Home > REPORTS > パンクラス > 宇良、王者和田とドロー。井上俊介が浜中を秒殺

宇良、王者和田とドロー。井上俊介が浜中を秒殺

PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
2009年10月25日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


初参戦の宇良が健闘
第8試合 ウェルター級(ノンタイトル戦) 5分2R
△和田拓也(SKアブソリュート/王者)
△宇良健吾(Team ura-ken)
判定0-0 (20-20/20-20/20-20)

 宇良は1Rから左リードジャブが冴えてスタンドの攻防でイニシアティブを握る。和田はローを飛ばしつつ、タックルで寝技に持ち込もうとするが、宇良はしっかりと切ってこれを防ぐ。2Rには左フックでコーナーに詰めての右フックをヒットさせるなど、宇良がやや優勢な印象もあったがポイント差はつかず。ジャッジ3名とも20-20のドロー決着となった。


松本がノックアウト
第7試合 無差別級 5分2R
○金井一朗(パンクラスism/ミドル級2位)
×松本天心(SKアブソリュート)
1R 0'53" KO (左フック)

 KEI山宮の欠場により緊急参戦となった松本。試合は開始すぐに金井の左フックが松本の顔面を捉え、後方にダウンを喫すると和田レフェリーは即座にストップ。試合後はKO勝利を飾った金井だけでなく、急なオファーに応えた松本にも暖かい拍手が送られた。


鹿又のギロチンが極まる
第6試合 フェザー級 5分2R
△アライケンジ(パンクラスism/4位)
△鹿又智成(パラエストラ八王子)
判定0-1 (19-20/20-20/20-20)

 1R開始直後、鹿又がスタンドでアライの首を捉えると、そのまま引き込んでギロチンの体勢に。腕が入っているようにも見えたが、アライは何とか逃れ立ち上がる。スタンドに戻ると、アライは右ストレート、左ハイなどで攻めるが、すぐに組みの攻防になり手数がまとまらない。
 2Rに入ると、アライはコーナーに詰めての膝蹴りも多用するが、鹿又に体を入れ替えられて投げを打たれ、バックを奪われかける場面も。その後は鹿又がボトムからアームロックをしかけた程度で両者決め手に欠いたまま試合終了。判定はジャッジ1名が鹿又を支持したが、0-1の引き分けとなった。


赤井がノヴァの伝家の宝刀で一本
第5試合 フェザー級 5分2R
○赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン/5位)
×ジョン・ジンソク(韓国/パンクラスコリア / パラエストラ清州)
2R 3'39" 肩固め

 1Rは赤井がサウスポーからの右リードパンチと左インローを中心に的確に打撃をヒットさせて優勢に試合を進める。2Rない入るとジョンは右スイングフックを振るいながら圧力をかけて反撃。さらにジョンは右アッパーから左右のフックを振るい前に出る。赤井はジョンのフィジカルを活かした攻撃にやや押され気味になりながらも、打撃をかいくぐってテイクダウンに成功。ハーフガードからパスしてサイドにつくと、ジョンの左腕を足で潰してパンチを落とす。赤井はハーフガードに戻ると、今度は肩固め。極めを強めながら、再びパスしてサイドについたところでレフェリーが試合をストップ。赤井が鮮やかなグラウンドテクニックで一本勝ちを収めた。


井上が見事な秒殺勝利
第4試合 ライトヘビー級 5分2R
×浜中和宏(Laughter7)
○井上俊介(吉田道場)
1R 0'52" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 浜中が片足タックルに行くが、井上はすぐに立ち上がる。なおもしつこくタックルに行く浜中。井上はこれを潰して浜中の体を伸ばして側頭部に鉄槌を落とす。これで浜中の動きが完全に止まり、体の力が抜けた浜中を見てレフェリーが試合をストップした。
 パンクラス初参戦を秒殺勝利で飾った井上は、リング上でマイクを持つと川村とのタイトルマッチを要求する。川村も即座にリングに上がり、これを承諾。休憩明けに川村が再びマイクを握り、12月のディファ大会での両者のタイトルマッチが正式決定した。

マイクを持つ川村


パンチで攻める河原
第3試合 バンタム級 5分2R
○川原誠也(パンクラス P's LAB横浜/1位)
×佐々木亮太(BAD ASS 13/2009年ネオブラッドトーナメント・バンタム級優勝)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

 右フックを振るいながらスタンドでプレッシャーをかける川原。グラウンドに持ち込みたい佐々木のタックルをしっかりと切り、離れ際に右ハイ、さらに飛び膝蹴りと攻勢をかける。川原は立ちレスの攻防でも優位に立ち、佐々木のタックルを潰してトップポジションをキープして強いパウンド打ち込んでいく。佐々木は2Rにようやくテイクダウンに成功し、バックからチョークを狙うが川原は冷静に対処してこれを防ぐ。川原はその後もパウンドなどで佐々木を攻めたて、判定3-0で佐々木を下した。


フェイスロックを狙う清水

第2試合 フライ級 5分2R
×江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/2位)
○清水清隆(SKアブソリュート/2009年ネオブラッドトーナメント・フライ級優勝)
判定0-3 (19-20/19-20/19-20)

 清水がサークリングしながら時折左フックをヒットさせ、隙を見てタックルでテイクダウンを奪うなど優勢に試合を進める。江泉は得意の右ストレートでKOを狙うが、距離を取って回る清水を捕まえきれず。清水はタックルからスタンドでバックに周り、フェイスロックをしかけるなどグラップリングで優勢に。打撃でも江泉の右をかわし続け、判定で勝利をものにした。


第1試合 ライト級 5分2R                 
×AB(和術慧舟會 駿河支部/5位)
○ISAO(坂口道場 一族/2009年ネオブラッドトーナメントMVP&ライト級優勝)
1R 0'50" 反則 (ローブロー)

 開始後すぐ、打撃の攻防から組み付いたABの膝蹴りがローブローとなりドクターチェック。ISAOのダメージが深く、試合続行不可能と判断されISAOの反則勝ちとなった。


◆パンクラスゲート

第6試合 ライト級 5分2R
△桜田信人(パラエストラ川越)
△奥山健太(禅道会松本支部)
時間切れ

第5試合 ライト級 5分2R
△青山祐大(ALLIANCE)
△下山大介(和術慧舟會TLIVE)
時間切れ

第4試合 フェザー級 5分2R
○チャップリン木山(ALLIANCE)※木山和慶 改め
×野口岳人(TRIAL)
2R 1'05" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第3試合 フェザー級 5分2R
×小倉健市(KIBAマーシャルアーツクラブ)
○長谷川雅彬(KRAZY BEE)
1R 0'09" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ)

第2試合 バンタム級 5分2R
△板谷一樹(GRABAKAジム)
△清水哲平(総合格闘技宇留野道場/チームZST)
時間切れ

第1試合 バンタム級 5分2R
○沼倉雄太(TRIAL)
×小渕真毅(総合格闘技武門會)
1R 1'23" チョークスリーパー

Home > REPORTS > パンクラス > 宇良、王者和田とドロー。井上俊介が浜中を秒殺

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について