Home > REPORTS > パンクラス > 「俺が第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストの石渡伸太郎だ」:5.28 有明

「俺が第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストの石渡伸太郎だ」:5.28 有明

PANCRASE 287
2017年5月28日(日) ディファ有明
 石渡伸太郎はブラジルの実力者・ハファエル・シウバとの5Rの死闘を制し、バンタム級王座5度目の防衛を果たすと「国内外の格闘技関係者の皆様に一つだけ。俺が第2代バンタム級キングオブパンクラシストの石渡伸太郎だ」とマイク。UFCやRIZINからのオファーを求めず、あえて自らの名前を叫び、パンクラス王者としての、そして我こそが日本バンタム級最強だという強烈な自負を主張した。
  レポート&写真:久保与志  


第8試合 メインイベント パンクラス・バンタム級タイトルマッチ 5分5R
○石渡伸太郎(CAVE/王者/61.15kg)
×ハファエル・シウバ(ブラジル/アストラ・ファイトチーム/1位/61.1kg)
判定3-0 (松宮48-47/大藪48-47/荒牧48-47)
※石渡が5度目の防衛

 ハファエルはベラトールで活躍後、昨年3月にパンクラスに初参戦。テイクダウンと寝技が得意で、翔兵上田将勝ビクター・ヘンリーを下し、王座挑戦権を獲得していた。石渡は練習仲間の上田がハファエルに敗れたのと同じ昨年7月の大会でジョナサン・ブルッキンズに判定勝ちし、4度目の防衛を果たして以来の試合となる。



 1R、右フック、ローと強打を出していくハファエル。石渡はタックルを警戒しつつハファエルのローに合わせて飛び膝を狙うが、ハファエルが組みついてケージに押し込むと、手で足を刈るようにしてテイクダウンを奪う。バックについてハファエルがチョークを狙ったところで石渡が立ち上がるが、ハファエルはスタンドでもバックをキープし、支柱に頭をつけてバランスを取る石渡に何発か強い鉄槌、パンチを入れる。記者採点は9-10でハファエル。オープンスコアも3者共にハファエルにつける。
 2R、右ロー、右ハイから石渡のパンチにカウンターでタックルを決めてハファエルがテイクダウンを奪う。ハファエルはハーフガードからパスのプレッシャーをかけつつ肩固めを狙っていく。石渡はフルガードに戻すが、ハファエルはトップをキープしつつ力強い鉄槌を落としていく。ハファエルの強力なグラウンドコントロールに石渡は立ち上がることが出来ず、ここまでは完全にハファエルのペースで試合が進んでいる。記者採点は9-10、オープンスコアも3者共にハファエル。



 これまでの試合では2Rまでは磐石の強さを見せるも、3Rに失速することが多かったハファエル。その3R、右フックで前に出る石渡をハファエルがタックルでケージに押し込むが、石渡はこらえるとハファエルの側頭部に肘を入れる。後頭部への肘だとアピールするハファエル。石渡が立ち上がると、ハファエルは引き込みからすかさずバックに回るが、石渡はすぐに立つと、タックルで追いかけてきたハファエルを潰して膝蹴りをヒット。これをもらったハファエルが引き込んで下になり、ついに石渡が上を取る。石渡は体を起こしつつ、強いパンチと肘を打ちこんでいく。記者採点は10-9で石渡、オープンスコアも3者共に石渡につける。



 4R、頭を下げたハファエルに左フックを打ち込む石渡。ハファエルのタックルを潰して、少しづつ回り込みながらバックに回ろうとすると、ハファエルはこれを嫌って自ら引き込んで下になる。石渡はハファエルの足を捌きつつ、体を起こして強いパウンドを落としていく。残り時間を確認しながら、0になるタイミングで左の強打を狙った石渡だがクリーンヒットはせず。記者採点は10-9、ここまでのトータルスコアは38-38のイーブン。オープンスコアも3者石渡で、ポイントを五分に戻して最終ラウンドを迎える。



 5R、これまでもらい続けていたハファエルの右ローを、石渡はバックステップで難なくかわす。石渡は右フックから押し倒すようにしてハファエルをテイクダウンするが、ハファエルはタックルから立ち上がってケージに押し込む。一旦離れ、石渡が飛び膝を狙うも、ハファエルがタックルに入りながらかわして再び金網際に押し込む。引き込まずにテイクダウンを仕掛け続けるハファエルだが、石渡もこらえ続け、スイッチから石渡がバックにつきかけるが、これもハファエルが素早く反応して向き直りタックルに入る。テイクダウンしたいハファエルと、それを潰そうとする石渡。両者瀬戸際で踏みとどまる攻防が続くが、残り1分で石渡がハファエルの体勢を崩してバックにつくと、逃れようとするハファエルを潰しながら左のパンチを連打する。石渡がパンチを入れ続ける流れでタイムアップを迎え、勝利を確信した石渡はリング中央で咆哮する。



 5Rの記者採点は10-9、トータルスコアは48-47で石渡。ジャッジの判定も3者共に48-47、序盤の劣勢を覆し、石渡が最強の挑戦者を退けて5度目の防衛を果たした。
 石渡は「いつもみんなが応援してくれるおかげで、こんなに強い挑戦者にも勝てるようになりました。本当にいつもみんなありがとうございます。んで、国内外の格闘技関係者の皆様に一つだけ。俺が第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストの石渡伸太郎だ。ありがとうございました」と、最後は絶叫してマイクアピール。UFCやRIZINへのオファーをアピールするのではなく、あえて自らの名前を叫んだその言葉からは、パンクラス王者としての、そして我こそが日本バンタム級最強だという強烈な自負を感じさせた。
  なお、石渡には王者が勝って防衛した場合のKOPボーナス、国際戦で勝った場合の国際戦ボーナスとして、総額120万円がパンクラスから支給されると大会翌日に発表された。


第7試合 セミファイナル パンクラス女子ストロー級初代王座決定戦 5分5R
○朱里(ボスジム/1位/52kg)
×キンバリー・ノヴァス [Kinberly Tanaka Novaes](ブラジル/CMシステム/3位/52.15kg)
判定3-0 (福田49-45/高本49-45/荒牧49-45)
※朱里が初代王者に

 ノヴァスはMMA 11戦9勝(4KO)2敗の26歳。5月14日(日本時間)のUFCでヨアンナ・イェンジェイチックの王座に挑戦したジェシカ・アンドラージに、5年前に勝った実績がある実力者だ。ムエタイ経験もあり、昨年11月にシュートボクシングに参戦し、SBルールでRENAと対戦し判定負けしている。

 1Rは前に出るノヴァスを朱里が右ストレートで迎え撃ち、ノヴァスが詰めるとケージに押し込む展開が続く。ケージに押し込む時間は長いノヴァスだが、有効に思える攻撃はほとんどない。朱里は何度か右ストレートをヒットするも、ケージを背負わされる時間が長く続く。記者採点は10-9で朱里。オープンスコアは3者共にノヴァスを支持する。



 2Rに入ると、朱里はノヴァスのローに合わせて右ストレートをヒットし、自らノヴァスを押し込んでのケージレスリングに持ち込んでいく。3Rもケージレスリングが大半を占め、押し込んで膝を入れた朱里がラウンドを取る。記者採点、オープンスコア共に、2、3Rは朱里。
 4R、パンチと肘で前に出るノヴァスだが、朱里が押し込んで首相撲のクラッチから膝蹴りを連打すると防戦一方に。続けて頭を下げさせられたクラッチから膝を浴びると抜け出すことが出来ずにもらい続けてしまう。記者採点は10-9で朱里、オープンスコアは2者が10-9、1者は10-8をつける。
 5R、大きくリードされたノヴァスだが、逆転の糸口は全く見えず、朱里が押し込んで膝を浴びせ続ける。朱里がかぶりからフロントチョークも狙いつつ、膝を入れ続けて試合終了。記者採点は50-45で朱里。



 大差の判定で勝利してベルトを巻いた朱里は「一本かKOでベルトを巻きたかったですけど、パンクラスのベルトを巻けて本当に嬉しいです。自分はUFCに出場してチャンピオンになりたいという夢があります」と、9月23日の日本大会の開催も決定したUFCへの出場をアピールした。
 なお、朱里には国際戦で勝った場合の国際戦ボーナスとして20万円がパンクラスから支給されると大会翌日に発表された。


第6試合 フェザー級 5分3R
×日沖 発(ALIVE/1位、元SRC・TKO・修斗世界王者)
○田中半蔵(シューティングジム横浜/9位)
1R 0'14" KO (左ストレート)

 開始すぐに前に出て右の三日月蹴りをヒットした日沖。そこからサウスポーにスイッチして左フックでさらに前進するが、そこに田中がカウンターで左ストレートをクリーンヒット。日沖は完全に意識が飛んで崩れ落ちた。



 衝撃の秒殺KOで日沖を沈めた田中は「ランキング1位いただいていいんでしょうか?真ん中にいるランカーには申し訳ないですが、飛び級でタイトルマッチお願いします」とタイトル挑戦をアピールした。


第5試合 女子ストロー級 5分3R
─三浦彩佳(TRIBE TOKYO M.M.A/2位)
─タイアニー・ソウザ [Thaiane Souza](ブラジル/CMシステム)
1R 3'25" ノーコンテスト
※三浦が計量150gオーバー(52.8kg)。ソウザが勝利した場合のみ公式記録とし、それ以外はノーコンテストとなる。



 タイアニーのシャープな打撃に阻まれ中々組み付けない三浦。時折、左手を首にかけるもクリンチアッパーを被弾し、距離を取られてしまう。上手く距離を取り続けるタイアニーが左ミドルをヒットするが、直後に三浦が組みつき、首投げから足をかけてテイクダウンに成功。袈裟固めからすかさずアームロックを極めるとすぐにタイアニーがタップ。三浦は計量オーバーのため規定によりノーコンテストとなった。


第4試合 フライ級 5分3R
○若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A/6位、2016年ネオブラッドトーナメント同級優勝&MVP)
×古間木崇宏(パラエストラ八王子/9位)
2R 2'27" KO (左フック)

 1R、細かくステップを刻む若松に対し、古間木は左右のフックで飛び込んで若松をケージ際に詰めるが、若松がバックステップで距離を取って右フックをヒットし、古間木の腰が落ちる。若松は古間木を金網に詰めてパンチのラッシュを浴びせ、古間木も応戦して激しい打ち合いに。ケージ際から古間木が抜け出し、右フックのフェイントからタックルを決めてテイクダウンを奪う。すぐに若松が立ってスタンドに戻り、若松は古間木のローに右のパンチを合わせていく。若松が前に出始め、距離を詰めた後に少しタイミングをずらしてバック肘をヒットしてダウンを奪う。立ち上がろうとした古間木をテイクダウンした若松だが、またすぐに古間木が立ち上がると、渾身のタックルで若松をテイクダウンして踏みとどまる。記者採点は10-9で若松、オープンスコアは2者が10-9、1者は10-8をつける。

 2R、若松がプレッシャーを強め、左ボディから右フックで前進。古間木をケージに押し込むと、離れ際に左肘も狙う。さらに距離を詰めていくと、今度は右ボディから左フックをリターン。これが古間木の顎をクリーンヒットし、古間木は大の字にダウンして失神。強烈なKO劇でインパクトを残した若松は、8月20日のマモル-仙三の勝者とのタイトルマッチをアピールした。




第3試合 バンタム級 5分3R
○佐久間健太(パラエストラ柏/5位)
×福島秀和(BLOWS/6位)
判定2-1 (松宮29-28/大藪28-29/荒牧29-28)

 1R、佐久間が左手を下げながらリードジャブを当てて距離を制すると、右フックから組みの展開でテイクダウンを奪う。トップから強いパウンドも入れた佐久間だが、ガードから立ち上がりスタンドを選択する。福島も右フックを振るって距離を詰めようとするが、カウンターで佐久間が右フックをヒット。福島は組みにいくが、テイクダウンには至らない。記者採点は10-9で佐久間、オープンスコアも3者共に佐久間につける。

 2R、福島はジャブを被弾しても前進し、距離が詰まって福島の左ショートも当たり始める。圧力を強める福島だが、佐久間がカウンターで右クロスをヒットしてダウンを奪う。トップを取った佐久間だがすぐにスタンドに戻り、福島はプレッシャーをかけ続けると、ケージ際に追い込んで佐久間の顔面に膝蹴りをヒット。佐久間は鼻から出血する。攻勢を強める福島は膝蹴りを上下に散らし、出血の影響もあるのか佐久間は呼吸が荒くなる。苦しくなった佐久間だが、圧力をかけ続けた福島も疲れたか少し動きが落ちる。記者採点は9-10で福島、オープンスコアは2者が福島、1者は佐久間につける。



 3R、シングルから足払いでテイクダウンを奪った福島だが、佐久間もすぐに立ち上がる。佐久間が左フックからパンチをまとめるが、最初の左で指が目に入ったか福島はサミングをアピールする。特に注意はなく続行され、佐久間がセコンドの指示に従ってリードジャブの頻度を増やすと、福島が距離を詰めきれなくなる。打撃はヒットしなくなった福島だが、しつこく片足タックルにいって佐久間を金網に押し込みテイクダウンを試みる。残り30秒でバッティングがあって中断後、佐久間が打ち合いに持ち込み、福島はパンチを返しつつタックルにいくがテイクダウンは奪えずにタイムアップ。記者採点は9-10、トータルスコアは28-29で福島。判定は2-1、白熱の消耗戦は紙一重で佐久間に軍配が上がった。


第2試合 ライト級 5分3R
×石川英司(GRABAKA/7位)
○冨樫健一郎(パラエストラ広島/8位)
判定1-2 (山崎29-28/大藪28-29/荒牧28-29)


第1試合 ストロー級 3分3R
×江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/5位)
○前山哲平(AACC)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)



◆ OASISプレゼンツ第23回ネオブラッド・トーナメント

第12試合 ライト級準決勝 3分3R
×山本雄希(SHINWA SPORTS)
○深谷 誠(和術慧舟會HEARTS)
判定0-3 (26-30/27-30/27-30)

第11試合 ライト級準決勝 3分3R
○太田裕稀(格闘技吉田道場)
×ブラック・コンバ(パラエストラ八王子)
1R 0'27" アンクルホールド

第10試合 フェザー級準々決勝 3分3R
○堀江圭功(ALLIANCE)
×手塚勇太(和神会)
1R 2'37" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ)

第9試合 フェザー級準々決勝 3分3R
○藤﨑航汰(パンクラス大阪 稲垣組)
×小島勝志(STYLE PLUS GYM)
1R 2'45" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第8試合 フェザー級準々決勝 3分3R
×齋藤拓矢(ALLIANCE)
○鬼山斑猫(PUREBRED)
判定0-3 (27-30/27-30/28-29)

第7試合 フェザー級準々決勝 3分3R
○木村一成(パンクラスイズム横浜)
×直斗(宇留野道場)※清水直人 改め
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第6試合 バンタム級準決勝 3分3R
○髙城光弘(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×坂野周平(マルワジム横浜)
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第5試合 バンタム級準決勝 3分3R
○山本哲也(SUBMIT MMA)
×萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
2R 1'10" 三角絞め

第4試合 フライ級準決勝 3分3R
×赤崎清志朗(香取道場)
○渡辺竜也(MAX GYM/RINGS)
2R 2'41" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第3試合 フライ級準決勝 3分3R
×鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
○川端康太(ALLIANCE)
判定0-3 (28-29/27-30/28-29)

第2試合 ストロー級準決勝 3分3R
○高島俊哉(U-FILE CAMP)
×後藤琢也(パンクラス大阪 稲垣組)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第1試合 ストロー級準決勝 3分3R
×御代川敏志(パラエストラ八王子)
○松村 慶(フリー)
3R 0'27" チョークスリーパー

◆ スウィングバウト

第2試合 フェザー級 3分3R
○近藤孝太(HW山田道場)
×平山 学(フリー)
3R 2'59" フロントチョークスリーパー

第1試合 フライ級 3分3R
○廣中克至(RBアカデミー)
×井上皓平(ポゴナクラブジム)
判定3-0 (29-28/30-27/29-28)

Home > REPORTS > パンクラス > 「俺が第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストの石渡伸太郎だ」:5.28 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について