Home > REPORTS > パンクラス > 近藤×久松は引分。砂辺防衛。井上学、大石に完勝

近藤×久松は引分。砂辺防衛。井上学、大石に完勝

PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
2009年10月25日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


決定打の出せない近藤
第11試合 メインイベント ミドル級(ノンタイトル戦) 5分3R
△近藤有己(パンクラスism/暫定王者)
△久松勇二 (和術慧舟會TIGER PLACE)
判定0-0 (梅木30-30/福田30-30/松宮30-30)

 1R、久松はグラウンド勝負に持ち込むかと思われたが、左フックから左右のミドルを飛ばすなど積極的に打撃を出していく。近藤はミドルを受けながら、距離が詰まると右フックから返しの左フックを見せる。時折、久松が組み付きに行くが、近藤の腰が重くテイクダウンには繋げられない。
 2Rも同様の展開が続き、近藤も左ミドルを蹴り返すなど応戦するが、手数が少なく連打に繋がらない。近藤は久松のパンチで右目を腫らしてしまい、視界も苦しい状況に。ラウンド終盤にようやく近藤のパンチが顔面を捉え始め、右フックから連打をまとめるが、久松も右ストレートをヒットさせるなど反撃する。

インタビュー中に右目を冷やす近藤
 3Rに入っても近藤は今ひとつエンジンがかからない。久松は左ミドルから左右のフック。近藤も打ち合い、終盤には何度か近藤の左のパンチが久松の顔面を捉えるが決定的な一打は放てず。近藤はグラウンドには一度も持ち込ませなかったものの、絶対有利だと思われたスタンドの攻防でペースを握れず、ジャッジ3名とも30-30とどちらにもポイントのいかないドローに終わった
 試合後、「一生懸命やりました。焦りなどは特になかったし、判定もまあそんなものだろうなと思いました」とさばさばした表情で質問に答えていた近藤だが、次戦以降の展望を聞かれて「今は少し休みたいですね」と漏らした一言が、この試合におけるモチベーションも表していたように感じられた。


砂辺の膝蹴りが炸裂
第10試合 セミファイナル フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
○砂辺光久(フリー/王者)               
×廣瀬 勲(ストライプル/1位)
判定3-0 (和田29-28/梅木30-29/福田30-28)
※砂辺が初防衛

 1R開始直後、砂辺の右ストレートで廣瀬がダウン。砂辺はすぐにパウンドで追撃をかけ、あわや秒殺決着かと思われたが、廣瀬は立ち上がって難を逃れる。ダメージが回復した廣瀬はパンチで前に出ながらタックル。砂辺はバックステップからの右フック、膝蹴りで廣瀬を迎え撃ち、テイクダウンを許さない。砂辺の右ストレートがまたも廣瀬の顔面を捉え、さらにラッシュを浴びせるが廣瀬も一歩も引かず手を返す。
 2R、廣瀬が片足タックルでようやくテイクダウンを奪う。廣瀬はパウンドで追撃するが、砂辺の体が外に出てしまい、スタンドから再開される廣瀬にとっては不運な展開に。廣瀬は砂辺の膝蹴りをキャッチして再びテイクダウンに成功。バックにつこうとして落とされるが、横三角絞めに捕らえてパウンドを落としていく。ブレイクからの再開後も、廣瀬は前進を止めずプレッシャーをかけ続ける。砂辺が右ストレートから返しの左フックをヒットさせるが、廣瀬はそれでも前に出る。
 3R、廣瀬は右ショートアッパーを出しながら距離が詰まるとひたすらタックルに行くが、砂辺はバランスを崩しながらもこれをこらえテイクダウンを許さない。廣瀬がパンチを出しながら前進してきたところ、廣瀬の指が砂辺の目に入ってしまいドクターチェックが入る。再開後も、砂辺は廣瀬のタックルを切りながら右のパンチを的確に当てていく。終了間際に廣瀬がテイクダウンに成功すると、逆転のKOを狙って踏みつけを狙うが届かず。1Rにダウンを奪った砂辺が廣瀬の反撃を退けて6月に獲得したタイトル初防衛を果たした。

東京の練習仲間らと記念撮影
 砂辺は「廣瀬選手すごく強かったです。ありがとう! 6月にベルト取る前に、次にやらせてくれと言われてすごく燃えました。どうすかね? パンクラス面白いんじゃないですか? 廣瀬選手がそう言ってくれたみたいに、選手皆でパンクラスを盛り上げましょう」とマイクアピール。
 試合後のバックステージでは「1Rのダウンを奪った時に拳を壊してしまった。廣瀬選手は何度右を当ててもゾンビみたいに起き上がってきた」と廣瀬のタフネスぶりを賞賛しつつ、「指を入れられながらも、相手の攻撃を真っ向から受け止めて戦った。自分が言うのもおかしいかもしれないけれど、パンクラシストらしい戦いできたと思う。俺があこがれていたパンクラスはそういうもの、それがパンクラスのチャンピオンだと思う」とキング・オブ・パンクラシストとしての自負をうかがわせた。


井上のハイがヒット
第9試合 バンタム級(ノンタイトル戦) 5分3R
○井上 学(U.W.F.スネークピットジャパン/王者)
×大石真丈(フリー/元修斗世界フェザー級(60kg)王者)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

 元修斗世界王者としては初めてのパンクラス参戦となった大石。今回から所属はフリーとなり、セコンドには帯谷信弘、臼田育男といった木口道場の面々が着いた。
 1R、井上は距離を取りながら左インローを当てていく。大石は右ストレートを放ちながら距離を詰めると、首相撲の攻防からタックルでテイクダウンを奪う。大石はハーフガードからパウンドを落としつつパスガードの機会を伺うが、井上はそれに合わせて立ち上がるとすかさずタックル。大石をリフトアップして上を取り返す。ブレイクからスタンドに戻ると、井上は細かい左インローを的確にヒットさせていく。
 2R、井上は左インローに加え、左の前蹴りも多用し始める。井上がタックルでテイクダウンを奪うと大石もギロチンで切り返すが、井上はすぐに頭を抜くとパウンドを落とす。
 3R、井上は左インローに加え、左ミドル、ハイと上下に蹴りを散らす。大石が右ストレートで前に出ると首相撲に捕まえて膝蹴りを入れていく。大石が組み付いてテイクダウンに成功するが、井上はすぐに立ち上がりタックルでトップを奪い返す。大石もすぐに立ち上がり、距離を詰めて右ストレートを狙うが、インローを効かされたか追い足が鈍く井上を詰めきれず。井上が左インローを軸にペースを握り、判定で勝利を収めた。

Home > REPORTS > パンクラス > 近藤×久松は引分。砂辺防衛。井上学、大石に完勝

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について