Home > REPORTS > ムエタイ > プルボー、帰国前最後の試合でタイトル獲得

プルボー、帰国前最後の試合でタイトル獲得

International Muay Thai Federation&Atma'Shere Entertainment Presents Muay Thai in America
2010年4月3日(土/現地時間) 米国カリフォルニア州サンタモニカThe Barler Hangar

 情報提供:JPMC  大会ホームページ
TBA(タイボクシング連盟) スーパーウェルター級チャンピオンシップ 3分5R
○クリストフ・プルボー(スイス/スクランブル渋谷)
×マライペット・ダイアモンド(米国/タイ)
判定2-1
※クリスが新王者に

 エンターテイメント業界でミュージシャンや演出家として活躍中のドン・マクドナルド氏がムエタイを更に拡める事を目的とし、米国カリフォルニア州・サンタモニカ空港脇の格納庫を会場に開催された同大会は、試合のみならず、様々な試行をを凝らし開催された。全8試合中、3試合がTBAのタイトル戦。メインに登場したクリスは、米国で活躍中の在米タイ人・マライペット選手を2-1の判定で下し、TBAスーパーウェルター級王者となった。

 1Rはお互いに様子を見ながら、お互い攻撃をしかけるという展開で開始。2R、最初にマライペットが仕掛けるが、クリスは応戦しながら徐々にプレッシャーをかけながら前に出る。時折マライペットは首相撲でうまさを見せるが、終了間際にクリスがマライペットをこかし好印象で2R終了。

 3R、マライペットが奇襲攻撃を仕掛け前に出て来るも、クリスは下がらず自分のペースを維持。中盤より疲れを見せ始めたマライペットに対し、スイッチをしながら前に出て攻撃を仕掛けるクリス。4R、今度はゴング開始から仕掛けるクリスに対し、マライペットは右ミドルで応戦。クリスはパンチから膝への攻撃をプレッシャーをかけ続ける。

 5R、疲れを見せるマライペットをコーナーにい詰めるクリスは、接近戦から右アッパーを出し、首相撲から飛び膝の奇襲攻撃をかけるなど、最後まで攻め続けた。決定打は無かったものの、終始前に攻め続けたクリスは好印象を与えた。

◆プルボー「これが最後の試合だと思うと凄くさびしいが、ここまで日本(スクランブル渋谷)で行ってきたトレーニングがこんな形で最後に世界ベルトを巻くことにより開花し、非常にうれしい。もちろんチャンピオンになれてうれしいし、今後スイスでジムを開く際によいアピールになる。皆さん、是非スイスに私を訪ねてきてください!」


TBA女子ライト級チャンピオンシップ 3分5R
○メリアム・ナカモト(米国)
×アンジェラ・パー(オーストラリア)
判定3-0
※メリアムが新王者に

TBA女子ライト級チャンピオンシップ 3分5R
○ロミー・アダンザ(米国)
×アンディ・ハウソン(オーストラリア)
判定2-1
※ロミーが新王者に

Home > REPORTS > ムエタイ > プルボー、帰国前最後の試合でタイトル獲得

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について