Home > REPORTS > パンクラス > 川村&清水がドロー防衛。近藤王座陥落:12.5 有明

川村&清水がドロー防衛。近藤王座陥落:12.5 有明

PANCRASE 2010 PASSION TOUR 第6回ism主催興行
2010年12月5日(日) ディファ有明
 パンクラス新社長となった川村亮は、9月にKO負けした相手・桜木裕司とライトヘビー級王座防衛戦を行うが引き分けに。近藤有己も9月のケージフォースで敗れた相手・藤井陸平と再戦したが、今回も完敗に終わり、ミドル級王座を奪われた。
  レポート&写真:井原芳徳


本戦第二部


第9試合 ライトヘビー級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
△川村 亮(パンクラスism/王者)
△桜木裕司(掣圏会館/1位)
判定0-1 (福田28-29/大薮30-30/千葉29-29)
※川村が防衛

 川村は9月のノンタイトル戦で桜木に1R KO負け。試合後は完勝した桜木のほうが再戦を熱望し、川村も「何回でもやりますよ」とすぐさま承諾し、タイトルを賭けての再戦となった。
 1R、桜木がプレッシャーをかけ、川村がリングを大きく使って回り続ける。桜木は手数こそ多くは無いものの、バックスピンキックや右フックで川村をぐらつかせて主導権を握る。



 2R、川村は序盤からタックルを繰り返し、テイクダウンこそ奪えなかったが、中盤からのスタンド勝負では右ボディストレート、左ジャブ、左右のワンツーフックを当て優勢。桜木は勢いが落ち、1Rのようにプレッシャーをかけることができない。
 3R開始すぐ、桜木がバックスピンキックと右フックを立て続けに当て、川村はスリップ。桜木はさらにバックスピン、サッカーボールキックと続けざまに出すが、川村が間一髪でかわすと、場内はどよめきとため息に包まれる。
 その後はスタンド主体の攻防に戻るが、桜木は2R同様失速。だが川村もダメージの影響で2Rのような勢いは無い。2度テイクダウンに成功するが、上をキープできず簡単にスタンドに戻される。最後は桜木が胴回し蹴りを空振りして下になったところで試合終了。判定にもつれ込み、桜木が1票を取ったものの、残り2票はドローとなり、川村のドロー防衛に。裁定が下されると同時に桜木は、笑顔で川村を称え、川村は無念の表情を浮かべた。



 大会最後のセレモニーで川村は「勝てなかったけど、自分なりに精一杯やりました。年末はクリスマス、大晦日、SRCの大会などもありますが、来年は一つ、『ハッピーパンクラス』という言葉を入れて頑張りたい」と、新社長としての意気込みを表明。インタビューでも「来年はパンクラスに携わる全ての人に幸せに幸せになって欲しい。そのためだけに頑張ります」と熱く語った。


第8試合 ミドル級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
×近藤有己(パンクラスism/王者)
○藤井陸平(和術慧舟會RJW/5位)
判定0-3 (福田28-30/小菅29-30/和田29-30)
※藤井が新王者に

 藤井は9月のケージフォースで近藤に判定3-0で勝利。今度は舞台を近藤のホームであるパンクラスに変えたが、結果は同じだった。
 1R、藤井が近藤をコーナーに再三押し込んで、離れると打ち合いを繰り広げる展開。近藤は藤井の圧力に押されながらも、大半のパンチをスウェーしていたが、終了間際にバランスを崩すと、藤井の右ハイをもらいそうに。手元でブロックして難を逃れたが、危険な状態でラウンドを終える。
 2Rも基本的に1Rと似た展開だが、藤井の勢いがより目立つ内容に。右ストレートで近藤をぐらつかせる場面も。中盤、パンチの打ち合いで近藤の肘が当たってしまい、藤井の右まぶたが切れてドクターチェックが入るが、傷は浅い。再開後、近藤は左ミドルを効かせ、流れを引き寄せたいところだったが、藤井がコーナーに押し込んで難を逃れると足を掛けてテイクダウンに成功。パスガード後、ポジションキープはできなかったものの、逃げる近藤の胸元にサッカーボールキックを当て、攻勢を印象付けてラウンドを終える。



 3R、序盤の打ち合いで近藤もパンチを当てていたが、組み付かれてしまうと藤井の独壇場。藤井は両脇を差して簡単にテイクダウンに成功すると、ハーフガードからパウンドをコツコツと当て続けて近藤を苦しめる。近藤のセコンドの高橋義生と伊藤崇文は大声で「立て」「動け」と檄を飛ばし続けるが、藤井は難なく近藤のブリッジを潰し、残り1分を切るとマウントポジションに。終了間際にはサッカーボールキック、膝蹴りとラッシュを仕掛けて試合終了。26歳の新鋭・藤井が、技術・体力で今回も近藤を圧倒し、返り討ちに成功した。
 ベルトを巻いた藤井は「第10代ミドル級キング・オブ・パンクラシスト、そして、近藤有己に2度勝った男・藤井陸平です」とアピールすると、近藤ファンからブーイングを浴びる。続けて「近藤選手からベルトを奪えたことは誇りです。色々噛み付いたけどすみません」と謝ったものの、その直後に「近藤選手の屍(しかばね)を超えて、これからはもっと上を目指します」と発言し、最後まで近藤ファンの心情を逆撫でし続けた。


第7試合 フライ級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
△清水清隆(SKアブソリュート/王者)
△砂辺光久(TEAM reversaL/1位)
判定1-1 (小菅29-28/千葉27-29/和田29-29)
※清水が防衛

 清水は今年2月に砂辺を判定2-0の僅差で破り王座を奪取。再戦も一進一退の接戦となった。
 1R開始まもなく、砂辺がタックルで組み付くと、バックからしがみついたままグラウンドに引きずり込む。チョークを狙いたいが、清水は砂辺の腕をつかんできっちりと防御。砂辺は足のロックをほどいて、膝蹴りを清水の頭に叩き込むが、何度か繰り返すと、そのタイミングに合わせて清水が体を反転させて上のポジションに。すぐにスタンドに戻す。主導権を握っていたのでは砂辺だったが、ジャッジの評価は分かれるラウンドに。



 2Rはスタンドの攻防が続き、リーチで勝る砂辺の右ストレートで清水の腰が落ちるが、すぐさまタックルで防御。砂辺の右腕がロープに引っかかってしまい、清水はテイクダウンできなかったが、それでも清水はしぶとくタックルで押し込み続ける。砂辺は清水のタックルを潰してバックを奪うが、残り時間が短くチャンスにつなげられない。
 3Rもスタンドの攻防が続いた後、清水がタックルを仕掛けるが、切って清水の首を抱えた砂辺の両足がリングの外に出てしまいブレイク。その後も清水がタックルを仕掛けるが、コーナーに押し込んだ後にオンブでバックを取ろうと飛びついた時、砂辺に脱出を許してしまう。しかし直後、清水は左ハイをヒットさせ、パンチの攻防でもやや押し気味に。左のパンチを放った際、グローブの淵が砂辺の右目に入ってしまった模様で、ドクターチェックと3分程の回復時間が設けられたが、再開後も主導権は清水。パンチで砂辺をぐらつかせ、砂辺のタックルを潰して上になった状態のまま終了のゴング。結局、清水が3Rのポイントを取り、五分に持ち込む形でドロー防衛を果たした。




第6試合 フェザー級 5分3R
○鹿又智成(パラエストラ八王子/1位)
×アライケンジ(パンクラスism/2位)
1R 0'24" TKO (レフェリーストップ:チョークスリーパー)

 アライは11月に引退を表明し、過去1敗1分の相手である鹿又を対戦相手に指名。リベンジを果たして有終の美を飾りたいところだったが、開始早々のタックルで鹿又に倒されると、すぐさまバックマウントを許してチョークで絞め落とされてしまった。



 勝った鹿又は「試合時間は短かったけど、アライケンジのパンクラス魂、しっかり受け取りました。引退試合に僕を選んでいただき、本当にありがとうございました」とアライにエール。アライは四方に頭を下げ、無言でリングを降りた。

 引退セレモニーは全試合終了後に行われ、パンクラスを離れてからもアライのセコンドに付き続けていた高橋義生、ismの道場長である大石幸史、アライの母親らが花束を贈呈した。アライは「このリングで学んだことを今後の人生に活かしたいです。僕をパンクラスで芽を出させてくれた高橋義生さん、パンクラスへ進むことを賛成してくれた両親、応援しくれた家族、そして、一緒に苦楽を共にしてきたパンクラスismの仲間、本当にありがとうございました」と最後の挨拶。記念撮影の後、胴上げされ、花道を通って去って行った。




第5試合 鳥生将大・試練の3番勝負・最終戦 ウェルター級 5分3R
×KEI山宮(GRABAKA/1位)
○鳥生将大 (パンクラスism/7位)
1R 4'51" KO (左ハイキック)

 鳥生はゴングと同時に山宮をコーナーに詰め、時折左のアッパーをヒット。膠着ブレイク後も山宮をコーナーに押し込むが、山宮の膝蹴りがローブローとなってしまい、再びブレイクとなる。その後は山宮がコーナーに押し込む場面と、サウスポーで両者が攻撃の機会をうかがう間合いの場面の繰り返し。残り20秒、山宮がコーナーに押し込んだ状態にブレイクがかかると、残り10秒のコールとほぼ同時に鳥生お得意の左ハイがヒットし、山宮が真後ろにダウン。鳥生が追い討ちのパウンドを叩き込もうとしたところで小菅レフェリーが試合をストップした。



 試合後は負けた山宮が先にマイクを持つと「パンクラスの川村新社長が一番期待しているのは鳥生選手だと思うので、みなさん応援をお願いします」と鳥生の勝利を称えた。2勝(2KO)1分というまずまずの形で三番勝負を終えた鳥生は「山宮選手、自分のような若造と試合をしてくれてありがとうございました。三番勝負を通して、選手として成長できたと思います。これから自分らがパンクラスを盛り上げていくので、パンクラスは絶対に潰しません!」と力強く宣言した。


第4試合 ライト級 5分2R
△大石幸史(パンクラスism/1位)
△永田克彦(新日本プロレス NEW JAPAN FACTORY)
判定1-1 (和田20-19/小菅19-20/福田20-20)

 1R、永田が頭から突っ込む形でバッティングとなり試合が一時中断。その後も永田がタックルを繰り返すが、永田同様レスリングをバックボーンに持つ大石は、倒されてもすぐさま立ち上がり主導権を譲らない。終盤、離れ際に放った大石の右膝蹴りで永田の動きが止まると、大石は右ミドルとパンチで猛ラッシュ。しかし永田の体がロープに絡まってしまいブレイクがかかり、大石としてはアンラッキーな展開に。
 2R、序盤に永田のバッティングで試合が一時中断。再開後も押し込んでの攻防が多く、永田のローがローブローとなってしまいまたも中断。再開後、大石がロープに押し込んでからテイクダウンに成功するが、ハーフガード止まりで永田に立たれてしまう。その後は永田が押し込む展開が繰り返されたが、決め手に欠けて試合終了。お互い得意のテイクダウンで譲らぬ試合となり、ドローに終わった。


第3試合 アテナルール 52kg契約 5分2R
○WINDY智美(パンクラスism)
×ベティコ(和術慧舟會RJW)
判定2-0 (福田20-19/大薮19-19/小菅20-19)

 1R、蹴りの攻防の後、コーナーで首相撲のような展開となり、WINDYは膝蹴り、ベティコはテイクダウンを狙う状態に。ここまで比較的静かな内容だったが、残り1分の離れ際にWINDYのパンチが当たると、ラッシュで一気に主導権。ベティコの苦し紛れのタックルをWINDYは潰してパウンドを落とし、レフェリーストップ寸前まで追い込むが、ラウンド終了のゴングが鳴る。



 2R、ベティコは序盤からテイクダウン狙いでWINDYをコーナーに詰めるが、WINDYは突き放すと再びパンチラッシュ。だが今度はベティコのタックルが綺麗に決まりテイクダウンに成功。ハーフガードからボディパンチでプレッシャーをかけ続け、WINDYの足のロックが開いた隙を突いてマウントへ。最後はバックからチョークを狙い続けるが、極めには至らず試合終了。大薮ジャッジのみ2Rのベティコの攻めを評価したが、残り2人の評価は得られず、WINDYが1Rの得点を守りきる形で勝利した。


第2試合 ウェルター級 5分2R
○梁 正基(STAND/6位)
×渡辺大介(パンクラスism)
1R 0'23" TKO (レフェリーストップ:左ストレート)

 開始しばらく、梁が前蹴りで渡辺を突き放した後、カウンターの左ストレートを渡辺にクリーンヒット。ダウンした渡辺に右のパウンドを一撃したところで千葉レフェリーがストップ。渡辺のランク入りとism勢の先勝を阻止した。


第1試合 ウェルター級 5分3R
○佐藤豪則(Laughter 7/2位)
×鈴木槙吾(ALLIANCE/4位)
判定3-0 (和田30-28/千葉30-28/大薮30-28)

 ism主催興行で、ism絡みのカードでは無いため、第1試合という扱いになったが、ランカー対決にふさわしい好勝負に。1R、鈴木が足を掛けてテイクダウンに成功。上からパウンドを落とそうとするが、佐藤も下から蹴り上げやアームバーを仕掛け、主導権を与えない。



 2R、今度は佐藤が序盤から首相撲の後にテイクダウンに成功すると、サイド、上四方とポジションを移し、師匠の桜庭譲りのアームロックへ。鈴木は豪快にリフトして叩きつけて脱出を試みるが、佐藤はロックを外さず優位をキープ。外された後も上四方、サイドと好ポジションをキープし、残り1分にはマウント、バックチョーク、下からの三角、上からの腕十字と次々と技を繰り出す。
 3Rも鈴木の右ハイをかわしてタックルで上になると、佐藤がグラウンドで主導権。いったん立たれた後も再び上になり、マウントパンチの後に腕十字でチャンス。鈴木は防御し続けるのがやっとで、佐藤が文句なしの内容で2位の座を守った。


 なお、今大会ではパンクラスのラウンドガールを4年間務めた姉・入江里佳さん、妹・入江由実さんの入江姉妹の卒業セレモニーも行われた。



本戦第一部


第7試合 ライトヘビー級 5分2R
×福田雄平(HIDE'S KICK!)
○増田裕介(AACC)
判定3-0 (18-20/19-20/19-20)

第6試合 ウェルター級 5分2R
-草・MAX(TEAM TACKLER)
-西坂タツヒコ(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)
中止
※西坂がノロウィルスによる体調不良でドクターストップ

第5試合 ライト級 5分2R
×高橋克典(GRABAKAジム)
○徳留一樹(パラエストラ八王子)
1R 3'33" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第4試合 ライト級 5分2R
○太田純一(GOKITAジム)
×小野明洋(チームタイゴン)
1R 2'56" ギブアップ (腕ひしぎ三角固め)

第3試合 ライト級 5分2R
○冨樫良介(ALLIANCE)
×竹川光一郎 (和術慧舟會トイカツ道場
1R 3'42" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第2試合 フェザー級 5分2R
○川那子祐輔(秋本道場jungle junction)
×斎藤正臣(高田道場)
判定2-0

第1試合 フェザー級 5分2R
○中村謙作(吉田道場)
×伊藤尚司(CORE)
判定2-1

パンクラスゲート


第4試合 ライト級プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
○JON SHORES(ロデオスタイル)
×佐々木渉(Laughter7)
1R 3'07" ギブアップ (フロントチョーク)

第3試合 フェザー級プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
○青山祐大(ALLIANCE)
×藤井伸樹(Laughter7)
判定3-0

第2試合 バンタム級プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
×林 紘之(和術慧舟會H・T・W)
○窪田泰斗(KIBAマーシャルアーツクラブ)
判定0-3

第1試合 フライ級 5分2R
△島袋 力(CORE)
△木内崇雅(和術慧舟會駿河道場)
時間切れ

Home > REPORTS > パンクラス > 川村&清水がドロー防衛。近藤王座陥落:12.5 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について