は「僕の居合パンチ、ヤスユキに通用するのか、みんな見とけ!」と返答。両者の対戦に向けての機運がさらに高まる演出だった。


第4試合 REBELSルール 52.5kg契約 3分3R
△加藤竜二(橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル暫定&INNOVATIONフライ級王者/52.25kg)
△ユン・ドクジェ(韓国/SAMSAN GYM/大韓ムエタイ協会ジュニアフライ級王座/51.5kg)
判定0-1 (和田28-29/宮沢29-29/シーナ29-29)

 ドクジェは戦績27戦21勝6敗の22歳。アマチュアムエタイでイラン、ウズベキスタン、ロシアの大会で優勝など好成績を残している。サウスポーの加藤は軸足となる右足の状態が今一つな様子で、左の蹴りを放った後に自らスリップする場面が度々見られる。1Rと2R、ドクジェが倒れた加藤に蹴りを当てる反則を犯し、イエローカード2枚累積でレッドカード減点1となったが、加藤がその展開を作らせてしまっている状態だ。
 加藤は得意の回し蹴りやバックスピンを決めようとするが、動きのキレに欠け、なかなかクリーンヒットできない。2Rにはドクジェの左ストレートをもらってひるんでしまう場面も。3Rもドクジェの左右のミドルをもらい、やや劣勢のまま試合終了。



 ドクジェの減点1に救われドローとなった加藤は、マイクを持つと「僕の負けですね」と第一声を放ち「タイトルマッチでもう一回やろう」とドクジェに呼びかけた、ドクジェも「タイトルマッチではKOで勝ちます」と返答。再戦が確実となった。


第3試合 REBELSルール 55kg級 3分3R
○宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーバンタム級王者、REBELS-MUAYTHAI 2位/54.9kg)
×裕喜(KIX/REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級4位/54.7kg)
判定3-0 (シーナ30-28/和田30-28/山根30-29)



 宮元が重みのある左右のミドルや左ボディフックを1Rから当てて主導権。2Rから手数を上げ、終盤には左ボディと右ミドルの連打で裕喜を後退させる。3Rはバックスピンキックや胴廻し蹴りといった大技も絡めて裕喜を圧倒し完勝した。

◆宮元「倒そうと思って力みすぎて納得いかない試合でしたけど、勝てて良かったです。(今後の目標)REBELSルールもREBELS-MUAYTHAIもベルトを取りたいです。(炎出丸選手との対戦は?)またやってもいいです」


第2試合 REBELS-MUAYTHAIルール 63kg契約 3分5R
○ハチマキ(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIライト級王者/62.7kg)
×小川 翔(OISHI GYM/K-1甲子園2011年度優勝/63.0kg)
判定3-0 (山根50-47/仲50-47/シーナ49-47)
※2R左フックで小川に1ダウン



 前日計量で「王者になって結果が出ていないので、練習で変えてきた部分があるので、その片鱗だけでも明日の試合で見せられたらなと思います」と話していたハチマキ。パンチからローにつなぐコンビネーションや、左ボディフックを駆使して手数多く攻め、2Rには左フックでダウンを奪う。3Rには肘打ちも絡めて手数多く攻め小川を苦しめる。小川も肘、膝、崩しで応戦するが、ハチマキも膝と肘を返して主導権を譲らず完勝した。 

◆ハチマキ「途中でもらって記憶が飛んで、内容は覚えてないんですけど、勝てて良かったです。(今後の抱負)ライト級からスーパーライト級に上げて、他団体の強いチャンピオンとやりたいです」


第1試合 REBELS-MUAYTHAI特別ルール(肘無し) 51kg契約 2分3R
○いつか(新宿レフティージム/WPMF日本女子フライ級王者/50.9kg)
×キム・ミンジ(韓国/X-GYM/大韓ムエタイ協会女子ジュニアバンタム級王者/50.45kg)
判定3-0 (宮沢30-29/仲30-29/山根30-29)

 ミンジは戦績15戦12勝2敗1分の18歳。1R、2Rと、いつかが右のミドルやローを効かせるが、ミンジも耐えて膝を返す展開が続く。だが3Rはいつかが積極的に攻め、右ローを連打し、雄叫びをあげながら膝も連打して手数で勝り判定勝ちした。

◆いつか「タフな選手で自分の持ち味が出せませんでした。(今後の展望)ベルトを防衛したら地元仙台に持ち帰ってみんなに元気を与えたいです」


第2部:REBELS(本戦)


第5試合 REBELSルール 59kg契約 3分3R
×RYOTA(マイウェイジム/INNOVATIONフェザー級王者/59.0kg)
○KING皇兵(SFKキックボクシングジム/REBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級1位/58.9kg)
1R 2'31" KO (左ストレート)

 1R開始しばらく静かな展開だったが、皇兵がローを効かせた後、右フックをクリーンヒット。右の連打とバックブローでRYOTAを後退させると、左フックでダウンを奪う。RYOTAは座ったまま立ち上がれず皇兵のKO勝ちとなった。皇兵はマイクを持つと「チャンピオン相手に3連続で勝ちました(※現REBELS-MUAYTHAI王者のヤスユキとSB王者の歌川暁文とRYOTA)。次はもっと強い奴をお願いします。REBELSの一員として、強い人間の誇りを胸に戦います」とアピールした。


第4試合 REBELSルール フライ級 3分3R
○勇児(HOSOKAWAジム/INNOVATION 2位、元WPMF日本&MA日本王者/50.8kg)
×矢島直弥(はまっこムエタイジム/REBELS-MUAYTHA 4位/50.8kg)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

 1R、勇児が右ローを効かせつつ、左右のストレートやバックハンドブローをうまく当てて攻勢。2Rは挽回を許したが、3Rも手数多く攻め快勝した。


第3試合 REBELSルール 59kg契約 3分3R
×葵拳士郎(マイウェイジム/INNOVATIONスーパーフェザー級5位)
○稲石竜弥(team OJ/REBELS 60kg級2位、APKFスーパーフェザー級王者)
1R 2'44" KO (パンチ連打)

第2試合 REBELS-MUAYTHAIルール フェザー級 3分3R
×KO-HEI(習志野ジム/INNOVATION 8位)
○工藤政英(新宿レフティージム/REBELS-MUAYTHAI 10位)
2R 2'15" KO (右ローキック)

第1試合 REBELSルール 65kg級 3分3R
○ひろき☆感激!!(エスジム)
×パク・チョンスン(team OJ/REBELS 65kg級8位、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級9位)
3R 1'14" KO (左ストレート)

第1部:REBELS-GATE(育成マッチ)


第4試合 REBELS-MUAYTHAIルール スーパーフライ級 3分3R
○稼頭徳(JTクラブジム/REBELS-MUAYTHAIバンタム級7位)
×平野 翼(烈拳會)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第3試合 REBELS-MUAYTHAIルール フライ級 3分3R
×佐藤仁志(新宿スポーツジム/51.65kg→51.15kg)
○奥脇一哉(はまっこムエタイジム/50.8kg)
判定0-3
※佐藤は計量350gオーバーで規定時間内に契約体重をクリアできず、減点1、グローブハンデ2オンス、罰金2万円

第2試合 REBELS-MUAYTHAIルール ライト級 3分3R
○久保政哉(PHOENIX/元MA日本スーパーライト級9位)※佐伯政哉 改め。Studio-Kから所属変更
×杉浦庸介(フリー)
判定3-0

第1試合 REBELSルール 65kg級 3分3R
×影山弘樹(マイウェイスピリッツ)
○小林丈晃(練誠塾)
判定0-3

オープニングファイト


第6試合 アマチュアクラスA 40kg級 2分2R(延長1R)
○安本晴翔(橋本道場/アマチュアREBELS中学生40kg級王者)
×田丸 辰(平井ジム/アマチュアMAジュニア28kg級王者、アマチュアBigbang 34kg&37kg級王者)
判定3-0

第5試合 アマチュアクラスA 41kg契約 2分2R(延長1R)
×山口京介(橋本道場/アマチュアREBELS小学生40kg級王者)
○赤羽根烈(フリー/DBS35kg級王者)
1R KO

第4試合 アマチュアクラスA 35kg級 2分2R(延長1R)
△伊藤純希(team AKATSUKI)
△奥平将太(平井ジム/アマチュアBigbang 34kg級王者)
3R 判定0-1

第3試合 アマチュアクラスA 32kg契約 2分2R(延長1R)
×掘太虎也(橋本道場)
○奥脇竜哉(はまっこムエタイジム/NJKF MuayThai-Samaklen 25kg&28kg&30kg級王者)​
判定0-3

第2試合 アマチュアクラスA 50kg級 2分2R(延長1R)
×金沢瑞希(マックスジム)
○酒井柚樹(はまっこムエタイジム/NJKF MuayThai-Samaklen フライ級王者)
1R 0'35" KO

第1試合 アマチュアクラスA 45kg級 2分2R(延長1R)
○佐藤伶南(team AKATSUKI)
×奥脇奈々(はまっこムエタイジム)
判定3-0

Home > REPORTS > REBELS > 日菜太、北斗拳太郎に2R KO勝ちで70kg級王座初防衛:3.16 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について