Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、テレビマッチで2R TKO勝ち:11.16 タイ

石井一成、テレビマッチで2R TKO勝ち:11.16 タイ

スックヨードムエタイ ハイラックス レボ ペッティンディー興行 テレビマッチ3ch
2016年11月16日(水) タイ・プラナコンシーアユタヤ県 セーナー郡特設会場
  写真・記事 早田寛 Hiroshi Soda


111ポンド契約 3分5R
×スーパーニュー・ソージョーベンスパーチンブリ(タイ)
○石井一成(東福岡高等学校3年在学)
2R TKO

 東福岡高等学校3年の石井一成が、タイ・ペッティンディープロモーション主催のテレビマッチに出場した。 石井は9月30日、ランシットスタジアムのテレビマッチでKO勝利したことで、 同プロモーションが主催するtrue4Uのフライ級10位にランクイン。 石井一成が目標とするタイ王座へ順調に駒を進めている。

 今回の対戦相手、スーパーニューは戦績80戦65勝、バンコクのメジャースタジアムでも20戦ほどの戦績がある。 ムエタイでの経験値はスーパーニューの方が上かもしれないが、ここでしっかりと勝ち立場を逆転したいところ。

 初回、石井はスピードある右ローキックを放つ。このローキックは、まだ初回ということもあり、石井としてはダメージを与えるよりは相手との距離感を探るようなローキックだたのだろう。 だがこのローキックの食い込みが良く、石井は早速右ロー主体の距離感をつかんだ。ここにスーパーニューは左ミドルで応戦してくるが、このミドルキックも早かった。それも、膝でとっさにカットできないような高い位置に来ることから、なかなかの試合巧者ぶりが伺えた。



 2ラウンドに入り、石井は距離を詰めてスーパーニューにプレッシャーを与えてゆく。石井はジャブからのローキックでコツコツとダメージを与えていき、石井のローキックが当たる距離という事はスーパーニューの素早い打撃を食らう距離だが、スーパーニューは石井のローキックを警戒しているのか、自分のミドルキックにつなげずにいた。石井はそんなスーパーニューの腹の内を見破ったのか、一瞬の隙にパンチとローのコンビネーションで仕掛けた。石井はジャブからの右ローを浴びせると、今度は左ボディーフックを2連射。スーパーニューもボディーへ来ることは想定外だったようで、一瞬慌てた表情を見せたかと思うと、次の石井の右ローを食らい、マットに崩れ落ちた。スーパーニューは足の筋が切れてしまったのか、その苦痛の表情がテレビで流された。

 石井はこの試合も2R TKO勝ちで決めた。石井の攻撃は相手を一度射程内に入れると、相手が怯むまでとことん続く。このテンポの速い攻撃がタイ関係者にも受けが良い。 「日本の福岡からやってきた、一成が、またもやKO勝ち。これで4連続KO勝利となった!」 とテレビアナウンスも入り、ますます自身の認知度を高めた。

 試合後の石井一成の声が届いている。 「今回の試合は練習してきたローキック、パンチ、首相撲の対応がそのまま試合に出せた事が結果に繋がったと思います!絶対に気持ちで負けないと心に決めてました!狙い通りKOが出来て良かったです!また12月にテレビマッチが決まりそうなので気を抜かず次の試合もKOを狙って勝ちに行きます!応援ありがとうございました!」

 石井は年内に、もう一試合タイでテレビマッチに出場し、タイでの認知度をさらに高め、現在ランクインしているtrue4Uのフライ級の王座にさらに近づきたいところだ。

Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、テレビマッチで2R TKO勝ち:11.16 タイ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について