Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、テレビマッチで格上タイ人に判定勝ち:6.6 ルンピニー

石井一成、テレビマッチで格上タイ人に判定勝ち:6.6 ルンピニー

スック・ムエタイ・ルンピニー・グリッククライ
2015年6月6日(土) タイ・バンコク・ルンピニースタジアム

  記事提供:早田寛 HiroshiSoda


第4試合 体重ハンディマッチ 3分5R
○イッセイ・ウォーワンチャイ [石井一成] 109ポンド
×エークデチャー・シッモーナム 110ポンド
判定3-0 (50-47/50-47/50-47)

 石井一成がルンピニースタジアムのテレビマッチに参戦した。当初はペットパノムトゥアン・シットモンチャイ(タイ)と108P契約で闘う予定だったが、ペットパノムトゥアンの怪我により、試合の2日前に対戦相手が変更した。石井一成が109Pなのに対し、新たな相手、エークデーチャーは110Pというハンディマッチだ。エークデーチャーはバンコク出身の21歳、タイでの戦績が約80戦というから、石井よりも格上の相手といえよう。
 初回、エークデーチャーの動きは素早く、体の揺さぶりや細かなフェイントで石井の攻撃のタイミングを殺していく。石井はエークデーチャーとの距離を詰めていくが、2ランド終了まで大きな動きはなかった。
 3ラウンドに入り石井はすばしっこくさがるエークデーチャーとの距離を詰め、前蹴りから距離を探り、ローキック、そして返しのパンチへとつなぐ。4ラウンドに入り、ここで攻防が激しくなる。エークデーチャーが素早いミドルを繰り出すと、石井はローキックからパンチ、そしてミドルキックへとつなげた。石井のパンチを食らうエークデーチャーはむきになってミドルキックを合わせてきたが、さらに石井の左フック、そして右のストレートが決まるとエークデーチャーは顔を鼻血で染めた。
 
 それまで差のなかった勝敗賭け率が、ここで石井優勢5-1まで開く。最終ラウンドになり自信の不利を悟ったエークデーチャーは石井を倒しに迫ってくるが、石井はさらに前蹴りとパンチで退けた。ジャッジは3者とも50-47で石井一成の勝利とした。今回の石井は前半から手数が少なく、エークデーチャーのペースにはめられるか心配ではあったが、チャンスを見つけ一気に自分の攻撃に繋ぐことができた。

◆石井「急な対戦相手変更等ありましたが気にせずベストコンディションで挑めました。テレビマッチだったので緊張してなかなかペースを握れなかったけど、最後は自分の攻撃を見つけ、勝てて良かったです。応援してくれた方々ありがとうございました。また応援よろしくお願いします!」

Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、テレビマッチで格上タイ人に判定勝ち:6.6 ルンピニー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について