Home > REPORTS > NJKF > 健太、北山に完勝も不満:3.28 有明

健太、北山に完勝も不満:3.28 有明

熱風 零参
2010年3月28日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第15試合 70kg契約(肘無し) 3分3R
○健太(E.S.G/NJKFスーパーウェルター級1位・前ウェルター級王者)
×北山高与志(SFK/WMAF世界ウェルター級王者)
判定3-0 (小林30-29/和田30-28/中村30-27)

 1R、健太は左リードでプレッシャーをかけながら左右のローにつなげ、左ミドルを返す北山の蹴り足を掴んで何度もこかす。強い左ローを何発も打ち込み、ラウンド終盤になると北山の奥足が大きく流れ始める。2Rも左ジャブからローを蹴りこんでいく健太。北山は右ストレートで強引に距離を詰めて左のテンカオ。健太が右ハイから左フック、北山が下がったところにパンチをまとめる。



 3R、北山は左テンカオ、健太はローを蹴り合う展開が続く。健太が右フックを振るって前に出たところ、北山の右ストレートがカウンターでヒットして健太の動きが一瞬止まるが、すぐに細かいパンチからローにつなげてペースを握り続ける。健太はその後もローを効かせて北山の足を止めるが、そこからダウンを奪うような攻撃にはつなげられず試合終了のゴング。危なげない試合運びで北山を下した健太だが、本人も試合内容に不満が残ったかマイクを持つと「メインをきちんと締められなくてすいませんでした」と会場のファンに頭を下げた。



第14試合 58g契約 3分5R
○心センチャイジム(センチャイムエタイジム/WBCムエタイルール日本フェザー級王者)
×長崎秀哉(ウィラサクレック・フェアテックスジム/元M-1スーパーフェザー級王者)
判定3-0 (山根49-47/和田50-47/中村50-47)

 1R開始直後、心は右ミドルからパンチの連打で長崎をロープ際に追い込むと、首相撲から膝蹴りを見舞って組み倒し、強烈なプレッシャーをかける。心はパンチから組みつき膝蹴りを連打。長崎を首相撲で完全にコントロールして、機を見て隙間を作りで右肘打ちを振るっていく。
 2R、心はミドルからコーナーに詰めて右肘、右ストレートをヒットさせ、首相撲に捕らえて膝蹴り、肘打ちを見舞っていく。長崎は首相撲では分が悪いと見たか、距離を取って盛んに縦肘を狙い始める。心が組もうとしたところ、長崎の肘で左眉の下をカット。出血はほとんどないが、傷が深くなればすぐに止められそうな場所をカットされる。



 3R、長崎は執拗に心の左目を狙いカットを広げようとする。心は前手でブロックしながら徹底して組みつき、膝蹴りを連打。1、2Rに出していた肘打ちは一切出さず、距離を潰して膝蹴りに終始する。
 4Rも心がひたすら首相撲に捕らえて長崎に反撃の機会をほとんど与えず。しっかりと両手でクラッチしてスペースを作らず、長崎の体勢を崩して顔面にも膝を送りこむ磐石の首相撲に、セコンドのセンチャイ会長もサムアップして「それだよ!」と愛弟子の攻撃を称える。
 5R、ここまで劣勢の長崎は、肘打ちに加え右のパンチを振るって前に出るが、心にミドルで止められ、すぐに首相撲に捕まってしまう。組みの攻防から、ブレイク後に長崎が肘打ちを入れてしまいイエローカードが出され、やや険悪な雰囲気が場内に流れる。心が飛び膝蹴りで飛び込み、さらに長崎の顔面に膝を入れて攻勢を印象付けたところで試合終了のゴング。首相撲で圧倒しつづけた心が文句なしの判定で勝利。やや動きに欠ける試合内容となってしまい心自身もマイクで反省していたが、カットされた傷口が広がるリスクを考えれば、2R以降の戦い方も致し方ないか。


第13試合 BONITA BOXEO 60kg契約 3分3R
○AZUMA(y-park/NJKF BONITA BOXEO フェザー級王者)
×藪下めぐみ(フリー/元スマックガール無差別級女王)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

 AZUMAは1Rから攻勢をかけ、左右の蹴りを上手く使って藪下をロープ際に追い込み、右ハイで藪下が頭を下げたところに左ミドルを蹴り込む。藪下は何度もコーナーに詰められ、左右のミドルを被弾して防戦一方となり、まともな攻撃はラウンド終盤に見せたバックブローぐらい。
 2R、AZUMAは左ミドルから右ストレートで藪下を下がらせると、コーナーに詰めて組み膝を連打。その後もAZUMAが左右のミドルを中心に攻め続ける。ほとんど手を返せない藪下は、ミドルを被弾しながらしきりに首をかしげる仕草を見せる。
 3R、藪下はバックブロー、胴回し回転蹴りで奇襲をかけるがいずれも不発。AZUMAはミドル、膝蹴りで攻め続けるがダウンを奪うまでは至らず。AZUMAが藪下を全く寄せ付けず、ワンサイドゲームで試合をものにした。


第12試合 64kg契約 3分3R(延長1R)
×須釜和成(拳粋会/NJKFスーパーライト級2位)
○K・ルークプラバーツ(タイ/センチャイムエタイジム/元ラジャダムナン・フェザー級10位)
判定0-3 (28-30/27-30/27-30)
※1R左肘打ちで須釜に1ダウン

 1R、長いリーチから右ストレート、左ボディを打ち込んでいく須釜。須釜の左ボディを受けたKはニヤリと笑うと、直後に須釜の左のパンチに左肘をドンピシャで合わせダウンを奪う。Kは手数はさほど多くないが、再開後も左ミドル、左フックから右ストレートを的確にヒットさせる。
 2RもKが要所で有効打を決めて、リーチで劣っているにもかかわらず左の差し合いでも完全に上回る。須釜はしつこくボディを叩きながら上につなげようとするが最後までクリーンヒットは奪えず。須釜を翻弄し続けたKが、この日も危なげなく判定勝利を収めた。


第11試合 NJKFライト級王座決定トーナメント準決勝 3分5R
×ひでお(北流会君津ジム/4位)
○宮越慶二郎(拳粋会/5位)
判定0-3 (47-50/47-50/47-50)
※1R左フックでひでおに1ダウン

 1R開始直後、宮越が左フックでいきなりダウンを奪う。宮越は無理に攻めることはせず、左フック、右ローでプレッシャーをかけながら、タイミングを計って右ストレートを振るっていく。2R以降も宮越は圧力をかけながら左フック、右ストレートを要所でヒットさせて優勢に試合を進め、4Rには右ストレートから右アッパー、さらに右ストレートを当ててひでおを追い込む。ひでおはカットによる逆転を狙って右肘を振るっていくが、宮越のガードを崩せず最後まで宮越ペースのまま試合終了。宮越が完勝でライト級王座決定トーナメント決勝に進出した。


エキシビションマッチ 3分1R
─桜井洋平(Bombo Freely/WFCAムエタイ世界ライト級王者)
─羅紗陀 [ラシャタ](キングジム/WBCムエタイルール日本&NJKFスーパーフェザー級王者)
勝敗無し



第10試合 スーパーバンタム級 3分3R(延長1R)
×新人(E.S.G/5位)
○裕センチャイジム(センチャイムエタイジム/6位)
4R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10)
3R 判定0-1 (29-29/28-29/29-29)

 1R、裕は徹底して組みの攻防に持ち込み膝を入れていくが、ポイントにつながる攻撃と判断されているかは微妙なところ。2Rに入ると裕は右肘も振るい始めるが、ロープ際で新人の右ストレートを被弾。グラついたところにパンチをまとめられ、このラウンドは新人が取ったか。3R、裕は左ミドルの連打から組んでの膝蹴りで攻勢をかける。新人も何度か右ストレートをヒットさせるが、裕は左肘打ちを当て返して応戦。終了間際に左ミドルを連発して攻勢を印象付ける。判定0-1で延長ラウンドにもつれ込み、左ミドルの連打を中心に手数で上回った裕が判定をものにした。


第9試合 BONITA BOXEO バンタム級 2分3R
△大浜芳美(インスパイヤード・モーション)
△岡加奈子(立志会館)
判定1-1 (29-28/28-29/29-29)

 1Rは大浜が細かくステップを刻みながら左右のミドル、回転の速いパンチをまとめて手数で圧倒する。2Rも序盤は大浜が手数で押すが、岡がリーチ差を活かして右ロー、前蹴りでコーナーに詰めて首相撲に持ち込み、大浜は徐々に劣勢に。3R開始すぐ、大浜がバックブローで奇襲するが岡はしっかりとブロック。岡がローでロープ際に追い込みボディに膝を入れていくが、大浜も手を返し、完全にペースは渡さないまま試合終了。判定は1-1、3者3様の採点でドローとなった。


第8試合 65kg契約 3分3R
○平野将志(インスパイヤード・モーション)
×カズ宮澤(PITジム)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第7試合 ライト級 3分3R
○凌太(OGUNI-GYM)
×楠本竜太郎(町田金子ジム)
判定3-0 (30-29/30-29/30-28)

第6試合 バンタム級 3分3R
×鈴木貴善(OGUNI-GYM)
○波賀創太(立川KBA)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

第5試合 バンタム級 3分3R
×鰤鰤左衛門(キックボクシングCORE)
○波賀宙也(立川KBA)
判定0-3 (28-29/29-30/29-30)

第4試合 62kg契約 3分3R
○秋草利光(E.S.G)
×石田雅也(ブリザードジム)
2R 1'47" KO (3ダウン:膝蹴り連打)

第3試合 BONITA BOXEO フライ級 2分3R
△ルミナ・K(センチャイムエタイジム)
△西田恵理(OGUNI-GYM)
判定1-1 (29-30/30-28/29-29)

第2試合 スーパーライト級 3分3R
○所 孝幸(キングジム)
×森 篤志(OGUNI-GYM)
判定3-0 (30-27/30-27/30-28)

第1試合 フェザー級 3分3R
○向後宏昭(キングジム)
×水野晴郎(キックボクシングCORE)
1R 1'23" KO

Home > REPORTS > NJKF > 健太、北山に完勝も不満:3.28 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について