Home > REPORTS > MAキック > 村上祭レポ。恭士郎、故郷で王座防衛。為房厚志、K-1参戦を熱望:4.10 愛媛

村上祭レポ。恭士郎、故郷で王座防衛。為房厚志、K-1参戦を熱望:4.10 愛媛

士魂村上塾「村上祭 Vol.1」
2016年4月10日(日)愛媛・西条市総合体育館

  記事提供:MA日本キックボクシング連盟


第12試合 ダブルメインイベント第2試合 Bigbangスーパーライト級タイトルマッチ 3分3R
○恭士郎(士魂村上塾/王者)
×大石駿介(OISHI GYM/挑戦者、MA日本スーパーライト級王者)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)
※恭士郎が初防衛

 90年代前半、K-1を始め空手・キックボクシングで活躍した士魂村上塾・村上竜司塾長の出身地で行われた今大会。村上塾長と同じく愛媛県西条市出身の恭士郎は、昨年6月に谷山俊樹との激しい打ち合いを制して王者となり、12月には元NJKFライト級王者でタフな一輝を村上塾長譲りの左フックでKOと絶好調。対する大石は2014年4月にモハン・ドラゴンを1RでKOして王座を奪取し、続く8月には水町浩からも勝利を収めている士魂村上塾キラー。

 1Rゴングと同時に仕掛けたのは恭士郎。左ジャブを突きながら右ストレート、左インロー、必殺の左ボディで大石を下がらせる。大石はブロックしながら右ローを返していく。気合十分の恭士郎はガンガン前に出て手数を落とさない。

 2R、パンチだけでなく、右ロー、右ハイの恭士郎。右ストレートを打ち抜くと大石はガードが下がり、恭士郎は一気に細かい連打で棒立ちにさせる。耐えた大石は左右フック、前蹴りで突き放し恭士郎のペースにはさせない。

 3R、大石の強打のパンチの前に、恭士郎の左目は徐々に腫れ上がる。大石は三日月蹴り、テンカオで恭士郎を下がらせ前へ。さらに右ハイ、顔面前蹴り、後ろ蹴りとラッシュを仕掛ける。後退する恭士郎だったが、打ち合いに応戦し場内は大盛り上がり。終了間際に右のパンチをクリーンヒットさせた恭士郎がパンチの連打を追い込むと遂にダウンを奪う。大石が立ち上がったところで終了のゴング。恭士郎が判定3-0で激戦を制し、初防衛に成功した。

 地元の応援団を前にマイクを握った恭士郎は涙を流しながら「応援してくれる皆さんのおかげでここまで来ることが出来ました。何よりここの西条市の皆さんの存在は大きいです。そしてここまで育ててくれた両親に感謝します。僕の試合を見てまた明日頑張ろうと思ってくれたら嬉しいです」とアピールした。


第11試合 ダブルメインイベント第1試合 MA日本ウェルター級タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
○為房厚志(RKS二刀会/王者)
×二朗(日進会館/挑戦者)
2R 2'33" TKO (ドクターストップ:肘打ちによるカット)
※為房が2度目の防衛

 昨年2月にモハン・ドラゴンを挑戦者に迎え、初防衛に成功した為房が2度目の防衛戦。二朗とは2014年3月30日のMA大阪大会で対戦し、判定3-0で為房が勝利している。

 1R、為房が右ジャブからの左ミドルで主導権を握る。二朗は右インローをこつこつと返していく。為房は左ハイ、左ストレートと次々と攻撃を当てていき、ペースを握る。

 2R、為房が右ジャブから左ストレートをクリーンヒットさせダウンを奪う。立ち上がる二朗は首相撲を仕掛けて巻き返しを狙うが、二朗のパンチに合わせて為房がヒジを合わせてカットに成功。ドクターチェックが入ると二朗の傷口は大きく、ここで試合はストップ。TKO勝ちで2度目の防衛に成功した為房は「これからも他団体の強い選手を倒していきたい。自分はヒジあり、ヒジなし関係ありません。K-1に出たいのでよろしくお願いします」とアピールした。




第10試合 セミファイナル 92kg契約 3分3R 
○上原 誠(士魂村上塾/元RISEヘビー級&ライトヘビー級(-90kg)王者)
×山下力也(道真会館/全日本新空手2012年G-2グランプリ重量級優勝)
判定3-0 (30-28/30-28/30-29)

 3月4日に新生K-1デビューをKO勝利で飾った上原が四国に初上陸を果たす。約1カ月の短いインターバルで用意された相手、山下は“道真会館の重戦車”と呼ばれ、空手入賞歴多数、グローブ空手では7戦無敗の戦績を誇る愛媛在住の22歳。今回がキックでは2戦目となった。

 1R、「どういう相手がわからないので様子を見る」と戦前語っていた上原に対し、山下は強烈な左インローで上原に襲い掛かる。上原は何度もバランスを崩してしまい印象は悪い。まさかの苦戦を強いされる上原はノーモーションの右ストレートを何度も打ち抜くが山下は驚異の打たれ強さで倒れない。

 2R、山下のローを避けるように、上原はボディを打ちながら密着する作戦へ。徐々に消耗が激しく見られる山下は動きが鈍くなる。3R、右ストレート、ヒザ、ハイキックと大技の連発を見舞う上原が完全に主導権を握る展開だが、疲れも見られる。タフな山下を最後まで仕留めることが出来なかったが、上原が判定勝ちした。

第9試合 特別試合 3分3R 
○マグナム酒井(士魂村上塾アラブ首長国連邦武術監督)
×笹田勝敏(笹田ジム)
判定2-0 ※29-29、30-29、29-28


第8試合 大村光也ボクシング引退試合
○大村光也(元日本スーパーフェザー級1位、元東洋スーパーフェザー級4位)※西条市出身
×三浦真太郎(F・1ボクシングジム)※西条市出身
KO 2 R1分22秒 


第7試合 フルコンタクトカラテ 掴みなし
○小宮山大介(北斗会館/2003年新極真会全日本ウエイト制空手道選手権大会軽量級優勝)
×福田高広(福田道場)
延長判定2-0


第6試合 フルコンタクトカラテ 掴みあり
△小宮山工介(北斗会館/BLADE JAPAN CUP -61kgトーナメント王者)
△横山伸吾(横山道場/初代CMA KPWキックフェザー級王者)
ドロー 延長判定0-0


士魂村上塾・村上竜司塾長演武、士魂村上塾西条支部子供演武


第5試合 64kg契約 3分3R
○水町 浩(士魂村上塾/RISEライト級王者)
×MO刃KI(RKS二刀会/第2代西日本ライト級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27


第4試合 67kg契約 3分3R
○モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/前MA日本スーパーライト級王者)
×門田哲博(武勇会/INNONATIONウェルター級4位)
KO 1R1分37秒


第3試合 59kg級契約 3分3R
○マキ・ピンサヤーム(タイ/真樹ジムAICHI/MA日本フェザー級王者)
×上杉文博(究道会館/HORIIKE GYM/GO-1ライト級王者、アクセルフェザー級王者)
判定2-0 ※30-29、30-30、30-28


第2試合 59kg契約 3分3R
○闘ふ神主 櫻木崇浩(武勇会/INNOVATIONフェザー級4位)
×YOSHIハリケーン(顕修塾/RKSフェザー級暫定王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26


第1試合 69㎏級 3分3R
○井原浩之(スタジオK/MA日本スーパーウェルター級10位)
×鳳 力也(日進会館)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29

オープニングファイト キックルール
○元山祐希(武勇会)
×志希(朝久道場)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-28

オープニングファイト フルコンタクトカラテ
○加藤秀一(福田道場)
×眞鍋秀太(士魂村上塾)※西条市出身
判定3-0

Home > REPORTS > MAキック > 村上祭レポ。恭士郎、故郷で王座防衛。為房厚志、K-1参戦を熱望:4.10 愛媛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ