Home > REPORTS > ムエタイ > 梅野源治、長身の挑戦者に手を焼き判定負けで防衛失敗:5.17 ラジャダムナン

梅野源治、長身の挑戦者に手を焼き判定負けで防衛失敗:5.17 ラジャダムナン

スック・ダウルン・チューチャルン
2017年5月17日(水) タイ・バンコク・ラジャダムナンスタジアム
 梅野源治は昨年10月のREBELSで獲得したラジャ王座の初防衛戦。4月1日のKNOCK OUTでロートレックに敗れ、右腕等を負傷しながらも短期間で調整しムエタイの聖地に乗り込んだが、185cmと長身の挑戦者のリーチを生かした戦法を崩せず判定負けに終わった。
  レポート:井原芳徳


ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ 3分5R(インターバル2分)
×梅野源治(PHOENIX/王者)※初防衛戦
○サックモンコン・ソーソンマイ [Sakmongkol Sor.Sommai](タイ/7位)
判定0-3 (46-49/47-49/46-49)
※サックモンコンが新王者に

 挑戦者のサックモンコンは先月までラジャダムナンの1階級上のスーパーライト級3位にいた選手で、梅野より5cm高い身長185cm。梅野から距離を取り、前蹴り、左ミドルで梅野を翻弄する。パンチも伸びがあり、1R終盤には右ストレートの連打で梅野からダウンを奪う。2Rも同じように梅野は前蹴り、左ミドルをもらい続け、パンチが空を切り続ける。
 3Rに入ると、サックモンコンは首相撲を多用し始め、梅野も中盤は膝蹴りの連打をお返ししたが、終盤はサックモンコンが左ジャブを連打し、流れを引き戻す。4R、梅野は果敢に前に出続けてパンチ、肘を放ち、時折ヒットさせるが、サックモンコンのクリンチで寸断される。
 5Rもサックモンコンがステップ、クリンチで翻弄しつつ、中盤には左ジャブを連打でヒットし、最後は走り回って逃げきり試合終了。梅野は最後までサックモンコンの牙城を崩せず、完敗に終わった。

(※右写真は昨年10月の王座獲得後の梅野。下の映像はラジャダムナンの公式フェイスブック掲載のもので、1R途中からの内容となる)


Home > REPORTS > ムエタイ > 梅野源治、長身の挑戦者に手を焼き判定負けで防衛失敗:5.17 ラジャダムナン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ