Home > REPORTS > M-FIGHT > 梅野源治&神村エリカ、タイ人選手を1R KO:6.16 有明

梅野源治&神村エリカ、タイ人選手を1R KO:6.16 有明

M-FIGHT Suk WEERASAKRECK II
2013年6月16日(日) ディファ有明
 K-1、RISEでの試合の続いていた梅野源治が、昨年6月のM-1以来1年ぶりに打倒ムエタイ路線に復帰。元オームノーイスタジアム王者をローキックで攻略し、1Rで沈めた。神村エリカもタイ人選手を1RでKOし、WPMF世界女子ミニフライ級王座を初防衛したが、他のWPMF世界女子王座戦に臨んだ日本人4選手はタイ勢相手に完敗。田中秀弥もゲーオ・フェアテックスにKOされ、明暗がくっきりと分かれた。
  レポート&写真:久保与志(Part.2)、井原芳徳(Part.1)


Part.2(夜の部)



第9試合 ダブルメインイベント1 スーパーフェザー級 3分5R
○梅野源治(PHOENIX/元WPMF世界スーパーフェザー級王者)
×ルードペット・ポーワラシン(タイ/元オームノーイスタジアム王者)
1R 2'01" KO(左ローキック)



 1R、梅野は開始すぐに鋭い左ミドルを見せると、その後も奥足への左ロー、ミドルを蹴って強いプレッシャーをかけていく。1Rから攻めに出てきた梅野の攻撃に戸惑ったか、ルードペットはまともに手を出せずに防戦を強いられ、梅野の強烈な右ローで大きく体が流れる。梅野はパンチも織り交ぜながら左右の蹴りで圧力をかけ続け、ルードペットをコーナーに詰めて左ローを見舞うと、ルードペットは崩れ落ちるようにダウン。ルードペットは苦悶の表情を浮かべたまま立ち上がることが出来なかった。




 相手に何もさせずに圧勝した梅野だが、マイクを渡されると「せっかく皆さんに高いチケットを買って見に来てもらったのに、1Rでこんな形で終わってしまって…相手もランカーに勝ったこともある強い選手だと聞いてたし、今日のためにきつい練習やってきて、それなのにこんなに早く終わっちゃってすいませんでした」とムエタイ路線復帰に迎えた相手のレベルに納得がいかなかった様子で悔し涙を滲ませていた。


第10試合 ダブルメインイベント2 ウェルター級 3分5R
×田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級2位)
○ゲーオ・フェアテックス(タイ/元WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者、元ルンピニー認定フェザー級王者、元プロムエタイ協会2階級王者)
2R 2'06" KO(左肘打ち)



 1R、いきなり左ハイを見せるゲーオ。田中も右ミドルを返し、パンチとローで距離を詰めていく。ゲーオは田中の右ミドルを捌きながら左ストレートを狙いつつ、左ハイを浅くヒット。ラウンドも後半に入ると、ゲーオが徐々にギアを上げていき、左ストレートで田中をグラつかせて左肘で追撃。攻勢を印象付けてラウンドを終える。記者採点は9-10でゲーオ。



 2R、奥足へ強烈な左ローを見舞うゲーオ。そこから左ボディストレートで距離を詰めると、田中もパンチと肘のコンビネーションで応戦し、ゲーオが左目尻をカット。これで火がついたか、ゲーオは左ストレートで田中を下がらせて組み肘と膝蹴りを連打。膝蹴りをボディに突き刺して田中の腹を効かせると、離れようとする田中に右ハイを叩き込んで反対側のロープ際まで吹っ飛ばす。ゲーオは攻め手を緩めず組み膝と左ストレートで追撃し、最後は左肘を顎に直撃させてダウンを奪い、田中は立ち上がれずにノックアウト。ゲーオがスピードの違いを見せつけてKO勝ちを収めた。




第8試合 セミファイナル スーパーフライ級 3分5R
×松崎公則(STRUGGLE/WPMF日本スーパーフライ級王者)
○ティンリー・リバイバル(タイ/元ラジャダムナン認定フライ級2位、元タイ南部統一フライ級王者)
判定0-3(48-49/49-50/47-49)

第7試合 WPMF世界女子フライ級王者決定戦 2分5R
×トモコSP(WSRフェアテックスジム/WPMF世界女子フライ級5位、J-GIRLSフライ級王者)
○ペットヨージン・シットアチャーンスポン(タイ/WPMF世界女子フライ級2位)
判定0-3(48-50/48-49/48-50)
※ペットヨージンが新王者に

第6試合 57kg契約 3分3R
○鷹大(WSRフェアテックスジム/WPMF日本スーパーバンタム級2位)
×立澤敦史(チャモアペット・ムエタイアカデミー/WPMF日本フェザー級5位)
1R 1'46" TKO(3ノックダウン:左ボディ)

第5試合 スーパーライト級 3分3R
○前田将貴(RIKIX/WPMF日本6位)
×加藤真也(平井ジム/WPMF日本9位)
判定3-0(29-28/29-28/29-28)
※2R右フックで加藤にダウン1

第4試合 フェザー級 3分3R
×奥泉宣昭(TARGET/WPMF日本フェザー級8位)
○長崎秀哉(WSRフェアテックスジム/元M-1スーパーフェザー級王者)
1R 1'36" TKO(3ノックダウン:パンチ連打)

第3試合 63kg契約 3分3R
×杉本卓也(WSRフェアテックスジム三ノ輪)
○落合 淳(STURGIS新宿ジム)
判定0-3(27-29/27-30/27-30)
※1R左ストレートで杉本にダウン1

第2試合 スーパーバンタム級 3分3R
○KOUMA(WSRフェアテックスジム)
×朝久裕貴(朝久道場)
判定3-0(29-28/29-28/29-28)
※1R左フックで朝久にダウン1

第1試合 77kg契約 3分3R
×巻淵 淳(BONDS)
○ミツヨシthe$OUL(練馬チャンデットムエタイジム)
1R 2'24" TKO(3ノックダウン:右ストレート)

オープニングファイト第2試合 フライ級 3分3R
×友則(小林道場)
○隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム/元M-1ジュニア45kg級、50kg級、55kg級王者)
1R 2'49" KO

オープニングファイト第1試合 ヘビー級 3分3R
×ビック・ラジャサクレック(ラジャサクレック・ムエタイジム)
○デビン・ピポーズ(米国/Y'ZD GYM)
1R 1'09" KO

第12試合 ウェルター級 3分3R
△森山和哉(エスジム)
△加藤友弥(Team Arakawa-ku)
判定0-1(29-29/29-29/28-30)

第11試合 WBKF世界ライト級王座決定戦 3分5R
○TAKEYUKI(WSRフェアテックスジム)※威幸 改め
×メラジ・サイヤディ(イラン)
1R 2'00" KO(パンチ連打)

Part.1(昼の部)



第7試合 メインイベント WPMF世界女子ミニフライ級タイトルマッチ 2分5R
○神村エリカ(TARGET/王者)
×チュリー・ゴータウインジム(タイ/1位)
1R 1'44" KO (パンチ連打)
※神村が初防衛



 開始すぐ、神村が左前蹴り、左ミドル、左ストレートを立て続けにヒット。チュリーは早くも首相撲からの膝蹴りに活路を見出そうとするが、神村は落ち着いて対処。離れるとプレッシャーをかけ、チェリーがロープを背負ったところで右ストレートを放ち、続けざまに左フックをチュリーの顔面に叩きこみダウンを奪う。チュリーは10カウントギリギリに立ったもののダメージは明白で、最後は神村が右ストレートからのパンチ連打でノックアウト。安定した強さを見せつけ完勝した。






第6試合 メインイベント WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ 2分5R
×ちはる(WSRフェアテックス蕨/王者)
○テップサー・ソーテップジャルン(タイ/挑戦者、WMC世界女子同級王者)
判定0-3 (和田49-50/少48-50/秋谷49-50)
※テップサーが新王者に

 ちはるは2年前にテップサーの持っていたWMC王座に挑戦し敗れており、今回がリマッチ。だが1Rからテップサーの首相撲につかまり、膝蹴りをもらい続け度々マットに崩される。3R序盤にはテップサーが右まぶたを腫らしドクターチェックを受け再開するが、流れは変わらず。ちはるもパンチ主体で応戦しようとするが攻めを寸断され続け、ポイント上は僅差ながらも判定負け。ベルトを失った。


第5試合 メインイベント WPMF世界女子ライト級タイトルマッチ 2分5R
×高田 結(峯心会/王者)
○ペットシーニン・シットジェッポン(タイ/5位)
判定0-3 (櫻井47-49/秋谷47-50/少47-50)
※ペットシーニンが新王者に



 ペットシーニンはサウスポーから重みのある左ミドルをヒットし1Rから主導権。2Rには左ミドル一発でダウンを奪ってみせる。3Rに入るとスタミナを切らし、高田も右ミドルとパンチを当て返して反撃。4Rもペットシーニンの勢いの落ちた左ミドルを高田がかわし、右ストレートを時折クリーンヒットさせる。だがジャッジからの支持は1者に留まる。5Rもパンチを当てるが、クリーンヒットにはつながらず。結局、ペットシーニンがダウン分のポイントを守りきり勝利。ベルトを奪った。


第4試合 メインイベント WPMF世界女子ミニフライ級暫定タイトルマッチ 2分5R
×Little Tiger(F.Team.Tiger/挑戦者、WMC世界女子同級王者)
○ヨージン・シット・ムエサヤーム(タイ/暫定王者)
判定0-3 (少46-50/櫻井47-50/シーナ46-50)
※ヨージンが防衛



 両者はタイで一度対戦し引き分けており、王座を賭け再戦。Tigerは細かいフェイントでリズムを取り、ローをコツコツヒットするが、ヨージンの動きはなかなか止まらず、3Rになるとヨージンが左ミドル、ロー、膝蹴りのヒットを増やし優勢に。ジャッジ2者からポイントを得る。4Rはヨージンが首相撲でTigerを捕まえ、膝を連打し、離れれば右ストレートを正確に当てて主導権をキープ。5R、Tigerも必死に前に出て、左右のハイとパンチを当てるが、終盤、軽く合わせられた右ストレートをもらって前のめりに倒れたところをダウンを判断され、ポイントを突き放され判定負けに終わった。




第3試合 女子48kg契約 2分3R
○紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級王者)
×ノンビー・ルークメーランプーイ(タイ/WPMF世界女子フライ級6位)
3R 1'01" KO (パンチ連打)

 1Rはノンビーの右ミドルやハイをもらう場面もあった紅絹だが、2R中盤、首相撲からの膝蹴りとボディパンチを当てると、ノンビーは顔をしかめ失速。3R、紅絹は左ボディフックと顔面へのストレートの連打でダウンを奪うと、戦意喪失状態のノンビーにパンチを連打しKO勝ち。同僚のグレイシャア亜紀の負傷欠場を埋めるファイトで観客を沸かせた。


第8試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
○清川祐弥(新宿レフティージム/WPMF日本フェザー級3位)
×ラックタワルン・エスジム(タイ/エスジム/元ルンピニースタジアム認定バンタム級3位)
判定3-0 (29-28/30-28/29-28)
※2R左フックでラックタワルンに1ダウン

第9試合 WBKF世界スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
○リヨン樺澤(國土會/WMF世界フェザー級王者)
×メヘダット・サイヤディ(イラン)
2R 1'30" KO
※樺澤が新王者に

第2試合 ライト級3分3R
×渡辺雅宏(インスパイヤード・モーション)
○峯山竜哉(WSRフェアテックスジム蕨)
判定0-2 (28-30/28-29/29-29)

第1試合 ライト級 3分3R
×中村慎之介(インスパイヤード・モーション)
○白井竜哉(大誠塾)
1R 3'00" KO

オープニングファイト 第2代WPMFジュニア25kg級王座決定戦 2分3R
×渡邉陽斗(國土會)
○井出翔太(韓道場)
1R 0'25" KO

Home > REPORTS > M-FIGHT > 梅野源治&神村エリカ、タイ人選手を1R KO:6.16 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について