Home > REPORTS > ムエタイ > エイワの高校生、吉成名高&朝陽・PKセンチャイジムがKO勝ち:12.19 20 タイ

エイワの高校生、吉成名高&朝陽・PKセンチャイジムがKO勝ち:12.19 20 タイ

 12月19日(火)タイ、ルンピニースタジアムで開催された[スック・PKセンチャイ]に朝陽・PKセンチャイムエタイ(品川朝陽・エイワスポーツジム)が出場した。朝陽は現在、神奈川県横浜市にある高校に在学する1年生で普段はタイでの試合が決まると、1週間タイのPKセンチャイ ムエタイジムで練習を行う。
  記事提供:早田寛(Photo & Text by Hiroshi Soda)、エイワスポーツジム


 今回、朝陽は第8試合に出場。対戦相手はトンバイ・ペミンブリ。首相撲が得意な選手。試合はフライ級契約で行われた。
 1ラウンド・朝陽はジャブとローキックで試合のペースを握ろうとする。 中盤トンバイのミドルキックをキャッチした朝陽が左のボディーブローをヒットさせる。その後、右ストレートボディーからの左フック。明らかに効いた様子のトンバイに最後は左ボディーアッパーで1ラウンドKO勝利した。これでルンピニースタジアムでの二連続KO勝利となった。
 試合後、プロモーターのPK氏より、ジム代表の中川に『次戦は第2試合に出場させるから、もっと練習をさせておいてくれ。』と話しがあった。次戦は2月に予定されている。
 朝陽は『今回も勝てて嬉しいです。応援してくれた皆様ありがとうございます。今後も頑張りますので応援よろしくお願いします。明日は同じジムの名高君の試合がラジャダムナンであります。名高君なら間違いなく勝ってくれると思います。応援よろしくお願いします。』とコメントしている。



(左写真は吉成名高のラジャダムナンスタジアムでのKO勝ち直後。右写真は吉成と朝陽(右))

 そして12月20日(水曜日)ラジャダムナンスタジアムで開催された[スック・シェフプンタム]に吉成 名高(エイワスポーツジム)が出場。吉成は高校2年生で試合2日前にタイに入った。現在ラジャダムナンスタジアムでの戦績は9戦8勝1敗、その1敗を喫した相手ペットチン・ルークバーンマイ(タイ)にも8月24日のラジャダムナンでの再戦でリベンジをはたしている。
 しかし、今回の対戦相手はそのペットチン・ルークバーンマイにKO勝利しているジョンウォー・ウッドンムアン。フィームー(テクニシャン)の選手。
 1ラウンド・お互いに相手の様子を見る展開に。途中ジョンウォーが吉成の足を刈って吉成がバランスを崩す。それに対して吉成も相手蹴りをキャッチし転ばせる。
 2ラウンド・ジョンウォーが強いローキックで攻撃を仕掛けてくるが吉成は冷静にコレをカットする。 ミドルキックもスウェーでかわす。中盤にサウスポースタイル吉成が右のジャブ、フックをフェイントに使い左のストレートを打つ。これがヒットし相手は尻餅をつきダウン。ジョンウォーは立ってきたが足がおぼつかない。また、左の目が開かない様子。試合続行が不可能になりレフリーがストップをかけ吉成が勝利した。ジョンウォーはその後も立てなくなり担架が用意された。
 また場内からは『天才!天才!』の声が響いた。
 試合後、吉成は『左の拳への衝撃が凄かったです。これは立ってこれないだろうなと思いました。昨日の朝陽に続けて勝てて良かったです。日曜日に僕の後輩の瀬戸響貴(PKムエタイジム)がラジャダムナンスタジアムで初めての試合をします。皆様、応援よろしくお願い致します。そして、僕への応援ありがとうございました。これからも頑張ります。』とコメントしている。



2017年12月19日(火)ルンピニースタジアム

フライ級
○朝陽・PKセンチャイムエタイ
×トンバイ・ペミンブリ
1R KO


2017年12月20日(水)ラジャダムナンスタジアム

46.5kg契約
○吉成 名高
×ジョンウォー・ウッドンムアン
2R KO

Home > REPORTS > ムエタイ > エイワの高校生、吉成名高&朝陽・PKセンチャイジムがKO勝ち:12.19 20 タイ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ