Home > REPORTS > MAキック > 町田光、“居合いパンチ”でJ-NET王者をKO:5.6 新宿

町田光、“居合いパンチ”でJ-NET王者をKO:5.6 新宿

BREAK-25 〜CANNONBALL〜
2012年5月6日(日) 新宿フェイス
  レポート&写真:井原芳徳


第7試合 メインイベント 61kg契約 3分5R
○町田 光(橋本道場/MA日本スーパーフェザー級王者)
×木村天鮮(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
3R 0'22" KO (左フック)



 町田は2月のNJKFで1階級上の宮越慶二郎(拳粋会/NJKFライト級王者)とドローとなるも好勝負を展開。2戦連続で他団体王者との戦いとなったが、今回はしっかり結果を残した。サウスポーの木村に対し、右ミドル、インローを当てた後、左フックをクリーンヒット。時折、居合抜きのポーズを取り、木村を挑発する。
 2Rに入り、町田は得意の左ジャブの比率を高めると、これが何発も当たるように。そして右ボディストレートも随所で絡めて下にも意識を向けさせると、右と左のフックの連打で最初のダウンを奪う。木村が立った後も、左ミドルのカウンターで左フックをクリーンヒットしダウンを奪取。3Rにもつれ込んだものの、木村の左ハイをかわした直後に左フックを叩きこみ、開始22秒で豪快に木村をKOした。




 試合後の町田は「これが居合いパンチだ!よい子のみんなは友達に使っちゃダメだけど、真似してください。人生辛いことはたくさんあるけど、格闘技で人は変われます」とマイクアピールした。




第6試合 セミファイナル 70kg契約 3分5R
○武田一也(JMC横浜GYM/MA日本スーパーウェルター級王者)
×TOMOYUKI(誠剛館/国際チャクリキ協会ミドル級王者、WPMF日本ミドル級3位)
判定2-1 (松田48-49/小林49-48/神谷50-49)



 1Rから両者とも右ロー、左ボディフック等で激しい打ち合いを展開。武田は左ミドルや膝蹴り、TOMOYUKIは右アッパーや右ストレートも冴え渡る。消耗戦となったが、なかなか両者とも体力を切らさず。3R終了時点での採点の中間集計は30-30、29-29、29-30とほぼ互角だった。
 だが4R序盤、武田の右肘の連打をもらったTOMOYUKIの動きが鈍り、前頭部もカットしてドクターチェックが入る。再開後、武田は手数をさらに増やして前進。TOMOYUKIも下がりながら随所でパンチを返すが武田の前進は止まらない。5RはTOMOYUKIも盛り返してパンチからローのコンビネーションなどで好印象を残すが、武田もパンチとローと膝の手数を落とさず攻め続け、判定は割れたものの4Rのポイントを守りぬく形で勝利した。



 試合後の武田は「個人的なことですが、10日後に子供が生まれる予定なので、今日は勝ててよかったです。TOMOYUKI選手は(2月のNJKFで)健太選手に勝ってるので、今日勝ったら『健太選手と戦いたい』って言うつもりでしたが、判定2-1でどっちについてもおかしくない結果だったんで、もうちょい練習します」と謙虚にマイクアピールした。


第5試合 スーパーライト級 3分5R
×田中秀和(橋本道場/MA日本スーパーライト級1位)
○ブアカーオ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)
3R 0'40" TKO (タオル投入:左肘打ちでダウン後)



 日本2戦目のブアカーオは、今回も元祖ブアカーオを真似て入場。田中のインローに苦しみながらも、サウスポーからの左ミドルを当て続け、3Rには左肘一発でダウンを奪取。直後の田中のドクターチェックで奥歯の負傷が確認され、セコンドからタオルが投入された。ブアカーオはこれで来日後2連勝に。


第4試合 MA日本フェザー級王座挑戦者決定戦 3分5R(延長1R)
○秋元皓貴(真樹ジムAICHI/MA日本フェザー級1位)
×拳竜(士魂村上塾/MA日本フェザー級3位)
1R 2'52" KO (3ダウン:右前蹴り)



 2010年のK-1甲子園準優勝者で、昨年は元ルンピニー王者ピンサヤームをKOしている秋元が、開始すぐから鋭い右ミドルを当て続けて優勢。拳竜の陣営からは「ハイキックに気をつけろ」という声が飛んでいたが、その裏をかくように、右の前蹴りを拳竜のアゴに叩きこんでダウンを奪う。その後も左フックと右の前蹴りで2ダウンを重ねて圧勝した。試合後は「去年から6連続KO勝ちしているので、次も負ける気がしないし、1R KOでいきます。真樹ジムAICHIの秋元皓貴、MAキックの秋元皓貴と言ってもらえるよう、7月15日の真樹ジムの興行(後楽園ホール)でベルトを取れるよう頑張ります」とアピールした。


第3試合 ライト級 3分3R
○虎舞拳隆 (モンゴル/新東金ジム/モンゴル60kgトーナメント王者、元MA日本スーパーフェザー級7位)
×恭士朗(士魂村上塾/MA日本ライト級8位)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第2試合 53kg契約 3分3R
×ローズ達也 (ワイルドシーサー沖縄/MA日本フライ級4位)
○ハリィ永田(はまっこムエタイジム)
判定0-3 (29-30/28-30/29-30)

アマチュア第3試合 第MA Jr 37kg級タイトルマッチ 1分30秒3R(延長1R)
○榊原雅也(チームSK/王者)
×鈴木笑ノ輔(真樹ジムアイチ/挑戦者)
判定3-0 (30-38/30-27/30-28)
※榊原が防衛

アマチュア第2試合 第三代MA Jr 32kg級王座決定戦 1分30秒3R(延長1R)
○安本晴翔(橋本道場/1位)
×飯田将伍(チームSK/2位)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)
※安本が新王者に



アマチュア第1試合 第二代MA Jr 28kg級王座決定戦 1分30秒3R(延長1R)
×斉藤朝陽(FLY SKY GYM/1位)
○奥脇竜哉(はまっこムエタイジム/2位)
判定0-3 (29-30/28-30/29-30)
※奥脇が新王者に

第1試合 ヘビー級 3分3R
△クリストファー・ドラミング(JMC横浜GYM)
△臼井憲史(はまっこムエタイジム)
判定1-0 (29-28/28-28/28-28)
※1R左ストレートで臼井に1ダウン


2012年MAラウンドガール公開オーディションの様子

Home > REPORTS > MAキック > 町田光、“居合いパンチ”でJ-NET王者をKO:5.6 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について