Home > REPORTS > M-FIGHT > ゲーオ、肘とパンチで梅野源治を2R KO:9.15 有明

ゲーオ、肘とパンチで梅野源治を2R KO:9.15 有明

M-FIGHT SUK WEERASAKRECK III
2013年9月15日(日) ディファ有明
 ムエタイの聖地・ルンピニースタジアムのランキング査定試合で梅野源治の相手に選ばれたのは、元フェザー級王者のゲーオ・フェアテックス。最近はスーパーライト~ウェルターの試合が続き、減量苦が心配されたが、ゲーオも梅野との対戦を熱望していたこともあり、調整は完璧。2Rに左肘とパンチでダウンを立て続けに奪い完勝した。

  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


Part.2


第12試合 ルンピニースタジアム認定ランキング査定試合 60kg契約 3分5R
○ゲーオ・フェアテックス(タイ/元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者、元ルンピニー・フェザー級王者、元タイ国プロムエタイ協会2階級王者)
×梅野源治(PHOENIX/元WPMF世界スーパーフェザー級王者)
2R 1'14" TKO (3ダウン:左ストレート)

 梅野が当初戦う予定だったポートートー・ペッルンルアンはルンピニー・スーパーフェザー級10位の選手だったが、7月のルンピニーでの試合で敗れ、ランク外となってしまい、代役を探した結果、なんとゲーオが選ばれた。最近のゲーオは昨年9月からM-FIGHT(前身のM-1含む)に連続参戦し、菅原勇介渡部太基田中秀弥らスーパーライト~ウェルターの日本の実力者相手に5試合連続で圧勝している。

 今回の試合は元々のゲーオの適正体重。2年半ぶりに減量しての試合だったといい、前日計量は59.4kgとややアンダーながら、体の張りを見る限りコンディションは良さそうだ。試合前のインタビューでも「日本で試合を何度か見てるけど、日本ではあのクラスの中では一番強い選手と認識してます。(今大会のプロモーターの)ウィラサクレック会長にずっと梅野選手と試合させてほしいとお願いしてたから、うれしいです」と話しており、この試合に向けきっちり仕上げてきたようだ。会場にはゲーオと戦ったことのある山本元気や、佐藤嘉洋、野杁正明、久保優太といったトップファイターが来場し、大一番を見守る。



 開始すぐから、ゲーオがサウスポーからの右ハイで先手を取ると、左ストレート、左ミドルを叩きこみ、梅野の左前蹴りをすくっての右ハイもヒット。左のインローや左ボディストレートも当てると、梅野は両手を開き効いてないとアピールする。梅野は左のジャブ、左の前蹴りをお返しし、首相撲の展開でもほぼ互角ではあったが、次々色んなバリエーションで繰り出されるゲーオの攻撃について行くのがやっとの様子だ。



 2R、ゲーオが左ハイを当てた後、左ストレートで前に詰めると、梅野が右ストレートで迎撃し一瞬ゲーオの動きを止める。だがゲーオはすぐペースを取り戻すと、梅野の組み付き際に左肘をクリーンヒットしダウンを奪取。立ち上がったものの梅野は足に来ており、ゲーオはパンチの連打で再びダウンを奪取。最後は左ストレートでマットに沈め完勝した。






◆ゲーオ「今回は体調も良くて自信があったんですけど、予想以上に梅野選手がスピードがあって驚きました。チャンスがあったのでラッキーでした。ダウンを取った肘打ちは凄い感触だったのに、それでも立ってきたのは立派です。ジムでは(スーパーウェルター級の)ヨードセングライが首相撲の練習に付き合ってくれて、ジムが一丸となって僕を助けてくれました。(作戦は?)向こうが見てくれば自分も見ていくつもりだったんですが、結構攻めて来たので、自分も同じように返しました。たぶん僕の減量がキツいと予想して、腹を狙ったんでしょうけど大丈夫でした(梅野の強さはタイではどれぐらい?)ルンピニーで10位に入るか入らないかぐらいじゃないかな」

※梅野はノーコメント



第11試合 WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ 2分5R
×テップサー・ソーティップジャルン(タイ/WPMF&WMC世界同級王者)
○Little Tiger(WSRフェアテックスジム三ノ輪/Team F.Tiger/挑戦者)
判定0-3 (48-49/47-49/47-50)
※Little Tigerが新王者に

 Tigerは6月のSUK WEERASAKRECKでWPMF世界女子ミニフライ級暫定王座に挑んだが獲得に失敗。同じ大会でライバルのちはるがテップサーの持つ王座に挑んで敗れている。Tigerはサウスポーからの右サイドキックや左ミドル、テップサーは右ミドル主体で、3Rまでほぼ五分の展開で、3Rは判定が三者三様になったが、4Rに入るとTigerの左インローが効き目を発揮。足の止まったテップサーにTigerが右の前蹴りや左右のハイも叩き込み圧倒する。5Rも執拗な左ローでテップサーを棒立ちにし、得意の首相撲の展開にも持ち込ませず完勝した。


第10試合 WPMF世界スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
×ムアンポン・N&Pボクシング(タイ)
○一戸総太(WSRフェアテックスジム三ノ輪/元WPMF日本王者)
4R 2'43" TKO (レフェリーストップ:左ハイキック)
※一戸が新王者に

 バンタム級、スーパーバンタム級でWPMF日本王座を獲得した一戸が世界王座に初挑戦。相手のムアンポンは17歳の選手。一戸は2Rからパンチとローのヒットを増やし優勢に。3Rには右ストレートでぐらつかせ、右ロー、バックスピンキックでもムアンポンを苦しめる。4Rになるとローが効き目を発揮し、最後は得意の左ハイキックで豪快にKO。タイトルを獲得した。



第9試合 WPMF日本フェザー級王座決定戦 3分5R
×梅原ユウジ(STRUGGLE/WPMF日本1位)
○長嶋大樹(ONE'S GOAL/WPMF日本2位)
判定0-3 (47-50/47-50/46-50)
※長嶋が新王者に

 両者は3度目の激突。2011年の初対決は梅原が肘で勝利し、昨年5月のリマッチでは長嶋が右ストレートでTKO勝ちしリベンジした。過去2戦は王座挑戦者決定戦で、王座を賭けての戦いは初めてだ。
 1Rは均衡状態だったが、2R、長嶋がうまくプレッシャーをかけるようになり、右のストレート、膝、ローを的確にヒット。ラウンド終盤にはパンチの連打でコーナーに詰めてダウン寸前まで追い込む。3R以降、梅原も右ローを当てるようになるが、長嶋は回ってうまく距離を取りながらパンチやミドルをお返し。2Rほど明確にダメージや手数で差をつけるラウンドは無かったが、主導権をキープし、ポイントで大差をつけ完勝した。


第8試合 WPMF日本スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
○鷹大(WSRフェアテックスジム蕨/WPMF日本2位)
×渡辺優太(エイワスポーツジム/WPMF日本3位)
判定3-0 (50-47/50-46/50-46)
※鷹大が新王者に

 一戸が6月に日下部竜也を破り日本王座を獲得した後、世界王座挑戦のため返上。その王座を巡り、16戦目、20代前半と共通点のある両者が激突したが、鷹大がパンチと右ミドルでサウスポーの渡辺を2R以降圧倒。ジムの先輩の持っていたベルトを手にした。




第7試合 ウェルター級 3分5R
×田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級2位)
○コンフェー・エスジム(タイ/エスジム)
判定0-3 (47-50/47-50/47-50)

 1Rからコンフェ―がサウスポーからの左ミドルを的確に当て主導権。2Rからは首相撲の展開でも田中の攻撃を封じる。3Rも左ミドル、肘、ストレートで田中を苦しめ圧倒。4R以降はスタミナの落ちてきたコンフェ―を田中がパンチで追い詰める場面もあったが、首相撲等でうまくかわされ逃げ切られた。


第6試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
×田中秀和(橋本道場/WPMF日本スーパーライト級王者)
○ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

 1Rからゴンナパーがサウスポーからの左ミドル、ロー、テンカオを何発も当て田中を圧倒。ミドルで田中を吹き飛ばす場面も度々あり。田中は完敗に終わった。防衛戦は同じくサウスポーからの左ミドルを得意とする野呂瀬が相手で、その対策が防衛戦の課題となりそうだ。


第5試合 WPMF日本スーパーライト級王座次期挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)
×大石駿介(OISHI GYM/WPMF日本1位、J-NETWORK王者)
○野呂瀬博之(STRUGGLE/WPMF日本2位、NEXT HEROES CUP優勝)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

 プロデビュー以来7戦7勝の新鋭・野呂瀬が、サウスポーからの左ミドル、テンカオを駆使。2Rにはテンカオの連打で大石の動きを止める。大石も2Rから右のローを駆使し、3Rには右のストレートや左ボディを当てるが、最後まで野呂瀬を崩せなかった。


第4試合 日タイ国際戦高校生対決 フライ級 3分3R
○隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)
×ブアキーオ・ソーウォントン(タイ)
判定3-0 (29-28/29-28/29-27)

第3試合 スーパーライト級 3分3R
○貴雅(WSRフェアテックス蕨)
×川又恭平(大誠塾)
判定

第2試合 スーパーライト級 3分3R
△JYO(大誠塾)
△マサ佐藤(真樹ジムオキナワ)
判定0-1 (28-29/29-29/29-29)

第1試合 54kg契約 3分3R
×羽月カズヒロ(トライエクス)
○秀和ラジャサクレック(ラジャサクレック)
1R 2'42" TKO

オープニングファイト スーパーライト級 3分3R
×加納良矩(WSRフェアテックス天王台)
○長谷川健(RIKIX)
判定0-3 (29-30/29-30/28-30)

Part.1


※結果は追って掲載いたします。

第10試合 WPMF日本フェザー級新人王トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)
大澤達也(エイワスポーツジム)
東風シンジロウ(JTクラブジム)

第9試合 メインイベント ウェルター級 3分3R(延長1R)
喜入 衆(フォルティス渋谷/元J-NETWORKスーパーライト級王者)
重宗(TSKjapan)

第8試合 セミファイナル フライ級 3分3R
薩摩3373(TARGET/WPMF日本スーパーフライ級3位)※薩摩サザ波 改め
ラジャサクレック(タイ/ラジャサクレック・ムエタイジム)

第7試合 ライト級 3分3R(延長1R)
落合 淳(STURGIS新宿ジム/WPMF日本スーパーライト級7位)
下丈一朗(TARGET/WPMF日本スーパーフェザー級8位)

第6試合 バンタム級 3分3R(延長1R)
林 敬明(TSKjapan/元TRIBELATEスーパーバンタム級王者)
ウバイ(WSRフェアテックスジム/WPMF日本フライ級5位)

※第3〜5試合は関東×関西ジュニア対抗戦

第2試合 スーパーフェザー級 3分3R
白井達也(大誠塾)
ANDI SIN(WSRフェアテックスジム西川口)

第1試合 ミドル級 3分3R
スッポン皇帝(ダイケンジム)
小嶋広樹(WSRフェアテックスジム幕張)

Home > REPORTS > M-FIGHT > ゲーオ、肘とパンチで梅野源治を2R KO:9.15 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について