Home > REPORTS > ムエタイ > アヌワット、ウティデート戦11日前にラジャで奮闘

アヌワット、ウティデート戦11日前にラジャで奮闘

スック・ダウルンチューチャルン
2009年10月1日(木/現地時間) タイ・バンコク・ラジャダムナンスタジアム
  レポート&写真提供:シンラパムエタイ


第6試合 ムエタイルール フェザー級 3分5R(インターバル2分)
×アヌワット・ゲオサムリット(タイ/WPMF世界フェザー級&WMC世界ライト級王者、ムエタイ10冠王)
○モンコンチャイ・ペットスパーパン(タイ/ルンピニー・フェザー級5位)
判定0-3 (47-49/47-49/47-49)

 8月末もBBTV王者からローキックでKO勝ちを収めるなど、相変わらずパワフルな闘いをみせてくれるアヌワット。10月12日のディファ有明でのウティデート戦を前に、ラジャダムナンで現ルンピニー、フェザー級5位のモンコンチャイと闘った。

ローで攻めるアヌワットモンコンチャイも左ミドルで反撃

 初回アヌワットは、得意のローで圧しまくる。カットにてこずるモンコンチャイは、2Rに入り早速足を引きずり始めた。

 このまま豪快にKOしてウティデート戦につなぎたいところだが、ここからモンコンチャイの猛反撃が始まる。本来モンコンチャイは右ミドル主体だが、この日はアヌワットの弱点?と見られている左ミドルを多用。常に前進系で強打を集めるアヌワットのスタイルには、この左ミドルはキツかった。モンコンチャイの撓る左足が、アヌワットの主武器である右腕を襲う。

アヌワットの左フック死闘は最後まで続く

 3R、それでもこの日のアヌワットは下がらなかった。モンコンチャイもパンチの距離に付き合わざる得ない感じだ。両者相打ちを覚悟で前に出た。スピードのモンコンチャイと強打のアヌワット。もちろん相打ちの形になれば、豪腕アヌワットの方が有利だろう。

 4Rにはアヌワットのパンチが単発でモンコンチャイの顔面を捉えた。一瞬よろめくが、必死に体勢を戻すモンコンチャイ。アヌワットの一発がいつ当たるのか!?それだけの為に、場内はこの日集まったファンばかりだ。もう場内はどっちが勝とうが関係無い様な異常な沸き返りだ。

試合後、穏やかな顔に戻るアヌワット
 最終ラウンドまで両者の意地が互角に交差したが、それでも前半から蹴り数で圧倒したモンコンチャイが判定勝ち。  

 アヌワットは若干切れた額の傷は幸い浅かったものの、次戦の相手は強者ウティデート。実はアヌワットとウティデートとは2005年2月28日に対戦しており、その時はアヌワットが判定勝利を収めている。

 ここ最近にきて、さらに豪快さを増したアヌワットの闘いは、ガードの固いウティデートに、どう食い込んでいくのか、両者の衝突は非常に興味深いものだ。

Home > REPORTS > ムエタイ > アヌワット、ウティデート戦11日前にラジャで奮闘

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について