Home > REPORTS > リアルディール > 花田元誓が快勝。KAWASAKI引退表明:12.18 福岡

花田元誓が快勝。KAWASAKI引退表明:12.18 福岡

リアルディール「BATTLE EVENT REALDEAL 25」
2011年12月18日(日) バトルステージ福岡
 RISEスーパーフェザー級2位の花田元誓が豪腕を誇るキューピーと対戦し、真っ向からの打ち合いとなったがパワーで上回る花田が主導権を握り判定で勝利。セミファイナルではリアディール軽量級を牽引してきたKAWASAKIが若手ホープの野上にトンコツファイトとベテランの技量で完封勝利を収め勝利者インタビューで引退を表明した。
  レポート&写真提供:池田博紀(福岡格闘技.com



第6試合 メインイベント 博多vs小倉 61kg契約 3分3R
○花田元誓(REALDEAL GYM博多/RISEスーパーフェザー級2位)
×キューピー(REALDEAL GYM小倉)
判定3-0(30-28/30-28/30-28)



1R:キューピーが高速フックを上下に打ち合わけながら攻めてくると、花田はガードのブロックを固めながら距離を詰めると組んでからの膝蹴りを浴びせる。キューピーはフックで攻めるが、組み合いになるとパワーで上回る花田が膝蹴りを浴びせ後半から花田がパンチで積極的に攻めに来るが、キューピーもフックで応戦。
2R:花田が組んでから崩しながら膝蹴り、ローを浴びせるなど組まれるとパワーで勝る花田が優勢で、パンチも左フックを浴びせるなどパンチでも流れが花田に傾き始める。キューピーもロングフックを繰り出すが花田がブロックしながら左右のフックを返して、飛び膝蹴りを繰り出すなど花田が勢いに乗りながら打ち合いを優勢に進める。キューピーもパンチを打ち返してハイキックを放つが、花田は主導権を譲らない。
3R:キューピーも前に出ながら打ち合うが、花田が優勢でキューピーのフックに対して距離を詰めて空振りさせながら組んでから膝蹴りを浴びせ。パンチでもフック、ストレートで花田が有効打を奪う。キューピーも最後まで打ち合うが、花田はパンチから組んでからの膝蹴りを浴びせるなど、試合の主導権を握り判定で勝利。試合後の勝利者インタビューで花田が「RISEのチャンピオンのベルトを狙う。来年が25になるので勝負の年」とRISE60kg級チャンピオンベルトを狙うと観客に宣言した。



第5試合 セミファイナル 博多vs西新 60kg契約 3分3R
○KAWASAKI(REALDEAL GYM博多)
×野上勇介(REALDEAL GYM西新)
判定3-0(30-28/30-28/30-27)



1R:KAWASAKIが開始から先手を取りパンチで打ち合い距離を詰めて首相撲から膝蹴りを浴びせる。その後もKAWASAKIが常に先手を奪い、野上もパンチを返すがKAWASAKIは首相撲も上手く使いながら、序盤からペースを握る。
2R:KAWASAKIは常に先手を取りながらパンチで打ち合うので、後手に回る野上が劣勢を強いられる。首相撲でKAWASAKIが崩して野上を倒すが、その際に両膝で乗りかかったので、レフェリーがイエローカードで注意を与える。その後もKAWASAKIが打ち合いで先手を取り距離を詰めてから首相撲からの膝蹴りなどKAWASAKIが主導権を譲らない。
3R:KAWASAKIが常に先手で打ち合い、野上も飛び膝蹴りを繰り出すとKAWASAKIも胴回し回転蹴りを放ち、パンチでコーナーに詰めてから右ハイキックをヒットさせるなどKAWASAKIが終始攻め続けるトンコツファイトで若手ホープの野上を判定で下した。試合後の勝利者インタビューでKAWASAKIが引退を表明し、花田など若手に今後のリアルディールを託してリングに別れを告げた。




第4試合 下大利vs小倉 72kg契約 3分3R
×松尾孝宏(REALDEAL GYM下大利)
○K-Jee(REALDEAL GYM小倉)
2R TKO(膝蹴り)

1R:開始からパンチの乱打戦となりフルスイングで打ち合うが、K-Jeeはテンカオを交えながら打ち合う。互いにヒットを奪うがK-Jeeが右ストレートでダウンを奪う。松尾は立ち上がるがダメージが大きく、詰めに入るK-Jeeがラッシュで攻め立てコーナーに追い込むとパンチからテンカオ、顔面膝蹴りを浴びせてからのパンチの連打で松尾が2度目のダウンとなるが、ここで1R終了のゴングが鳴り松尾が立ち上がりゴングに救われる形で自コーナーに戻るがダメージが大きく足元がフラついている状態。
2R:松尾が前に出て来てパンチで打ち合うが、K-Jeeが松尾をコーナーに追い詰めてからパンチのラッシュでダウンを奪い、立ち上がる松尾にK-Jeeが詰めに入ってからパンチから膝蹴りを浴びせレフェリーが試合をストップ。K-Jeeが乱打戦を制してTKO勝利。



第3試合 REALDEAL GYM vs BRAVELY GYM 63kg契約 3分3R
△四弐零(REALDEAL GYM)
△NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)
判定0-0(29-29/29-29/29-29)

1R:序盤にNOBUが右ストレートをヒットさせるが、四弐零が両手を広げて効いてないとアピール。NOBUは飛びこむ様な強い右ミドルを主体に攻めると、四弐零は得意のパンチで応戦するが、NOBUはデフェンスを固め空振りさせてから距離を詰めると首相撲に持ち込むと四弐零は組み付いてから首相撲に付き合わず、右ローはヒットするが、得意であるパンチで有効打を奪えず、ボディストレートもヒットしない。NOBUは右ミドルを放つと四弐零がキャッチしてから軸足に蹴りを入れるが、その後に展開を作れない。
2R:NOBUが前に出ながら四弐零をロープに詰めるとパンチからテンカオ、首相撲の膝蹴りを浴びせると、四弐零も左ローからパンチをヒットさせるが、NOBUは前に出ながらパンチで距離を詰めてから首相撲の膝蹴りに繋げるなどNOBUが優勢で2R終了。
3R:互いに前に出ながらパンチで打ち合いとなり、四弐零が左ローを入れるとNOBUはミドル、首相撲からの膝蹴りを浴びせる。打ち合いになると四弐零が得意のパンチをヒットさせ、右ボディストレートを浴びせるが、NOBUもパンチで打ち合うなど乱打戦となる。判定はドロー。



第2試合 下大利vs小倉 57kg契約 3分3R
○宮田裕基(REALDEAL GYM下大利)
×大刃暁士(REALDEAL GYM小倉)
判定2-1(30-29/30-29/28-29)

1R:打ち合いの展開になるが、大刃がミドル、ロー、テンカオを浴びせると宮田はショートレンジに詰めてからのパンチのコンビネーションで攻める。中盤までは大刃のミドルなどを浴びる宮田だが、終盤からはパンチのショートレンジに持ち込み左フックを混ぜてのパンチの連打で前に出る。
2R:宮田がショートレンジでパンチの連打で攻めて来るのに対して大刃はパンチで応戦しながら距離を作るとミドル、テンカオでボディに入れるが、宮田がショートレンジでのパンチのコンビネーションで前に出て来ながら全く下がらず、大刃も蹴りが思う様に出せずにショートレンジでのパンチの打ち合いとなる。宮田も被弾しながらも左フック、アッパーなどショートレンジからのコンビネーションの手数が多い。
3R:互いのショートレンジからのパンチで打ち合いながら、時折テンカオをボディに入れるが、ほぼパンチの乱打戦となる。大刃は激しい形相で打ち合うが、宮田がショートレンジの打ち合いでフック、アッパーとコンビネーションを浴びせながら常に前に出て自分の距離で打ち合いをする。判定2-1で宮田が勝利を収めた。



第1試合 REALDEAL GYM vs Weed GYM 60kg契約 3分3R
○武雄 (REALDEAL GYM)
×MASANAO (Weed GYM)
2R TKO(パンチ)

1R:互いにミドルレンジでの攻防となる。武雄がパンチから左インローを使い、左インローを何発も入れると、MASANAOもワンツーで右ストレートを伸ばして打ってくる。展開はMASANAOが何度かロープを背にするなど、武雄が若干優勢な展開で1R終了。
2R:開始からパンチの応酬となるが、打ち合いで勝った武雄がMASANAOをロープに詰めてからパンチの連打を浴びせるとMASANAOがダウン。立ち上がるMASANAOに対して再度、パンチの連打を浴びせるとレフェリーが試合をストップし、TKOで武雄が勝利。



オープニングファイト 博多 vs 小倉 70kg契約 3分2R
×今富龍(REALDEAL GYM 博多)
○花沢類(REALDEAL GYM 小倉)
判定0-2(19-20/18-20/19-19)

1R:身長、リーチで上回る花沢は前蹴り、ミドルをロングレンジで放ち、接近戦ではテンンカオを浴びせると、リーチで劣る今富はロングストレートを使いながら、右ボディストレートで何度も花沢のボディを狙う。
2R:花沢が顔面に膝蹴りを浴びせてからダウンを奪うと、今富は立ち上がりパンチで攻めて上下にストレートを放つ今富に対して、花沢はヘッドスリップ、ダッキングなど上体を柔らかく使いながらデフェンスし、接近戦ではテンカオで応戦し、距離を作るとリーチの長さを活かした前蹴りを放つ。判定ではダウンを奪った花沢が勝利。



オープニングファイト REALDEAL GYM vs BRAVELY GYM 70kg契約 3分2R
△村本和史(REALDEAL GYM)
△小島光雄(BRAVELY GYM)
判定1-0(18-18/18-18/18-17)

1R:小島は体を揺らしてリズムを刻みながら、パンチにミドルを入れてくる。村本はパンチ主体で攻めると、小島もパンチで応戦する展開となる。小島が首相撲を使ってから膝蹴りなどを使うが、蹴りがローブローに入ってしまい、村本に回復のインターバルが取られる。再開後はパンチの打ち合になり、小島が両手を広げてからガードを低くし、上体を柔らかく使いステップワークで動きながら、パンチにミドルを放つと、村本もパンチを返すが、パンチの打ち合いで小島がパンチをヒットさせてダウンを奪う。村本も立ち上がるが、小島が飛び膝で飛び込みながら、パンチで攻めてからロープに詰めるが村本もパンチで応戦すると、小島が両手を広げて舌を出しながらノーダメージをアピールするが、次は村本が攻勢に移りロープに詰めてパンチを浴びせると、またも小島がノーダメージをアピールしてロープからステップワークで移動してから右ミドルを浴びせてから、村本がパンチで攻めると、小島はパンチ、ミドルや村本の膝の上部分に前蹴りを入れるなどムエタイのテクニックを使い、距離を詰めると首相撲からの膝蹴りを使うが、村本はパンチで応戦。
2R:開始からパンチで村本がヒットを奪い、テンカオを返す小島に村本の右ストレートが小島の顔面と捉えると、バランスを崩した小島がロープまで下がると村本がパンチで攻め立てる。小島と組み付いて凌ごうとするが、パンチの打ち合いでは村本がペースを握り、パンチでヒットさせ小島がダウンするが、フラッシュダウンでレフェリーは1ポイントのみを取る。再開後は小島もテンカオ、首相撲を使い、上体を振りながらパンチで打ち合うが、村本がパンチで主導権を握っており、村本が優勢の展開。小島もパンチ、ミドル、首相撲からの膝蹴りを使うが、パンチの主導権は村本から移らずロープに詰めるとテンカオをボディに浴びせてから、コーナーでパンチを浴びせる。終盤は小島もパンチ、ミドル、膝蹴りで攻めるがダメージが蓄積されており消耗が激しく、村本がパンチで攻めてから村本が主導権を最後まで握る。判定では互いにダウンを奪ったがドローとなる。

Home > REPORTS > リアルディール > 花田元誓が快勝。KAWASAKI引退表明:12.18 福岡

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について