Home > REPORTS > NJKF > 大和哲也、WBCムエタイ世界王座防衛失敗。宮元啓介がインター王者に:9.27 後楽園

大和哲也、WBCムエタイ世界王座防衛失敗。宮元啓介がインター王者に:9.27 後楽園

NJKF 2015 6th
2015年9月27日(日) 後楽園ホール
 大和哲也は昨年11月に獲得したWBCムエタイ世界スーパーライト級王座の初防衛戦を暫定王者のアランチャイ・ギャットパッタラパンを相手に行ったが、1Rにパンチでダウンを奪われると、その後もジャブ、蹴り、首相撲で翻弄され判定負けに終わった。宮元啓介はフランス人選手を三日月蹴り、左ボディフックで苦しめ2R KO勝ちしWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王座を獲得した。
  レポート&写真:久保与志


第9試合 WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ(王座統一戦) 3分5R
×大和哲也(大和ジム/王者)※初の防衛戦
○アランチャイ・ギャットパッタラパン(タイ/暫定王者)
判定0-3 (46-49/45-50/47-49)
※アランチャイが正規王者に

 1R、左ジャブ、右ローで圧力をかけていく大和は、アランチャイの蹴りをキャッチしての崩しも試みる。1Rはミドルに終始して様子見が多いタイ人だが、アランチャイは手数は少ないながらも右のパンチも出していく。静かな展開から、残り30秒を切ったところでアランチャイが右フックをクリーンヒット。さらに追撃のパンチでダウンを奪うと、大和は立ち上がったものの焦点が定まらずかなり効いている。アランチャイは右肘、フックをヒットさせて一気に試合を終わらせようとするが、大和は何とか組みついて難を逃れる。記者採点は8-10でアランチャイ。



 2R、アランチャイは距離を取って左ジャブを当て、そこから右ローを蹴っていく。大和は距離を詰めると、アランチャイの左に合わせて右クロスをヒット。アランチャイが少しぐらつくと左ボディで追撃するが、アランチャイはコーナーから抜け出すと、左ジャブで距離を設定しなおす。記者採点は10-10のイーブン。
 3R、大和が左を振るって距離を詰めるが、リードパンチの差し合いではアランチャイが上回り、そこから右ロー、ハイを蹴って攻勢に。大和も右ローを蹴りつつ、左フックに活路を見出そうとするが、アランチャイのジャブに阻まれて距離を詰めきれない。記者採点は9-10でアランチャイ。



 4R、前蹴りと左ジャブで早くも流しにかかるアランチャイ。大和は左ボディを叩き、追撃の右肘。アランチャイはロープに詰められながらも左ジャブ、右ミドルで手数は返す。大和は左ボディでアランチャイを下がらせて顔面へのパンチを狙っていくが、クリーンヒットは奪えない。記者採点は10-9で大和。
 5R、大和が強引に距離を詰めて左フック、肘を振るうが、アランチャイはコーナー際で体を入れ替えると首筋に右ハイをヒットさせる。逆転を狙って前に出る大和だが、アランチャイはミドルと前蹴りで迎撃しつつ、距離が詰まると得意の首相撲に持ち込む。4Rまではほとんど組みにこなかったアランチャイだが、首相撲のロックは強烈で、大和の頭を下げさせて顔面に膝蹴りを叩き込む。さらに肩固めのようにロックして大和を組み伏せるアランチャイは、最後まで大和に付け入る隙を与えずにタイムアップ。記者採点は9-10、トータルスコア46-49でアランチャイ。



 判定は0-3でアランチャイが統一王者に。昨年11月にサゲッダーオとの再戦に勝利し、梅野源治と共に日本人初のWBCムエタイ世界王座を獲得した大和だが、1Rに喫したダウンが最後まで響いて初防衛はならなかった。


第8試合 WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
×アレクシス・バラテウ [Alexis Barateau](フランス/世界16位)
○宮元啓介(橋本道場/日本統一王者)
2R 3'04" KO(左ボディフック)
※宮本が新王者に

 1R、ムエタイスタイルのバラテウはアップライトの構えから左右のミドルを蹴っていく。宮元はミドルをキャッチしながら右ロー、左フックをリターン。宮元がスイッチからの三日月蹴りでバラテウの脇腹をえぐると、バラテウは苦しげな表情を浮かべながらロープ際に後退。宮元はミドルの連打から左ボディと攻撃を集中させてダウンを奪う。記者採点は8-10で宮元。
 2R、完全に腹を効かされたバラテウはムエタイスタイルを捨てて左右のフックを振り回していく。宮元は冷静にパンチをかわしつつ右ストレートをヒット。さらに首相撲からの膝蹴りで削ると、再び三日月蹴りを突き刺し、追撃の左ボディで2度目のダウンを奪う。何とか立ち上がったバラテウだが、ボディに集中砲火を浴びるとまたもダウンを喫して戦意喪失。宮元がKO勝ちでWBCムエタイインターのベルトを腰に巻き、兄弟子・加藤竜二の引退に華を添えた。




第7試合 WBCムエタイ日本統一フェザー級タイトルマッチ 3分5R
×笹羅 歩(笹羅ジム/王者)
○MOMOTARO(OGUNI GYM/挑戦者、NJKF王者)
5R 1'10" TKO(ドクターストップ:左肘打ちによる額のカット)
※MOMOTAROが新王者に

 1R、立ち上がりからMOMOTAROが左ハイで笹羅を脅かすと、距離を保ちながら前蹴り、ミドルを蹴っていく。笹羅はMOMOTAROの蹴りをキャッチしてパンチを狙う。MOMOTAROが笹羅の右ローをキャッチして右ハイをかすめると、笹羅が頬のあたりをカットする。記者採点は9-10でMOMOTARO。
 2R、キャッチで蹴りを捕まえつつ、パンチで詰める笹羅。3Rも2Rと同様で、MOMOTAROはキャッチからの崩しを警戒してか蹴りが単発で終わってしまう。記者採点は2、3R共に10-10。



 4R、MOMOTAROが前蹴りから押し込んで飛び膝蹴りを狙う。笹羅の左フックがヒットしてMOMOTAROが少しぐらつき、笹羅が詰めてパンチで追撃しようとするが、MOMOTAROは組みついて凌ぐ。記者採点は10-9で笹羅、ここまでのトータルは39-39のイーブン。
 5R、MOMOTAROは左ハイを見せると、前に出て組みつき首相撲に持ち込む。組みからの離れ際にMOMOTAROが左肘をヒットさせると、笹羅は額をカットして大きく出血。すぐにドクターチェックが入ると、ストップがかかり、MOMOTAROがTKOで笹羅を下して新王者となった。




第6試合 WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○悠矢(大和ジム/NJKF王者)
×皇治(SFK/HEATライト級(60kg)王者)
判定3-0 (50-47/49-47/49-48)
※悠矢が新王者に

 1R、距離を取って右ローを蹴る皇治に対し、悠矢も右ローを蹴りつつ、じわじわとロープ際に詰めて左フック、ボディを狙っていく。皇治はサークリングで悠矢のプレッシャーは捌きながら、入ってくるところに右ストレートをヒットさせていく。悠矢はパンチを被弾してもかまわず詰め、左のダブル、強い右ローで反撃する。記者採点は10-10。
 2R、悠矢が圧力をかけてコーナーに詰めるが、皇治は上手く体を入れ替えて右ストレートをヒット。皇治は足を使って悠矢の攻撃を外しながら、相手の左リードに右クロスを合わせてヒットを重ねていく。悠矢は顎を出して挑発し、プレッシャーを強めて前進するが、皇治を捕まえきれない。記者採点は9-10で皇治。



 3R、悠矢が強烈な右ローで皇治に足を止めにかかるが、皇治はワンツーで押し返すと、左フックをクリーンヒットして悠矢の顔面を跳ね上げる。悠矢はパンチをもらっても顔色を変えず、ロープ際に詰めて右ローを蹴り続ける。記者採点は9-10で皇治。
 4R、3Rまでは上手く距離を保って効果的に右ストレートをヒットさせていた皇治だが、このラウンドは距離が近くなり、パンチが相打ちになる場面が目立つ。皇治は表情にも少し疲れの色が見え、悠矢がパンチとローで圧力をかけて何度も皇治をロープ際に追い込む。記者採点は10-9で悠矢、ここまでのトータルは38-39で皇治。



 5R、悠矢がインローでバランスを崩し、そこから右ストレートをヒット。完全に体力を削られ苦しくなった皇治は距離を取るのを止め、自ら前に出て左ジャブ、右フックを当てる。悠矢も前に出て激しい打ち合いになるが、皇治は打ち合いながらもしっかりと頭を動かして大きなクリーンヒットはもらわず。悠矢がパンチとテンカオで押し込むが、皇治もパンチを返して激しい打ち合いの中で試合終了のゴング。記者採点は10-10、トータルスコアは48-49で皇治。判定は3-0、2年前と同様に激戦となった再戦は前に出続けた悠矢に軍配が上がり、リベンジ達成と共にWBCムエタイを手にした。


第5試合 WBCムエタイ日本統一バンタム級王座決定戦 3分5R
×前田浩喜(CORE/NJKF王者)
○知花デビッド(ワイルドシーサー群馬/INNOVATION王者)
判定0-3 (49-50/48-49/47-49)
※知花が新王者に

 1R、互いにミドルを蹴り合い、前田は右ジャブも出して知花を牽制していく。共にガードは固く、ミドルもしっかりとブロックして有効打は与えない。記者採点は10-10。
 2R、前田が受け返しで低めの左ミドルを当てていくと、右ハイに合わせて左ストレートもヒット。知花は細かいパンチから右ハイにつなげていくが、これはガードの上。記者採点は10-9で前田。
 3R、知花は明確に前田の左腕を狙って右ミドルを蹴り始める。前田も左ロー、ミドルをリターンしていくが、蹴り数で少し押され気味。記者採点は10-10。
 4R、知花がさらに圧力を強め、前田の腕に何度も右ミドルを叩き込んでいく。前田も左ミドルで応戦するが、ミドルのダメージが蓄積してきたかパンチはほとんど出なくなる。記者採点は9-10、ここまでのトータルは39-39のイーブン。



 5Rも知花が細かいパンチから右ミドルを何度もヒットさせて完全にペースを掴む。前田も時折左ミドルを返すが、攻撃が後手にまわってしまい印象が悪い。さらに知花の飛び膝蹴りで前田がバランスを崩すと、知花は右ミドルで前進を続けタイムアップ。記者採点は9-10、トータルスコア48-49で知花。判定は0-3、知花が王者対決を制してWBCムエタイ日本統一のベルトを獲得した。


加藤竜二引退エキシビションマッチ
─加藤竜二(橋本道場/元MA日本・WBCムエタイ日本&インターナショナル・WPMF日本・INNOVATIONフライ級王者、元REBELS 52.5kg級王者)
─小宮山工介(北斗会館/元RISEスーパーフェザー級(60kg)王者、BLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント優勝)
勝敗無し

 加藤はMA日本・WBCムエタイ日本&インターナショナル・WPMF日本・INNOVATIONフライ級、REBELS 52.5kg級と計6つのベルトを獲得。小笠原瑛作戦の後ろ回し蹴りなど、軽量級らしからぬ派手なノックアウトでファンを魅了してきた。



 引退試合の相手を務めるのは、幼少の空手時代から交流があり、加藤が唯一尊敬する選手であるという小宮山工介。加藤が開始早々に代名詞とも言える後ろ回し蹴りを見舞うと、小宮山も前蹴りを返して応戦。小宮山のインローがローブローになってしまうアクシデントもあったが、加藤がフルパワーで左右のフックを打ち込んでいくと、小宮山も加藤のパンチを受け止め、捌きつつミドル、前蹴りを返していく。加藤が打ってこいよと顎を突き出すと小宮山もパンチを顔面にヒットさせ、笑顔を見せながら激しく打ち合い最後の3分間を終えた。



◆加藤「僕がここまでこれたのは仲間や家族、会長のおかけだと思ってます。今日来てくれた人達、僕を応援してくれた人達、本当にありがとうございます。それと僕を生んでくれた親、ここまでこれたのも親のおかげだと思います。引退を決めた理由というのは公表されてると思いますけど、事件にあって脳挫傷をおこしまして、選手をやってはいけないという医者の判断により現役をドクターストップさせました。その時に、一番僕の面倒を見てくれたのは、間近にいた咲ちゃんって言うんですけど、彼女に今まですげえ迷惑かけて、でも明日から第二の人生じゃないですけど、今度は僕が面倒見れるように頑張るんで、よろしくお願いします。僕がここまでのこれたのは空手の園部師範、キックの橋本師範のおかげなんで、ベルト6本も取れたのも、本当に皆さんのおかげなんで、今まで本当にありがとうございました。これからは後輩の育成だったり、この後出る宮元啓介なんかをバックアップしていくんで、これからも橋本道場をよろしくお願いします」




第4試合 67kg契約 3分3R
○健太(E.S.G./元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
×セイサック・エスジム(タイ/エスジム)
3R 0'27" TKO (ドクターストップ:肘打ちによるカット)

 1R、健太とは対照的に体は相当緩いセイサックだが、健太のパンチはしっかり外すなど目は良く、時折シャープなミドルを返すなど動きも鈍くはない。互いに様子見に徹し、記者採点は10-10のイーブン。
 2Rに入ると、健太が右ストレート、左ボディでプレッシャーを強め、セイサックも右ミドルで応戦。健太は距離が詰まると自ら首相撲に持ち込んで膝を入れていく。記者採点は10-9で健太。
 3R、開始すぐに健太が首相撲に持ち込み、そこからの肘打ちでセイサックをカット。ドクターチェックが入るとすぐにストップがかかり、健太がTKO勝ちした。


第3試合 70kg契約 3分3R
×YETI達朗(キングジム/NJKFスーパーウェルター級王者)
○MIKE JOE(拳伸ジム/INNOVATIONスーパーウェルター級8位)
1R 2'26" TKO(3ダウン:右ストレート)

 立ち上がりから力強いパンチを打ち込んでいくJOEが、右ストレートで顎を打ち抜いて1R開始早々にダウンを奪う。何とか立ち上がった達朗にJOEはラッシュを浴びせ、今度は左肘で2度目のダウン。最後は再び右ストレートを決めて3度目のダウンを奪い、NJKFの現王者から鮮やかなKO勝ちを飾った。


第2試合 INNOVATIONスーパーライト級次期挑戦者決定戦 3分3R
○田中秀和(橋本道場/INNOVATION 1位)
×潘 隆成(クロスポイント吉祥寺/INNOVATION 2位)
判定2-1 (29-28/29-30/29-28)

 1Rは潘が左右のローを奥前足に蹴り分け、さらに低めの左ミドルもヒットさせるなど蹴り数で圧倒。田中は蹴り足をキャッチしての右フックなどを狙っていくが、クリーンヒットはなく手数も乏しい記者採点は9-10で潘。
 2Rも序盤は潘がローをヒットさせていくが、少し攻撃が単調になり、田中がキャッチからの右フック、組んでの膝蹴りで少し盛り返す。記者採点は9-10で潘。3Rに入っても潘は同様の攻めを続け、田中のキャッチからのパンチがヒットし始める。田中はローを被弾しつつも、右フックやミドルで反撃に転じて試合を終える。記者採点は10-9、トータルスコアは28-29で潘。判定は割れ、僅差の判定でかろうじて田中が勝利した。


第1試合 スーパーライト級 3分3R
○一輝(OGUNI GYM/NJKF 2位)
×畑 孟(ワイルドシーサー群馬/INNOVATION 8位)
判定2-1 (29-28/27-28/29-28)

 畑が左ミドル、テンカオを中心に蹴りで主導権を握るが、1R終了間際に一輝が右フックでダウンを奪う。その後も優勢に試合を進めるもダウンの失点を挽回するには及ばず、スプリットながら一輝が判定勝ちを収めた。

Home > REPORTS > NJKF > 大和哲也、WBCムエタイ世界王座防衛失敗。宮元啓介がインター王者に:9.27 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について