Home > REPORTS > REBELS > ウエンツ、元NKB王者下す。梅野、ノラシンに判定負け

ウエンツ、元NKB王者下す。梅野、ノラシンに判定負け

REBELS 2
2010年3月21日(日) ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


>
第12試合 メインイベント WPMF日本ランキング査定試合 スーパーフライ級 3分3R(延長1R)
○ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/J-NETWORKスーパーフライ級王者)
×信末小僧(Team KOYA/元NKBフライ級王者)
判定3-0 (山根49-48/チャンデー50-47/秋谷50-48)

 1R、ウエンツは前手でプレッシャーをかけて信末をコーナーに詰めて右ロー。信末がサイドに出ようとすると、左ロー、左フックで信末の足を止めてまた右ローを見舞っていく。信末の蹴りがローブローになり中断となり、再開後は信末も回り込んで手を返し始める。ウエンツは2Rもプレッシャーをかけつつローを蹴りこんでき、組みの攻防でも優位に進めボディに膝を入れていく。
 3R、ウエンツは信末をコーナーに詰めると飛び膝蹴り。信末はサイドに回ろうとするが、ウエンツは逃がさず左ローで止めて信末の奥足を効かせる。ラウンド終盤、右ストレートがヒットしてウエンツの動きが止まったところに、信末が連打をまとめてやや盛り返す。
 4R、ウエンツは信末の右のパンチを警戒しつつ左右のローを蹴りこんでいく。これで両足を効かされた信末に、ウエンツは右ボディストレート、テンカオでボディも攻め、コーナーに追い込むと飛び膝も見せる。組んでも完全にウエンツが優勢で、ボディ、顔面に膝を入れていく。
 5Rも首相撲で優位に試合を進めたウエンツは、信末にほとんど反撃の機会を与えず。磐石の試合運びで判定勝利を収め、「クリス、スイスに帰っても頑張って!」と、日本のリングを去り母国スイスに帰国することになった盟友、クリストフ・プルボーにエールを送った。


>
第11試合 セミファイナル WPMF日本ランキング査定試合 56kg契約 3分3R(延長1R)
×梅野源治(PHOENIX)
○ノラシン・ギャットプラサンチャイ(タイ/尚武会/元ラジャダムナン・バンタム級王者)
判定0-3 (シーナ48-49/チャンデー48-49/山根48-50)

 1R、梅野は右ロー、左ミドルで揺さぶりをかけながら、機を見て右ストレート、肘打ちを振るっていく。あまり手を出さずカウンター狙いのノラシンだが、梅野のパンチに合わせ時折見せる左フックは鋭い。両者相手の出方を伺う戦い方で1Rを終え、ジャッジは3名とも10-10のイーブン。
 2R、梅野は慎重に距離を計りながら右ストレートで距離を詰める。ノラシンは完全にカウンターの左フック狙い。梅野が右肘を振るって距離を詰めたところ、ノラシンのパンチがヒットして梅野はバランスを崩す。好機と見たノラシンは一気にパンチと肘でラッシュをかける。梅野は何とか組みついて凌ごうとするが、ノラシンは突き放してさらに連打を浴びせる。前蹴りで距離を取って何とかダウンは免れた梅野だが、このラウンドは明確に取られジャッジ3名とも9-10でノラシン。
 3R、梅野のセコンドの加藤からは「まずは距離を詰めて組め、肘打ちは組んでからにしろ」とのアドバイスが飛ぶ。梅野もセコンドの指示に従い徹底して組んで膝蹴りを連打。そこから上手くスペースを作って右肘もヒットさせるなど2Rの劣勢を挽回するように反撃に転じるが、採点は1名が10-9で梅野を支持したのみで、残り2名は10-10のイーブン。

>
 4R、梅野は左リードを突きながら組みつこうとするが、ノラシンはすぐに引き剥がして左フック、右肘を振るっていく。さらに距離が空くと前蹴りで突き放してくるノラシン。梅野は思うように組みつけなくなり、遠い距離から右肘を振るうなど入り方も雑になってしまう。このラウンドは1名がイーブン、10-9梅野、9-10ノラシンと完全にスコアが割れる。
 5R、オープンスコアで僅差ながら劣勢の梅野は、右ストレートから左フックのコンビネーションで前に出て積極的に打ち合う。ノラシンはパンチで応戦しながら、機を見て前蹴り、ミドルで突き離す落ち着いた攻め。残り1分足らずになり、梅野はようやく組みついて膝蹴りを連打。さらに肘で逆転のカットを狙うが、ノラシンがしっかりとディフェンスして試合終了のゴング。判定は僅差ながら3-0でノラシン。梅野はノラシンの老獪な試合運びを最後まで攻略しきれず、プロ10戦目で自身初となる悔しい黒星を喫した。


>
第10試合 62kg契約 3分3R(延長1R)
×大江哲也(HIMIジム/MA日本ライト級2位)
○カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1フェザー級王者)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)

 1R、大江はカノンスックの一発を警戒するようにしっかりとガードを固めながら、コンパクトな右ストレートを何度かカノンスックにヒットさせる。カノンスックもプレッシャーをかけながら、パワフルな左ロー、ミドルを出していくが、手数が少なく両者ともにポイントを奪うような攻撃はない。
 2Rに入ると、カノンスックは大江のミドルをキャッチして、足払いで何度も大江をマットに叩きつける。大江は何度も倒されながらも手数を緩めずに右ストレート、右ミドルなどを放っていき、ラウンド終盤には飛び膝蹴りも見せる。カノンスックはこのラウンドも左ミドル中心で手数に乏しい。
 3R、大江が左ハイをかすめると、これでスイッチが入ったかカノンスックも強烈な左ハイを返し、さらにパンチと肘でラッシュをかける。大江もパンチで応戦するが、カノンスックのパワーに押された印象が強いまま試合終了。3Rを明確に取ったカノンスックが判定勝ちを収めた。


>
第9試合 WPMF日本ランキング査定試合 67kg契約 3分3R(延長1R)
○板倉直人(スクランブル渋谷/元全日本ウェルター級3位)
×ペッダムロン・トゥー・ガーハン(タイ/元ラジャダムナン・フェザー級10位)
2R 2'36" TKO (右フック)

 1R、板倉は前手で慎重に距離を計りながら左ローを飛ばす。ペッダムロンも時折強い右ローを帰すが手数が少なく、ラウンド終盤は板倉の左ローを何発も被弾してしまう。
 2Rに入ると、ペッダムロンは早くもスタミナが切れたか口を開けて苦しげな表情に。全く手が出なくなってしまったペッダムロンを板倉のパンチが徐々にヒットし始め、完全に動きの止まったところに左ストレートから突き上げるような右フックをヒットさせてダウンを奪う。ペッダムロンは何とか立ち上がるが、足元が覚束ずにフラついている様子を見てすぐにレフェリーが試合をストップした。



第8試合 ライト級 3分3R(延長1R)
×歌川暁文(U.W.F.スネークピットジャパン/SB日本スーパーフェザー級1位)
○塚原光斗(クロスポイント古河/J-NETWORKライト級4位)
3R 2'18" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる頭部のカット)

第7試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○KO-ICHI(新宿レフティージム/J-NETWORKフェザー級9位)
×菅崎英世(習志野ジム/MA日本スーパーフェザー級10位)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第6試合 WPMF日本ランキング査定試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
×ディオ(ALMERICK)
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺/J-NETWORKバンタム級3位)
判定0-3 (25-30/26-30/26-30)
※3R右ローとパンチ連打でディオに2ダウン

第5試合 55kg契約 3分3R
×松本圭一太(相模原ジム/MA日本バンタム級4位)
○水原浩章(光ジム/元全日本バンタム級6位)
判定0-3 (28-29/29-30/29-30)

第4試合 ウェルター級 3分3R
○GORI(菅原道場)
×HANZO(S.V.G.)
1R 0'59" TKO (右フック)

第3試合 スーパーフェザー級 3分3R
△石井振一朗(C.M.A)
△ハレルヤ(真樹ジムアイチ)
判定1-0 (29-29/29-29/29-28)

第2試合 フェザー級 3分3R
×GAKU(クロスポイント吉祥寺)
○梅原裕司(ストラッグル)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第1試合 ミドル級 3分3R
○三沢晃治(クロスポイント吉祥寺)
×岩淵智則(習志野ジム)
1R 1'21" TKO (パンチ連打)

Home > REPORTS > REBELS > ウエンツ、元NKB王者下す。梅野、ノラシンに判定負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

習志野ジム・スポーツクラブ
京成線「八千代台」徒歩2分
キックボクシング、総合格闘技(修斗)を指導。女性フィットネスクラス、小学生クラスも設置。「運動なんてここ数年したことがない」という初心者も大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ