Home > REPORTS > パンクラス > 大石×真騎士、激闘の末ドロー。和田拓也初防衛

大石×真騎士、激闘の末ドロー。和田拓也初防衛

PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
2009年4月5日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第9試合 ウェルター級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
○和田拓也(SKアブソリュート/王者)
×岩見谷智義(高田道場/1位)
判定2-0 (松宮30-29/梅木30-30/小菅30-29)
※和田が初防衛



 タイトルマッチの重圧か、両者ともに慎重な戦い方に終始しダイナミズムに欠ける試合となってしまった。1R、ジャブを突きながらタックルでテイクダウンを狙う岩見谷に対し、和田は右ローをコツコツと当てながらタックルを切る。和田はそこから差し合いでコーナーに押し込み、ボディに打ち込んでいく。
 2R、ようやくテイクダウンに成功した岩見谷だが、下から和田に足関節、十字を狙われるなどトップポジションはキープするもののグラウンドでコントロールされてしまう。
 3Rに入っても大きな動きはなく、ローのダメージが蓄積してきた岩見谷は足が止まってしまう。しかし、和田も岩見谷の右オーバーハンドで後退するなどして攻めきれずに試合終了。ジャッジ2名が和田を支持し辛くも判定で初防衛を果たした。
 試合後のマイクも歯切れが悪く、SKアブソリュート松本天心代表に促されるようにして、ようやく来年1月にタイトルマッチが予定されている戦極ウェルター級への参戦を口にした。



第8試合 ライト級 5分2R
△大石幸史(パンクラスism/1位)
△真騎士(ベネズエラ/戦極育成選手)※マキシモ・ブランコから改名
判定1-1 (松宮20-19/小菅19-20/大藪20-20)

 大石の右フックでいきなりグラついた真騎士。難を逃れると、低く構える大石に膝蹴りをヒットさせる。勢いに乗った真騎士は前に出ると、膝蹴りからアッパーから飛び膝蹴り。さらに左ハイから後ろ回し蹴りと荒々しい波状攻撃で攻め立てる。

 2R、真騎士は半身に構えると、左ジャブを何発もヒットさせ、右ショートアッパーに繋げる。1Rの荒々しい攻撃とは違ったコンパクトなパンチでリズムに乗った真騎士は、大石のタックルも切り完全にペースを掴む。後がない大石は右ロングフックを振るいながらコーナーに詰めると強烈なレバーブロー。まともに効いてしまった真騎士は、頭を下げてうずくまってしまう。パンチの連打と膝蹴りで仕留めにいく大石だが、真騎士は何とか組み付いて凌いで試合終了。判定は1-1、場内が大いに沸いた一戦は痛み分けのドローに終わった。






第7試合 ミドル級 5分2R
×金井一朗(パンクラスism/2位)
○佐藤豪則(Laughter7)
判定0-2 (大藪19-20/小菅20-20/和田19-20)

 昨年は金原弘光、松井大二郎のベテラン勢を下し勢いに乗る金井だが、1Rから佐藤の低空タックルに苦しむ。テイクダウンこそ阻むものの、再三に渡りスタンドでバックを奪われてしまう。金井はグラウンドで上になってもすぐに立ち上がり、徹底して打撃勝負に。
 2R、金井が距離を詰めてパンチで攻めようとするが、逆に右フックをカウンターでもらってしまうなど、スタンドでも優勢に試合を進められず。何度もテイクダウンを奪い、2R終盤にはバックからチョークスリーパーを狙うなど見せ場も作った佐藤が判定で金井を退けた。


第6試合 ウェルター級 5分2R
- 鳥生将大(パンクラスism/2位)
- 梁 正基(スタンド)
1R 4'40"ノーコンテスト (ローブロー後の加撃によるダメージでドクターが続行不可能と判断したため)

 鳥生は開始直後にタックルでデイクダウンを奪うと、すかさず腕十字を仕掛ける。かなり深く極まっているように見えたが、梁は苦悶の表情を浮かべながら堪え、スラムで鳥生を叩きつけて脱出する。スタンドに戻り、再びタックルにいった鳥生。今度は梁がガブって切り、亀になった鳥生の側頭部にパンチの連打を入れていく。鼻からの出血で鳥生にドクターチェック。再開後、梁がパンチの連打からボディへの膝、右ストレートでダウンを奪いレフェリーが試合をストップする。



 梁のKO勝ちかと思われたが、レフェリーは右ストレートの前の膝蹴りがローブローになったと判断。鳥生のダメージ回復を待って、可能なら試合を続行すると場内に説明される。梁自身は下腹部に入った感触がなかったのか、レフェリーからローブローであると説明されても飲み込めていない様子。結局、鳥生のダメージが深く試合続行不可能であると判断され、梁にとっては不運な形でのノーコンテストとなってしまった。


第5試合 フライ級 5分2R
○江泉卓哉(総合格闘技道場武門會/2位)
×裕希斗(U-FILE CAMP.com)
1R 1'58" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 裕希斗の右ミドルをキャッチした江泉がなぎ倒す様な右フックでダウンを奪うと、怒涛のパウンド連打。嫌がって亀になった裕希斗にさらにパンチを落とし続け、レフェリーストップを呼び込んだ。
 江泉はマイクを渡されると「ストライカーと思われてるかもしれないけど、中心は柔道なんです」と自分のバックボーンに対する矜持を見せながら、「砂辺選手とタイトルマッチをやりたい」と初代フライ級ベルト獲得に意欲を示した。
(※4/14追記:当初、江泉選手のコメントを「廣瀬選手とタイトルマッチをやりたい」と表記していましたが、正しくは上記のとおり砂辺選手でした。お詫びして訂正いたします)

第4試合 フライ級 5分2R
○廣瀬 勲(ストライプル/3位)
×廣野剛康(和術慧舟會東京本部)
判定3-0 (梅木20-19/松宮20-18/小菅20-19)

 廣野は右ロングを放ちながら頭から突っ込み組み付きにいくが、廣瀬はすぐに突き離してジャブ、ショートアッパーをヒットさせる。2R、頭から突っ込む廣野に口頭注意が与えられる。ラウンド終盤には廣野のタックルを切り、バックからチョークスリーパーを狙うなど、廣瀬が付け入る隙を与えずに判定で勝利した。

第3試合 ライト級 5分2R
×五十里祐一(パンクラスP'sLAB東京/3位)
○AB(和術慧舟會駿河道場)
1R 1'53" TKO (レフェリーストップ:三角絞めからのパンチ連打)

第2試合 フェザー級 5分2R
×齋藤裕俊(和術慧舟會GODS)
○赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン)
2R 0'53"TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第1試合 フェザー級 5分2R
×松井英夫(空手道禅道会長野県支部)
○大澤茂樹(吉田道場 / 戦極育成選手)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)

ネオブラッド・トーナメント



第13試合 フェザー級本戦 一回戦 5分2R
×八島勇気(パンクラスP's LAB東京)
○齊藤 曜(パラエストラ仙台)
不戦勝 (八島の目の負傷による欠場・引退)

第12試合 フェザー級本戦 一回戦 5分2R
○田中康友(SKアブソリュート)
×手塚基伸(総合格闘技道場コブラ会)
不戦勝 (手塚の負傷欠場)

第11試合 フェザー級本戦 一回戦 5分2R
○富田浩司(パンクラス稲垣組)
×上田 優(ALLIANCE)
1R 3'06" アームロック

第10試合 フェザー級予選 決勝戦 5分1R
○内山重行(GRABAKAジム)
×野口岳人(TRIAL)
判定2-0

第9試合 バンタム級本戦 一回戦 5分2R
○川名蘭輝(ロデオスタイル / チームZST)
×遠藤大翼(和術慧舟會 駿河道場)
判定3-0

第8試合 バンタム級本戦 一回戦 5分2R
×清水隼人(アンプラグド国分寺)
○吉武伸洋(パンクラス稲垣組)
判定0-3

第7試合 バンタム級本戦 一回戦 5分2R
○佐々木亮太(BAD ASS 13)
×佐藤将光(TEAM坂口道場)
判定2-1

第6試合 バンタム級予選 決勝戦 5分1R
×杉島大輔(和術慧舟會東京本部)
○島崎太郎(U-FILE CAMP.com)
判定0-2

第5試合 フライ級本戦 一回戦 5分2R
○清水清隆(SKアブソリュート)
×清水俊裕(宇留野道場 / チームZST)
2R 0'59" チョークスリーパー

第4試合 フライ級本戦 一回戦 5分2R
○石井拓麻(ALLIANCE)
×龍野真一郎(和術慧舟會 兵庫支部)
2R 0'07" KO (スタンドの膝蹴り)

第3試合 フライ級本戦 一回戦 5分2R
×中村圭志(TEAM坂口道場)
○矢島雄一郎(禅道会総本部 / チームZST)
1R 1'46" 腕ひしぎ十字固め

第2試合 フライ級予選 決勝戦 5分1R
○辻田大祐(秋本道場Revo龍tion)
×山中 剛(和術慧舟會東京本部)
延長判定3-0
本戦判定1-0

第1試合 ライト級予選 決勝戦 5分1R
×小畑公史(U-FILE CAMP町田)
○平山敬吾(パラエストラ八王子 / チームZST)
1R 3'53" TKO (レフェリーストップ:グランドパンチ)

Home > REPORTS > パンクラス > 大石×真騎士、激闘の末ドロー。和田拓也初防衛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について