Home > REPORTS > NAGOYAKICK > 石橋&竜宜KO勝ち。DAI、タイ元王者に判定負け

石橋&竜宜KO勝ち。DAI、タイ元王者に判定負け

NAGOYAKICK ~Shine a Light~
2010年5月23日(日) 愛知・アスナルホール
  レポート&写真提供:NAGOYAKICK

Day Fight



第8試合 ファイナル フェザー級 3分5R
○石橋真幸(名古屋JKファクトリー/KCJフェザー級5位)
×勇鷹(インスパイヤード・モーション/NJKFフェザー級9位)
3R 1'14" TKO(セコンドによるタオル投入)

 紅色のガウンに身を包み、先に青コーナーから入場した勇鷹。次に黒いガウンに身を包み、赤コーナーから入場した石橋。共に20歳の二人は、リング上で気合い十分で向き合う。
 ラウンド開始、先に仕掛けたのは勇鷹だった。距離を詰めパンチで石橋をロープまで下がらせる。しかし、石橋も下がりながらもガードを固め、決定打を貰わない。両者、攻撃を仕掛けラウンド終了。
 2Rに入ると、サウスポーの勇鷹のステップインに合わせ、石橋がインローを合わせ出す。このインローが勇鷹の右足に何度もヒットし勇鷹のバランスを崩す場面が増える。
 ラウンド終盤、ローの効いた勇鷹に対し、石橋はパンチでダウンを奪う。続く3R、ダウンを奪われた勇鷹が果敢に前に出てくる。左のクロスから右アッパーを繋げ、石橋に襲いかかるが石橋もパンチの打ち合いに出る。石橋が回転の速いパンチを繋げ、2度目のダウンを奪う。ダウン後に再び石橋が、パンチで勇鷹を攻め込むとセコンドからのタオル投入で試合終了となった。試合後に石橋はリング上で、これからもどんどん上を狙って行きたいとアピールした。


第7試合 セミファイナル ライト級 3分3R(延長1R)
×大和勝志(大和ジム)
○竜宜(誠至会/NJKFライト級6位)
1R 2'06" KO(パンチ)

 青コーナーから入場した竜宜(たつのり)は、リングインすると大きくリングを回る。続いて入場した勝志。初のランカー選手との試合に緊張気味も良い表情でリングイン。
 開始、勝志が果敢に攻める。パンチとローとクリーンヒットまでは行かないが、先に先に仕掛けリズムを作る。竜宜は、様子を見るように、下がりながら、受けて返す。ラウンド中盤、コーナーを背にした竜宜に対しチャンスと見た勝志が、パンチで距離を詰めた瞬間、竜宜がバックブローをカウンターでヒットさせダウンを奪う。立ち上がるがダメージの色が隠せない勝志に対し、竜宜がパンチで襲いかかり再びダウンを奪う。さらに立ち上がる勝志だが、竜宜は更にパンチで畳み掛け試合を決めた。


第6試合 フェザー級 3分3R
○小島大和(The Body Box)
×メリー酒井(志村道場)
判定3-0(櫻井30-29/カノンスック29-28/ナルンチョン30-29)

第5試合 スーパーライト 級3分3R
×泰斗(GETOVER)
○AKIRA(誠至会)
2R TKO

第4試合 ヘビー級 3分3R
△ジュリオ森(志村道場/ブラジリアンタイ)
△MASASHI(TEAM木鶏)
判定1-1(櫻井29-28/センチャイ28-29/ナルンチョン29-29)

第3試合 ウェルター級 3分3R
○小郷修平(名古屋JKF)
×渡部剛和(拳之会)
1R 2'38" KO(パンチ)

第2試合 58kg契約 3分3R
○不可思(The Body Box)
×瞬太(GETOVER)
判定3-0(櫻井29-28/カノンスック30-29/ナルンチョン29-28)

第1試合 フェザー級 3分3R
×中山広太郎(名古屋JKF)
○二田水敏行(NEX-SPORTS)
判定2-0(カノンスック/センチャイ29-29/ナルンチョン29-30)

Night Fight



第8試合 ファイナル 66kg契約 3分3R(延長1R)
○マキ・シップムーン(真樹ジムAICHI/元ルンピニー・ラジャダムナン統一スーパーフェザー級王者)
×DAI(誠至会/NJKFウェルター級8位)
判定3-0(カノンスック28-29/櫻井28-27/ナルンチョン29-28)
※2RパンチでDAIにダウン1、ブレイク後の攻撃でシップムーンに減点1

 まだ26歳と若いシップムーンだが、元ルンピニー・ラジャナムダン統一スーパーフェザー級チャンピオン。対するは、NJKFウェルター級8位のDAI。開始、体格で上回るDAIが果敢にローで攻め込む。しかし、シップムーンも受けては返し、DAIに攻め込ませない。
 続く2R、両者パンチの打ち合いの展開に入ると、シップムーンがパンチでダウンを奪う。ダウンを奪われたDAIだが、その後も果敢に攻め込むとシップムーンもヒートアップする展開。ここで、ブレーク後の攻撃でシップムーンに減点1が与えられる。
 最終ラウンド、シップムーンは得意の膝蹴りの展開に持ち込む。体格で上回るDAIだが、首相撲の展開では、シップムーンにコントロールされてしまう。それでも、DAIはシップムーンの入り際に肘を合わせ、首相撲の展開に持ち込ませないように対抗する。シップムーンも肘、膝と応戦して試合終了。


第7試合 セミファイナル スーパーフェザー級 3分3R
×悠矢(大和ジム)
○三浦勝人(誠至会)
反則勝ち(悠矢の腰払いにより三浦が試合続行不可能の為)
※1Rにパンチで三浦にダウン1

 開始、両者ともパンチ、蹴りと素早く応戦する展開。フットワークを使い回りながら攻撃を仕掛ける三浦だが、悠矢は攻撃をブロックして三浦にクリーンヒットを与えない。スピードで負けていない悠矢は、三浦を追い込みパンチの打ち合いに持って行く。
 ラウンド終盤、悠矢の左フックが三浦のテンプルを打ち抜き三浦がダウン。立ち上がる三浦だがダメージが色濃く見える。続行後に、悠矢が首相撲の展開から腰投げの形で三浦を投げて1R終了となるが、ここでアクシデントが発生する。ゴングが鳴り、インターバルに入るが三浦が起き上がれず試合が一時中断となる。ドクターが三浦のチェックに入るが痛みを訴える三浦に対し、ドクターが試合続行不可能と判断。
 ここで協議がおこなわれ、悠矢の腰投げが流れの中での攻撃では無く、一呼吸後の故意の腰投げと判断。その腰投げで三浦が試合続行不可能の為に三浦の反則勝ちとなる。会場では、突然の試合終了に不満の声が多く上がる。


第6試合 68kg契約契約 3分3R
×倉橋 司(真樹ジムAICHI)
○白神武央(拳之会)
判定0-3(櫻井27-29/センチャイ28-30/カノンスック28-29)

第5試合 55.5kg契約 契約3分3R
△村田大輔(Ares)
△マルコス前島(志村道場/ブラジリアンタイ)
判定1-0(櫻井30-30/ナルンチョン29-29/センチャイ30-29)

第4試合 60.5kg契約 3分3R
○加賀隆史(名古屋JKF)
×田中秀宗(Inspire-S)
判定2-0(カノンスック30-28/櫻井30-28/ナルンチョン29-29)

第3試合 69kg契約 3分3R
○HIROKI(大和ジム)
×ケネル・ルーカス(志村道場/ブラジリアンタイ)
1R 1'41" KO(パンチ)

第2試合 56.5kg契約 3分3R
△高田直矢(風吹ジム)
△アニキ(誠至会)
判定0-0(櫻井28-28/カノンスック28-28/センチャイ28-28)

第1試合 52kg契約 3分3R
×古田恭人(はまっこムエタイジム)
○山下博史(誠至会)
判定0-3(櫻井28-30/ナルンチョン28-30/センチャイ28-29)

Home > REPORTS > NAGOYAKICK > 石橋&竜宜KO勝ち。DAI、タイ元王者に判定負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について