Home > REPORTS > NJKF > 宮越宗一郎・慶二郎兄弟、WBCムエタイ・インターナショナル王座獲得:11.15 後楽園

宮越宗一郎・慶二郎兄弟、WBCムエタイ・インターナショナル王座獲得:11.15 後楽園

NJKF 2015 9th
2015年11月15日(日) 後楽園ホール
 宮越兄弟の兄・宗一郎はスーパーウェルター級、弟・慶二郎はライト級のWBCムエタイ・インターナショナル王座決定戦。宗一郎はローキック主体でフランスの選手を追い詰め判定勝ちし、慶二郎は3Rに右フックでスペインの選手をKOし、揃ってベルトを獲得した。WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者のテヨンはREBELS-MUAYTHAI王者のハチマキを4R KOし初防衛に成功した。
  レポート&写真:井原芳徳


第10試合 WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王座決定戦 3分5R
○宮越宗一郎(拳粋会/WBCムエタイ日本王者/69.80kg)
×アディール・コージャ [Adyl Khoja](フランス/WBCムエタイ世界16位/69.95kg→69.70kg)
判定3-0 (北尻49-47/プアナイ50-47/多賀谷50-47)
※宮越が新王者に

 宮越兄弟の兄・宗一郎は2月のNO KICK, NO LIFEの武田一也戦の後、中国で2試合を経験してからのホームリング参戦。今回宮越兄弟が挑むWBCムエタイのインターナショナル王座は、タイ在住のタイ人以外が巻くことができるベルトで、世界タイトルに向けてのステップにもなる。宗一郎が対戦するコージャは戦績36戦25勝(9KO)9敗2無効試合で、タイで練習を積み、ルンピニースタジアムでの試合経験もあるという選手だが、宗一郎は問題にしなかった。

 1R、ムエタイ流でハの字に腕を高く上げて構えるコージャに、宗一郎はプレッシャーをかけながら右ローをコツコツヒット。コージャも左ジャブ、左ミドル、左フック等を放ってくるが、宗一郎は力負けしない。
 2Rに入ると宗一郎は奥足狙いの左ローの数を増やし、コージャは足を叩いてアピールするが、効いていることの現れだろう。コージャも右ローを返すが、威力もスピードも宗一郎が上回る。



 3Rになるとコージャが組んでくる時間が少し増えてくるが、宗一郎は難なく対処し、随所でローをヒット。だが連打にならず、コージャを倒せるほどのダメージを与えることができない。
 4R以降も同様で、宗一郎が左ローを主体で攻勢をキープ。左ボディ、左前蹴り、左右のハイも絡め、クリーンヒットとはならずダウンは奪えなかったものの、危ない場面を作らず5Rを終え、文句無しの判定勝ちでインター王座獲得に成功した。


第9試合 WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王座決定戦 3分5R
○宮越慶二郎(拳粋会/WBCムエタイ日本王者/61.15kg)
×パウ・イリアナ・ガスケス [Pau Illana Gazquez](スペイン/WBCムエタイ世界16位/59.90kg)
3R 3'00" KO (右フック)
※宮越が新王者に

 慶二郎は3月のRISEでRISEフェザー級王者の花田元誓に判定勝ち。続く中国での試合では中国人選手に判定負けしたが、「海外やアウェーで戦って根性が付いた」と話す。1年ぶりのNJKFでの相手・ガスケスは戦績27戦18勝9敗の24歳。宗一郎の相手同様、こちらもタイで練習を積んでいる選手だ。



 1R、リーチで勝るガスケスが右ミドル主体で伸びのある蹴りを当ててくるが、慶二郎は落ち着いて右ローを返し続けると、終盤には効き目を発揮し、ガスケスの足が流れるように。2Rはガスケスがローを嫌って組んでくるが、慶二郎は持ち前のステップでかわしながら左ボディ、右フックを当て、終盤にはぐらつかせ優位をキープする。
 3Rに入ると再び慶二郎のローが当たり出し、またもガスケスがぐらつくように。ガスケスは組み付くと右肘を当ててくるが、慶二郎は突き放し続け、終盤にガスケスが右ハイを放ってきたのを軽々とかわすと、右のフックを直後にクリーンヒット。ダウンしたガスケスは立ち上がったもののフラフラで、慶二郎のKO勝ちとなり、インターナショナル王座奪取に成功した。





第8試合 WBCムエタイ日本統一スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
○テヨン(キングジム/王者/63.25kg)
×ハチマキ(PHOENIX/挑戦者、REBELS-MUAYTHAI王者/63.50kg)
4R 0'51" KO (左フック)
※テヨンが初防衛

 ハチマキが左ジャブを突きつつテヨンの前進を封じながら、左右のミドルを当て続ける展開が続く。テヨンも時折ロープ際まで詰めることはできるが、なかなかパンチをうまく当てさせてもらえない。3R中盤にはテヨンが左ジャブを連打する場面もあり、ハチマキが順調に試合を運んでいた。



 ところが4R、序盤からテヨンが圧力を強めると、パンチを連打。ハチマキも打ち合いに応じると、テヨンの右フックと左フックが連続で命中し、ハチマキが真後ろに倒れダウンする。ハチマキは立ち上がったがダメージが大きく、すぐにロープにもたれるように倒れ、レフェリーがすぐさまストップ。テヨンはロープによじ登って勝利を大喜びした。




第7試合 58kg契約 3分3R
○MOMOTARO(OGUNI GYM/WBCムエタイ日本統一フェザー級王者/58.00kg)
×駿太 (谷山ジム/WMAF世界フェザー級王者/58.00kg)
判定3-0 (小林30-29/多賀谷30-28/北尻30-28)

 10連勝中のMOMOTAROが、14か月ぶりの試合となるベテラン・駿太と対戦。サウスポーに構え、1Rから度々左ミドルを当てつつ、右ボディストレートからバックハンドブローにつなげる攻撃も決める。2Rも多彩な蹴り技で主導権を握っていたが、駿太が右インローを当て続けていると、MOMOTAROが少しぐらつき、オーソドックスにスイッチする場面も。
 だが3Rは首相撲の展開が増え、駿太のローが減る。さらに駿太は偶然のバッティングで左まぶたを切られてしまい、戦いにくい状態に。その中でMOMOTAROが膝とサウスポーからの蹴りを随所で当て続けて好印象を残し、判定勝ちとなったものの、駿太をはっきり追い詰めるような場面は無く、「もっとアグレッシブな試合をしたかった」と勝利者インタビューでは反省していた。


第6試合 67kg契約 3分3R
○健太(E.S.G/元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者/67.00kg)
×栄基(MTOONGジム/J-NETWORKウェルター級王者、元NKB王者/66.85kg)
1R 2'57" KO (3ダウン:パンチ連打)

 両者は昨年11月大会で戦い、健太が判定勝ちしている。その後の栄基は4連勝で、J-NETのタイトルを獲得と好調だが、3月のゲーオ戦含め、数々の修羅場をくぐってきた健太は問題にしなかった。



 開始すぐから健太が圧力をかけ、右フック、右ローをうまく当て続けると、栄基が左ミドルを当てた直後に右の伸びのあるストレートをクリーンヒットしダウンを奪取。栄基は立ったがダメージが大きく、健太がパンチと肘のラッシュで立て続けに2ダウンを奪い試合を終わらせた。
 健太は「今年、まさかの3連敗と、辛い時期もあったんですけど、強くなっていると思うので、まだ辞めないです。弱くなったと思ったら辞めます。ポージングの時間があるんでこの辺で」と話し、恒例のマッチョポーズで観客を楽しませた。




第5試合 NJKFウェルター級王座決定戦(NEW JAPAN WARS II 同級王座決定トーナメント決勝) 3分5R
×山崎遼太(OGUNI GYM/NJKF 1位/66.68kg)
○浅瀬石真司(東京町田金子ジム/NJKF 2位/66.60kg)
判定0-3 (プアナイ48-49/山根48-49/多賀谷48-50)
※浅瀬石が新王者に


第4試合 NEW JAPAN WARS II フェザー級王座挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○阿羅斗(E.S.G/NJKF 1位/56.85kg)
×関根“gaia”朝之(OGUNI GYM/NJKF 4位/57.15kg)
判定3-0 (山根29-28/プアナイ30-28/北尻30-27)


第3試合 NEW JAPAN WARS II バンタム級王座挑戦者トーナメント決勝 3分3R(延長1R)
○守屋 将(新興ムエタイジム/NJKF 1位/53.20kg)
×玖村修平(拳聖会/NJKF 2位/53.05kg)
4R 判定3-0 (小林10-9/プアナイ10-9/北尻10-9)
3R 判定1-1 (小林29-30/プアナイ29-29/北尻29-29)


第2試合 NEW JAPAN WARS II スーパーバンタム級王座挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○雄一(TRASH/NJKF 2位/55.00kg)
×大和 航(大和ジム/NJKF 3位/54.35kg)
4R 判定3-0 (小林10-9/多賀谷10-9/北尻10-9)
3R 判定1-1 (小林30-29/多賀谷29-30/北尻29-29)


第1試合 NEW JAPAN WARS II ライト級王座挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
×ミシマ(格闘道場G-1/NJKF 2位/61.45kg→61.23kg)
○NAOKI(立川KBA/NJKF 3位/61.23kg)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

Home > REPORTS > NJKF > 宮越宗一郎・慶二郎兄弟、WBCムエタイ・インターナショナル王座獲得:11.15 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について