Home > REPORTS > ムエタイ > JMC横浜の武田一也がラジャダムナンで判定勝ち

JMC横浜の武田一也がラジャダムナンで判定勝ち

スッグ・ダウルン・チューチャルン・UBC
2008年12月21日(日) タイ・バンコク・ラジャダムナンスタジアム
(情報提供:JMC)
第1部 第3試合 154ポンド契約 3分5R(インターバル2分)
×ルンスリヤー・ケーサージム(タイ)
○武田一也(JMC横浜)
判定0-3 (47-49/47-49/47-49)

 当初、第6試合での出場予定だった武田だが、第3試合に変更となり、UBC衛星放送枠のセミに抜擢される形に。相手はUBC興行での常連選手で、その情報しかない状況の中での闘いとなった。
 1R、お互いが、探りあいの中、要所要所で攻撃を仕掛ける状況で終了。2R、ルンスリヤーが、右ローキックを主体に攻め始め、武田が押し込められる場面がありながらも、落ち着いて武田が攻撃を返す。
 3R、お互いが、アグレッシブルに攻め始め、首相撲からのヒジ打ちの応戦などで、観客のギャンブラー達も興奮し始める。4R、お互いがイーブンの状況のなかで、武田のテンカオなどが決まり始め、首相撲での
展開でも優勢になり、ギャンブラー達も武田の優位を確信し始める。
 5R、武田優位状況で、セコンドから相手をいなす指示が出て、ジャブと前蹴りで、まるでタイ人のようにルンスリヤーの攻撃をいなし始める。ルンスリヤーが試合を諦めたところで、試合終了となる。ジャッジ三者共に3-0で武田がタイの大一番で勝利をもぎ取った。


第2部 第1試合 120ポンド契約 3分5R(インターバル2分)
×ミーチョーク・マノップガーンチャーン(タイ)
○梅野源治(PHOENIXイケメン部)
2R KO

第2部 第7試合 147ポンド契約 3分5R(インターバル2分)
×セーンラーチャン・ソー.キングスター(タイ)
○YUTA(谷山/MA日本ウェルター級10位)
1R KO

Home > REPORTS > ムエタイ > JMC横浜の武田一也がラジャダムナンで判定勝ち

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について