Home > REPORTS > NAGOYAKICK > 大和侑也、クンスックに判定負け。野杁勝利

大和侑也、クンスックに判定負け。野杁勝利

NAGOYA KICK ~CENTRAL RHYTHM~
2010年3月14日(日) 愛知・アスナルホール
  記事提供:キックセントラルジャパンリーグ


【Day Fight】

第7試合 68kg契約 3分3R(延長1R)
×大和侑也(大和ジム/NJKFウェルター級3位)
○クンスック・アラビアジム(タイ/元ルンピニー&ラジャダムナン・ライト級王者)
判定0-3 (櫻井28-30/カノンスック28-30/ナルンチョン28-29)

 開始しばらく、ジャブを出し、距離を測る侑也に対し、ガードを上げ構えるクンスック。ジャブ、ローと繋ぐ侑也に対し、ローをカットし蹴りを反撃するクンスックの展開。
 2Rに入り、侑也はパンチの展開を狙い距離を詰める。しかし、ガードの固いクンスックが連打を許さず、逆に距離を詰め首相撲に持ち込む。途中ボディーへのパンチを当てる侑也だが、クンスックの前進は止まらない。
 最終ラウンド、上下のコンビネーションを繋ぐ侑也だが、クンスックに距離を潰され、首相撲の展開に持ち込まれ試合終了となる。

◆侑也「初めてのムエタイ選手との対戦だったので、1Rはどんな感じかなと様子を見ました。思っていた程、圧力を感じなかったので2Rから前に出ようと思ったんですけど、攻撃を出しても、距離を上手く潰されて…。どの攻撃が効いたとかはないんですけど、やっぱり上手いな~と思いました。また頑張ります」


第6試合 肘・首相撲無し特別ルール 62kg契約 3分3R(延長1R)
○野杁正明(OISHI GYM/2009年K-1甲子園チャンピオン)
×浅瀬石真司(町田金子ジム/NJKFライト級12位)
判定3-0 (センチャイ30-28/ナルンチョン30-27/カノンスック30-28)

 今大会一番の注目カードとなった一戦。野杁はセコンドがK-1甲子園のベルトを掲げ入場。試合は、野杁の長いリーチから繰り出すジャブでスタート。ミドル、ローと距離を保ち攻撃を繰り出す野杁。バランスの良い野杁は、浅瀬石を自分の距離に近づけない。
 2Rに入り、浅瀬石が攻撃を被弾しながらも前に出てくる。しかし、近距離でも野杁はアッパーと振り下ろしのローキックなどを繋げ、攻撃の手を緩めない。
 最終ラウンド、単発ながら野杁の右ストレートが浅瀬石の顔面を何度も捉える。しかし、浅瀬石も驚異的な打たれ強さを見せ倒れない。そして途中、野杁の膝蹴りが浅瀬石の額をカットしドクターチェックが入るが試合続行。全ラウンドを通し、野杁が攻撃をヒットさせ試合終了となった。KO勝利こそ逃した野杁だが、怪物高校生ぶりを発揮した勝利となった。

◆野杁「今日は、地元のみんなが沢山応援に来てくれていたので、KO出来なくて残念でした。倒したかったです。緊張は、それ程なかったですけど、KOを狙いすぎて、少し硬かったかなと思います。攻撃を当て、今、効いたな?って思う場面は何度かありましたけど、そこから相手も前に出てくるので、高校生とは違うなと思いました。次の試合は決まっていませんが、また頑張ります」

◆浅瀬石「年末のテレビも見ていて、強いなと思いましたし、実際強かったです。パンチ、蹴りもが効くと言うより、とにかく上手いなと。試合しながらそう思いました。今後も組まれた試合を頑張ります」

◆OISHIGYM 大石陽一郎会長「少し、セコンドがKOを狙い過ぎたかなと思います。野杁は、こちらの指示もよく聞いて冷静に試合を運んでいたので。KOで勝たしてやりたかったですね。まだまだ、強くなりますので応援を宜しくお願いします」


第5試合 63kg契約 3分3R(延長1R)
×田口真也(名古屋JKF/KCJライト級8位)
○宮島教晋(誠至会/NJKFスーパーライト級8位)
判定0-3 (櫻井28-30/カノンスック28-30/センチャイ28-29)

第4試合 ライト級 3分3R
×TOMO(The Body Box)
○悠矢(大和ジム)
判定0-3 (センチャイ26-30/櫻井25-30/ナルンチョン27-30)
※3R TOMOにローキックでダウン1

第3試合 55kg契約 3分3R
×タケNFC(ナゴヤファイトクラブ)
○村田大輔(ストライキングジムAres)
判定0-3 (櫻井27-29/カノンスック28-29/ナルンチョン28-29)
※1Rタケにパンチでダウン1

第2試合 ライト級 3分3R
×加賀隆史(名古屋JKF)
○高橋幸光(はまっこムエタイジム)
1R 1'25" KO (右ハイキック)

第1試合 スーパーライト級 3分3R
×前田 修(GET OVER)
○AKIRA(誠至会)※鍛冶泰夫 改め
1R 1'21" TKO (3ダウン:パンチ連打)


【Night Fight】

第7試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
○テープジュン・サイチャーン(真樹ジムAICHI/MAフェザー級4位)
×マン☆山室(大和ジム/NJKFフェザー級8位)
判定2-0 (ナルンチョン30-29/櫻井29-29/カノンスック30-28)

 1R、互いにパンチ、蹴りを出す展開。お互い決定打を与える事なくラウンド終了。2Rに入ると、両者距離が詰まり首相撲の展開になるとやや、テープジュンがマンを押す場面が増える。山室も距離をとり、パンチを単発ながら、顔面にヒットさせる。
 最終ラウンド、攻防後に両者が首相撲の展開になる場面が増える。首相撲の展開になると、山室が下に崩れる場面が増え、テープジュンが、首相撲で山室を押し切り試合終了。


第6試合 59kg契約 3分3R(延長1R)
○秋元皓貴(真樹ジムAICHI/K-1甲子園'09 62kg級ベスト8)
×松本 忠(立志會館)
判定3-0 (カノンスック30-28/ナルンチョン30-28/センチャイ30ー27)

 開始から右ミドルを打ち込む秋元。単発ながら、ミドル、ローと松本にヒットさせていく。2Rに入り、手数の少ない松本に対し秋元がガードの上からパンチを打ち込むが、松本の固いガードをこじ開けるまでにはいかない。全ラウンドを通じ、秋元が攻撃を仕掛ける場面が続き試合終了。



第5試合 66kg契約 3分3R(延長1R)
×玉川和輝(グラップリングシュートボクサーズ)
○DAI(誠至会/NJKFウェルター8位)
1R 2'18" KO (タオル投入:ローキックでダウン後)

第4試合 66kg契約 3分3R
△冨田健祐(真樹ジムAICHI/MA日本スーパーライト級8位)
△和真(早川ジム)
判定0-0 (ナルンチョン29-29/櫻井29-29/センチャイ29-29)

第3試合 70kg契約 3分3R
△HIROKI(大和ジム)
△白神武央(拳之会)
判定0-0 (センチャイ29-29/櫻井29-29/カノンスック29-29)

第2試合 ウェルター級 3分3R
×雪丸(真樹ジムAICHI)
○松花征也(グラップリングシュートボクサーズ/K-1甲子園'09 70kg中部地区代表)
判定0-2 (カノンスック28-29/櫻井29-29/ナルンチョン29-30)

第1試合 ヘビー級 3分3R
○菊池圭治(はまっこムエタイジム)
×レオナルド・アイリス(キラービース)
3R 0'58" KO (タオル投入:右ローキックでダウン後)

Home > REPORTS > NAGOYAKICK > 大和侑也、クンスックに判定負け。野杁勝利

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について