Home > REPORTS > NJKF > 前田尚紀、2ダウンからの奇跡。米田との“対抗戦”制す

前田尚紀、2ダウンからの奇跡。米田との“対抗戦”制す

ROAD TO REAL KING I
2009年1月25日(日) 後楽園ホール
 全日本キックの“闘う修行僧”前田尚紀がNJKFに乗り込み、米田貴志と対戦。2Rに2ダウンまで追い込まれながらも、左フック一発で流れを変え、5Rに2ダウンを奪い返して逆転勝利をもぎ取った。桜井洋平に続き真王杯王者が全日本勢に連敗。どうする、NJKF?
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第11試合 59kg契約 3分5R
×米田貴志(OGUNIジム/真王杯55kg王者・WMCインターコンチネンタルスーパーバンタム級王者)
○前田尚紀(藤原ジム/全日本フェザー級1位・元王者)  
判定0-2 (山根47-47/松田46-47/センチャイ46-47)

 昨年11月、全日本キックのリングにNJKFのエース・桜井洋平が乗り込み、山本元気にKO負け。その翌日、NJKFのリングで米田が全日本フェザー級5位の岩切博史をKOしたが、今回はNJKFに元王者の前田が乗り込み、米田と戦うことに。12月の記者会見で米田は前田について「凄く気持ちが強い選手だけど、気持ちをヘシ折って倒して勝ちたいと思います」と語っていたが、その前田の「気持ち」に米田は飲み込まれることになる。



 1R、ローの打ち合いが続いた後、2R、米田が左ハイで前田をぐらつかせると、左膝をボディにのめり込ませてダウンを奪取。さらに右ジャブ、左膝連打から左ローで2度目のダウンを奪い、短期決着を予感させる。
 だが前田がここから驚異の「気持ち」を発揮。「強引に行き過ぎた。時間を見て、このまま行けば(勝てる)と思った」という米田を、前田が左フックを一発でぐらつかせると、パンチと右膝の連打で猛ラッシュ。米田はクリンチでかろうじて逃げ切る。ポイントは10-7で米田だが、米田のダメージのほうが大きい。
 米田は「2Rにパンチをもらってから覚えていない」状態だったといい、前田は3Rも右ミドル、右フックで主導権。右ボディストレートはバッティングも重なり、直後に米田に休憩の時間を許してしまったものの、効力を発揮する。4Rも前田がパンチと蹴りの手数で上。3Rも4Rも米田の左ローでぐらつく場面があったが、すぐに持ち直して攻撃の手を緩めない。



 この日はアウェーということもあって、前田には先輩である小林聡GMが珍しくセコンドについていた。試合前から、かつてのライバルであるソムチャーイ高津トレーナーのいる敵陣を鋭くにらみつけ、試合中も大声で前田に指示を送っていた。そして5R開始前、小林GMは「約束だから、一回ダウン取れ」と前田にハッパをかけて送り出したといい、前田はそれ以上の成果を残す。
 米田のローとミドルをもらっても、一歩も引かずパンチとローで前へ。そして2R同様、左フック一撃で米田をぐらつかせると、パンチと膝のラッシュでスタンディングダウンを奪う。さらに顔面めがけての膝の連打で2度目のダウンを奪取。米田はクリンチで時間一杯まで凌ぎ、KO負けこそ逃れたものの、ポイントは7-10で2R奪った2ダウンが帳消しに。中盤ラウンドの前田の攻撃もジャッジ2者が評価し、前田の逆転勝利となった。

 試合後はグッタリした前田を、セコンドの小林GMが高く持ち上げ大喜び。控室では「前の試合で前田は右膝を痛めてたけど『試合になったら関係ない。もっと練習しろ』と逆に気合を入れた。こいつだからやってくれた」と労をねぎらった。寡黙な前田は「毎回こううまく行くわけじゃない。もうちょっと技術を追い詰めて行こうと」と反省し、小林GMに改めて「ありがとうございます」と礼を述べた。
 大事な試合をホームで落とした米田は「勝てた試合でした」「やっちゃったって感じ」と反省。前田については「向かい合った時に存在感があった」と評し、「これが今の実力。自分に何か足りないものがあったと思う」と話し肩を落とした。

 12月の両選手の会見で、NJKFの斎藤京二理事長は5対5の「交流戦」を提案したが、全日本の宮田充興行部長は「交流戦というよりも対抗戦のつもり」「今後は1月25日の内容次第」等と返答していた。真王杯優勝者の洋平と米田の両名を撃破されたNJKF側は、「交流戦」気分ではいられなくなってきたはずだ。この日は他にも交流戦が行われたが、前田&小林GMのコンビほどの気迫・執念を持って臨んだ陣営はいただろうか? 交流戦・対抗戦の有り様や気構えについて、改めて考えされられた一戦でもあった。

第10試合 NJKFフライ級王座認定試合 3分5R  
×中西祐介(健心塾/NJKFフライ級1位)
○関 正隆(昌平校/元NKBフライ級王者)
判定0-3 (センチャイ48-49/山根48-50/多賀谷48-50)

 中西にとって勝てば王者として認定される大事な試合だったが、経験で勝る関が1Rから的確に右ローを当て続け主導権。5R、中西の動きが落ちると、関が左フック、左ミドル等も当てて手数で圧倒し、勝利をもぎ取った。


第9試合 WBCムエタイルール統一ランキング戦 ウェルター級 3分5R
○宮越宗一郎(拳粋会/NJKFウェルター級2位)
×一貴(マスターズピット/MA日本ウェルター級2位)
判定3-0 (小林50-49/小川49-48/センチャイ49-48)

 両者ともフックを主体としたパンチを当て合うが、技がなかなかつながらず。大差は無かったものの、宮越がポイントを稼ぎ判定勝ちした。


第8試合 WBCムエタイルール統一ランキング戦 ライト級 3分5R  
○一輝(OGUNIジム/NJKFライト級3位)
×渡辺大介(ダイケンジム/MA日本ライト級2位) 
5R 1'40" KO (3ダウン:右ローキック)

 1Rから一輝が右ローを効かせていたが、2R以降は渡辺も右ローや左ミドルを当て挽回。4Rには左のインローで一輝をスリップさせ、逆転ムードが漂う。しかし5R、一輝の強烈な右ローが炸裂すると、一発で耐えきれなくなった渡辺がダウン。以降は立て続けに一輝が右ローでダウンを奪いKO。記念すべき統一ランキング戦の初戦の勝利者となった。

     
第7試合 ウェルター級 3分3R
○上田龍之介(キングジム/NJKFウェルター級7位)
×YUTA(谷山ジム/MA日本ウェルター級10位)    
判定3-0 (30-28/30-28/30-27)

 K-1トライアウトにも合格している18歳の新鋭・上田が、新人賞獲得後初の試合。サウスポーからの左ミドルと膝蹴りでYUTAを圧倒し、デビュー以来の連勝を5に伸ばした。


第6試合 NJKFアマチュア70kg級王座決定戦 2分2R(インターバル30秒)
×朝比奈真吾(力ジム/HATURATU70kg優勝)
○小西拓槙(M-BLOW/ネクストレベル70kg優勝)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)


第5試合 NJKFアマチュア60kg級王座決定戦 2分2R(インターバル30秒)
○頴川 裕 [えかわ・ゆたか](インスパイヤード・モーション/HATURATU60kg優勝)
×木谷典史(フリー/ネクストレベル60kg優勝)
判定3-0 (20-18/20-17/20-17)
※2R左フックで木谷に1ダウン


第4試合 56.5kg契約 3分3R                
○心センチャイジム(センチャイムエタイジム/NJKFフェザー級4位)

×松田 徹(pitジム/NJKFスーパーバンタム級9位)
3R 0'41" TKO (タオル投入:右飛び膝蹴り)


第3試合 女子フライ級 2分3R           
×大浜芳美(OGUNIジム/J-GIRLSフライ級2位)
○MIKA(ワイルドシーサー群馬)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)


第2試合 ヘビー級 3分3R
×長谷川康也(アクティブJ/J-NETWORKヘビー級9位)
○篤志(ブリザードジム)
判定0-3 (28-29/28-29/29-30)

第1試合 68kg契約 3分3R
×篠原久仁宏(拳之会)
○高橋誠治(町田金子ジム)
1R 2'31" KO (3ダウン:左ミドル)

Home > REPORTS > NJKF > 前田尚紀、2ダウンからの奇跡。米田との“対抗戦”制す

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について