Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、劣勢から巻き返し判定勝ち:7.8 ルンピニー

石井一成、劣勢から巻き返し判定勝ち:7.8 ルンピニー

スック・ペッティンディー
2014年7月8日(火) タイ・バンコク・ルンピニースタジアム

  記事提供:早田寛(シンラパムエタイ


第10試合 103ポンド契約 3分5R
○イッセイ・ウォーワンチャイ [石井一成](エクシンディコンジムジャパン)
×ブアルアン・シッジャークン
判定3-0

 5月5日のラジャダムナンでのローキックのKO勝ち以来のタイ参戦。今回はルンピニースタジアムの大手、ペッティンディープロモーション興行に参戦だ。対戦相手は既に40戦の戦績があるブアルアンだ。試合前のワイクルー時に日本人の一成が相手コーナーに詰め寄り、刀で相手を切るシーンを披露すると場内も大喝采だ。
 試合は初回、互いにローを蹴り合い、相手の出方や癖を探ると、一成は直ぐに高い蹴りへとつないだ。そして相手の前蹴りを手で取りミドルキックを返すなど、一成はまずまずの動きをみせた。
 2ラウンドに入り、試合はこれまででは珍しく、いきなり首相撲での膝合戦に移行する。それまでは相手の捌きに対して力で対処する場面も多かった一成だが、前回のラジャダムナンの時と同様、相手の体重移動ををうまく察知し、体勢を入れ替えて膝を決めるなど良い動きを見せた。
 3ラウンドに入り、首相撲の攻防は続くが、組むまでの離れた距離で歯切れの良いローキックを多用。ブアルアンの太腿にしっかりとヒットさせた。だがブアルアンはそれでも、しっかりと蹴りを返してきた。試合の勝敗に影響されるとされている場内賭け率は、3ラウンド終了時点で2-1でブアルアン有利だった。
 4ラウンドに入り、一成はここで優勢をみせなければ、判定試合になった時に不利かもしれない。一成が日本人だというだけで、ギャンブラーからすればそれだけで不安素材となるからだ。だが、一成はここから蹴り数を増し多くのミドルをヒットさせると、なんと、ここで場内賭け率も一成側に付き2-1から3-1で一成有利とその差を広げた。
 
 最終ラウンドは、相手にこかされたりしない限り、一成有利の状態は堅く動かないだろう。一成は、ここからミドルキックと前蹴りを連発し離れた距離での試合に持ち込んだ。ブアルアンは一成のしつこい前蹴りの連打で自身の攻撃のリーチの中に入ってこれず、ここで試合終了ゴングが鳴る。

 ジャッジは3者とも一成を勝者とした。一成は、今月末7月31日、そして8月28日と続けてラジャダムナンの平日興行への参戦が決まってる。一成のこれまでの熱心なムエタイ参戦の積み重ねが、今回のルンピニーでの勝利を招いたといえる。もうそろそろギャンブラーや関係者からも顔を覚えられてきた頃だろう。次回のラジャダムナンでは、これまでよりもランクアップした相手との闘いとなるだろうが、しっかり調整し万全の状態で連勝を決めてほしい。

Home > REPORTS > ムエタイ > 石井一成、劣勢から巻き返し判定勝ち:7.8 ルンピニー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

TRY-EX(トライエクス)キックボクシングジム
JR総武線「市川」徒歩8分
2019年12月のジム移転の前にご入会して頂けると、月会費は永年、退会するまでの間は、11月現在の月会費のままの値段となります。入会するなら今がお得!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について