Home > REPORTS > NJKF > KO勝ちの中嶋平八、梅野源治戦に意欲:11.3 大阪

KO勝ちの中嶋平八、梅野源治戦に意欲:11.3 大阪

誠至会「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 9」
2011年11月3日(木/祝)大阪・住吉区民センター大ホール
 今年2度目となる地元・誠至会の主催興行で、今回は同ジム所属のNJKFフェザー級王者・中嶋平八も出場するということもあり会場・マッチメイクともスケールアップしての開催となった。
  レポート&写真提供:高崎計三


第13試合 58kg契約 3分5R
○中嶋平八(誠至会)
×レッグ・エスジム(タイ/エスジム)
2R 2'36" KO(右ローキック)

 メインを含む終盤3試合は関西勢とエスジム・タイ人の対抗戦。最終戦に登場した中嶋は元ルンピニー・スーパーバンタム級6位のレッグ・エスジムを迎え撃った。日本のジムに所属するタイ人と言っても、レッグは来日して日が浅く、日本初戦。気合いも入っている様子で、スピーディーな動きからキレのある攻撃を繰り出す。特にコンビネーションからのローには冴えを見せた。



 中嶋も得意のパンチで応戦、キレでは引けを取らないところを見せたが、1Rにアクシデントに見舞われた。中嶋が右ハイを放った直後、レッグのローが強烈なローブローとなり、試合は中断。中嶋はその前にもローブローを受けていてダメージは深く、あわや続行不可能かとも心配されたが、インターバルの後に復帰。1R終盤には右ボディをレッグの腹にぶち込んだ。

  2R、中嶋はパンチを主体に攻め、右ストレート、左ハイをヒット。そして終盤、パンチのコンビネーションからロープ際に詰めると、密着して腿へのヒザ蹴りから右ロー。これでレッグは倒れ込み、ダウン。立ち上がりはしたものの、カウントが進みレフェリーが促してもファイティングポーズを取ろうとしなかったため、中嶋のKO勝利となった。
 
 初の地元でのメインを、反則に苦しみつつも鮮やかなKO勝利で締めた中嶋は応援団の祝福を受け笑顔を見せた。中嶋が通っている大阪産業大学スポーツ健康学科からも教授陣や友人たちが詰めかけ、大声援を送る。大学側は中嶋のプロ活動をバックアップしており、本人も「力になった」と語った。
 試合後、中嶋は「ローで奥足が効かされました。強かったです。初めての大阪でのメインで最初はちょっと緊張したけど、たくさん応援してもらって恥ずかしい試合はせんようにと思って、全部出せたと思います。ローブローも痛かったけど、最後は右ストレートと腿へのヒザが効いたと思います」とコメント。
 今年は3月に予定されていた試合が震災の影響で中止となり、その後は学業の関係でスケジュールが合わず、これが唯一の試合となった。「来年はもちろんWBCムエタイのベルトを狙っていきたい。それと、3月に試合をする予定だった梅野源治選手と、チャンスがあればぜひやりたい。梅野選手は僕の中で一番有名やなと思っていますが、やるとなったらもちろん勝ちます」と、意欲を見せた。


第12試合 54kg契約(肘有り) 3分3R
△RISING一治(誠至会)※南RISING一治より改名
△バンゼーン・エスジム(タイ/エスジム)
判定1-0(29-29/30-28/29-29)

 セミでは誠至会期待のRISING一治が、同じく来日初戦のバンゼーン・エスジムと対戦。思いきりのいい攻めを見せ、パンチとローで2Rにやや優勢に立ったものの3Rにヒジで切られたのが響き、惜しくもドローに終わった。


第11試合 60kg契約(肘有り) 3分3R
○ホクヘン・エスジム(タイ/エスジム)※ヨーゲンチャイ・エスジムより改名
×村井義治(理心塾)
判定3-0(30-28/30-28/30-27)

 もう1試合の対抗戦では“伝説の天才空手家”村井義治が、DEEP KICKで一度対戦したことのあるホクヘン・エスジムと再戦。村井は途中でスタミナ切れとなり、リベンジはならなかった。


第10試合 67kg契約(肘有り) 3分3R
○DAI(誠至会)
×二朗(日進会館)
2R 1'00" TKO(ドクターストップ:肘打ちによる鼻骨骨折の疑い)
※1R、DAIは右ストレートでダウン


エキシビションマッチ 3分2R
─大和哲也(大和ジム)
─階 勇弥(健心塾)
勝敗なし

 エキシビションでは大和哲也が大阪のリングに初登場。昨年、DEEP KICKの60kgトーナメントを制した階勇弥と拳を交えた。エキシビションといってもお互いの実力を確かめ合うような緊迫した空気が走り、お遊びムードはほとんどなし。大和は得意の左ボディもバンバン入れていき、階もボディを返す。2Rにはボディを受けた階が思わず下がってしまうほどの場面もあった。大盛況に終わった誠至会興行は、来年も開催される予定だ。


第9試合 63kg契約(肘有り) 3分3R
○宮島教晋(誠至会)
×ムテキング(紫志堂)
判定2-0(30-29/30-30/30-29)

第8試合 スーパーフェザー級(肘有り) 3分3R
○竜宜(誠至会)
×MO刃KI(二刃会)
判定2-0(30-28/29-29/30-29)

第7試合 66kg契約(肘有り) 3分3R
○AKIRA(誠至会)
×福田裕介(PLACE-K)
判定2-0(30-29/29-29/30-28)

第6試合 61kg契約(肘有り) 3分3R
○林 恭平(アツキムエタイジム)
×浅野タクミノカミ(誠至会)
2R 1'39" TKO(ドクターストップ:肘によるカット)
※浅野は1Rと2Rに左ストレートでダウン

第5試合 63.5kg契約 3分3R
△尾崎昌士(M-BLOW)
△IKUO(誠至会)
判定1-0(29-29/30-29/30-30)

第4試合 58kg契約 3分3R
○ドテチン(健心塾)
×西山涼平(二刃会)
3R 0'20" TKO(タオル投入)
※西山は2Rにパンチ連打で、3Rに左ストレートでダウン

第3試合 51kg契約 3分3R
○山下博史(誠至会)
×センノーイ哲也(アツキムエタイジム)
1R 0'51" KO(パンチ連打)

第2試合 71.5kg契約 3分3R
△こうた(武心会)
△鹿津シンジ(月心会)
判定1-0(29-29/30-29/30-30)

第1試合 63.5kg契約 3分3R
○北村浩司(福知山ジム)
×ピラニア(誠至会)
判定3-0(30-28/30-28/30-28)
※ピラニアは3R膝蹴りでダウン

オープニングファイト第4試合 NEXT LEVEL一般Aクラスルール 2分2R
△三浦兼司(京賀塾)
△村木太樹(和田会館)
判定1-0(20-20/20-19/20-20)

オープニングファイト第3試合 NEXT LEVEL一般Bクラスルール 2分2R
△小寺博之(ARENA)
△松田 光(ROYAL KINGS)
判定0-0(20-20/20-2020-20)

オープニングファイト第2試合 NEXT LEVELジュニアAクラスルール 2分2R
△高橋直輝(誠至会若獅子支部)
△二條 司(健心塾)
判定1-0(20-20/20-19/20-20)

オープニングファイト第1試合 NEXT LEVELジュニアCクラスルール 1分2R
△米田仁哉(闘拳塾)
△山本亮太(眞道會館)
判定0-0(20-20/20-20/19-19)

Home > REPORTS > NJKF > KO勝ちの中嶋平八、梅野源治戦に意欲:11.3 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について