Home > REPORTS > ムエタイ > 伊藤紗弥、13歳でWPMF世界ピン級暫定王座獲得:12.4 タイ

伊藤紗弥、13歳でWPMF世界ピン級暫定王座獲得:12.4 タイ

 伊藤紗弥(尚武会)が12月4日、タイでのWPMF世界ピン級暫定王座決定戦でタイ人選手に勝利し、暫定王者となった。以下、尚武会からのプレスリリース。

[Press Release]
”天才ムエタイ少女”伊藤紗弥がWPMF世界ピン級暫定王座獲得!



日本とタイで活躍する少女がKO勝利で見事ムエタイチャンピオンになった。

伊藤紗弥(尚武会)はまだあどけさが残る中学2年生(13才)のムエタイファイターだ
日本でも男子相手に試合をこなしムエタイ興行M-1アマチュア大会では35kg級、40kg級、45kg級のチャンピオンに輝いた。
どの階級も男女混合であり常に相手は男子とのこと
伊藤は5才で尚武会に入会しメキメキと力を付けて小学4年生の時に国内でその力が認められ韓国へ渡り男子相手に勝利した。
その後も快進撃は続き年に3、4回の本場タイ国での試合を行っている。
クイーンの誕生日に開催されるクイーンズカップなど大舞台に出場し今回のWPMFの世界大会に出場することが出来た。
現在の45kg級世界チャンピオンは日本人のちはる選手(WSR)である。
WPMFは世界にムエタイを広めるため各国で試合が行われている。
中でもヨーロッパや日本の競技人口は多い。
チャンピオンは半年に1度の防衛戦を行わなければならず出来ない場合は剥奪か返上することが定義されている。
諸事情により返上するチャンピオンが出た場合には暫定王者がそのままチャンピオンになるか上位ランカーとの決定戦を行う
伊藤はその暫定王者となった。
本来ならタイトル挑戦権が与えられるが日本のルールでは義務教育を終えるまではプロのリングでの試合が禁止されている。
タイでの試合は可能なため伊藤はタイでの試合を熱望している。
あどけなさの残る少女がリング上でファイターに変身する姿を1日も早く観たいと思う。
最後に伊藤は『ムエタイは僅差の勝負が多くていつもドキドキしながら試合をしてます。その緊張が楽しいです。』と語っている。

協力 バンコク ロンポームエタイジム

Home > REPORTS > ムエタイ > 伊藤紗弥、13歳でWPMF世界ピン級暫定王座獲得:12.4 タイ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について