Home > REPORTS > NJKF > 宮越宗一郎、山内佑太郎に判定勝ち:11.26 後楽園

宮越宗一郎、山内佑太郎に判定勝ち:11.26 後楽園

旗揚げ15周年記念興行 NEW JAPAN BLOOD 10
2011年11月26日(土) 後楽園ホール
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第9試合 WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王座挑戦者決定戦 3分5R
×中須賀芳徳(OGUNI GYM/WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者)
○ジョセフ・コンチャ(オーストラリア/WKA豪州スーパーフェザー級王者)
判定1-2 (松田48-49/シーナ49-47/山根48-50)

 サウスポーの中須賀の左ミドルで、コンチャの背中が1R終盤から赤く腫れてくるが、なかなかその先の攻めにつながらない。一方のコンチャも右ミドルを返し、右インローと右ストレートを着実にヒット。手数はさほど多くないが、時折インローをもらった中須賀がバランスを崩すため、コンチャが印象を良くする。中須賀も5Rは前に出てテンカオやパンチを放つがクリーンヒットにはならず。接戦となり判定は割れたが、コンチャに軍配。中須賀はWBCムエタイ・インターナショナル王座挑戦への切符を逃してしまった。





第8試合 WBCムエタイ日本スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R
×山内佑太郎(team pitbull/王者)
○宮越宗一郎(拳粋会/挑戦者・元WBCムエタイ日本ウェルター級王者)
判定0-3 (小林48-49/山根47-50/松田47-50)
※宮越が新王者に

 宮越兄弟の長男・宗一郎が、プレッシャーをかけて左ミドル、左ロー主体で攻め、山内はガードを下げて回って右ジャブ、右フック、右ボディストレートを返す展開。次第に手数を増やしたのは宗一郎。3Rからは蹴りも絡めながら左右のフックを度々当てて主導権を握る。ローで山内をぐらつかせる場面も。打ち合いで山内のパンチをもらうが、ひるまず攻撃を返し続け、文句無しの判定勝ちで2階級制覇に成功した。ベルトを巻くと「最近負けが続いていて、正直ヘコんでたんですけど、ギリギリ勝ててうれしいです」と語り、安堵の表情を浮かべた。





第7試合 NJKF BONITA BOXEO アトム級王座決定戦 3分3R(延長1分2R)
○PIRIKA(キングジム/2位)
×山田純琴(y-park/3位)
4R 判定2-1 (センチャイ10-9/シーナ9-10/小林10-9)
3R 判定1-0 (センチャイ29-29/シーナ29-29/小林30-28)

 PIRIKAがバックスピンキック、左右のテンカオ、右フック主体、山田がガードを下げた状態から左ジャブや右フックを当てるが、僅差の攻防が続き、延長に突入。それでも接戦が続いたが、中盤までに左の前蹴り、膝蹴り、ミドルを当てるなど、手数で若干上回ったPIRIKAがベルトをもぎ取った。




第6試合 65kg契約(肘無し) 3分3R(延長1R)
○大和侑也(大和ジム/WBCムエタイ日本&NJKFウェルター級王者)
×慶大(TSX/J-NETWORKスーパーライト級5位)
判定3-0 (29-27/29-27/30-27)

 プロ8戦無敗、サウスポーの慶大(よしひろ)がゴング直後から左ミドル、インロー、左フックなどで積極的に攻め、2R終盤と3R序盤にはパンチの連打で侑也をぐらつかせる。なかなかエンジンがかからない侑也だったが、3R中盤の左フックをきっかけにパンチと膝のラッシュでダウンを奪取し、苦しみながらも逆転勝ちを果たした。




第5試合 15周年記念メモリアル・エキシビションマッチ 2分2R
ー鈴木秀明(STRUGGLE/NJKFフェザー級初代王者)
ー桜井洋平(Bombo Freely/第3代NJKFバンタム級&ライト級王者、初代NKBフェザー級王者、元WFCAムエタイ世界ライト級王者)
勝敗なし

 「旗揚げ15周年記念興行」として行われた今大会では、歴代王者が多数出席した記念式典と、90年代とゼロ年代のNJKFを牽引した2大エースによるエキシビジョンが行われた。両者とも現役時代と大差ない体型を維持しており、ミドルとパンチの応酬で観客を沸かせた。
 また、10月31日に85歳で亡くなった藤田真NJKF初代理事長の追悼式典が行われ、黙祷が捧げられた。藤田氏の遺影を持つのは、NJKF事務局員を務めていた婦人の藤田ゆき氏。






第4試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
×細野岳範(チームドラゴン/元J-NETWORKライト級王者)
○凌太(OGUNI GYM/NJKFライト級5位)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)

第3試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○大和大地(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級4位)
×鶴谷 剛(OGUNI GYM/NJKFスーパーフェザー級6位)
判定3-0 (30-27/30-27/29-27)
※鶴谷は計量オーバーで減点1、グローブハンデありに

第2試合 フライ級 3分3R
○井上敬之(キングジム)
×勇太(新興ムエタイジム)
2R 2'13" KO (膝蹴り)

第1試合 スーパーバンタム級 3分3R
×RED健太(VERTEX)
○白井周作(Bombo Freely)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

Home > REPORTS > NJKF > 宮越宗一郎、山内佑太郎に判定勝ち:11.26 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について