Home > REPORTS > リアルディール > リアルディール勢が関西勢との対抗戦で勝ち越し:8.26 福岡

リアルディール勢が関西勢との対抗戦で勝ち越し:8.26 福岡

REALDEAL 29
2012年8月26日(日) 福岡・バトルステージFUKUOKA
 今大会はREALDEAL VS HIGH SPEEDとREALDEAL GYM VS ANCHOR GYMで福岡vs関西の3番勝負となったが、2勝1分けでREALDEAL GYMが勝ち越した。セミファイナルではスーパー高校生の豊嶋とグローブ空手王者の薮中がハイレベルな試合を見せ、メインでは福岡のREALDEAL GYMの看板を背負う立場にある有松が2Rにパンチで豪快なKO勝利を収めた。REALDEAL GYMも確実に若い世代が実力を付けており、福岡から中央のリングに道を切り開くことを期待したい。
  レポート&写真提供:池田博紀(福岡格闘技.com



第7試合 メインイベント REALDEAL VS HIGH SPEED 57kg契約 3分3R
○有松 朝(REALDEAL GYM)
×吉田健吾(日進会館)
2R KO(右ストレート)

1R:吉田はパンチと前蹴り、ロー、変則的なハイキックを繰り出すが、有松はパンチと右ローなどで応戦。互いに蹴りの間合いになっており、互いの出方を伺いながら1Rが終了。

2R:有松がパンチで前に出ながら、テンカオを浴びせる。吉田も前蹴り、ローを返すが、蹴りがローブローに入り、有松に回復のインターバルが取られる。インターバル後に有松が一気にラッシュで前に出てから、吉田をロープに詰めるとパンチの連打を浴びせダウンを奪う。レフェリーがカウントを取るが、吉田が立ち上がる素振りを見せないので、レフェリーが試合をストップ。KO勝利で有松がメインイベントを飾った。


第6試合 セミファイナル 70kg契約 3分3R
○豊嶋亮太(REALDEAL GYM)
×薮中謙佑(ANCHOR GYM)
判定3-0(30-29/30-29/30-29)

1R:両者70kg級離れしたスピードある攻防を広げる。互い打ち合いから、ローなど出し、ラウンド終盤ではショートレンジでの激しい打ち合いとなる。ほぼ互角の展開。

2R:薮中は前蹴り、ローを使って来るが、ラウンドの中盤前に互いにショートレンジで激しい打ち合いを見せる。その後、豊嶋はパンチ主体で、薮中は前蹴り、膝蹴り、ローで攻める展開。

3R:最終ランドはパンチの打ち合いを展開する。豊嶋はロー、ハイキック、ミドルを出すが、薮中もローを返し組んでからの膝蹴りを浴びせる。最後まで打ち合いを見せるが、判定になると豊嶋が勝利。


第5試合 REALDEAL VS HIGH SPEED 60kg契約 3分3R
△四弐零(REALDEAL GYM)
△藤井基文(月心会)
判定0-0(30-30/30-30/30-30)

1R:上背とリーチで上回る藤井はスピーディーな右ロー、ハイキックを見せると、四弐零もパンチと右ローを出すが、藤井の懐が深いので、得意のパンチでのヒットを容易に奪えない。藤井は左ジャブを牽制に使いながら、蹴りを入れるので、四弐零が得意の打ち合いの展開に持ち込めない。

2R:四弐零が積極的にローからパンチに繋げるが、藤井も重い右インローを浴びせる。四弐零が前進するのに対して藤井はステップワークを使ってからの攻防となる。

3R:四弐零が前に出ながらパンチで得意の距離にしようとするが、藤井はパンチを返しながら、すぐに組んでから流れを断ってから、膝蹴りを浴びせるが、途中組んでからの膝蹴りを連打してしまい、レフェリーから注意を受ける。その後も四弐零がパンチで前に出ると、藤井が組んでから四弐零に流れを譲らない。互いにバッティングしたのか、四弐零は左目尻から藤井は左耳部分から出血する。判定では決定打がなくドローとなる。


第4試合 58kg契約 3分3R
○宮田裕基(REALDEAL GYM)
×正直(Weed GYM)
判定3-0(30-28/30-28/30-29)

1R:宮田がストレート、フックのパンチで前進ファイトを見せると、正直はステップワークを使いながら、パンチとインロー、右ローを浴びせるが、宮田はパンチからの前進ファイトで前に出る展開。

2R:宮田もこのラウンドからローをコンビネーションで使い始め、互いにパンチとローで削り合いになるが、後半から宮田が左右のフックからの重い右ローを何発も入れる。その後も打ち合いとなるが、若干だがペースが宮田に傾き始める。

3R:正直も前に出てから、互いにパンチの打ち合いとなるが、宮田が右ローを入れる。正直もローを返すが、宮田が前進して前に出てから、パンチからの右ローを浴びせる。正直も手数を返すが、宮田が前進してパンチからの右ローでペースを握る。判定は攻勢点でポイントを取った宮田が勝利。


第3試合 53kg契約 3分3R
○龍(目白ジム)
×大鬼(神風塾)
判定(3-030-29/30-28/30-27)

1R:龍は右ロー、左ハイに右ジャブで突いてから潜りこむ様な右ローを放つ。大鬼もパンチと右ローを返すが、龍はバックステップでローを空振りさせるなど、デフェンス能力が高く容易にヒットを奪えない。

2R:大鬼は積極的に攻めるが、龍のパンチに対するボディーワークとショートレンジのパンチ、更に前蹴りで浴びせ、左ハイキックを何発も見せるなど、完全にペースに乗っている。

3R:大鬼は前に出るが、パンチに対して龍はダッキング、スウェーなどボディーワークで避けると、ボディブローを織り交ぜた上下のパンチを浴びせる。大鬼はガードでブロックするが、龍は全てボディーワークで避けながら攻撃するので、両者のデフェンス力の違いが攻撃の手数に現れてしまっている。観客席より両者コールが鳴る中で打ち合うが、龍が優勢。判定でもテクニック面で抜群の冴えを見せた龍が3-0で勝利。


第2試合 72kg契約 3分2R
△つるピカはげ丸(REALDEAL GYM)
△大池栄二(鉄砲海老)
判定1-0(19-19/20-19/20-20)

1R:スピーディーな攻防となる。大池は左ミドル、右ロー、インローなど蹴り技で攻めると、つるピカはげ丸はパンチで攻める。組んだ際に首相撲になると、大池が崩しなど首相撲では一枚上手。打ち合いでは、つるピカはげ丸が積極的にパンチで攻めるが、大池もロー、ミドルなどで応戦。

2R:つるピカはげ丸がパンチで前に出て来るが、その際に左目尻をカットしてドクターチェックが入るが試合は続行。つるピカはげ丸がショートレンジからのパンチの連打を見せると、大池もパンチを返して距離を作ると左ミドル、右ローなど蹴りを出すが、つるピカはげ丸は蹴りにパンチを合わせようとする。観客からつるピカはげ丸にコールがなる中で試合が終了。ドローとなる。


第1試合 60kg契約 3分2R
△児島伸弥(REALDEAL GYM)
△城戸龍史(S-cute)
判定0-1(20-20/19-20/19-19)

1R:開始から互いにパワフルなフックの応酬となる。児島は飛び膝蹴りを見せるが、それ以外はパンチ主体で攻めるのに対し、城戸はパンチを入れながらテンカオ、前蹴り、ミドルとボディに浴びせ、更に右ローを何発も浴びせるが、児島は気力が充実しており、前進ファイトからパンチで攻める。

2R:児島はパンチからの前進ファイトを止めないが、城戸はパンチで応戦しながら、テンカオ、ローを浴びせる。ダメージがある児島だが、前進を止めずにパンチで前に出るが、城戸のデフェンスに阻まれる。終盤はショートレンジで互いにパンチで打ち合う展開。判定ではジャッジの一人が城戸にポイントを付けたが、残りは同ポイントでドローとなる。

Home > REPORTS > リアルディール > リアルディール勢が関西勢との対抗戦で勝ち越し:8.26 福岡

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について