Home > REPORTS > NJKF > 羅紗陀、山本元気に肘で勝利。健太が2階級制覇

羅紗陀、山本元気に肘で勝利。健太が2階級制覇

熱風 零四
2010年5月9日(日) 後楽園ホール
 Krush旗揚げ大会でNJKFのエース・桜井洋平をKOした山本元気がNJKF初参戦。迎え撃つ羅紗陀は1月のNJKFで、元気同じく全日本フェザー級四天王の一角だった前田尚紀に逆転勝利をおさめている。因縁の二人の激突は、多くのキックファンの注目を集めた。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第10試合 60kg契約 3分5R
◯羅紗陀 [ラシャタ](キングジム/WBCムエタイルール日本&NJKFスーパーフェザー級王者)
×山本元気(DTSジム/元全日本フェザー級王者)
3R 2'59" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる額のカット)

 1R、ミドルの打ち合いの後、羅紗陀の右のショートフックが炸裂。元気はニヤリと笑みを浮かべるが、すぐあとに左のショートフックをお返しし、一瞬羅紗陀の動きを止める。羅紗陀のスピードのある右ストレート、左ミドル、左ハイも、元気はブロックし、左ボディをお返し。期待通り一瞬も目の離せないスリリングな攻防が序盤から繰り広げられる。



 2Rに入ると元気が右フックと左ボディの連打や、単発の右ローや右フックを当て、1Rよりもやや積極的に。羅紗陀は右ハイを元気の首筋に叩き込むが、元気は少しもひるまず再びニヤリと笑みを浮かべる。だが打ち合いの攻防で肘が当たったか?元気は右のまぶたからうっすらと出血。羅紗陀のパンチや肘は大振りになりがちではあるが、伸びのある分、十分元気への脅威となる。
 3Rになると羅紗陀の左フックと左ハイの命中率が上がる。元気はしっかり反応しており、急所にはもらわない。逆に中盤過ぎからは元気も左右のフックの当て挽回。そして1分を切ると、元気が左ボディを皮切りに、左前蹴り、左ミドルも当てて羅紗陀を下がらせるように。元気が乗ってきたかにも思えたが、過去の元気の試合同様、こうなると怖いのが肘だ。打ち合いにもつれ込むと、羅紗陀は「狙ってた」という左肘で元気の額をパックリとカット。血が噴水のように噴き出し、直後ドクターストップがかかった。



 見事桜井洋平の仇討ちに成功した羅紗陀は、マイクを持つと次回8.1後楽園大会での洋平の引退試合の相手を志願。洋平もリングインすると「今の試合を鳥肌立てながら見てました。最後に拳を交えたくなりました。よろしくお願いします」と承諾し、リング上で握手した。



第9試合 NJKFスーパーウェルター級王座決定戦 3分5R
◯健太(E.S.G/1位・前ウェルター級王者)
×太陽照明(インスパイヤード・モーション/2位)
5R 1'01" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる眉間のカット)
※健太が新王者に

 試合前、長島がリングに上がり、王座を返上。「K-1ではNJKF代表としてチャンピオンになりました。次はK-1日本代表として世界チャンピオンになりますので応援してください」と観客に挨拶する。
 試合は1Rから動く。太陽がゴングと同時にパンチで前に出るが、健太はカウンターの右フックを綺麗に当てダウンを奪取。その後もパンチラッシュから右フックでダウンを奪う。どちらも太陽はすぐに立ち上がり、効いてないとアピール。ラウンド終盤には左フックで健太をぐらつかせると、2RにはK-1ルールを意識したような組まない状態からの膝蹴りを連打して主導権を握る。健太のインローもじわじわと効いてくるが、太陽は前に出続けて膝とパンチを連打。1Rのダウン分の失点を着実に返していく。
 しかし5R、後のない健太がのローキックの連打をきっかけに逆襲。太陽の出足を止めると、打ち合いに誘い込み、最後は右肘一撃。これで太陽の眉間を切り裂き、激闘を制するとともに、ウェルター級に続いての二階級制覇を達成した。





第8試合 NJKFウェルター級王座決定戦 3分5R
×高橋誠治(町田金子/2位)
◯大和侑也(大和/3位)
4R 0'45" TKO (ドクターストップ:左肘打ちによる右まぶたのカット)
※大和が新王者に

 高橋がミドルとハイ、侑也(ゆうや)がジャブとロー主体で慎重な攻防が続いたが、2R残り30秒、侑也が右ストレートを連続でヒットさせ、左ストレートで高橋をぐらつかせる。3Rも侑也が右ローを効かせつつ、右ストレートも当てて優勢をキープ。4Rは肘の打ち合いで左肘をクリーンヒットさせ、高橋のまぶたをカット。昨年11月に肘で敗れた高橋に肘でお返しするとともに、弱冠19歳での初タイトル獲得を成し遂げた。





第7試合 57.5kg契約 3分5R
×国崇(拳之会/WBCムエタイ・インターナショナルスーパーバンタム級王者・WBCムエタイルール日本スーパーバンタム級王者)
◯佐藤政人(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級王者)
判定0-3 (山根47-50/松田46-50/多賀谷46-50)
※2R右フックで国崇に1ダウン

 佐藤はサウスポーの構えで回りながら距離を取り、国崇のパンチをかわし続けると、2R序盤、右フックでダウンを奪取。国崇は必死に前に出続けるが、空回りが続く。佐藤のほうもなかなか有効打につなげられなかったが、落ち着いた試合運びで、4Rからは右フックやミドルや前蹴りを何発もヒットし主導権をキープ。下馬評を覆した上、対NJKFで苦しんでいたJ-NETに価値のある白星をもたらした。国崇は3月の新宿大会のKO負けの雪辱を晴らしたかったが、連戦が裏目となってしまった。


第6試合 NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
×心センチャイジム(センチャイムエタイジム/WBCムエタイルール日本フェザー級王者)
◯米田貴志(OGUNI-GYM/WMCインターコンチネンタル・スーパーバンタム級王者)
5R TKO (タオル投入:左ストレートでダウン後)

 心は右ミドル、サウスポーの米田は左ミドル主体。時折、心は首相撲からの膝、米田は左のアッパーやローを使う。2Rまで両者慎重だったが、3Rに入ると心が前に出て、膝、パンチ、ミドルのラッシュを仕掛ける。しかし米田は左アッパーや肘を返し、距離ができると奥足狙いの左ローもヒット。一進一退の展開となるが、効力を発揮したのは米田のローだった。
 4R残り1分、米田の左のローがヒットすると、突如心の足が止まり、パンチとローの連打で最初のダウン。同じパターンで2度目のダウンとなる。5Rまで心は持ちこたえたが、余力は残されておらず、最後は左ローと左ストレートの連打でダウンを喫したところでタオルが投入された。米田は10ヵ月ぶりの試合で、白星は18ヵ月ぶり。


第5試合 NJKFフェザー級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
◯中嶋平八(誠至会/1位)
×蓮見龍馬(y-park/3位)
3R 終了時 TKO (タオル投入)

 1Rから中嶋が多彩なコンビネーションでペースを握り、終盤に左フックでダウンを奪取。3Rはやや慎重になったが、終了間際の打ち合いで右肘を当て龍馬の額をカット。ドクターストップはかからなかったものの、インターバル中にタオルが投入された。8.1後楽園での決勝の米田戦は見ごたえのある試合となりそうだ。


第4試合 NJKFライト級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
×海戸 淳(y-park/2位)
◯一輝(OGUNI/3位)
判定0-3 (小林47-48/山根47-48/中村47-48)
※5R膝蹴りとパンチで海戸に2ダウン
※一輝が8.1後楽園で宮越慶二郎と王者決定戦


第3試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
○裕センチャイジム(センチャイムエタイジム/Sバンタム級5位)
×松本圭一太(相模原ジム/MA日本バンタム級4位)
3R 1'54" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる額のカット)

第2試合 63.5kg契約 3分3R(延長1R)
×宮島教晋(誠至会/Sライト級6位)
○畠山隼人(E.S.G/ライト級9位)
2R 3'09" KO (右膝蹴り)

第1試合 BONITA BOXEO バンタム級 2分3R
×大浜芳美(インスパイヤード・モーション)
○大石ゆきの(OISHI GYM)
判定0-3 (29-30/29-30/28-30)

Home > REPORTS > NJKF > 羅紗陀、山本元気に肘で勝利。健太が2階級制覇

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について