Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、タイ人選手の首相撲につかまり判定負け:4.13 ラジャダムナン

石井一成、タイ人選手の首相撲につかまり判定負け:4.13 ラジャダムナン

スック・ワンミットチャイ
2016年4月13日(水)タイ・ラジャダムナンスタジアム

  Photo&Text H.soda 記事提供:早田寛


第4試合 110ポンド(49.8kg)契約 3分5R
○ネオナー・シッソンラム(タイ/ペッティンディジム)
×イッセイ・エクシンディコンジム [石井一成](エクシンディコンジムJAPAN/東福岡高等学校3年在学)
判定3-0 (49-47/49-47/49-47)

 2月後半からサラブリ県、ノーナックシンジムで長期合宿を行っていた石井一成が、日本帰国を前にラジャダムナンスタジアムに参戦した。石井は3月21日にサラブリ県の草ムエタイにおいて快勝しており、どのような動きをみせてくれるか関係者の期待を集めた。対戦相手のネオナーはペッティンディー系列において、過去30戦の戦績を持つ18歳。石井とは互角の相手といえた。

 試合は初回から石井のローキックが軽快に決まる。ネオナーは石井の素早い蹴りをカットできず、多数のローキックを食らう。
 2ラウンドに入り、石井はローキックを軸にネオナーの様子をうかがう。ネオナーの足が効いてきた事は一目瞭然だったが、石井はここで焦らずじっくりネオナーと距離をとる。手数が少ないからかレフリーが打ち合いを則す場面もあったほどだ。
 3ラウンドに入り、石井はここから倒しに出るかという頃、ここでようやくネオナーは組んでききた。試合はそれまでとは一変し首相撲合戦の展開へと移る。ネオナーは膝の選手という事前情報通り、組んだ状態になって、はじめてその強さを見せ始めた。
 4ラウンドに入ってからも、この展開は変わらず膝合戦が続く。石井も膝の連打で応戦するも、体勢のやりとりでネオナーの方が有利な位置についていた。この3ラウンドからのネオナーの挽回で試合はネオナー優勢の印象が強くなった。
 最終5ラウンド、石井は顔面前蹴りや得意のパンチも決めたが、ネオナーはしぶとく組んで細かい膝でその場を凌いだ。最終ラウンドも終了し、ジャッジ採点は三者とも49-47でネオナーを勝者とした。

 石井は、初回、2ラウンドに決っていたローキックを、あのまま蹴り続けていたならば、また違った展開になったであろう。ひょっとしたら初回KO勝ちにつなげられていたかもしれない。だが、5ランドあるムエタイの試合で初回から攻めたからといって、判定時に有利になるといわれている賭け率が石井側に付くかといえばそうとは限らず、そこはムエタイの難しいところでもある。ここは石井にはもうひと踏ん張り首相撲強化に務めてもらい、首相撲が得意なネオナーのような選手とでも、真っ向から勝負できる強度を備える以外にはないだろう。
 試合後、エクシンディコンジム・タイランドのチャイ会長から、今後の練習方針について厳しく指導されるも、同時に今後の展開についても提案をもらった。もう5月はじめにタイでの次戦参戦も決まっており、石井はタイ関係者らからの期待に応えたいところだ。

Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、タイ人選手の首相撲につかまり判定負け:4.13 ラジャダムナン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について