Home > REPORTS > ムエタイ > WMC日本フライ級王者 大崎一貴、1R TKO勝ち:11.4 ルンピニー

WMC日本フライ級王者 大崎一貴、1R TKO勝ち:11.4 ルンピニー

スック・ルンピニー・ウィル・チャンピオン
2017年11月4日(土) タイ・バンコク・ルンピニースタジアム
  記事提供:早田寛(Photo & Text by Hiroshi Soda)


第4試合 116.2ポンド契約 3分5R
×チャンプアックノーイ・ウォーリアームエタイパッタヤ
○カズキ・ファイロンタンプンパンムアン [大崎一貴](OISHI GYM/WMC日本フライ級王者)
1R TKO (左ボディフック)

 土曜夜に開催されるスックルンピニーウィルチャンピオンは、世界各国からの参戦者を募っており、同日もフィリピン、フランス、ブラジル、韓国、イラン、などからも参戦。大崎はタイでこれまでに6戦5勝うち4TKO勝ちと好成績を残しており、同興行を主催するプンパンムアンプロモーションから出場要請があり参戦の運びとなった。

 対戦相手のチャンプアックノーイの情報は何もなかったが、大崎はこれまでのタイでの試合と同様に初回から距離を詰め、右ローで崩しに入る。そして顔面へのパンチから左ボディーを放った。これがチャンプアックノーイの脇腹に食い込み、チャンプアックノーイは前のめりに倒れ込む。チャンプアックノーイは完全に効いてしまい、レフリーはカウントエイトで試合を止めた。大崎は、またもや左ボディーフックでTKO勝利を決める。大崎が勝利宣言を受ける最中も、チャンプアックノーイはしばらく立ってこれず蹲るままだった。

 これで大崎はタイ戦績を7戦6勝5KO勝利とし、タイ関係者らからの祝福とともに今後に大きな期待を集めた。OISHI GYMは今後もルンピニー・プンパンムアンプロモーションとの絆を深めていくという。試合後の大崎一貴より、勝利の声が届いている。

「今回の試合は1RKOで勝つことが出来て次に繋ぐ事が出来ました。このまま1戦1戦しっかり勝ち続けてルンピニーのベルトを取ります!応援よろしくお願いします!」

Home > REPORTS > ムエタイ > WMC日本フライ級王者 大崎一貴、1R TKO勝ち:11.4 ルンピニー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ