Home > REPORTS > ムエタイ > 福田海斗、一階級下の現役ランカーに判定負け:3.7 ラジャダムナン

福田海斗、一階級下の現役ランカーに判定負け:3.7 ラジャダムナン

 現タイ国プロムエタイ協会フライ級王者・福田海斗(キング・ムエ)3月7日(月)のラジャダムナンスタジアム・ビックマッチ「スック ワンキントーン」に出場、ルンピニー・ラジャダムナン両スタジアムにランクインしている現役ランカー(ルンピニー・ミニフライ級5位、ラジャダムナン同級8位)・ルアンデート・サックビチャンと対戦した。

  レポート提供:キング・ムエ  写真提供:Muay Siam


第4試合 111ポンド契約 3分5R
×カイト・ウォーワンチャイ [福田海斗](キング・ムエ/タイ国プロムエタイ協会フライ級王者、ラジャダムナン同級1位、ルンピニー同級4位)
○ルアンデート・サックビチャン(タイ/タイ国プロムエタイ協会ミニフライ級王者、ルンピニー同級5位、ラジャダムナン同級8位)
判定0-3(47-49/47-49/47-48)



 今回は111ポンド契約、福田にとっては通常より少ない体重での試合で体格的には有利となるはずであったが、これが裏目に出ることになる。序盤、いつものようにじっくりと様子見の福田に対し、ルアンデートは時折高速のパンチコンビネーションで福田の顔を捉える。さらに左ミドルもヒット、ルアンデートのスピード感に福田は少々戸惑っているようだが、福田も負けじとワンツーをヒットさせる。
 第3ラウンド、前進する福田に対しルアンデートはいきなり豪快なコカシ技を決める。福田の戦法をよく研究しているようで、サウスポーにスイッチしながら福田を翻弄する。それでも福田は圧力をかけ前進するが、ルアンデートは下がりながらジャブ・左ミドルで先手を制し組ませない。
 第4ラウンド、福田は右ミドルで先制し、2発3発とクリーンヒットすると、場内はこの試合1番の盛り上がりをみせる。元々ムエカオであるルアンデートが前に出ない消極的な戦いであることをギャンブラーは嫌っているようだ。それでも、ルアンデートは福田の追撃を許さず、また福田も最後まで詰めきれず、お互いの決め手が噛み合わない試合となってしまった。
 
 最終ラウンド、ギャンブラーの苛立ちとは裏腹に、ポイント的に後がない福田はパンチと肘でKO狙い。終盤、福田の肘がヒットしルアンデートは流血するもストップまでには至らず、惜しくも福田の判定負けとなった。

 試合後、福田は「自分でもびっくりするくらい、途中でスタミナが切れ力が入らなかった」と減量の影響が大きかったことを告白した。長年ムエタイを見続けているベテランギャンブラーも「カイトは体格も大きいし、111~112ポンドではもう無理だ。113~115ポンドでないと彼の良さが生きないよ。」と階級アップを提案。福田陣営の今後の動向が気になるところだが、4月にもラジャダムナンスタジアムでの試合が決定している。対戦相手と契約体重がどうなるか注目だ。

Home > REPORTS > ムエタイ > 福田海斗、一階級下の現役ランカーに判定負け:3.7 ラジャダムナン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について