Home > REPORTS > ムエタイ > 大崎一貴、タイで7連続KO勝ち:1.27 ルンピニー

大崎一貴、タイで7連続KO勝ち:1.27 ルンピニー

スック・ルンピニー・ワールドチャンピオン
2018年1月27日(土) タイ・バンコク・ルンピニースタジアム

  記事提供:早田寛(Photo & Text by Hiroshi Soda)



第5試合 メインイベント 118ポンド契約 3分5R
○カズキ・プライアナンプンパンムアンムエタイ [大崎一貴](OISHI GYM/WMC日本フライ級王者)
×アタチャイ・シットクンタップ
2R TKO

 大崎は昨年12月2日にもルンピニースタジアム同興行で初回KO勝ち。この時点で6連続KO勝利中であり話題の存在だ。レベルアップした対戦相手が用意されるが、対戦相手のアタチャイは戦績60戦45勝の20歳。この戦績からもこれまでにない強敵だという事が予測できた。

 試合は初回、セコンドから「パンチとローキックからいけ」と指示が出ると大崎は右ローに攻撃を集め、これか多数ヒット。このローを当て続けながら、大崎の持ち味であるパンチにつなげばKO勝利も堅いだろう。だがアタチャイも大崎のローに合わせたミドルとハイキックで応戦。クリーンヒットはなかったが、モーションのないスピードある蹴りは脅威だった。

 2ラウンド、大崎は距離を詰め左のフックからのコンビネーションへつなごうと試しみる。大崎は左フックからロー、そして今度は左のボディーブローを決める。この左ボディーパンチが強烈で、ヒットしたときの音が客席まで届くほどだったが、アタチャイはこの大崎の接近したパンチ攻撃に対し縦肘を合わせた。この肘が大崎の顔面を捉え大崎の顔面に若干の鮮血が。大崎のパンチが先か、それともアタチャイのカウンター技が決まるのか。大崎はアタチャイのカウンター攻撃にひるむことなく、距離を詰めプレッシャーをあたえてゆくが、大崎が放ったロングフックがアタチャイの顔面にヒット。そこから大崎はアタチャイをコーナーに詰め上下に散らしたパンチラッシュを見舞う。大崎のパンチは回転が早く、アタチャイは次第に棒立ち状態に陥る。強烈な左アッパーと左ボディーフックがヒットしたところで、レフリーは試合をストップ。大崎はTKO勝利を決めた。



 これで大崎はタイで7連続KO勝利となる。ここまでKO勝ちが続くと、そろそろランカーとの対戦もあるのか、などの期待も膨らむが今後はいかに。大崎が所属するOISHI GYM陣営と試合をプロモートするプンパンムアンプロモーションとの連携で、今後が大きく変わってゆく時期かもしれない。しかし、大崎のパンチラッシュはとても早く、この日、出場した多くの選手の中でも卓越された技といえた。関係者には、もうワンランク上の世界へと導いてほしいものだ。

 大崎一貴から勝利の声が届いている。

「今回の試合もKOで勝つことができ、とても嬉しいです。ルンピニーのベルトを巻くために、しっかり練習して、これからも勝ち続けます!応援宜しくお願いします!」

Home > REPORTS > ムエタイ > 大崎一貴、タイで7連続KO勝ち:1.27 ルンピニー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について