Home > REPORTS > M-FIGHT > 梅野源治、ルンピニー元王者のランカーとドロー:9.21 有明

梅野源治、ルンピニー元王者のランカーとドロー:9.21 有明

M-FIGHT SUK WEERASAKRECK VII
2014年9月21日(日) ディファ有明
 ムエタイの殿堂・ルンピニー王座を目指す梅野源治は、スーパーフェザー級10位にして元フェザー級王者のシントンノーイと対戦。次第に左ミドルに対応し、3R・4Rとパンチと肘を当てて優位に試合を運んだが、惜しくもドローに終わった。
  レポート&写真:久保与志


第11試合 ルンピニースタジアム認定ランキング戦 スーパーフェザー級 3分5R
△シントンノーイ・ポー・テラクン(タイ/ルンピニー10位、元フェザー級王者)
△梅野源治(PHOENIX)
判定0-1 (48-49/48-48/49-49)

 1R、梅野がシントンノーイの奥足に左ローを集中すると、シントンノーイはこれを嫌ってかサウスポーにスイッチ。梅野はサウスポーに変わってもシントンノーイの右足に左ローを蹴り続け、シントンノーイの動きが止まるとパンチと肘のコンビネーションを打ち込む。シントンノーイが圧力をかけて組みにきても、梅野は肘打ちを入れるなど首相撲でもしっかりと応戦。シントンノーイは幾度となくローを浴びながらも前進を止めず、ラウンド終盤に梅野の蹴り足をキャッチして強烈な右肘、ストレートで脅かす。記者採点は9-10で梅野だが、タイ人ジャッジは様子見が慣例の1Rでは差をつけない可能性が高いか。



 2R、シントンノーイは前に出るプレッシャーを強め、左ミドルから強引に組んで梅野をロープに押し付けていく。梅野も左ミドル、右アッパーで応戦してシントンノーイの前進を止めようとするが、シントンノーイは圧力を弱めず、左ミドルで梅野を下がらせ、首相撲から肘、膝を放っていく。記者採点は10-9でシントンノーイ。
 3R、梅野がローを左右に散らすと、シントンノーイは左ミドルを連打して応戦。梅野はローでストップしてパンチと肘のコンビネーション、さらにはスイッチしての前手での右アッパーから左ミドルと様々な角度から攻撃を繰り出していく。シントンノーイは前に出て左ミドルを蹴るが、梅野はこれをブロックまたはキャッチしてシントンノーイのバランスを崩し、右ストレートや左右の肘をヒットさせていく。記者採点は9-10で梅野。



 4R、梅野は左ミドルをブロックしつつローや右ストレートをリターンし、梅野の攻撃でシントンノーイがついに下がり始める。梅野は首相撲も互角にこなすと、組み際に左肘、離れても左ミドルに合わせて右ストレートを何度もヒット。シントンノーイはミドルを封じられて手数も激減し、完全に梅野に押し込まれてしまう。記者採点は9-10、ここまでのトータルスコアは37-39で梅野。

 5R、シントンノーイが再び圧力を強め、左ミドルと肘打ちで前進しながら強引に組んで梅野をロープに押し込む。梅野は押し込まれながらもロー、肘で応戦して有効打は許さず。ロープ際で体を入れ替えて右肘、左ミドルをヒットさせる。残り1分のアナウンスがかかり、セコンドのウアントレーナーは勝利を確信したか試合を流すように指示。他のタイ人セコンドからはまだ行けという指示もあったが、梅野は信頼するセコンドの声に従い大きく距離を取って勝利をアピール。シントンノーイもこれを追わず、自らも手を挙げて勝利をアピールし試合終了のゴング。



 5Rの記者採点は10-10、トータルスコア47-49で梅野。判定は1者が48-49で梅野につけたが、残り2者は48-48、49-49をつけて0-1のドロー決着に。改めてムエタイ判定の難しさが浮き彫りとなったが、梅野が目指すルンピニーの頂でタイ人をKOするのは至難の業であり、トップランカー相手に判定で競り勝つための良い試金石となった試合かもしれない。

 試合後、梅野は「勝ったと思ったけど、結果が出た以上は文句を言ってもしょうがない。相手は強い選手だとわかっていたけど、それでもトレーナーは勝てると言ってくれたし、不安も全然なくて負ける気はしなかった。でも練習していたことが全然出せなかったし、まだまだ強くなれるなと感じました」と試合を振り返り、「前のインタビューでも言いましたけど、まだまだ試合経験が足りない。もっと試合経験をつんで、会長、ウアン、ビンさんやお世話になった人に本当に凄いと思ってもらいたい」とタイ人並みのスパンでの試合経験を望んでいる様子だった。


第10試合 WPMF世界フェザー級タイトルマッチ  3分5R 
○スターボーイ・クワイトーンジム(タイ/王者、タイBBTV 10位)
×長嶋大樹(ONE'S GOAL/挑戦者、WPMF日本王者)
1R 2'35" KO(右ミドルキック)
※スターボーイが防衛

 1R、いかにもムエカオといった体つきのスターボーイに対し、長嶋は速い右ローを蹴って先手を取っていく。スターボーイは強烈な右肘、ストレートを振るって距離を詰めると、首相撲に持ち込んで膝蹴りを入れていく。長嶋も左フック、右ストレートで応戦するが、豪快に右肘を振るって前に出るスターボーイの圧力に押され気味に。徐々に追い詰められ、左ジャブを出して頭が下がったところにスターボーイの右ミドルが顔面にクリーンヒット。この一撃で長嶋はダウンを喫すると、何とか立ち上がるも足元がふらついているのを見てレフェリーが試合をストップ。スターボーイが圧巻の強さを見せて王座を防衛した。




第9試合 WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ 2分5R
○Little Tiger(WSRフェアテックス/Team Tiger/王者)
×ペッタンヤー・モークルンテープトンブリー(タイ/挑戦者)
4R 1'23" TKO(レフェリーストップ:タオル投入)
※Little Tigerが防衛



 1R、Tigerが横蹴りでペッタンヤーを蹴り離しつつ、左ローを奥足とインに蹴り分けてダメージを与えていく。ペッタンヤーも右ミドルをリターンしていくが、かなり体格差があり、プレッシャーでロープ際に詰められてしまう。2Rも同様の展開が続き、3Rに入るとTigerがパンチも積極的に出し始めるが、ペッタンヤーの顔面のガードは固くクリーンヒットは奪えない。ラウンドも終盤に入ったところで、Tigerの左ミドルがボディにヒットすると、ペッタンヤーは効かされたか動きが完全に止まり、ローとパンチの連打をもらい防戦一方に。何とかゴングに救われるがすでに戦意喪失気味に見える。
 4RもTigerがローと前蹴りでペッタンヤーを追い詰め、左ローの連打でペッタンヤーが棒立ちになったところでセコンドがタオルを投入し、TigerがTKOで王座防衛を果たした。


第8試合 WPMF世界女子フライ級王座決定戦 2分5R
○いつか(新宿レフティージム/WPMF日本女子王者)
×ペッベンチャー・モークルンテープトンブリー(タイ)
判定3-0 (49-48/49-47/49-48)
※いつかが新王者に



 1R、いつかは右ローを蹴りながらワンツーで詰めていく。ペッベンチャーも蹴りを返すが、いつかの勢いに押されて下がり、ラウンド終盤にはいつか何発か右ストレートをヒットさせる。2Rもいつか優勢に試合を進め、ローを着実に当てながら、右ストレート、バックブローをヒット。ペッベンチャーは首相撲に持ち込んで膝を入れようとするが、フィジカルで勝るいつかに強引に振りほどかれてしまう。
 3Rに入ると、ペッベンチャーが自ら前に出て組みにいくが、いつかはペッベンチャーの組みつきを捌きながら右ミドルと左右のフックを打ち込む。4Rはミドルの応酬から、ペッベンチャーが蹴り足をキャッチしてのロー、ミドルで反撃に転じる。いつかは組付かれると強引にバックブローやプッシングで離そうとするが、次第に首相撲に持ちこもれる場面が増えてくる。
 5R、ペッベンチャーがいつかの蹴りをキャッチして右ストレートをヒット。いつかはパンチで前に出てバックブロー、さらに右ローを連打して流れを引き戻し、ローが効いてきたかペッベンチャーは前足を引きずり始める。ペッベンチャーも前に出て右肘をヒットさせるが、直後にいつかが右ストレートを当て返して試合終了のゴング。記者採点は1、2、5Rをいつか、4Rをペッベンチャーが取って49-47でいつか。判定は3-0でいつかに軍配が上がり、いつかがWPMF世界のベルトを腰に巻いた。




第7試合 スーパーライト級 3分5R
○カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス/WPMF世界暫定王者)
×加藤真也(平井道場/WPMF日本5位)
3R 2'28" TKO(ドクターストップ:肘打ちによる額のカット)

 カノンスックは見るからに調整不足の体つきで、左ロー、肘打ちで先手を取っていくが、ところどころで加藤のテンカオをもらって後退する。3Rに入ると互いに肘打ちの応酬となり、カノンスックが左肘で加藤の眉間をカット。ドクターチェックから一旦は再開されたが、出血が激しくなると再びチェックからストップが入り、カノンスックがTKO勝ちした。


第6試合 フェザー級 3分3R
○鷹大(WSRフェアテックス蕨/WMC世界スーパーバンタム級王者)
×下東悠馬(クラミツムエタイジム/REBELS-MUAYTHAI 6位)
1R 2'15" TKO(レフェリーストップ:右フック)

 立ち上がりから鷹大が左ボディと右ローで軽快な攻めを見せると、ラウンド終盤に左ボディから右フックのコンビネーションで鮮やかにダウンを奪い、レフェリーが試合をストップしてTKO勝ちを収めた。


第12試合 ウェルター級 3分3R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)
×ヒデオ(平井道場)
4R 2'04" TKO(レフェリーストップ)

第5試合 WPMF日本ライト級次期挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
×中尾 満(エイワスポーツジム)
○遠藤信玄(Team tiger KGT)
判定0-3 (29-30/28-30/28-29)

第4試合 バンタム級 3分3R(延長1R)
○片島聡志(WSRフェアテックス池袋/WPMF日本スーパーフライ級王者)
×知花デビット(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONバンタム級1位)
判定3-0 (30-29/30-28/29-28)

第3試合 WPMF日本バンタム級次期挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
○林 敬明(TSK japan)
×大澤達也(エイワスポーツジム)
判定3-0 (30-28/29-28/29-28)

第2試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
×貴雅(WSRフェアテックス西川口/WPMF日本6位)
○NOBU BRAVELY(BRAVELY GYM)
判定0-3 (28-29/28-29/29-30)

第1試合 ウェルター級 3分3R(延長1R)
×允明(土浦ジム/元MA日本王者)
○J(TSK Japan/WPMF日本9位)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)
※2R右ストレートで允明にダウン1

オープニングファイト第2試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
○峯山竜哉(WSRフェアテックス蕨)
×潮田昌紀(レジェンドジム)
判定2-1

オープニングファイト第1試合 スーパーバンタム級 3分3R(延長1R)
○出口優佑(WSRフェアテックス池袋)
×今井良次(ポゴナクラブジム)
判定3-0

Home > REPORTS > M-FIGHT > 梅野源治、ルンピニー元王者のランカーとドロー:9.21 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ