Home > REPORTS > M-FIGHT > 長島☆自演乙☆雄一郎が判定勝ち。RISE王座奪りに意欲:10.14 有明

長島☆自演乙☆雄一郎が判定勝ち。RISE王座奪りに意欲:10.14 有明

M-FIGHT 蹴拳13
2013年10月14日(月/祝) ディファ有明
 長島☆自演乙☆雄一郎は肘無し、両手でつかんでの膝は1発のみ可能なK-1スタイルのルールでタイ人と対戦。度重なるクリンチで攻撃を寸断され手を焼いたが、パンチを確実に当て続け判定勝ちした。試合後のインタビューでは「国内だったら今僕が一番狙いたいのはRISEの67.5(ウェルター級)のベルトです」と新たな目標を掲げた。
  レポート&写真:井原芳徳


Part 2


第14試合 メインイベント 蹴拳Impressionルール ミドル級 3分3R(延長1R)
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント優勝)
×タヌンサック・スラナリージム(タイ)
判定3-0 (29-27/28-27/29-27)

 M-FIGHT初参戦の長島は大会前のインタビューで、人気漫画「進撃の巨人」の英語タイトル「ATTACK ON TITAN」をもじり、「ATTACK ON TAIJIN」との意気込みを述べ、「進撃の巨人」をテーマにしたコスプレで登場する。
 今回長島が戦う「蹴拳Impressionルール」は肘無し、両手でつかんでの膝は1発のみ可能なK-1スタイルのルールだが、タヌンサックがクリンチを多用し、試合の持ち味を殺すことに。開始すぐ、タヌンサックの組み付き際にバッティングとなり、長島が左まぶたを腫らしてしまう。長島はそれでも左ボディフックと右の顔面狙いのフックのコンビネーションを決めるが、パンチの後にタヌンサックに組み付かれる場面が次第に増え、攻撃が寸断される。長島はまぶたからの出血が目に入り、その影響で視界もふさがり、距離感がつかみにくくなる。



 3Rになってもクリンチが続き、少レフェリーは両者に減点1を宣告。とばっちりを受けてしまった長島は、これに奮起し右フックをクリーンヒットさせると、タヌンサックは前のめりにダウン気味にスリップする。その後もタヌンサックはクリンチを繰り返し、今度はタヌンサックにのみ減点1。長島はパンチを当てては組み付かれる展開が続き、判定勝ちを果たしたものの、盛り上がりに欠ける試合をしてしまったことを詫び、四方に向かって土下座した。



 控え室に戻った長島は「今日の試合だと申し訳ない。いろんな人に謝りたいですわ」と内容を反省。今後については「国内外問わずいっぱい試合をしたいですね。少しずつ体重を落として、国内だったら67.5kgを目指して行きたいです。今僕が一番狙いたいのはRISEの67.5(ウェルター級)です」と新たな目標を掲げた。RISEウェルター級は今年7月から本格始動し、渡部太基(藤原ジム/元WPMF日本ウェルター級王者)、ダニロ・ザノリニ(ブラジル/TS GYM/ブラジリアン・タイ/HEATキックルール・ミドル級(70kg)王者)が7月と9月の大会で勝利し、11月4日のRISE有明大会で初代王座を争う。ここに長島も絡めばさらに面白くなりそうだ。
 さらに長島は「練習拠点も関西に戻そうかな、と。東京に留学してたんですけど、魁塾に戻って、K-1まで一緒に来た三好(嘉貴)トレーナーとタッグ組んで、もう1回ベルト巻きたいですね。いずれは地元で自分のジムを開きたい夢があるんで、関西に地盤を作りたいのもあります」と語った。


第13試合 セミファイナル 61kg契約 3分5R
○SHIGERU(新宿レフティージム/WPMF世界スーパーフェザー級暫定王者)
×コンゲンチャイ・エスジム(タイ)
5R 2'44" KO (左ボディフック)



 コンゲンチャイは昨年7月に増田博正に肘でTKO勝ちし、今年に入ってからも2月に翔センチャイジムと対戦し、2ダウンを奪われながらも肘打ちで逆転TKO勝ちしている曲者だ。1Rは均衡状態が続いたが、2Rに入るとSHIGERUがサウスポーのコンゲンチャイに右のミドル、ローを当てる場面が増え、コンゲンチャイはオーソドックスにスイッチするように。3RにはSHIGERUがパンチの連打でコンゲンチャイを追い詰め、終盤にはサウスポーに戻したコンゲンチャイに左右のローを当て苦しめる。4RもSHIGERUペースで、コーナーに詰めてのパンチラッシュでダウン寸前まで追い詰める。コンゲンチャイもしぶとく、なかなかダウンせず、肘や右ハイをお返ししてSHIGERUを脅かすものの、SHIGERUは5Rに突入してもスタミナを切らさず攻め続け、残り1分に上段回し蹴りでコンゲンチャイの動きを止めると、最後は左のボディフックを豪快に叩きこみノックアウト。判定でも勝てる試合だったが、きっちりとKOで勝負を決めてみせ、会場を沸かせた。




第12試合 蹴拳Impressionルール 女子フェザー級 3分3R(延長1R)
×リンジー・ボール(カナダ/リンジージム/WPMF世界女子フェザー級王者)
○AZUMA(y-park/NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者)
判定0-3 (27-30/27-29/28-30)

 AZUMAが1R、左のジャブからの右ストレートを度々当てて、右ストレートの連打でスタンディングダウンを奪う。左ミドルも効かせ、パンチを的確に当て続け優勢。2R中盤になるとボールも左ジャブ、左前蹴りを駆使し、少しずつ五分に近づけ、3Rは左ストレート、右ミドルでAZUMAを苦しめるが、AZUMAもバックスピンキックやバックハンドブローの奇襲でボールの反撃を最小限に食い止め、現役WPMF世界王者から勝利をもぎ取った。


第11試合 蹴拳Impressionルール ヘビー級 3分3R(延長1R)
○工藤勇樹(エスジム/WPMF日本ライトヘビー級2位)
×古田太一(正道会館)
判定3-0 (28-27/28-27/28-26)
※2R、3R、両者にクリンチ多用で減点1

第10試合 WPMF日本ライト級次期挑戦者決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
×加藤剛士(WSRフェアテックスジム/WPMF日本スーパーライト級5位)
○高橋幸光(はまっこムエタイジム/J-NETWORKライト級3位)
判定0-3 (28-29/28-29/28-30)

 両者サウスポーで、1Rは加藤が飛び込むように放つ伸びのある左ストレートを時折ヒットさせ優勢。だが2Rに入ると高橋が左ローが効かせて主導権。3Rは高橋が左のロー、ミドル、膝、ストレートの手数で上回り、苦しみながらも判定勝ちを果たした。


第9試合 WPMF日本スーパーフライ級次期挑戦者決定トーナメント一回戦 3分3R(延長1R)
×優希(Desperado/WPMF日本バンタム級1位、J-NETWORKスーパーフライ級1位)
○片島 聡(藤原ジム/WPMF日本バンタム級6位)
4R 判定1-2 (10-9/9-10/9-10)

第8試合 70kg契約 3分3R(延長1R)
×アーサー・雅仁(習志野ジム/Innovationスーパーウェルター級1位)
○ラーサシー・ヨーサンジム(タイ/ヨーサンジム)
判定0-3 (28-29/28-29/29-30)

第7試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
×清川祐弥(新宿レフティージム/WPMF日本3位)
○久世秀樹(RANGER品川ジム/J-NETWORK 2位)
判定0-3 (28-29/29-30/29-30)

第6試合 蹴拳Impressionルール ヘビー級 3分3R(延長1R)
○野尻和樹(RANGER品川ジム/RISE 9位)
×ロッキーバルムラ(翔拳道)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第5試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
○広センチャイジム(センチャイムエタイジム/NJKF 8位)
×ダイキ(FLAT UP)
1R 0'22" TKO

第4試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○津橋雅祥 (エスジム/WPMF日本6位)
×ドラッグ良矢(HOSOKAWAジム)
2R 0'24" TKO

第3試合 ウェルター級 3分3R(延長1R)
×土屋 忍(Y'ZD GYM/WPMF日本8位)
○J(TSK JAPAN)
1R 1'27" TKO

第2試合 スーパーライト級 3分3R
○高野敦大(湘南格闘クラブ)
×ルシファー(橋見塾)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

第1試合 フライ級 3分3R
○城戸良星(平井ジム)
×岩波悠弥(橋本道場)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

Part 1


第7試合 メインイベント WBKF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○リヨン樺沢(國土會/王者、WMF世界フェザー級王者)
×サコンレック・ティプナパー(タイ/挑戦者、元オームノーイ・バンタム級王者)
1R 2'55" TKO
※樺沢が防衛

第6試合 蹴拳Impressionルール フェザー級 3分3R(延長1R)
○蓮見龍馬(y-park/RISEフェザー級(57.5kg)8位)
×工藤政英(新宿レフティージム)
1R 0'47" TKO

第5試合 スーパーフライ級 3分3R(延長1R)
×稼頭徳(JTクラブジム/J-NETWORK 7位)
○土橋朋矢 (新宿レフティージム/WPMF日本7位)
判定0-3 (28-30/28-30/27-30)

第4試合 スーパーバンタム級 3分3R(延長1R)
×出口優佑(WSRフェアテックスジム)
○津田鉄平(新宿レフティージム/WPMF日本10位)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)

第3試合 NEXT HERORS CUP バンタム級決勝 3分3R(延長1R)
○勝也(JTクラブジム)
×みーつAtsukimuaythai(アツキムエタイジム)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

第2試合 67kg契約 3分3R
○雄一(習志野ジム)
×助川秀之(TARNING POINT KBX)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第1試合 スーパーライト級 3分3R
×まさきラジャサクレック(ラジャサクレック・ムエタイジム)
○ブルース・そう?(翔拳道)
判定2-0 (29-28/28-27/28-28)

Home > REPORTS > M-FIGHT > 長島☆自演乙☆雄一郎が判定勝ち。RISE王座奪りに意欲:10.14 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について