Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、草ムエタイで下した相手に連勝:5.8 ラジャダムナン

石井一成、草ムエタイで下した相手に連勝:5.8 ラジャダムナン

スック・ペットウィセート
2016年5月8日(日) タイ・バンコク・ラジャダムナンスタジアム
  Photo&Text H.soda 記事提供:早田寛 (シンラパムエタイ11号新発売


第7試合 メインイベント 110ポンド契約 3分5R
○石井一成(エクシンディコンジムJAPAN/東福岡高等学校3年在学)
×ペットエーク・ソーサクナリン
判定3-0

 今回のペットエークには3月21日の草ムエタイで石井一成が勝利しているが、その再戦がラジャで行われた。前回の草ムエタイのリングではラジャダムナンのよりもひとまわり小さかったためか、両選手の距離もつまり、石井の得意なパンチや蹴り数で圧勝できたが、このラジャダムナンのリングはある程度の広さがあるため、足を使って相手と距離を取りながらの試合、すなわち駆け引き的要素の強い試合運びとなるだろう。日本人の石井が、どのような間合いを取るのかが注目された。

 試合は初回、石井は前回闘った時と同様にジャブからのローキックの連蹴り。そして早くもペットエークのこめかみに右ハイキックをヒットさせる。この分だと早い回でのKO勝利の予感もした。
 だが2ランドに入り、ペットエークもすばしっこく後ずさりしながら、石井にミドルキックを見舞っていく。このペットエークのミドルキックは一発で効かす様な破壊力は無いものの、これをしっかりカットしなければ試合ペースを奪われていくよいうな厄介な蹴り数だった。
 それでも石井のローのヒット数が止まないため、3ラウンドに入りペットエークは首相撲に移行してきた。ここからペットエークのしつこい膝蹴り連打に、石井も一瞬ペースを奪われていくのか、という流れにあったが石井はこれを捌きで回避し、パンチのラッシュを叩き込む。
 4ラウンド、ペットエークは必死に組んで来ようとするが、石井は左フック・右ストレートを決めると、ペットエークが一瞬腰を落とす。レフェリーはこれをスリップとしカウントは数えなかったが、ジャッジや観衆に石井の優勢ぶりを印象付けた。
 5ラウンドに入り、挽回しようと前に出るペットエークに石井は顔面前蹴りを決めるなど、ペットエークの闘志までも奪い圧勝。試合は石井の判定勝利に。

 今回は2度目の対戦という事だったが、リングも大きなラジャダムナンということで、ペットエークも闘い方を変え石井に襲いかかってきた。石井の方も前回の4月13日のラジャダムナンでの敗北時から戸惑いもあったかもしれないが、ここにきてメンタル面でも強くなったのではないだろうか。
 石井一成は現在福岡東高校3年生であり、同校1年生の古村光とのタイ遠征であったが、こうした地道な遠征の積み重ねでさらに経験と実力を身に着けていく時期なのだろう。次戦は6月19日に名古屋でタップナー・ソーワリッサターと対戦予定だ。

◆石井一成
「今回のペットエークは、前回やった時より蹴りも早く重く対策されている様に感じでやりづらさはありましたが、終始ポイントが取れたので良かったです。課題は山々ですがメインで勝利できたことは自分にとって大きな自信になりました。これからも勝ち続けるように頑張ります!応援ありがとうございました!」

Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、草ムエタイで下した相手に連勝:5.8 ラジャダムナン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について